第3回 連載小説最新話トーナメント 準決勝戦 投票結果発表

  •  

第3回 連載小説最新話トーナメント 準決勝戦 投票結果です!

準決勝戦は、4名のメンバーにより、2回の対戦がありました。

第3回 連載小説最新話
トーナメント・テーマ
ブログで小説を連載している方、みんなで最新話を持ち寄ろう!

第1回優勝者 なつき さん
http://www.blogmura.com/profile/00751847.html
第2回 開催中
トーナメント投票日
準決勝戦〜12年04月02日 00:00 から 23:59 まで
開催カテゴリー
小説

第3回 連載小説最新話トーナメント 準決勝戦 全対戦結果発表

  •  
退会されました
  • 第八話 悩み
  • 「何読んでるの?」中谷君はあの無邪気な笑顔で近づいてきた。男子の苦手な私は少し体が震える。大げさかもしれないけど、本当に。今、しゃべりたくない気分なのに――不安と少しのイライラの混ざった複雑な気持ち。でも、“鈍感”な中谷君は気づいてくれない。何かと考えてい
  • 柚子の実ブログ
Win西鳴波斯さんのプロフィール
  • #00 - 時間で命を買った男
  •  もしも時間が取引に使えるとしたら、あなたはどうしますか――。 私なら命を買う。そして再び、あの地を踏みしめて歩きたいのだ。 妻と娘と一緒に歩いた故郷の田舎道を、三人で手を繋いで、また歩きたい。娘のちょこちょことした小さな足取りに合わせて私もゆっくり歩き..
  • 眠り猫は笑わない
退会されました
  • 十三
  •  少し柔らかい声で、また話を続ける。「それから、休みながらだけれど、なんとか卒業させてもらえてね。スッキリしたわ。あの忌まわしい学校に、もう行かせる必要がないんだもの。そして、中学校の新しい環境でやり直そうって、話し合ったわ。でも、いざ入学すると、また同じ
  • 破れかけた背表紙
Win退会されました
  • ≪妖精たちの踊る湖で……≫S-4
  •  彼女はどこか冷たい目でぼくの顔を見るなり、すぐに目を逸らし、無言のまま壁に手を伸すと、音楽室の明かりを消した。辺りが闇に包まれる。彼女の姿が一瞬見えなくなると、すぐさまぼくの横をすり抜けていく気配を感じ、ぼくは振り返った。頬を何かが撫でるような感覚と淡い
  • ゆめいろ

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。