純文学小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/04/25 11:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
智さん
  • 情報提供第85話 春鎮 act.30 another,side story「陽はまた昇る」 萬文習作帖智さんのプロフィール
  • And often is his gold complexion dimm'd;harushizume―周太24歳3月下旬第85話 春鎮 act.30 another,side story「陽はまた昇る」かたん、引戸そっと押し開けて、アルコール甘く頬かすめる。明るい談笑ふりむいて、その中心が自分を呼んだ。「湯原くん、そうなの?」可愛い声が呼んでくれる。明るい、そのくせ途惑うような視線の前に腰下した。「ん…どうしたの美代さん?」「今ね?湯原くんのお母さんからお電話いただいたの、

2位
kuri-maさん

3位
智さん
  • 情報提供写真訳詩:水仙×William Wordsworth 萬文習作帖智さんのプロフィール
  • 森、一万の星。写真訳詩:水仙×William WordsworthI wander'd lonely as a cloudThat floats on high o'er vales and hills,When all at once I saw a crowd,A host of golden daffodils,Beside the lake, beneath the treesFluttering and dancing in the breeze.Continuous as the stars that shine And twinkle on the milky way, They stretch'd in never-ending lineAlong the margin of bay:Ten thousand saw I at a glance
4位 智さん
  • 情報提供山岳点景:薫風の森 萬文習作帖智さんのプロフィール
  • 初夏、薫る青、山岳点景:薫風の森緑きらめく森、初夏4月です。梢ゆれる光、緑に青に瞬く色。植物は光合成します、そのとき使われない光の色が目に映る色。なので太陽光を透かす=逆光が、色彩ゆたかな撮影のコツです、笑初夏あふれる緑の底、純白きらめく一輪草イチリンソウ。この花が咲くと夏も間近。撮影地:森@神奈川県○春の山や森は冬眠明け、空腹×身軽な動物たちに追われたら命に関わります。熊鈴など装備を忘れずに。○
5位 kuri-maさん
  • 情報提供3《Jiro'17》  こくはく(1)  〜治郎の物語〜序章  【三月さくらⅡ】 三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まりkuri-maさんのプロフィール
  • 小説 ▼△三月 さくら待つ月四月 しあわせの始まり△▼なんと、治郎が…!治郎が、求めていたもの、それは…? その日仕事が終わると、治郎は“星の家”にやって来た。星一の仕事が空くのをカウンターに座って待っていた。ちょうど星一とみどりが揃ったところで、治郎はすかさず言った。「マスター、みどりさん。俺、告っちゃおうかな」「…」星一とみどりは一瞬、なんのことかというように治郎を見た。「告白しちゃってもいい
6位 マダムNさん
更新時刻:17/04/25 11:30現在