長編小説、ノベルシリーズ

長編小説、ノベルシリーズ
テーマ名
長編小説、ノベルシリーズ
テーマの詳細
長編小説や、シリーズもののストーリィ・物語などに関することなら、なんでもOKです。
テーマ投稿数
22,266件
参加メンバー
550人
管理人
真姫(Maki)管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「長編小説、ノベルシリーズ」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「長編小説、ノベルシリーズ 小説ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

長編小説、ノベルシリーズの記事

151件〜200件

  • あなたのとりこ 326
    2019/07/22 09:02
    あなたのとりこ 326

     まあ、こんな事を云うと派江貫氏辺りに不謹慎千万だと怒られそうでありますが、それでも頑治さんは何となく、労働組合側の演説の中に嫌に古典劇的に悠長でありながら、それでいてかなり好い気で、如何にも狡賢そうな底意をどうしても聞き取って仕舞うのでありました。それに定式化されて今となっては少々綻びも目立ち始めた、典型的な労働者と経営者との対立構図を未だに使用している辺りが手腕として白々しく、寧ろそう云うステレオタイプは窮状を訴える迫力に欠けるようにも思えて仕舞うのでありました。  まあ要するに、春闘、と云う賃金を改定するに当たっての祭儀と云うのか、定例儀式なのでありましょうから、このお祭りを盛り上げるためにはこう云う決まり事は労使共に尊重すべきものなのかも知れません。勿論、深刻な雇用の危機にある人達とか、決まった賃金さえ長く受け取る事が出来ない人達とか、会社が倒産の危機にあって先の目途も立たない人..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ポーラに忘れな草〈9〉 彼女の制服の匂い
    2019/07/20 22:44
    ポーラに忘れな草〈9〉 彼女の制服の匂い

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 325
    2019/07/19 09:04
    あなたのとりこ 325

    「確かに甲斐さんのキャラクターと労働組合には、全く接点が見付けられないように思うけど、それでも一応、全くけんもほろろの返事が返ってくるとしても、組合加入を誘ってみる必要はあるかな。今この席で日比課長に、まあ断られたけどオルグを掛けたんだから、甲斐さんにも声を掛けないと何だか釣り合いが取れないように思えるからなあ」  均目さんが何だか変な均衡意識を持ち出して甲斐計子女史をオルグする理由とするのでありました。「甲斐さんのオルグは、委員長である袁満さんにお願いしますよ」 「え、俺が声を掛けるの?」  袁満さんが持っていた徳利を机上に置いて自分を指差すのでありました。 「まあ、甲斐さんと一番親しく口を利けるのは袁満君だものね、この中では」  那間裕子女史が均目さんの提案に賛同するのでありました。 「じゃあ、判りましたよ。俺の方から一応声は掛けてみますけどね」  袁満さんはあんまり期待..

    汎武

    はなし汎武ん

  • あなたのとりこ 324
    2019/07/17 09:04
    あなたのとりこ 324

     こういう場合では大概頑治さんが酌の手を伸ばすのでありましたが、うっかりして仕舞ったと頑治さんは反省するのでありました。だから那間裕子女史の猪口が空くと今度は空かさず両手で持った徳利を女史の方に差し向けるのでありました、 「甲斐さんは俺以上に、組合に入るのは抵抗があるんじゃないかな」  日比課長がそう云って猪口を空けたので、頑治さんは那間裕子女史の猪口に差したその流れで、すぐに今度は日比課長の方に徳利を翳して見せるのでありました。 「どうして?」  袁満さんが訊くのでありました。 「甲斐さんはそう云うのには今迄全く縁遠かったし、ストとかデモとかに対して生理的な嫌悪感と云うのか、アレルギーがあるみたいだしなあ」 「そう云えば鉄道とかバスのストライキがあった時なんか、如何にも迷惑そうに労働組合の事をすっかり悪者扱いして口汚く罵っていたっスからねえ」  出雲さんがそんな事を云って笑..

    汎武

    はなし汎武ん

  • あなたのとりこ 323
    2019/07/15 09:03
    あなたのとりこ 323

    「でもこの先全国組織に加盟している労働組合員にはなかなか、妙な手出しをするのは控えるだろうけど、組合の後ろ盾が無い日比課長には、社長や両部長が過酷な労働条件を課してきたり、待遇面でも色々無体な事を云ってくるかも知れないですよ。それを防ぐ手だてが、腐れ縁、だけと云うのならそれは如何にも頼りない気がするけど」  均目さんがそれとなく脅すのでありました。 「新年早々の社員全員での話し合いでも、日比さんはこれ迄やって来た特注営業の実績を簡単に無視されて、将来の、海の物とも山の物とも未だ全く判らない地方特注営業とやらに回されそうになったんだから、社長や両部長は日比さん程にその腐れ縁とやらを大事には思っていないよ、屹度。そんなものをのんびり頼りにしているよりも、ここはちゃんと組合に入った方が、会社に於ける日比さんの身のためだと俺も思うけどね。」  袁満さんも調子を合わせるのでありました。 「ま..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 乙女ですって 252 (R-18) リセット
    2019/07/14 12:16
    乙女ですって 252 (R-18) リセット

