短編小説 新着記事

?
  • 2019年01月21日のつぶやき

    19:41 恵方巻きは、あんまり食べたいと思わないなぁ。かっぱ巻きと干瓢巻きは好き。

    葉山ユタ

    白嘘物語-つくもうそ物語

  • 開発は簡単だが自然美は…?

    ■【リニア新幹線はただの公害建設である!】2019.01●自然破壊に膨大な資金をつぎ込む悪徳連中!特に自民党の後押しが目を引くが当然だろう。何しろ建設費が半端じゃないものはゼネコンや大企業の利益が後ろに見えるからで、自民党系議員への献金はそ

  • あけのね

    《ショートショート 1092》『朱の音』 (花のない花 24)「のう五六三(ごろざ)、按配はどうじゃ」土間で煤竹の具合を見ていたら、長(おさ)が様子を見に来た…

    水円 岳

    いまじなりぃ*ふぁーむ

  • 暮らしのユーモア短編集-36- 薄味(うすあじ)

     日々、暮らす中で、主婦の方々に言えることだが、料理で薄味(うすあじ)は欠かせな...

    水本爽涼

    水本爽涼 歳時記

  • 私自身の「豊かな国づくり」

    歴史小説を描くからこそ、作家の理想が作品に現れることってあるのだ……と「項羽と劉邦」を執筆しているとつくづく思います。

    鈴木詩織

    小説「項羽と劉邦」執筆日記

  • 伯林・地獄の工場

     ギュンターは友人のハンスヨアヒム、その恋人のエンマとともに、工場に行った。今の会社を辞めて転職をするという相談がまとまったのだ。3人が転職先に選んだのは農薬工場である。ギュンターは10年前にその工場に勤めていたことがあるので、内部の様子はだいたいわかっている。  ギュンターは、肉体労働の経験がない2人をなかば蔑むような気持ちで、工場の作業の辛さを得意げにまくしたてる。  工場に通じているら…

    ノア

    小説と物語の集う空間

  • シナリオ 【 明るい離婚計画(仮)】 -13-

    ●店内の情景・インサート   時間経過。  圭吾の声「それでいたの? お父さん」  ●ふたりの席    料理が来ていてふたりが食べている。  真歩「うん。帰っ…

    KATARA

    Novel & Scenario (小説と脚本)

  • 鉄人28号と私の少年時代

     鉄人28号 op  https://www.youtube.com/watch?v=j_UYgWhmuZs 武骨ながら心に残るヒーロー鉄人28号 郷里石巻がまだまだ元気だった頃、少年時代の私は毎週欠かさず、TVの前に釘付けになり、目を輝か...

    ミック

    KR500レプリカの部屋

  • 見て見てー。

     先ほどのブログで書いていた「Picrew」というアプリで作った画像。  「眼鏡男子」というもので作ったのがこちら。 kitchenシリーズの「俺」です。 左は普段のお仕事バージョン。右はオフの日眼鏡バージョン。   なかなかいい感じだと思うのです。 絵柄のイメージ上、「俺」と「お前」二人を作ることはできなかったのですが、「俺」はかなりイメージに近いものができている……ような気がします。 眉はもうちょいどうにか...

    hiyu

    bittersweet

  • Brightest

    月曜日の夜、僕は客が来ないことをいいことに店のコンポで今日入ってきた好きなアーティストの新作アルバムを聴いていた。 「す、すみません、ちょっと通りますね」 「おお」 僕はドキッと心臓を弾ませた。すれ違うたびに胸がハッとするような感覚にさせる存在と、今日は一緒のシフトなのだ。彼女とはこのCDショップで知り合ったが、歳が一個違いというのと、好きなアーティストが結構被っていたこともあって割とすぐに話すようになった。うまく説明できないのだが、この気持ちは明確に、恋ってやつなのだろう。 「それ今日入ってきたアルバムですよね?」 「そうそう、聴いた?めちゃいいよ。」 「ちゃんと勤務が終わってから聴きまーす…

    プラトニ子

    どうすればキミは僕のbaby

  • 蒼想

     水槽の水がポコポコと鳴った。ついさっき、ほんの五分前に主を失くしたそれは、 哀しんでいるようにも見えたし、そうじゃないようにも見えた。  無意味に送ら る空気を受けて、無意味に清浄される水。  用無しとなったガラスケースを哀れむほど、わたしはいい奴ではない。  冷蔵庫とガス台とテーブル。およそ生活感のないその部屋は、白くて広い。 ひんやりとしたフローリングの床に仰向けに寝転がったま…

