連載小説最新話トーナメント 結果発表

  •  

参加メンバー 30名により 12年03月18日から12年03月23日の間に開催された連載小説最新話トーナメントの結果発表です。

連載小説最新話

  •  
連載小説最新話
トーナメント・テーマ
ブログで小説を連載している方、みんなで最新話を持ち寄ろう!
開催期間
12年03月18日 から 12年03月23日まで
参加カテゴリー
小説

連載小説最新話対戦スケジュール

  •  
第1回戦30名による総当たり戦 12年03月18日 00:00 ~ 12年03月19日 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は160票となりました。
第2回戦第2回戦結果ページ 全8戦 12年03月20日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は60票となりました。
準々決勝戦準々決勝戦結果ページ 全4戦 12年03月21日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は34票となりました。
準決勝戦準決勝戦結果ページ 全2戦 12年03月22日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は25票となりました。
決勝戦決勝戦結果ページ 全1戦 12年03月23日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は8票となりました。

連載小説最新話トーナメント ランキング結果

  •  
優勝 なつきさんのプロフィール
  • 海と果実 最終回

  •  よく晴れた、夏の気配がそこそこに感じられる休日。海成が取り壊される前にアパートを見に行こうと言いだした。物心ついた頃からずっと住んでいた部屋。どうしてうちには母親しかいないのか。父親とはたまにしか会えないのか。どうしてみんな冷ややかな目で母親を見るのだろ
  • Ca Va
準優勝 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
3位 ミンミンさんのプロフィール
  • あの日、夕暮れアパートで 〜平太と悟の骨壷珍道中72