    長編小説、ノベルシリーズ2015年7月9日木曜日の夜。残業を終えた木南は、雨の中、傘を差して歩きながら、大きな溜め息を吐いた。ペースメーカーでもあった菜津子の抜けた経理課室の皆は、どこか弛んで居た。────綱島さんが居ないだけでこんなに違うなんて。今後、誰か人員の補充があっても定時に帰るのは難しいかもしれない。昼休みを返上すれば多少は早く帰れそうだったが、他の社員がそうしないものを木南だけしようとは思わなか...

    sazanami-h

    sazanamiの物語

  • 【ライトノベル】完結済みのオススメラノベ9選
    2019/07/14 07:22
    【ライトノベル】完結済みのオススメラノベ9選

    オススメの完結済みラノベについて考えてみました。と言っても、正直オススメなんて人それぞれなんだけど、私の好きなラノベをいくつか挙げるので、この中に好きなラノベ…

    とく子

    とく子さんの読書録。

  • ポーラに忘れな草〈8〉 早めのサンタクロース
    2019/07/12 13:03
    ポーラに忘れな草〈8〉 早めのサンタクロース

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 322
    2019/07/12 09:03
    あなたのとりこ 322

     日比課長が云い募るのでありました。「全くとことん見下げ果てたヤツだぜ、あの営業部長さんは。まあ、もう疾うに判ってい事だから、今更怒る気も無いけど」  と云いながらも、結構な怒気ではないかと頑治さんは思うのでありました。 「そう云う日比さんも、今日の社長に対するお追従満載の遜り方を見させて貰うと、あんまり人の事は云えないと思うよ。実に格好良くなかったなあ今日の日比さんは。まあ、何時も万事にそれ程格良いと云う訳じゃないけどね、念のために付け加えると」  袁満さんが狎れた口調でからかうのでありました。 「片久那制作部長と同じで、俺も社長と云う立場に敬意を表しているだけだよ」 「あのおべんちゃらたっぷりの話し振りは、それ以上の、卑屈さすら感じたけど」 「別に卑屈になんかなっていないよ」  日比課長は憮然とするのでありました。「第一俺はあの営業部長さんのように、自分を社長に売り込もう..

    汎武

    はなし汎武ん

  • あなたのとりこ 321
    2019/07/10 09:03
    あなたのとりこ 321

    「社長も、土師尾営業部長や片久那制作部長にだけじゃなく、新たにこれから組合の方にも気を遣わないといけなくなって、この先大いに大変な事だよなあ」  飲み慣れた安酒に舌鼓を打ちながら日比課長が皮肉っぽく気の毒がるのでありました。社長の前では、見様に依っては太鼓持ち的なヨイショを連発していたくせに。 「社長も元々腹が座っていないから、何かオドオドしていたような印象だったなあ」  袁満さんが先の宴会での社長の様子を振り返るのでありました。 「前からそうだったけど、土師尾さんにも片久那さんにもそう易々と気を許せないし、組合にも、下手な対応をすれば大袈裟に労働争議を起こされるかも知れないから、戦々恐々としているのよ。何かと云うと大物気取りするけど、気が小さいからね、あの社長は」  那間裕子女史が袁満さんの社長評に続くのでありました。 「社長はウチの会社では孤立無援と云う立ち位置なんですか?..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 【ライトノベル】毒吐姫と星の石
    2019/07/08 23:29
    【ライトノベル】毒吐姫と星の石

      毒吐姫と星の石 ミミズクと夜の王 (電撃文庫)   Amazon  全知の天に運命を委ねる国ヴィオン。占により下町に捨てられ、…

    とく子

    とく子さんの読書録。

  • あなたのとりこ 320
    2019/07/08 09:03
    あなたのとりこ 320

     この日比課長の評言に頑治さんは些か尻の辺りがむず痒くなるのでありました。 「ほう。倉庫の仕事や商品管理、それに配達の仕事は、したたかな計算とか突飛な思い付きとか、或いは変幻自在の身の熟しとか、営業職のような派手な仕事振りは要求されないけど、何より篤実な人が向いている。君は真面目そうで几帳面でコツコツ仕事を熟すタイプの人みたいだから、屹度業務の仕事は適任と云うところなんだろうね」 「どうも恐れ入ります」  社長の評言には、どうせ恐らく君に大それた仕事は出来ないのだろうけど、と云うような、端からの見縊りの前置きが省略されているように頑治さんは聞きながら感じるのでありました。篤実とか真面目とか几帳面とかコツコツとか、こう云い類の褒め言葉には、敬意が含まれているとは必ずしも限らないし、寧ろ往々にして或る種のおざなりと軽侮の気持ちを秘めているものであります。ま、しかしそれは兎も角として、頑治..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ポーラに忘れな草〈7〉 心のドアをノックして
    2019/07/06 20:21
    ポーラに忘れな草〈7〉 心のドアをノックして

