散文

  • トラコミュとは?
散文
散文に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

◆散文とは? 韻律・字数・句法などに制限のない通常の文章をいう。小説・随筆・日記・論文・手紙などに用いられる文章。?コトバンク・大辞林 第三版の解説より(http://goo.gl/gkVmht)

※宣伝目的のブログや2chまとめ等の転載ブログは非表示にさせていただきます。あしからずご了承くださいませ。

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

汎武さん
  • お前の番だ! 568
  •  寄敷範士がそう宣すると一同から、異議なし、の声が上がるのでありました。「理事の皆さん、どうも有難うございました。こうなった限りは、あゆみさんを一生かけて大事に...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 567
  • 「牛路先生、どうも有難うございます」 是路総士は立った儘、牛路理事にお辞儀するのでありました。「ただし、・・・あゆみちゃんに折野君、こう云う事を聞いて気を悪くしな...
  • はなし汎武ん
徳丸無明さん
  • R−1ぐらんぷり2017 寸評
  • いやあ、まさかアキラがねえ。彼はただの賑やかし要員だとばかり思っていましたので。ごめんねアキラ、そしておめでとう。予想が当たったのは、敗者復活のサンシャインのみ...
  • 徳丸無明のブログ
汎武さん
  • お前の番だ! 566
  • 「あゆみとの話しではなかなか殊勝に、真摯に、はたまたそれなりの覚悟を持って、常勝流の将来の事を只管考えている感が大いに伝わってきましたよ」 またまた寄敷範士に交...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 565
  •  万太郎とあゆみの結婚に関しては、万太郎が是路家に養子に入ると云う点を確認出来た時点で、特段の反対意見は出ないのでありました。当人同士がそうしたいのならあゆみの...
  • はなし汎武ん
ryoukounoさん
  • 夢を思い出させてくれる叶えた者たち
  • 人は誰でも夢を持つ。幼い頃、自分の狭い世界の中で、夢に遊ぶ。しかしやがて、世界が広がり、楽しみが増えていくたびに、夢は変化をしていく。まだ変化ならいい。たいてい...
  • 紘野涼の雑記帳
ryoukounoさん
  • 愚者でいい
  • 自分を賢者という人は、耳障りのいい言葉を使って、道の正しさを解くだろう。考える必要などない。言うとおりにすればいい。歩かされる道の下には、何があったのかを教えず...
  • 紘野涼の雑記帳
汎武さん
  • お前の番だ! 564
  •  真入増太は翌日からほぼ毎日、稽古に通ってくるのでありました。住んでいるところが相模原のようでありますから、調布の総本部道場に通うにはなかなかの時間がかかるであ...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 563
  •  姉弟子の提案、しかも今では、相愛の将来の伴侶たる者の提案でありますから、万太郎としても拒むわけにはいかないのでありました。まあ万太郎も、洞甲斐氏の甥っ子で、昨...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 562
  • 「ああ、その事です」 真入増太は居住まいを正して万太郎を縋るような目で見るのでありました。「折野先生、どうか俺を助けると思って、うん、と云ってください」 助ける...
  • はなし汎武ん
ryoukounoさん
  • 燕の光と影が戦うWBC
  • 陽の当たる人の足元には、影が出来る。その影は、人の動きに合わせ、形を変え、位置が変わるごとに大きさも変える。光と影。この言葉は、いろいろな世界のライバルに使われ...
  • 紘野涼の雑記帳
汎武さん
  • お前の番だ! 561
  •  万太郎は真入増太を玄関前の受付兼内弟子控え室に通すのでありました。あゆみと来間も一緒に入るのでありましたが、来間には茶を持ってくるよう命じるのでありました。「...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 560
  •  来間が云うように確かに無愛想面で玄関に仁王立ちししている男が誰であるのか、万太郎はすぐにピンとくるのでありました。それは昨日八王子の洞甲斐氏の道場に居た、洞甲...
  • はなし汎武ん
ryoukounoさん
  • ただ届けと願う
  • なにを届けようとしているのだろう。どこの誰かもわからない人へ。自分のことを知らない人へ。なにをわかってもらいたいのだろう。今どんな暮らしをしているかわからない人...
  • 紘野涼の雑記帳
汎武さん
  • お前の番だ! 559
  • 「しかし適任と云う点に於いて、あゆみさんの方が僕よりは諸条件が数段優っているだろうと思いますよ。それに女性が宗家になった実例も、稀ではあるものの実際あるのですか...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 558
  •  あゆみは続けるのでありました。「お父さんもその頃そう感じていたらしくて、折野は稽古にのめりこむタイプだし、そうやって精進している内に、常勝流の妙味のようなもの...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 557
  • 「困ったわね」 あゆみは口をへの字にするのでありました。こう云うあゆみの顔もなかなか棄て難く可憐であると、万太郎は会話の内容とは全く無関係な感想など抱くのであり...
  • はなし汎武ん
ryoukounoさん
  • 別れの時はさよならよりありがとうを