    ノア

    小説と物語の集う空間

  • 聞いてくれよ。

     残り2個だと思っていたリンゴ、冷蔵庫の野菜室に3個隠れてて、残り5個に逆戻りしましたよ。 母がね「冷やしておこう」って入れておいたんですって。 ……ああああ、まだ終わらないのかあああ。 この半月、リンゴ食べ過ぎだから。 まあいいさ。5個なんてすぐさ。きっとすぐさ。 最悪また赤ワインで煮るさ。 最近、TwitterではPicrewというアプリ?が流行っているらしく、色んな人が色んな子を作っています。 絵の描けない人...

    hiyu

    bittersweet

  • トロルの遺言

     木こりが山を歩いていると、茂みの向こうから何かうめき声が聞こえてきました。不思議に思い覗いてみると、熊のように大きなトロルが、狩人の仕掛けた罠に足を挟まれ苦しんでいました。  トロルといえば人食いの鬼です。木こりは少し恐ろしくなりましたが、トロルの苦しむ様はあまりに哀れだったので、助けてやろうとトロルのほうへ近づきました。  木こりに気がつくと、トロルは警戒したのかうなり声を上げました。 「…

    ノア

    小説と物語の集う空間

  • 長野の入団会見いつ?

    どうもどうも、福ちゃんです。 あっという間に1月も下旬になりましたね。 カープのキャンプインも約10日と迫ってきました。 そんな中で気になるのが、巨人からの入団が決まった 長野久義選手の入団会見。 ロサンゼルスで自主トレとのことで、内海投手...

    福ちゃん

    僕を探す旅に出よう。

  • 火の車

    身近なところで災害発生。ただし、詳細不明。それで、実家へ立ち寄るつもり。途中、小型トラックの掲げる看板が燃えていた。まさに火の車。これは故意にやっているの...

    Tome館長

    Tome文芸館

  • 今日は料理番組の日

    料理番組はあまり見ませんが、オレンジページやESSEなどの雑誌。地域新聞で掲載されるお料理を参考にすることがあります。レストランで食べるお料理も好きですが、手…

    天鳥そら

    憩いの森

  • お地蔵アート

    『風』いつも一緒に。いつも応援ありがとうございます。愛と感謝をこめて。  人気ブログランキングへ ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる【アメクリップ】   

    天鳥そら

    憩いの森

  • 初御空<俳句>

     今朝もまた犬のお供や初御空  首すくめポケットに手冬銀河  マフラーに顔を埋めて初詣  元旦でも休めないのは犬の散歩。明け染めたばかりの早朝の空は、神々しい…

    akari

    言霊、言の葉

  • さくらさく

    サクラサクご報告まで。Reach by Alan Walkerほんまに、なんとか届いた……っつー感じですわ。はあ。《 ぽ ち 》ええやんかーと思われた方は、ど…

    水円 岳

    いまじなりぃ*ふぁーむ

  • 「閉鎖病棟のヒーロー3」

    はじめての方、ようこそ。再来、応援してくださっている方にありがとうございます。ハクジュと申します。集団ストーカー被害記録と、趣味のファンタジーといろんなジャン…

    ハクジュ

    へこみ時々晴れ

  • 暮らしのユーモア短編集-35- 制(せい)する

     制(せい)する・・という言葉がある。この言葉は相手の行動を制圧(せいあつ)して...

    水本爽涼

    水本爽涼 歳時記

  • おっとぎりぎりやで。

     今日は左耳が痛いです。 毎日どっかが痛いな。 まだリンパが腫れてるから、そのせいかもしれない。耳の奥がずきずきと。そして首のごりっとしたふくらみも痛い。これが腫れてきたら熱を出すはずですが、今のところはなんともないです。耳の奥だけが痛いです。怖いです。 あ、風邪っぽいものはもう何も残ってないのですが、やっぱりのどと咳は残ってますね。これはもう仕方ないから諦める。 ところで、年末に買ったリンゴです...

    hiyu

    bittersweet

  • 満ちていく月…

    夜の寒さに肩身を竦め夜空を見上げて星数え星を繋いだ私の星座にあなたの明るい笑顔のような月は寄り添い暖かく私の心はあなたのように満ちた光のお月さま…こんばんは♪先程、近くのスーパーへ買い物に行ったのですが…ふと夜空を見上げたら白く光る、ほぼ満月🌕正確には明日が満月ですが(^_^;)光を遮る雲も無く、暫く見上げてた。少ない星を数えながら自分の星座を作ってみた。(*´ー`*)スクネー星が少ないから…これが頭…これが手で…星が...

    mika

    移り行く日々の徒然に…

  • 今日の出来事(8−1−21)