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 「オレの愛しい王子様」第13話 彼女の理由
    2019/07/05 20:07
    「オレの愛しい王子様」第13話 彼女の理由

    それは、朝からしとしとと小雨が降りつづく肌寒い梅雨の日のことだった。榎本茉美は母親に連れられて祖父の葬儀に参列していた。祖父といっても会ったこともないひとだ。母親も含めて皆が沈痛な面持ちをしている中、どんな顔をしていいかわからずひどく居心地が悪かった。葬儀のあと、亡くなった祖父の屋敷に移動したのだが、母親の実家でもあるそこは見たこともないような豪邸だった。母親がとんでもないお金持ちのお嬢様だったことを、茉美はこのとき初めて知った。中学生になりたての娘から見ても彼女は品のある美しいひとだ。それも育ちのよさゆえだったのかと納得する。喪服で儚げにうつむく姿は、不謹慎かもしれないがいっそう美しさが際立って見えた。「史絵」ふいに呼ばれたのは母親の名前だ。振り向くと、喪主を務めていた男性がこちらに歩み寄ってきた。彼は史絵の...「オレの愛しい王子様」第13話彼女の理由

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • あなたのとりこ 319
    2019/07/05 09:02
    あなたのとりこ 319

     日比課長はここも大袈裟な驚嘆をして見せるのでありました。それに先程迄つれなく社長との会話を聞いていた那間裕子女史が、矢庭に興味を惹かれたような顔で社長を見るのでありました。これは屹度社長の正月のハワイ旅行が、その辺の小金持ち連中の見栄っ張り海外旅行とは些か趣が違ってきたのに反応しての事でありましょう。 「じゃあ、ハワイでは社長はそのお姉さんの家に滞在されるのですか?」  日比課長のこの質問には別に、殊更の大袈裟な表情は付属しないのでありました。 「姉の家と農園はハワイ島に在ってなかなかの大邸宅なんだが、そこへは一泊だけさせて貰って、後はオアフ島のワイキキのホテルで過ごす事にしているよ。別に特段の気兼ねは無いんだけど、どう云うものか女房があんまりそこに居たがらないものだから」  話しを漏れ聞きながら、頑治さんは社長の奥さんがあんまりお姉さんの豪邸に居たがらないのは、お姉さんの暮らし..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ローズマリーの詩〈23〉 写真も残ってない男
    2019/07/04 22:26
    ローズマリーの詩〈23〉 写真も残ってない男

     連載   ローズマリーの詩   23 写真も残ってない男破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。千里さんの部屋は「千の丘」の上階にあった。私と千里さん、女ふたりですき焼きを囲む幸せな食卓。そこにもうひとり、いてほしい人がいた。そ

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • Specialキャンペーンのお知らせ✨
    2019/07/04 01:08
    Specialキャンペーンのお知らせ✨

    ◆ Specialキャンペーン開催のお知らせです✨✨シリーズ第1巻・第2巻  紙の本[ペーパーバック版]の出版を記念して、以下の日程で電子書籍[Kindle版]の無料キャンペーンを開催いたします。この

    Paani

    Atelier Noalino

  • 第13話 彼女の理由
    2019/07/03 19:51
    第13話 彼女の理由

     それは、朝からしとしとと小雨が降りつづく肌寒い梅雨の日のことだった。 榎本茉美は母親に連れられて祖父の葬儀に参列していた。祖父といっても会ったこともないひとだ。母親も含めて皆が沈痛な面持ちをしている中、どんな顔をしていいかわからずひどく居心地が悪かった。 葬儀のあと、亡くなった祖父の屋敷に移動したのだが、母親の実家でもあるそこは見たこともないような豪邸だった。母親がとんでもないお金持ちのお嬢様だ...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナルファンタジー小説

  • あなたのとりこ 318
    2019/07/03 09:03
    あなたのとりこ 318

     社長は那間裕子女史の気分には無頓着にそう言葉を重ねるのでありました。 「いえ、未だ何処にも行った事はありませんが」 「最初の海外旅行がケニアと云うのはちょっと重たいように思うけど。まあ、ハワイとかグアムとか台湾とかで少し海外旅行慣れしてから、その後でケニアにでもエジプトにでも行けば良いんじゃないかねえ。どうしてもケニアに行きたい理由でもあるの?」 「学生時代からアフリカに興味があったもので」  那間裕子女史はそれだけ大雑把に云って後は口を噤むのでありました。 「那間さんはそのためにスワヒリ語の勉強をしているんですよ」  日比課長が横から社長にそんな事を云い出すのは、那間裕子女史の社長に対する態度がちょっとつれないように見えたので、その手当ての心算でありますか。 「ほう。もう自由自在に喋れるの?」 「いえ未だ全然です」 「英語が出来れば、大概の土地では何とかなるんじゃない..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ◆◆◆ 神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」第十九話 更新 ◆◆◆
    2019/07/02 21:25
    ◆◆◆ 神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」第十九話 更新 ◆◆◆

