TOPICS
  • 1位

    Be together【続編】 ~着々と~

    嵐の去った週明け。カーテンの隙間から見える秋晴れの空に、つくしの溜息が漏れる。「快には連絡しといたから、ゆっくり休みな。」「むぅ…何で類はそんなに元気なのよ…」不満を漏らす唇に小さくキスを落とすと、類はベッドを降り、立ち上がった。それを見上げるつくしは、未だベッドの中の住人と化している。「まぁ…ちょっとヤリすぎたとは思ってるよ。 でも煽ったのはつくしだからね?」「煽ってなんか…っ!」「じゃあ、嫌だった...

    夢見月〜Primavera〜

    読者になる
  • 2位

    Be together【続編】 ~幸せな結末~

    つくしを促して向かった先に、その足が止まる。日常的に見慣れたその場所でも、この場に類と二人で立つのは些か羞恥が上回る。「ちょ…類、ここ…」「ん。まずはつくしに付いた匂い消さないと。」「…へ?」「抱きしめられたでしょ?あいつに。」「あ…」瞬間的に思い出した感触につくしの視線が足元へ落ちる。不可抗力だったとはいえ、あの時感じたのは懐かしさ。一瞬過った記憶がつくしの抵抗を遅らせたのも事実だった。ホッとして、...

    夢見月〜Primavera〜

    読者になる
  • 3位

    第六話 其の一

    ユウのフラグメント 地下施設内ユウはシャワーを浴び着替えてクロエの居るオペレーションルームに入ってきた。クロエは振り返るとユウが何かを持っていることに気が付く。「その手にもっているのは?」ユウ「お堅いアスカのロケットペンダント。 いつの間にか私

    かつりゃん

    Another truth

    読者になる
  • 4位

    オレンジの片割れ|中尉と大佐

    「大佐の作るお酒ってマダムに教わったわけではないんですか?」 リザの問いかけに、マダムは眉をひそめた。「教えたことはないねえ」 リザの前にマダムはハイボールを置いた。それを1口飲んで、リザはほおっと息をついた。「てっきりマダムの味なんだと思ってました」「あの子、あんたにお酒なんか作るのかい?」「たまにですけど。いつもハイボール。わざわざグラス冷やして、フレッシュなオレンジをわざわざ1つだけ買ってきて...

    かりん

    彼と彼女とエトセトラ

    読者になる

続きを見る

  • ☆小説書きませんか?☆

    ☆小説書きませんか?☆

    ここは、本が好きな人なら誰でも参加可能です^^ 自作の話を書いても、それを読んでも、 本の話をしてもOKです!! イラストを描いてもいいですよ☆ のぞくだけでもokです!! はじめまして☆遥姫【はるひ】あいです☆ トラコミュの管理人になって間もないので、 いたらない点等多々あるかとは思いますが、 今後ともよろしくお願いします<m(_ _)m> イラスト、短編、長編、BL、自作、二次創作等 何でもOKです☆ お互いに情報交換しあったり、 色々な話ができるような、 のんびりとした気楽なコミュになれば幸いです(^^ゞ

    テーマ投稿数 4,741件

    参加メンバー 194人

  • 自作小説・漫画万歳!

    自作小説・漫画万歳!

    自作小説・漫画に熱を入れていて、「もっといろんな人に自分の小説・漫画を見てもらいたい!」「批評、評価、感想がほしい!」という方のためのコミュニティです。趣味友を増やしてみんなで仲良く、楽しく互いの自作小説・漫画をどんどん紹介し合ってください!

    テーマ投稿数 8,060件

    参加メンバー 282人

  • 創作広場-Endless*Stories-

    創作広場-Endless*Stories-

    小説を書く方、そしてその作品をみんなに読んでもらいたいという方は、是非ここにトラックバックしてください! ※主なジャンル ・恋愛系 ・ファンタジー ・ホラー ・SF         ・ノンフィクション    ……など。

    テーマ投稿数 5,296件

    参加メンバー 170人

  • 我が家のお稲荷さま。

    我が家のお稲荷さま。

    我が家のお稲荷さま。関係ならなんでもok アニメ、小説、イラスト、ss 天狐幻術歌曲集 レーベル youtube動画、、、 みんなで盛り上げましょう。

    テーマ投稿数 337件

    参加メンバー 41人

  • 紅 kure-nai

    紅 kure-nai

    片山憲太郎さんが著、山本ヤマトさんがイラストを勤めている作品「紅 kure-nai」のトラコミュです。 4月からのアニメ化 3巻まででている原作(2月現在) ジャンプSQで漫画化されたことなど 紅関連のトラックバックはこちらまで。

