純文学小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/10/19 01:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
智さん
  • 情報提供第86話 建巳 act.2 another,side story「陽はまた昇る」 萬文習作帖智さんのプロフィール
  • shall not fade kenshi―周太24歳4月第86話 建巳 act.2 another,side story「陽はまた昇る」鎧戸からガラス透る、やさしい冷たい甘い香。「は…、」息そっと冷たく清々しい、それから甘い馥郁。開け放った朝の深呼吸、やわらかな風に周太は微笑んだ。「うちの匂いだ、ね…」遠く鉄道かすかな音、涼やかに樹木が香る。古い木枠ふれる掌そっと冷たい、まだ静かな街の片隅に頬杖ついた。屋根ならぶ住宅街、街燈と電柱、アスファルト

2位
伊達だよりさん
  • 情報提供ケンカ・・・複雑 伊達だより伊達だよりさんのプロフィール
  •  無法松の一生 かなり手ごわい 上手く音程がとれない リズムが複雑 浪曲調のところが・・・・ 複雑なところが浪曲の良さだとがおっしゃる。 カラオケに合わせて唄っていた 新聞を読んでいた キーが高すぎて聴きズらい 男と女は声質が違うので私が唄うとこうなるのよ でもひばりは違う それはキーを下げているから、それに彼女は裏声を駆使しているし・・・ それにしてもその声は高すぎる このカラオケのキーに合わせ

3位
智さん
  • 情報提供極彩紅葉 萬文習作帖智さんのプロフィール
  • 紅葉黄葉×晩夏なごる緑、極彩色ふる木洩陽の森。山岳点景:紅葉×森神奈川で平地の紅葉は12月、急に冷えこんだ今年はヤヤ早めかもしれません、笑撮影地:神奈川県2017.12にほんブログ村 blogramランキング参加中! 純文学ランキング著作権法より無断利用転載ほか禁じます
4位 kuri-maさん
  • 情報提供9 《ひのくに物語'18》 夢、そして目覚め2  A面〜素描(デッサン)〜の章 三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まりkuri-maさんのプロフィール
  • 架空の王国を舞台にした愛と夢の一大ロマン「ひのくに物語」──まさか・・・夢が現実のことに?!馨と菫に悲劇が襲いました★「菫、死ぬな、死んではいけない」 彼女の体を揺すり、声を掛けたが、もうその目が再び開くことはなかった。嘘だと思いたかったが、心の片隅で『やはり』という思いが起こった。 そう、夢の中で何度もこんな場面を体験していた。しかし、それが現実に起こると、こうまで生々しく、心が切り刻まれるような
5位 伊達だよりさん
  • 情報提供浪漫屋「布の手仕事展」・・・大町ミニギャラリー 伊達だより伊達だよりさんのプロフィール
  •  昨日大町ミニギャラリーで行われている 浪漫屋「布の手仕事展」に行ってきた。  一年ぶり・・・ 数年前に購入したバック  今年はマネキンが来ていた洋服を即ゲット 小物をサービスしていただいた いつもありがとうございます。 がカンパしてくれた・・・ありがとうネ  札幌手稲区富岡にお住まいのかたでこの地域の中学校に勤めていたことが あったので親近感があり毎度通っている。  私の好きなものばかり ステキ
6位 智さん
  • 情報提供緋色紅葉 萬文習作帖智さんのプロフィール
  • 緋色まばゆい午後、木洩陽ふる森で。山岳点景:紅葉×森神奈川の平地が染まるのは12月、が・今年はヤヤ早いかもしれません、笑撮影地:神奈川県2017.12なんでもいいよ39ブログトーナメントにほんブログ村 blogramランキング参加中! 純文学ランキング著作権法より無断利用転載ほか禁じます
7位 伊達だよりさん
  • 情報提供ついに鮭が・・・ 伊達だより伊達だよりさんのプロフィール
  • 昨日Yさんから鮭が届いた。 どこで釣れたのかなぁー 聞きそびれた・・・ 早速シェフが捌いてくれた。 Yさん いつもありがとうございます。  いよいよ鮭のシーズン到来 私も今年こそ釣りたい・・・と力んではみるものの の体調と気分次第。 あの釣り上げる時の感触と手ごたえが忘れられない・・・。 10年前伊達浜で初めて釣り上げた鮭 雌だったのよーん 
8位 kuri-maさん
  • 情報提供8 《ひのくに物語'18》 夢、そして目覚め1  A面〜素描(デッサン)〜の章 三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まりkuri-maさんのプロフィール
  • 架空の王国を舞台にした愛と夢の一大ロマン「ひのくに物語」──今日から新しい節に入ります。馨の実母など、これまでの秘密が明かされます。ストーリーも大転回、お見逃しなく★夢、そして目覚め 菫はあれから、二度と兄、ケインの元に戻ることはなかった。暖かい陽だまりの下で、菫のスケッチをして過ごしたあの春の日々を、時々夢のように思い出すことがある。 その後に迫った私の逃亡生活に入る前の、まだ危険にさらされるこ
更新時刻:18/10/19 01:30現在