    令和元年も月と地球と太陽と元気があれば、それでいい!********神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」第十九話:夜の稼働を更新しました。「そうですよ。俺の風呂が長すぎたら、おかしいですか?」「それはおかしいな…」ユキヒト氏、立ち止まりはしなかったものの、ふと何かを考えこむしぐさである。右前髪が垂れ下がっているせいで、左目の動きしかはっきりと見えない。眇めというのでもないが、そのひとつしか見えない瞳は、ときに判じがたい感情を籠もらせている。([神無月の巫女二次小説其の一]→「夜顔」(目次)→「夜の桎」)********剣の巫女としての修行を終えて、無事に帰還した千歌音と姫子。そして、襲い来るおろち衆の刺客たちが…。神無月の巫女二次創作小説第十弾「夜顔」シリーズ十四の章。*****★二次創作小説・考察レ...◆◆◆神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」第十九話更新◆◆◆

  • [ペーパーバック版]リリース✨
    2019/07/02 02:54
    [ペーパーバック版]リリース✨

    lli the Whale | くじらのイリー 1巻と2巻 の紙の本[ペーパーバック版]のリリース情報です✨----------------------------------------------

    Paani

    Atelier Noalino

  • あなたのとりこ 317
    2019/07/01 09:03
    あなたのとりこ 317

     那間裕子女史は不承々々ながらも頷くのでありました。 「じゃあ、日取りとか決めちゃっていいかな、俺の方で」 「出来たら水曜日辺りが都合が良いわね」  那間裕子女史が希望を出すのでありました。 「これ迄の経緯から、水曜日の夜だったら大方大丈夫そうかな?」  袁満さんがこう確認するのは、これ迄ずっと組合結成の準備会議を水曜日に開催していたから、その流れで水曜日なら全員私用が無いと踏んだ故でありましたか。「じゃあ社長の方に今度か次の水曜日ならって申し出ておくよ」  こういう訳で、社長と社員一同の宴会が催される次第と相なるのでありました。  宴会は社長の馴染みの、地下鉄九段下駅に近い蕎麦屋の二階の一角を借り切って、次の週の水曜日の夜に挙行されるのでありました。因みに費用は社長のポケットマネーで支払われるのでありましたが、袁満さんに依ればあのケチな社長にしたら大層な奮発だと云う事で..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ポーラに忘れな草〈6〉 坊ちゃん、泳ぐべからず
    2019/06/30 07:50
    ポーラに忘れな草〈6〉 坊ちゃん、泳ぐべからず

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 読書ツーリングのすすめ。気軽に乗れる原付二種で読書ツーリングに出かけよう。
    2019/06/29 23:15
    読書ツーリングのすすめ。気軽に乗れる原付二種で読書ツーリングに出かけよう。

    こんにちは、べーごま。です。 今日はバイクと読書のお話しです。 バイクと読書・・・皆さんいかがですか? バイクは乗るけど、ツーリング先で本を読む方って意外と少ないんじゃないかと思います。本を読むためにバイクで出かけるとなると尚更ですよね。 でも、バイクの出先で本を読むのってすごく楽しいです。バイクで近所を走って、お気に入りの静かな場所を見つけて・・・のんびり読書、わたしはすごく好きです。 実際、わたしも毎週のようにお気に入りの本を持ってバイクで出かけてます。 この記事では、そんなわたしが大好きな読書ツーリングの魅力を少しでも皆さんにお伝えできればと思います。 1. 原付二種は読書ツーリングにぴ…

    べーごま。

    自分の大好きなこと。古着とバイクと本。

  • 読書で梅雨を乗り切ろう!!読書を習慣にしたい人はこの時期がチャンスかも・・・おすすめの小説を紹介!!
    2019/06/29 23:14
    読書で梅雨を乗り切ろう!!読書を習慣にしたい人はこの時期がチャンスかも・・・おすすめの小説を紹介!!