  • ※ 引き続き栄&さえバージョンです。 「 おい」突然声がして、二人は驚いてみると、カーブを描く緩やかな坂の枯れススキの横から日に焼けた顔の男が白い歯をだしてこっちを見ていた。「あれっ!!ヤス!ヤス坊!なんでこんなとこに」「 あらっ、高郷さん」&nbs
  • ミンミンの部屋
3位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
5位 佐玖螺さんのプロフィール
  • 君がいるから
  • 日が傾きかけたころ、栢山のマンションへとむかう。付いて来るといって聞かなかった倉本を説得するのに遅くなってしまったが栢山が戻るまでにはまだ時間があ...
  • BL駄文・華は夜ひらく
5位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
5位 シン兄弟&ミストさんのプロフィール
  • 自由な居場所 第二章 1
  •  第二章  フリースクール本格スタートまでの軌跡  彼は近藤利道、二十三歳。フリースクールを地図上での東京の中心付近にある調布市の八雲台という場所に設立した人物である。 彼自身でも上手くいくかどうかなんてわからないし、仮に失敗しても貴重な経験をしたと感
  • シン兄弟&ミストのブログ
5位 葉之和駆刃さんのプロフィール
  • 第7回 彼方なるヌーヨーカ(第一部)
  • 小太郎(篤烏は此の日、一年三ヶ月ぶりに雲佑に戻んて来て居ったがじゃ。)部屋で篤烏は手をつき、「只今、戻んて参りました。」そう言い、頭を下げると政平と六平が篤烏を見詰めてこう言った。「良う無事で戻んて来たな。」「顔を見せや。」其れを聞いて篤烏は、顔を上げた。
  • 大河小説
9位 烏丸みきてぃさんのプロフィール
  • 【夏】第五章・逃げ出せない世界(6)
  •  東先生が、学校から消えた。 私が暴れた翌日も、その翌々日も、姿を現さなかった。 勝手に騒ぐ女子の噂では、教師のくせに登校拒否になったらしい。 私はというと、学年主任に事情を聴かれただけだった。「何でもありません」を繰り返したら、諦めて釈放してくれた。 そ
  • ライトのブログ
9位 天涯孤独さんのプロフィール
  • 第40話
  • 「え?」 観客の見送りに出てきた亜希が見せたのは、純粋な驚きの表情だった。草斉と千絵の姿を確認するやたっぷりと、三秒ほど固まってしまったのだ。「ど、どうして……?」「だって今日は土曜日じゃん? だったらあたしのキャラだったら、ここでクサくんを引きずってても
  • 酔生夢死
9位 犬己那池さんのプロフィール
  • 学園太平記 〜北条生徒会のホワイトデー編〜
  • ※注意※この話はフィクションです。歴史創作・パロディが苦手な方は、撤退してください。それでも大丈夫な方のみ、以下からどうぞ。↓3月14日の夕方。いつもの屋台では、高時が腕組みをして眉間に皺を寄せていた。「――で、どうだった?」彼と向かい合っているのは、かつて
  • 犬小屋チャンプルー
9位 海山ヒロさんのプロフィール
  • その手をとったのは 5
  • ふむ。このシリーズ、思いつくままにエピソードを連ねておりますので、時間が前後しております。書き終えたらば時系列に並べて、すこしばかり解説させて頂こうかな、と。  *******************************************  「それでは皆様。お世話になりま
  • BIENVENU 海山ヒロの我が家へようこそ
9位 薄荷座さんのプロフィール
  • 第34夜 * なななとみみみ
  • ななな と 、みみみ は 、とびっきりの 大親友だ。二人は同じ高校だった。入学して最初に出席を取ったとき、先生は二人たて続けに、読み方を間違えた。「橋本ななな!と、… えー、畑中みみみ!」クラス中が、どっと沸いた。その日から、誰も本名を呼びやしない。二人は
  • 一千一猫物語
9位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
9位 春風さんのプロフィール
  • ベネチアの雫(小説) 16
  • 「赤間の奴さ、4月に亡くなったろう、あいつさ洋子さんの事を25年間想い続けていたんだよ。」「え、本当に……25年間も独りの女性を想い続けていたの?」真弓は、赤間という独りの男が一人の女性を想い続けていたという事実が信じられないようだった。「赤間君、洋子さん
  • 夢人島をめざして
9位 ダメ社員さんのプロフィール
  • 『恋愛の形11(終)』(短編小説)
  • そのとき……いきなりドアが開いて、人が飛びこんできた。青いユニフォームで丸々と太った鑑識員、通称ドラえもんが、興奮しきった様子で叫ぶ。「毒です、毒! アルカロイド系の毒が遺体から検出されました!」「なんだと!?」取調官ががたっと席を立った。椅子が派手にひっ
  • ダメ社員の作家志望日記/超短編小説
17位 真羅さんのプロフィール
  • 家出少年と不良学生 8
  • 俺は今日も土手を歩いていた。昨日のことを思い出しながら。あの後、詩音はひとしきり笑い泣きした後、「じゃあおやすみ〜」とか言ってベッド(俺の)に潜り込んでさっさと寝てしまった。「お前・・・・俺に今日は床で寝ろというのか・・・?!おい!」そうつっこみながら近寄
  • 小説家志望の真羅の小説
17位 maruzoh こと 熱田丸蔵さんのプロフィール
  • 俺様とマリア volume.7 チャリンコ・カーチェイス