    朝は、いつも通りの時間に起床できたが、やはり、昼に眠気が襲ってきて、一時間ほど、転寝してしまった 自分でも思っていたよりも、心身が疲労していたようで、起きたら、かなり、楽になっ…

    優樹

    黒犬の小屋

  • 年下彼氏。(ナオキ)

    新田尚貴(にったなおき)−18歳のとき ナオキは高校を卒業してのち地元のアパレル会社で働いていた。 彼の住んでいる地域では、昭和の時代、繊維産業が最も盛んだった。 だがいまは経済活動の片隅に追いやられてしまっている。 彼の働く場所は、シャッター通りに面した小さな会社。 『有限会社フジサキ』である。 ナオキの直属の上司は、社長の実娘であり、専務である藤崎ふじさき江利えり。 彼女は部…

    吉川ヒロキ

    小説書いてます。

  • シナリオ 【 明るい離婚計画(仮)】 -12-

    ●マンションの一室・宮内家   健次郎が鍵をあけて入る。  リビングに来てソファーで寝ている夏美に気づき、  健次郎「わぁ(と驚く)」  夏美「(目を覚まし)…

    KATARA

    Novel & Scenario (小説と脚本)

  • ホタル通信 No.386

    小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。 小説名:No.405 御堂筋...

    ホタル

    冬のホタル

  • アイデアだけならバカでもできる!

    ●狭い国土に時速600キロの電車は必要ない。この狭い国土に時速600キロの鉄道を建設すると云うのだから、大分頭の中枢に障害を来たしている連中でしか考えつかないだろう。しかし政治と企業がつるんでいれば悪がしこい計画も成功する確率が高いのだ。日

  • PC用拡大鏡固定器のDIY

    先週から拡大鏡の固定器をDIYで製作し、本日完成に至ったのでブログで紹介したい。テーマは ❶なるべく金をかけない。 ❷拡大鏡(100均で購入した95Φの虫眼鏡)は取り外し可能にする。 ➌上記と付随す...

    ミック

    KR500レプリカの部屋

  • 《掌編小説》 理想のカレー

    旨いカレーが食いたい。 インドカレー店でナンを頬張っていた俺は、不意にそう思った。 今、俺が食っているカレーも旨い。旨いのだが、何かが足りない。 それが何なのか、突き止めることの出来ないこのもどかしさ。 嗚呼、俺の求める《理想のカレー》はどこにあるのだろう? 俺はその日から金を必死で貯め、カレーの本場インドへと旅立った。 蒸し暑い気候、日本とは全く異なる環境と文化。 気を抜けば荷物を盗まれ、物を買おうとすれば高値で売りつけられる始末。 しかし、俺は諦めなかった。名の知れた店から素朴な家庭料理まで、多くのカレーを食べ歩いては研究を重ねていった。 どれも旨い。食えば食うほど、自分の好む味がはっきり…

    ai

    ai's diary

  • Jなんとか

    元同級生の男たち数名でドライブ。なにか見物して、さて帰ろうかという頃。TIというイニシャルの男から頼み事をされる。「JTのマークの写真が欲しいんだけどさ」...

    Tome館長

    Tome文芸館

  • 全国男子駅伝・開催中!!

    どうもどうも、福ちゃんです。 毎年恒例の全国男子駅伝、始まってますね! 現在3区途中、地元広島代表も良い位置につけてますね。 優勝目指して頑張れ広島!

    福ちゃん

    僕を探す旅に出よう。

  • 今日は玉の輿の日

    玉の輿に乗った方には、まだ会ったことがありません。玉の輿に乗って、幸せかどうかはまた別のお話なのかもしれません。自分が玉の輿に乗れるかどうか、手相からわかるこ…

    天鳥そら

    憩いの森

  • 《おすすめの本》 極主夫道

    新潮社 コミックバンチ 「極主夫道」 著者:おおのこうすけ こちらの本は漫画です。今、話題になっているタイムリーな漫画ですね。 元ヤクザの男性が主夫を務めるコメディ作品です! 何が面白いかって、作中にヤクザネタがみっちり詰め込まれているんですよ。 なんでもない普通の日常のはずが、任侠っぽくなるシュールな笑いといいますか。 例えば、ハーブやプチトマトを育てている姿を「薬物の栽培」だと思われてしまったりとか(笑) 主人公の外見がモロヤクザなので、それにビビってる一般人のリアクションも凄く面白いんですよ。 同じ道を歩んでいたヤクザとの絡みもあるのですが、何故か洗濯やママさんバレーの話に進んでいくとい…