    こんにちは、べーごま。です。 今日は本を読んで梅雨を乗り切ろうというお話です。 わたしの住んでる地域もここ1週間はずーっと雨の天気が続いてます。 当然休みの日も家にいる時間が多くなります・・・皆さんは雨で外出できない時、自宅で何をして過ごしていますか? とりあえずスマホをじったり、ゲームしたり・・・次の日振り返ってみても昨日は何しただろう・・・となる方も多いのではないでしょうか。 そんな方には是非本を読むことをおすすめします。 実際わたしは、休日が雨でバイクに乗れないときは、ほとんど本を読んで過ごしています。 誘惑が少なくなって、自分の好きな本に没頭できる・・・この時期がわたしは意外と好きだっ…

    べーごま。

    自分の大好きなこと。古着とバイクと本。

  • あなたのとりこ 316
    2019/06/28 09:25
    あなたのとりこ 316

    「どっちが喧嘩が強いかなんて事云っているんじゃないわよ」  那間裕子女史は袁満さんを睨んでげんなりしたような口調で云うのでありました。 「いやまあ、それは判っていますけど」  袁満さんはこちらも白けたような口調で云って、やおら拳を解いて腕を下ろすのでありました。ほんの冗談の心算で発した言葉だったのに、興醒めにも那間裕子女史に本気の言葉として受け取られたのは、ちょっと心外であると云うところでありますか。 「社長と少しじっくり話をするには、良いチャンスかもしれないですよ」  頑治さんが声を上げるのでありました。「これ迄社長とは、皆さんはあんまり親しく話しをした事がないんでしょう?」 「まあ確かに。社長は普段も下の紙商事とは違ってウチの方には顔を滅多に出さないし、忘年会とかにも余程気が向かないと出てこないからなあ」  袁満さんが頷くのでありました。 「親しく言葉を交わしてみたら、..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 【小説】るり姉【ネタバレ】
    2019/06/27 06:16
    【小説】るり姉【ネタバレ】

    この本好きな方ごめんなさい。私はオススメできません。   るり姉 (双葉文庫) 648円 Amazon  三姉妹が慕う、母親の妹の…

    とく子

    とく子さんの読書録。

  • あなたのとりこ 315
    2019/06/26 09:01
    あなたのとりこ 315

     袁満さんから終業時間直前に打ち合わせの集合が掛かって、組合員は倉庫に集まるのでありました。袁満さんは社長からの宴会の誘いを受けた事を報告してから、参集した組合員の顔を見回して諾否を問うのでありました。 「何だろう、今迄の従業員に対する悪行の数々を悔いて、罪滅ぼしでもする心算かな」  均目さんがそんな冗談を云うのでありました。 「まさかそんな訳でも無いだろうけど、まあ、春闘も終わったので、一先ずの手打ちと云った気持ちからなんじゃないの」  袁満さんが均目さんの顔を真顔で見ながら、その冗談を半分程は冗談だと受け取っていないような按配の返答をするのでありました。 「少しくらいは俺達へのおべっかの気持ちもあるんじゃないっスかねえ」  出雲さんが社長の底意を推し量るのでありました。 「おべっかとは少し違うけど、まあ、慰撫しようとする気持ちはあるだろうな。これから先、組合に敵対されたく..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ポーラに忘れな草〈5〉 忍び声の夜
    2019/06/24 23:09
    ポーラに忘れな草〈5〉 忍び声の夜

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 314
    2019/06/24 09:03
    あなたのとりこ 314

     片久那制作部長は労働組合が出来た事で、尚且つその労働組合とほぼ一人で春闘で渡り合ったのでありましたから、その後少しは社員に対する場合に、気兼ねとか遠慮とか、或いは何に依らず対抗的な物腰とか、より厳しい査定目線とかがが入ったりするのかと思われたのでありますが、外面的には前と何ら変わらない様子でありましたか。それはそれ、これはこれ、と云った気持ちの上での割り切りが明快にあるようであります。  それに多少は社員の行動力みたいなものは見直したかも知れませんが、あくまで、多少の見直し、以上ではなさそうであります。確かに社員個々の仕事に於ける能力は、組合が出来たからと云って急に変わるものではないでありましょうしから。  ところが土師尾営業部長の方は、袁満さんと出雲さんに対する時の態度が大いに変わったようでありました。勿論この人の事でありますから、袁満さんの言を借りれば、何に付け喧嘩腰で来るし、袁..