  • 俺様とマリア volume.7 チャリンコ・カーチェイス 「マリア、大丈夫か?」 俺様は汗ばんだマリアの手を引っぱりながら、目立ってスピードが落ちてきたマリアに一瞥をくれた。「はあ、はあ、もう・・・、死にそう」 マリアは、本当に苦しそうだった。「日頃の鍛錬が足りね
  • こころのあのへん
17位 モカとガー幸さんのプロフィール
  • 本番の撮影日 53 話
  • H21.10.30日  TELで 「11月2日の日」 本番の日が決まる。H21.11.02日 10時頃 2人で来て 直ぐに モカと仲良しに成る カメラマン 動物専門で 手馴れている 打ち合わせして いよいよ(ベランダでガー幸から撮影開始)少し カメラマンを怖がる
  • コーギーSP犬モカとガー幸
17位 Tedyさんのプロフィール
  • 東京ポロロッカ
  • この本を手に取ったのは装丁のイラストでした。私の好きな某画伯の絵に違いありません・・・と言う訳で読み始めたのです。プロローグはありきたりな印象でしたが、物語を読むにつれグイグイひきこまれていきました。ポロロッカ?・・アマゾン河口で起こる現象です。河口で起こ
  • Tedyな本棚♪
17位 むらさき茜さんのプロフィール
  • 黒い手紙 76
  • あらすじと登場人物の紹介はこちら愛美はしばらくじっと考えていた。いま自分が何をするのがベストなのかと。作太郎は作太郎で、事態のすべてを飲み込んでいるわけではないけれど、愛美を安心させるにはどうしたら良いのだろうと考えていた。やがて愛美は結論を出した。そし
  • あかねノベル
17位 西鳴波斯さんのプロフィール
  • MINAMO - 第十五話 "ホタルは泣かない" その1
  •  かつて龍と虎が共に修行したという訳の分からない言い分を勝手に掲げて、父は一同の足並みをより軽快にさせようとしていた。そんなものは単なる作り話だというのは、あたしや海斗は承知の上だが、道場の子供たちは純粋なもので、その父の言い分を完璧に信じ込んでいるから、
  • LOREXの読書部屋
17位 カラムさんのプロフィール
  • ショートショート×トールトール・ラバー【26】
  • 好みの問題です ショートショート×トールトール・ラバー【26】   渡り廊下をゆったりと歩く、最近では見慣れた後姿にそっと呼びかけた。小声にも関わらず、一番右端の少女が振り返る。長身の赤根井さんは軽く手を上げた。「よ」 隣に並ぶ佐伯さんも軽く微笑む。「
  • 虹色金魚熱中症
17位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
17位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
17位 piroroさんのプロフィール
  • 流星のように〜あなたと・・・
  • 真冬の海辺に映った    白く透明な月が海月に見えた 不思議な夜でした何度引き裂かれても 遠ざかっても 繋がったままの二人を包む 瞼の奥の宇宙星屑の中 鏤められた 心が二つ愛の闇を 駆け抜けてく 想い 流星になり流れてゆくよ 君のそばまで 消える前に僕たちは 同じ星座
  • piroroの恋愛小説
17位 sanaさんのプロフィール
  • 第12章「むかしの話」15話
  • 手術までの一週間、自宅に戻ってきたミッちゃんは鎮痛剤を服用していたが、それが切れてしまうと腹痛に襲われるようで、痛がったり、かと思えばいつものように戻ったり、寝たり、起きたり……僕は「無理するな」と言ったが、僕や子供達が目に入ってしまうと起きなきゃいけない
  • 恋愛小説『ウォーミング・アップ!』
17位 菜賀小子女さんのプロフィール
  • 470話不良ファッションオンパレード
  • 1、2部共通の登場人物 中学校卒業までの登場人物 そのほかの登場人物中学2年、3年の登場人物5月某日のことだった。佐々木「みなさん、おはようございまーす!」「おはようございまーす」佐々木「今日の学年集会では自然教室のキャンプファイヤーの踊りの練習があるので、
  • 究極な孤独
17位 伊南さんのプロフィール
  • Element Stone 「必然としての邂逅」4−35
  • ――― 日が傾き、差し込む光が減って、暗くなっていく部屋の中。アルバースは1人でベッドに横になったまま、右手を額に当てた状態で天井をぼんやりと見ていた。「・・・・・・・・・・・・・・・」口を開いても出てくるのはため息だけ。どうにもいたたまれない、不安や後悔
  • BULE HAWK
17位 竜丸さんのプロフィール
  • 10年 10月 27
  •    9、平和な男子高校生たちと危ない少年        1  ここは都内有数の進学校。馬鹿な日本の大学は、いや語弊があるから言い直そう。日本の大学は馬鹿がこう思ってるからいけない。入るのが一番難しいと。確かに、他の国に比べて入試にかかる比重は大きい。
  • 適当屋の小説もどき

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。

トーナメント参加メンバー

  •  
烏丸みきてぃさん西鳴波斯さんsanaさん
烏丸みきてぃさん西鳴波斯さんsanaさん
むらさき茜さんmaruzoh こと 熱田丸蔵さんなつきさん
むらさき茜さんmaruzoh こと 熱田丸蔵さんなつきさん
犬己那池さんpiroroさんダメ社員さん
犬己那池さんpiroroさんダメ社員さん
モカとガー幸さん佐玖螺さん菜賀小子女さん
モカとガー幸さん佐玖螺さん菜賀小子女さん
葉之和駆刃さん春風さん真羅さん
葉之和駆刃さん春風さん真羅さん