    ai

    ai's diary

  • 自動音声

    ピーピーとわれを呼ぶ音聞こえ来るガス・冷蔵庫・洗濯機など  最近の電子機器は忘れていても呼んでくれる 「ガスがついてますよ」「冷蔵庫の扉、閉めてください」「洗…

    akari

    言霊、言の葉

  • 2019年01月19日のつぶやき

    22:52 ツイッターの仕様が、また微妙に変わったみたいだけど、良く分からない。

    葉山ユタ

    白嘘物語-つくもうそ物語

  • ShortStory.445 地蔵のお迎え

      子どもの読み聞かせには使えない『笠子地蔵』…もはや原形もありませんw 話は変わりますが、近々ブログ名を変更する予定です。中身は変わりません。 ONE PI…

    ハルト

    麦わら海賊団と、小説と、たまに自分の日常。

  • 『シェイクスピア師曰く』

    人は心が愉快であれば終日歩んでも嫌になることはないが、 心に憂いがあればわずか数歩でも嫌になる。 人生の行路もこれと同様で、人は常に明るく愉快な心をもって人生の行路を歩まねばならぬ。 シェイクスピ

    2010からの活動

    調理場好きの30歳

  • 浜千鳥

    【浜千鳥】青い月夜の 浜辺には 親を探して 鳴く鳥が 波の国から 生まれでる 濡れたつばさの 銀の色 夜鳴く鳥の 悲しさは 親を尋ねて 海こえて 月夜の国へ 消えてゆく 銀のつばさの 浜千鳥 浜千鳥…なんとなく心に染み入る歌ですよね。作詞  鹿島 鳴秋(かしま めいしゅう)作曲  弘田 龍太郎(ひろた りゅうたろう)1920年(大正9年)  少女号という雑誌の1月号で(浜千鳥)が発表されました。鹿島鳴秋が、新潟県柏崎に居る友...

    mika

    移り行く日々の徒然に…

  • せんりょう

    「うーん……」「どうした?」「俺たちは千両だろ?」「ああ」「上に万両が、下に百両、十両、一両がいるよな」「そうだな」「そういう身分制度は、すでに崩壊してるよう…

    水円 岳

    いまじなりぃ*ふぁーむ

  • 暮らしのユーモア短編集-34- うるさい

     日々、暮らしていると、うるさい…と思うことがよくある。この、うるさい…と思う気...

    水本爽涼

    水本爽涼 歳時記

  • 今日の出来事(8−1−19)

    ほんと、最近、仕事が忙しい。そろそろ、ピークは越えると思うんだが、どうだろう とりあえず、明日は休みなので、溜めた漫画や小説を読んで、感想を書き溜めたい しかし、途中で寝落ちし…

    優樹

    黒犬の小屋

  • 項羽の育ての親・項梁は楚軍の礎を作った人

    項羽の叔父・項梁は楚軍の礎を作った人です。彼は最後に戦死してしまいますが、彼の功績は大きかったと思います。

    鈴木詩織

    小説「項羽と劉邦」執筆日記

  • [No.892-2]ひとつと半分

    No.892-2 「で、もう一個はどれにする?」 2個じゃ多い・・・でも、1個じ...

    ホタル

    冬のホタル

  • ソシャゲ・小説ブログの開設1か月目記録。PV数と運営考察

     サイト開設から1月が経過したので、戒めとしてPV数やその他の数字を晒します。小説ブログやソシャゲ類に手を出した人間の末路、ということで、何かの参考になれば幸いです。

    ぬま

    沼なわなびの晒し台

  • ソシャゲ・小説ブログの開設1か月目記録。PV数と運営考察

     サイト開設から1月が経過したので、戒めとしてPV数やその他の数字を晒します。小説ブログやソシャゲ類に手を出した人間の末路、ということで、何かの参考になれば幸いです。

    ぬま

    沼なわなびの晒し台

  • 諌めてるつもりかもしれないけど、お前項梁の足引っ張ってんぞ!宋義!

    「できるサポートがあるのにあえてせず、他人を失敗に追い込むやつ」って本当にタチが悪いと思います。そういう人ってかなり目障りな存在です。

    鈴木詩織

    小説「項羽と劉邦」執筆日記

  • シナリオ 【 明るい離婚計画(仮)】 -11-

    健次郎「掃除ぐらい手伝う気だったんだけどな。必要ないな」  真歩「いいよ」  健次郎「なんか用あるの今日、予定」  真歩「別に」  健次郎「一緒に買い物行くか…

    KATARA

    Novel & Scenario (小説と脚本)

  • 僕は

    スローペースで、二人で出来る事を模索しながら。二本松、競馬、などなど。

    管理人H&管理人O

    スローペース症候群