    汎武

    はなし汎武ん

  • あなたのとりこ 313
    2019/06/21 09:26
    あなたのとりこ 313

     まあしかし、昨年暮れからのすったもんだを考えれば、勝利宣言をしても良い春闘の結果であろうと組合員の皆は考えるのでありました。賃上げも人に依っては例年以上の額をかち取ったし、夏の一時金も一応の納得が出来るだけの割数は確保した事になったのでありますから。何より全従業員に適用される明快な年齢別賃金の体系が確立された事と、全総連小規模単組連合贈答社分会、と云う長々しい名前の自分達の労働組合が、社内で唯一労働条件交渉を行える労働組合だと経営に認めさせた点は大きいでありましょうか。  社長にも土師尾営業部長にも大いに吠え面をかかせ得たし、二人をあたふたと慌てふためかせ得たでありましょうから、日頃溜め込んでいた鬱憤を大いに晴らしたと云う態でもありますか。何もしないし何も出来ない怠け者で無能な衆と片久那制作部長に見做されていたであろうところが、なかなかそうでもなくてやる時はちゃんとやるべき事をやる連中..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ローズマリーの詩〈22〉千里さんのご招待
    2019/06/19 17:14
    ローズマリーの詩〈22〉千里さんのご招待

     連載   ローズマリーの詩   22 千里さんのご招待破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。聡史は会えば私の体を求め、アフリカの臭いのする精液を私の体にほとばしらせた。子どもができたらどうする?私の問いに聡史から答えはなかった

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • 紙の本 近日公開✨
    2019/06/19 09:45
    紙の本 近日公開✨

    illi the Whale | くじらのイリー 1巻と2巻 の紙の本[ペーパーバック版]を準備中です✨近日リリース予定✨🐬✨✨*詳細につきましては、追ってこのHPにてお知らせいたします。◆電子書籍[

    Paani

    Atelier Noalino

  • あなたのとりこ 312
    2019/06/19 09:03
    あなたのとりこ 312

    「いやまあ、あくまで匂いであって、まあ、はっきり全総連がその政党と繋がっていると云う確証を俺は持っていないし、巷間そのように云われると云った辺りですけどね」  均目さんは曖昧に逃げるのでありました。 「前にも云った事があるかと思うけど、全総連は特定の政党と密接に繋がっていると云う事はないよ。全総連の組合員は個人的にどの政党を支持しようと自由だし、全総連がそれにあれこれ干渉する事は無い。全総連はあくまで労働組合なんだから」  とは云うものの、与党である保守政党支持とか、宗教絡みの政党とか云う線は先ず無いでありましょう。それに第一、特定の政党と繋がっていると云う体裁は採らない方が、オルグや宣伝活動とか色んな意味で得策だから、表の顔は善良な無党派みたいに装っているけれど、しかしそれは矢張り、あくまで表向きの顔でしかないでありましょう。  頑治さんは横瀬氏の公式論的な言辞を聞きながらそんな..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ポーラに忘れな草〈4〉 デュエットを奪った男
    2019/06/18 20:26
    ポーラに忘れな草〈4〉 デュエットを奪った男

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 「オレの愛しい王子様」第12話 首謀者
    2019/06/17 22:39
    「オレの愛しい王子様」第12話 首謀者

    「無事か、創真」翼は横たわった男にサバイバルナイフを突きつけたまま、ちらりと振り返った。大丈夫だと創真が答えると、安堵したようにほっと息をついていたが、すぐさま表情を引きしめて男のほうに向きなおる。「動くなよ」そう告げて、目出し帽をはぎ取った。やはり見覚えはなかったようだ。急所を攻撃されて憔悴したのかぐったりとしていて生気がなく、鼻と口からは流血し、それが目出し帽でこすれてけっこう悲惨な見た目になっている。翼はボディチェックをして武器類とともに手錠を没収し、それを男にかけた。さらにズボンをふくらはぎまで下ろして簡易的な足枷にする。裾はブーツの中に入っているので簡単には脱げないだろう。一通り拘束を終えると、小さな棒状の鍵を手にして創真のほうにやってきた。いまだ一糸まとわぬ姿のままだが気にする様子もなく、ひそかにド...「オレの愛しい王子様」第12話首謀者

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • あなたのとりこ 311
    2019/06/17 09:02
    あなたのとりこ 311

    「部長でも組合に入る事が出来るんですか?」  袁満さんが横瀬氏に怪訝な顔で訊ねるのでありました。 「まあ、組合に依るけど。排除しないところもあれば、課長迄とか制限しているところもあるかな。でも均目さんが云うように従業員であると云う点は間違いない」 「社長は片久那制作部長を畏れているし苦手にもしている。それに自分の側の人間として全幅の信頼を置いている訳でもない。寧ろ経歴を考えれば、労働組合側にシンパシーを感じているようにも思える。だから、片久那制作部長が組合側に付くかも知れないと云うのは、社長にとっては結構リアリティーのある危惧と云う事になるかな」 「ああ成程ね。そう云われればそうかも知れない」  袁満さんがこの均目さんの社長の了見分析に大いに頷くのでありました。「だったら機嫌を損ねないためにも、社長は片久那制作部長の意向に逆らえない訳だ」 「だからこちらも同様に留意しておくべき..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」(十八)
    2019/06/15 10:59
    神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」(十八)

