純文学小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/06/24 23:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
智さん
  • 情報提供花かざす 萬文習作帖智さんのプロフィール
  • 山ふところ軒端、春紅葉かざす桜灯籠。建築点景:金櫻神社モノクロ写真にしましたけど丹塗あざやかな社殿です、ウコンザクラの名所らしい灯籠かわいかったので。笑撮影地:金櫻神社@山梨県2016.5にほんブログ村 blogramランキング参加中!  著作権法より無断利用転載ほか禁じます

2位
智さん
  • 情報提供花斎垣 萬文習作帖智さんのプロフィール
  • 花まもる、神坐の杜。建築点景:黒戸奈神社モノクロ写真だけど朱塗の神垣×枝垂桜、造り彫刻が見事で祭神に工匠の神も連なります。撮影地:黒戸奈神社@山梨県2016.5山間部の小さな集落の古社、自販機も見かけない観光化皆無なところです。もし行くなら地元の方に迷惑かけないようお願いしますね?笑ルートは狭いワインディングロード×特に集落内は運転要注意。にほんブログ村 blogramランキング参加中!  著作権法より無断利

3位
IanCurtisさん
  • 情報提供家出少女*原因不明・未成年はどこにいても居心地が悪い【食べづらい私①】 IanCurtisの暗い小説IanCurtisさんのプロフィール
  • 16歳の5月18日に家を出た。暑くも寒くもない、甘ったるい季節だった。もっと遥かに以前から、家出自体は企てていたのだけれど、なかなか実行には移せなかった。私自身の再スタートに相応しい日程というのは、季節の影響を受けやすかった。photoby Pinterest5月18日と言う日は、とても晴れた月曜日だった。来年も再来年も、この日はきっと良い日になるに違いない。私は公園のベンチにしばらく腰かけ、先々のことを考えてい
4位 伊達だよりさん
  • 情報提供室蘭港〜宮古 フェリー航路復活・・・友達が 伊達だより伊達だよりさんのプロフィール
  •  昨日室蘭と宮古を結ぶフェリー航路がが10年振りに復活した。 私達もいつかは・・・と思っている。  長生大学の友達Sさんが第一便の切符がとれて友達と行くのょー と楽しみにしていた。 目立つSさんなので ひょっとしたら・・・と思っていたら やっぱりネ フッフ 室蘭民報の夕刊を見ると  ちやっかりインタビューされていた。 人気者だけあります。  はよく見つけたねぇーと感心していた。 我が家では道新と室蘭
5位 IanCurtisさん
  • 情報提供兄妹の仲が良すぎる『異常な行動がエスカレートする前に』非行・家出【食べづらい私③】 IanCurtisの暗い小説IanCurtisさんのプロフィール
  • 兄と私は5歳も離れている。私が6歳のとき彼は11歳だった。私が8歳のとき彼は13歳だった。気持ちの上で、面倒を見てくれていたのは兄だったような気がする。あまり家から出たがらない私を、強引に遊びに連れて行ってくれたから、好きだった。家族の中で、兄がいちばん優しかった。幼い頃、私たち兄妹の遊びは、兵隊ごっこや将校ごっこ、それから銃撃戦の訓練を一日中繰り返す遊び、そういう類のものだった。全部兄の影響だっ
6位 蝦夷リスさん
  • 情報提供有り難いことに脳裏で展開してくれている。 蝦夷リスのブログ蝦夷リスさんのプロフィール
  • 明日また仕事が入っている。難しそうな仕事だ。しかも二人で組んで行うことになっているので、その辺の摩擦ももちろん発生するはずだ。勝気な人と一緒にするので、傷つけられるのはもう前もって予測できる。 今日はどうするかというと、YTを続けて造ってみるかとぼんやりと考えている。バルコニーにたまに小鳥が訪ねてきてくれる。それがこころの慰めにもなる。 いま、念頭には、仮題『アンフェア・プレイ』と『初恋の少女を慕
7位 智さん
  • 情報提供言伝×Pierre de Ronsard 萬文習作帖智さんのプロフィール
  • こころ離れず、ピエール・ド・ロンサール『恋愛詩集』カッサンドラのソネット×八島湿原言伝×Pierre de RonsardCiel,air et vents,plains et monts découverts,Tertres fourchus et forêts verdoyantes,Rivages tors et sources ondoyantes,Taillis rasés et vous,bocages verts,Antres moussus à demi-front ouverts,Prés,boutons,fleurs et herbes rousoyantes,心のこしたまま僕は旅立ってゆく、僕を見つめる綺
8位 積 緋露雪さん
  • 情報提供衰滅する時の断末魔の醜悪さ 黙考のしじま積 緋露雪さんのプロフィール
  • 衰滅する断末魔の醜悪さ衰滅するものは、それだけで背筋をピンと伸ばし、最期に黙礼をして此の世から去るのが筋といふものだ。それを怠って最期に断末魔を発するのは、論外である。衰滅する時、それが如何に無念で苦悶に満ちてゐようが、衰滅するのは此の世の摂理であって、何ものもこの期に及んで、それを避けようもなく、況して自然こそ衰滅する最たるものである。自然が衰滅するその時、決して断末魔を発することはなく、自然
9位 伊達だよりさん
  • 情報提供久し振りの卓球と強風 伊達だより伊達だよりさんのプロフィール
  •  昨日一か月ぶりに卓球に行ってきた。 電動アシストだが風が強く 振り飛ばされそうだった・・・半端でない と引き返そうと思ったがせっかく出たのだからと 根性で走った。 向かい風だったので土埃が眼や口にもろに入った。 卓球 前半はルールに従ってプレー 後半はNちゃんと・・・彼女に合わせたのでそれほど 疲れなかったけれど・・・私は合わせるのが下手 最後に一発思いっきりスマッシュ 爽やかな汗をかいた。 道
10位 kuri-maさん
  • 情報提供12 月(つき)命日のプチ奇跡2 (眠り姫と眠り王子‘18) 【三月さくらⅥ-2】 三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まりkuri-maさんのプロフィール
  • 小説 ▼△三月 さくら待つ月四月 しあわせの始まり△▼さあ、初樹にとっては思い掛けない、麗美とのデート?!ですが出だしからどうも…★ 初樹がまだ半分覚め切れないような顔をして階下に降りると、祖母が声を掛けた。「お早う、初樹。こんなに早く出掛けるの?」「うん。お早よ。麗美さんがもうすぐ来るから。…祖母ちゃん、きれいなジーパンとTシャツある?」 初樹が顔を洗っているうちに祖母は着替えを出してくれ、初樹は
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 伊達だよりさん
  • 情報提供ジャコシカ48 伊達だより伊達だよりさんのプロフィール
  •  山の道が閉ざされ海が時化れば、入江の家は完全に閉じこめられたことになる。 それは一体幾日続くことになるのだろう。まさか春までということはないだろうが、あの小舟では一週間、10日なんてことは、充分にあり得る。 高志はまたまた胸の鼓動が高まるのを覚えた。どうやら自分は普通ではない、むしろ異常な生活に憧れているのかも知れない。 26歳になって、未だに普通の大人に成り切れずにいるのかも知れない。 崖下を
更新時刻:18/06/24 23:30現在