自作短編小説 3トーナメント 結果発表

  •  

参加メンバー 20名により 14年11月03日から14年11月08日の間に開催された自作短編小説 3トーナメントの結果発表です。

自作短編小説 3

  •  
自作短編小説 3
トーナメント・テーマ
オリジナル短編小説トーナメントを開催いたします。
2万字以内の作品なら、自身の最高傑作から読み返したくもない駄作まで広く大募集!
シリアスもコメディーも大歓迎。
気軽に参加してくださいませ。


第 1回優勝 火消茶腕さん 「赤い糸の伝説」
第 2回優勝 arimeiroさん 「251部隊」
開催期間
14年11月03日 から 14年11月08日まで
参加カテゴリー
小説

自作短編小説 3対戦スケジュール

  •  
第1回戦23名による総当たり戦 14年11月03日 00:00 ~ 14年11月04日 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は83票となりました。
第2回戦第2回戦結果ページ 全8戦 14年11月05日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は68票となりました。
準々決勝戦準々決勝戦結果ページ 全4戦 14年11月06日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は37票となりました。
準決勝戦準決勝戦結果ページ 全2戦 14年11月07日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は12票となりました。
決勝戦決勝戦結果ページ 全1戦 14年11月08日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は5票となりました。

自作短編小説 3トーナメント ランキング結果

  •  
優勝 火消茶腕さんのプロフィール
  • 恋する乙女は爆発する

  • 「こんにちは〜」 私は放課後、彼女が普段活動しているといわれた化学準備室を訪ねた。情
  • なんとなくショートショート
準優勝 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
準優勝 蒼海聖奈さんのプロフィール
  • 花言葉物語 5 【林檎の花】 『おばあちゃんとりんご』※19日追記

  • うちのおばあちゃんは、りんごをたくさん買うのが日課だ。花言葉物語 5 林檎の花「お母さん、またこんなにりんご買い込んで!」「今日のりんごはちょうど熟れどきやったけん」「ひとりじゃどうせ食べきれんのに、まったくもう何しよん!」 私のお母さんはよくそのことを怒
  • 空の追憶の果て。―Wishes upon the sky―
4位 黄輪さんのプロフィール
  • 遠回りないたずら

  • 遠回りないたずら ……くっそ。 やりやがったな、Nめ。 Nと言うのは俺の幼なじみだ。
  • 黄輪雑貨本店 新館
4位 風祭哲哉さんのプロフィール
  • ペンフレンド 【北海道川上郡弟子屈町美留和】
  • 北海道のずっと東のほうに美留和(びるわ)という美しい名前の場所があります。 僕はもう30年以上も前、そう、小学校6年生から中学の3年生まで、そこに住むあるひとりの女の子と文通(懐かしい響きです・・・)をしていました。 どうして彼女と文通なんかを始めたのか、その
  • 日本に、もっと恋する旅
4位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
4位 P.Dluckerさんのプロフィール
  • RE「蛙たちの沈黙」
  • 「蛙たちの沈黙」その蛙は「言語にとって愛とは何か」について考えていた。言語とはもちろん人間のものであり、蛙は言語を持たない。故に人間と同様の「思考」を持っているわけではない。しかしながら、その命題を考えることが、喫緊の課題であると蛙は両生類の敏感な肌で感じ
  • short story -考えるカブトムシ-
8位 ウゾさんのプロフィール
8位 尾道貴志さんのプロフィール
  • 予言
  •  ある繁華街の場末、裏通り。「空いてるかな」「どうぞお座りください」「占ってもらえるかい」「もちろんですとも、私は易者ですから」 20代だろうか、まだ青年といった風貌だが、一つだけ・・違和感を感じたのはその和服姿にあったのかもしれない。まるで明治の書生のよ
  • 掌の小説
8位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
8位 十文字 兄人さんのプロフィール
  • 『悦に入る彼』
  • 今日こそは。私は心に決めて歩みを進める。「ねえ、これから時間ある?」「ごめん。今日は享受があるから」またか。「わかった。じゃまた今度ね」私はそう言って、教室から出る。それから柱の陰に身を隠し、彼が教室から出てくるのを待った。そして姿を現した彼は、鞄を片手
  • しょーと掌編小説ぶろぐ
8位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
8位 にゃん椿3号さんのプロフィール
  • 泣きたくなるのは間違いだ
  •  宅配便で、箱いっぱいのリンゴが届いた。 郷里を離れてからずっと続いている恒例だけど、思わず私は苦笑してしまう。 ほんと、親って仕方ないなぁ。 独り暮しなんだから、段ボール箱いっぱいに送られても困る。 職場の同僚にでもあげなさいって言われても、田舎のおすそ
  • 虹猫椿
8位 nikoさんのプロフィール
  • 坂の上
  • 私は坂の上に住んでいる。窓を開ければ富士山だって見えちゃう!駅も坂の上にあり、ゆっくり歩いても10分で着く最高の立地条件に住んでいる。それなのに今私は坂を上ってる。しかもほぼ毎日この急坂を下りて上がっているのだ。「フ〜疲れるわぁ〜母さんの言葉に騙されたわぁ〜
  • 小さな物語
15位 izumiさんのプロフィール
  • 観察 3
  • (※本作は「観察」「観察2」の続編にあたる短編小説です。前作を読まれてからこちらを読むことを強くおすすめします。尚、作中に流血表現がありますので、苦手な方はご注意下さい)【8月1日(金) 1】「モノクロ写真が何を表すためのものなのか、あなたにはわかりますか
  • Creación
15位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
15位 花岡 柊さんのプロフィール
  • 眩しい昼休み
  • こんにちは、柊です。週末から、久しぶりに温かな陽気になっています^^さて、このブログに、みん もっこすさまから ブログ村の第3回オリジナル短編小説トーナメント参加のお誘いを頂きました。前回もそうですが、柊なんぞをお誘いいただき、本当にありがたいことです。そん
  • 柊のベリカフェって・・・
15位 くさはなさんのプロフィール
  • 「短編」 あのアリとキリギリス
  •  キリギリスはアリを食べれば良かった。物乞いをするよりアリを食べれば良かった。ドアを開けたアリを食べて次々にアリを食べて巣の奥に進んで女王アリを食べて冬を過ごして夏にまた歌えば良かった。その方が確実で手早いはずだ、と私は思った。 何故キリギリスはドアを開け
  • 官能文学
15位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
15位 frammentoさんのプロフィール
  • ヒトミ 飼い主の女 1 
  • 目が覚めると温もりが腕にのしかかっていた。そうか今は朝なんだなと、俺は今更ながら気づく。半分しびれかけてたそれを、その温もりの首から引き抜くと、温もりはくるりと背を向けた。寝ぼけまなこであっても、俺の要求がわかるらしい。当然のように差し替えた俺の手は覚えの
  • 椿は ぼとりと 地に墜ちた

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。

トーナメント参加メンバー

  •  
花岡 柊さんizumiさんにゃん椿3号さん
花岡 柊さんizumiさんにゃん椿3号さん
nikoさん火消茶腕さんくさはなさん
nikoさん火消茶腕さんくさはなさん
P.Dluckerさん尾道貴志さん風祭哲哉さん
P.Dluckerさん尾道貴志さん風祭哲哉さん
frammentoさん黄輪さん蒼海聖奈さん
frammentoさん黄輪さん蒼海聖奈さん
十文字 兄人さんウゾさん
十文字 兄人さんウゾさん