    想い叶わなかった相手は、この自分を傷つけようとして生きているのではなかった。しかし、姫子の裏打ちのない無邪気さと、自分には返ってこない一途さとが、ときおり恨めしくないわけではなかった。どこかの神社にでもでかけて、おのれの女々しい悲願を、こっそりと絵馬にして奉納してみたらどうだろう。だが、それは姫子らしき娘の願いを呪って打ち消すことを意味してもいた。神社の仕事で、絵馬掛を眺めるたびに、ソウマはやるせない気分に陥るのである。叶わなかった願いはどこへ行くのか?このどこにも掛けようもない、いずこへも捨てようもない、神に誓えるはずもない悶々とした願いは──?ソウマの問いに対するユキヒトの答えはこうだった。「叶わなかった願いねえ、…誰にでもありそうなものだけど。月にでも昇っていくのかもしれないですね」「月に…?」「お焚き上...神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」(十八)

  • あなたのとりこ 310
    2019/06/14 09:45
    あなたのとりこ 310

    「社長と片久那制作部長は、調子に乗るなよ、と思っているだろうな」  袁満さんが乾杯の後、溜息を一つ吐いてから云うのでありました。 「別に調子に乗っている訳じゃないわ。あくまで最初の要求を貫きたいだけよ」  那間裕子女史がビールの泡を少量乗せた儘の上唇を動かすのでありました。しかし要は回答書に記載される金額のあわよくばの微増を狙っての事であり、最初の要求を貫きたいとか云う意志的な決裂と云うよりは、上乗せ交渉の手練手管の一種と云うべき様相であろうと頑治さんは思うのでありました。まあ、ここで態々そんな那間裕子女史に対する皮肉っぽい挑発なんかをして、女史の剣突を頂戴する了見は全く無いのでありましたが。 「少しくらいは金額が動くでしょうかね?」  その日は珍しく居酒屋に迄同行してきた横瀬氏に袁満さんが訊くのでありました。因みに第二次団交には一次団交の時と同じく来見尾氏も顔を出したのでありま..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 第12話 首謀者
    2019/06/13 14:25
    第12話 首謀者

    「無事か、創真」 翼は横たわった男にサバイバルナイフを突きつけたまま、ちらりと振り返った。大丈夫だと創真が答えると、安堵したようにほっと息をついていたが、すぐさま表情を引きしめて男のほうに向きなおる。「動くなよ」 そう告げて、目出し帽をはぎ取った。 やはり見覚えはなかったようだ。急所を攻撃されて憔悴したのかぐったりとしていて生気がなく、鼻と口からは流血し、それが目出し帽でこすれてけっこう悲惨な見た...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナルファンタジー小説

  • ポーラに忘れな草〈3〉 ポール・ミーツ・ポーラ
    2019/06/12 21:31
    ポーラに忘れな草〈3〉 ポール・ミーツ・ポーラ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 【内神田の西側】古書店街を探索
    2019/06/12 09:31
    【内神田の西側】古書店街を探索

    前回の「【内神田の西側】地形、歴史的見どころ」では、江戸幕府が日比谷入江の埋め立てのために切り崩した「神田山」の痕跡を探索し、付近の歴史的な見どころを見てきました。今回は、神田神保町にある世界最大級の「古書店街」を散策します。その前に、「お茶の水の碑」を見てみます。★★★ ★★★(お茶の水の碑)「水道の原点を水道橋で学ぶ(散策)」でご紹介しましたが、JR御茶ノ水駅の御茶ノ水口にある交番の横に「お茶の水...

    カツQ

    「踏ん張り投資」と「東京散歩」

  • あなたのとりこ 309
    2019/06/12 09:23
    あなたのとりこ 309

    「第一、団交の回を重ねれば重ねるだけ、少しずつでも獲得分が増えると云う確実な目算があるなら粘る甲斐もあるけど、それ程向こうも甘くはないでしょうし」 「それもそうだなあ。・・・」  袁満さんの心中にある針が少し、これで妥結の方向に振れたようでありました。 「でもう一回だけ粘ってみる方が、今後の展開に於いて色々好都合だと思うけど」  均目さんが袁満さんのぐらつきにそれとない叱咤を呉れるのでありました。 「そうね。向こうが甘くないと観測する前に、こっちが甘くないところを先ず見せておかないとね。あたしもここはもう一粘りする方が良いと思うわ」  那間裕子女史も考えとしては均目さんに同調するようでありました。 「どうしますかねえ?」  袁満さんが横瀬氏に意見を求めるのでありました。 「まあ、向こうの回答がこれ以上動く可能性は低いと思うけど、しかし、この回答を突っ返して三次回答を要求す..