    テーマ投稿数 172件

    参加メンバー 32人

  • ロボットもの小説・イラスト

    ロボットもの小説・イラスト

    ロボットものの小説やオリジナルロボットのイラストを書いているそこのあなた!! どこのトラコミュがいいか、迷っていませんか?迷ったことはありませんか?(何を隠そうロボット小説を書いている私もそのひとりorz) このトラコミュは、自分が作ったロボットものの小説やイラストをより多くの人に見て欲しい方の為に作らせて頂きました。 条件等は以下の通りです。 ・小説またはイラストともに、オリジナル・版権もの(二次創作)は問いません。 ・小説は、長編・短編等の各種形式や作風を問いません。 ・小説やイラストがメインであれば、他のジャンルの記事を含んでいてもノープロブレム。 さぁ、ご一緒に燃えるロボットライフを楽しんでいきましょう!!

    テーマ投稿数 47件

    参加メンバー 8人

  • ブギーポップ

    ブギーポップ

    電撃文庫のブギーポップシリーズに関するトラコミュです。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 4人

  • 二次創作小説が書けるんだ!

    二次創作小説が書けるんだ!

    二次創作小説をブログで書いてる人歓迎です♪ 二次創作なんでもOK★ ちなみに、管理人はリボーンとテニプリ中心に二次創作書いております♪ リボーンとテニプリの二次創作書いてる人もトラバをしてください♪ご自由に♪気軽に♪

    テーマ投稿数 1,304件

    参加メンバー 49人

  • 小説執筆に関する雑考

    小説執筆に関する雑考

    小説を書いていると、様々な事に気付いたり、考えさせられたりすると思います。又、独自の手法を開眼してしまったり…… そういう内容の記事をブログで発表した時、ここにトラックバックをしてください。 その様な内容が含まれていれば、後書きなどでも結構です。 管理人はこのトラコミュを利用して、色々な人の作法を学びたいと考えております。 宜しくお願い致します。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 2人

  • 神様家族

    神様家族

    神様家族について、アニメ・漫画・小説・イラストなど関係あることなら気軽に利用してください

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

続きを見る

  • Be together【続編】 ~着々と~

    嵐の去った週明け。カーテンの隙間から見える秋晴れの空に、つくしの溜息が漏れる。「快には連絡しといたから、ゆっくり休みな。」「むぅ…何で類はそんなに元気なのよ…」不満を漏らす唇に小さくキスを落とすと、類はベッドを降り、立ち上がった。それを見上げるつくしは、未だベッドの中の住人と化している。「まぁ…ちょっとヤリすぎたとは思ってるよ。 でも煽ったのはつくしだからね?」「煽ってなんか…っ!」「じゃあ、嫌だった...

    夢見月〜Primavera〜
    読者になる
  • 第六話 其の一

    ユウのフラグメント 地下施設内ユウはシャワーを浴び着替えてクロエの居るオペレーションルームに入ってきた。クロエは振り返るとユウが何かを持っていることに気が付く。「その手にもっているのは?」ユウ「お堅いアスカのロケットペンダント。 いつの間にか私

    かつりゃん Another truth
    読者になる
  • オレンジの片割れ|中尉と大佐

    「大佐の作るお酒ってマダムに教わったわけではないんですか?」 リザの問いかけに、マダムは眉をひそめた。「教えたことはないねえ」 リザの前にマダムはハイボールを置いた。それを1口飲んで、リザはほおっと息をついた。「てっきりマダムの味なんだと思ってました」「あの子、あんたにお酒なんか作るのかい?」「たまにですけど。いつもハイボール。わざわざグラス冷やして、フレッシュなオレンジをわざわざ1つだけ買ってきて...

    かりん 彼と彼女とエトセトラ
    読者になる
  • 境界の旅人 27

    第七章 前世 2 「お放しください、中将どの。あなたさまは宮中をお守りする武人ではございませんか! 今ご自分がなさっていることが、どういうことかお分かりですか? このようなけしからぬことをなさるなどと・・・。 人を呼びますよ!」 「いいえ、放しません。わたしがどんなにあなたに想い焦がれていたか、このたぎるような思いを知っていただくまでは・・・」  中将は女性の黒髪をつかむという乱暴なことをやめ、今度は姫の細い肩を抱き寄せると、姫の細い身体をすっぽりと両腕に包んで抱きしめた。 「初めてお見掛けしたときから、あなたに憧れ続けてきたのです。このようなむくつけき大男がまた、なにをかいわんやと思召されているのでしょう? でもあなたさまを忘れることができないのです! たとえあなたが主上のものであったとしても!」  恐怖を感じるその一方で、中将のたくましい腕の中で身をも焦..

    sadafusa sadafusaの創作のお部屋
    読者になる

続きを見る

続きを見る