    汎武

    はなし汎武ん

  • あなたのとりこ 308
    2019/06/10 09:03
    あなたのとりこ 308

    「まあ、善処しているところを見せようとする意図は伝わって来るかな」 「でも実質は殆ど動かす気は無いと云う意図も読み取れますけど」  均目さんは眉間に皺を寄せるのでありました。 「多分向うとしても、本当にこれがギリギリかもよ」  那間裕子女史が口を挟むのでありました。「原則である同一年齢同一賃金の補正もかち取ったし、それを加えれば組合員平均では例年以上の賃上げになるだろうし、夏の一時金もまあ、例年並みと云う事になるようだし、結構上出来と云えるんじゃないかしら」 「暮れのボーナス、じゃなかった、一時金の事を思えば、確かに御の字かな」  袁満さんも那間裕子女史に同調するのでありました。 「もう一回粘れば、もう少し金額が上るんじゃないっスかねえ」  出雲さんが笑いながら冗談めかして言うのでありました。 「その可能性もあるかな」  袁満さんがこちらも笑いながら受け応えるのでありま..

    汎武

    はなし汎武ん

  • あなたのとりこ 307
    2019/06/07 09:02
    あなたのとりこ 307

    「ベアの部分はもう動かせないのですか?」  袁満さんが意を励まして少し粘るのでありました。 「週に三十分時間短縮した分、時給は上がる計算になる」 「何だか申し訳のような、当て擦りのような回答ですね」 「申し訳でも当て擦りでもない。ギリギリの線だ」 「一時金にしても二十割と云うところは動かないのですね」 「繰り返すがギリギリの線だ。つまらない駆け引きをしようと云う気は無い。大体ウチの一時金の算定に、今迄は一律金と云う考えは無かったが、歳の若い者、基準内の低い層を手厚くすると云うそちらの発想だろうから、それにはちゃんと則っている心算だ」  この片久那制作部長の、つまらない駆け引きをしようと云う気は無い、と云う言葉の前には、社長や土師尾営業部長のように、と云う言葉が屹度省略されているのでありましょう。勿論社長も土師尾営業部長もそれにはとんと気付かない様子で、片久那制作部長と同じよう..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ポーラに忘れな草〈2〉 牛乳瓶に忘れな草
    2019/06/07 01:52
    ポーラに忘れな草〈2〉 牛乳瓶に忘れな草

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 306
    2019/06/05 09:22
    あなたのとりこ 306

     ホームに一人取り残された頑治さんは、夕美さんを乗せた列車の後尾がみるみる遠ざかるのを虚しく見送っていたのでありましたが、遂に車両の一点の欠片も視界から消え失せて仕舞うと、もう春だと云うのに、急に辺りの空気の冷たさが全身に染みてくるのでありました。その寒さに同調して、頑治さんが立っているホームの気配が、嫌に他所々々しい顔をするのでありました。早々にここから立ち去れと促されているようでありますか。  夕美さんがもう東京から居なくなったのだと云う喪失感は、東京駅から自分のアパートに戻って来て、一人で座布団の上に座っていると余計に重く肩上にのしかかって来るのでありました。一か月後にはまたすぐ逢えるんだと何とか意を励ましても、寂しさは一向に収まらないし、寧ろ益々増幅してくるようでありました。  本棚から夕美さんが残していったネコのぬいぐるみが、頑治さんを無表情に見下ろしているのでありました。そ..

    汎武

    はなし汎武ん

  • あなたのとりこ 305
    2019/06/03 09:02
    あなたのとりこ 305

    「ああ成程。それは道理だ」 「でもまあ、五月六日から先も、多分毎日、夜は頑ちゃんと逢うでしょうけどね」  夕美さんはそう云ってニンマリと笑むのでありました。 「お茶の水のビジネスホテルに泊まるのなら、逢うには好都合かな」  頑治さんも笑み返すのでありました。 「あたしが東京を引き払った後も、一か月後にはまたすぐに逢えると云う事ね」 「今迄だって一か月くらい逢えない時もあったし、そういう意味では今後も二人の逢瀬に関しては、少し不自由にはなるけれど今までとあんまり変わらないって事になるかな」  頑治さんが云うと夕美さんは頷くのでありました。しかしそれは、矢張りこれ迄とは決定的に違う状況が二人の間を隔てる事になる、と云う儘ならなさを何とか二人して認めたくないものだから、多少無理な理屈で以って現実の無聊を糊塗しようとしているようなものかなと、頑治さんは気持ちの底の方でそこはかとなく考..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ローズマリーの詩〈21〉 そのハーブは避妊の使者
    2019/06/01 20:21
    ローズマリーの詩〈21〉 そのハーブは避妊の使者

     連載   ローズマリーの詩   21 そのハーブは避妊の使者破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。私は、かつてあなたを愛した男、牧原哲司の姪っ子です。「千の丘」の真坂千里に告白した私は、「おじが後悔している」ことを彼女に告げた

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • ポーラに忘れな草〈1〉 障子の向こうの彼女
    2019/06/01 00:59
    ポーラに忘れな草〈1〉 障子の向こうの彼女

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

カテゴリー一覧
商用