  • 「ありがとう」といわれるより、「ありがとう」ということが多い日方がいい。あの人はそういった。感謝されることは嬉しいことだ。でもそれが重なれば、人は弱い、当然に思...
  • 紘野涼の雑記帳
ryoukounoさん
  • 傷跡を見せるのはさらに戦う気持ちを強くするため
  • 彼は傷を隠すのをやめた。それは覚悟なのかもしれない。プロで生きていくために、無理をしてきた。負担がかかるとわかっていても、信じたフォームを変えることはなかった。...
  • 紘野涼の雑記帳
汎武さん
  • お前の番だ! 556
  • 「新宿で何をしますか?」「映画でも見る?」「そう云えば来間が新宿に映画を観に出かけていますから、確率は低いものの、ひょっとしたら向こうで出くわすかも知れませんよ...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 555
  • 「ああそうだ」 あゆみが急に何か思いついたように云うのでありました。「あたしと万ちゃんは、今日どうしても行かなければならない処があって、だから朝の残りの御御御付...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 554
  • 「ああそうですか」 と云う事は、万太郎はこの儘あゆみと密着して座って、左手を弄ばれ続けなければならないと云う事であります。万太郎としては慎に気づまりな緊張状況と...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 553
  • 「これからあたしが万ちゃんを屹度説得するから、お父さんもそう云う方向で考えてみてくれると、あたしとしてはこれ以上の願いはないんだけど」 あゆみは、万太郎が宗家を...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 552
  •  是路総士にすればあゆみからその言が出るかも知れないと云うのは、予め想定の内であったようでありますか。是路総士はあゆみから徐に視線を外すのでありました。「ではあ...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 551
  •  是路総士は万太郎の目を見据えてそんな事を訊くのでありました。「熊本はその辺は色々煩い土地柄ですが、僕は長男ではありませんから、それは越えられないハードルではあ...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 550
  •  特に急いで取り繕う必要もないのでありましたが、万太郎は文庫本を閉じると同時にガバと上体を起こして、身繕いして正坐してから襖の方に体を向けるのでありました。「あ...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 549
  • 「いやどうも、なかなかどうして、目の遣り場に困りますなあ」 花司馬教士の笑い声が後ろから万太郎の肩に軽く当たるのでありました。またふり返ると花司馬教士は、掌で自...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 548
  •  万太郎は先程言葉を制せられたあゆみのように、不承々々といった風情でまた正坐に戻るのでありました。万太郎が膝行して障子戸を開けて畏まり、あゆみと花司馬教士が座礼...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 547
  • 「そう云った話しをするには、私は何の用意もしていない」 是路総士がへの字に曲げた口の端から無愛想に言葉を漏らすのでありました。「どうやらこうして並んで座っていら...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 546
  •  万太郎は困じて唸るのでありました。花司馬教士が云うように確かにここは良い折ではありますが、しかしいざとなるとどうにも腰が引けて仕舞うのでありました。「最初に云...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 545
  • 「まあ、折野の言葉をどう受け取るかは、威治君の心次第だな」 是路総士は自得するように小さく一つ頷くのでありました。「慎思して感ずるところがあったなら、威治君は何...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 544
  • 「このあゆみさんの闖入で殺伐とした場の空気が、一挙に変わったように感じました。僕自身も何やらフツと緊張の糸が切れたような具合でしたね」 万太郎はまたあゆみの方に...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 543
  •  万太郎が応えると是路総士は二度程頷くのでありました。「話しは戻るが、お前が訊ねた当初、向こうはどんな感じで迎えたのかな?」「予め要件を電話しておいたからでしょ...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 542
  •  万太郎があゆみと花司馬教士のその折の遣り取りを推察するに、万太郎の後を追って八王子に行くので、この後の中心指導を代わってくれとあゆみに懇願されて、あゆみの何や...
  • はなし汎武ん
汎武さん
  • お前の番だ! 541
  • 「物事を甘く考えているから、判っていてもそれでも無軌道をやらかして仕舞うところが、威治の度し難いところでもありますがね」 花司馬教士が顰め面をして見せるのであり...
  • はなし汎武ん

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

ちーやんさん: 自然散策、民俗、園芸、話の森です。menesiaさん: 幻想小説と詩と二次小説です。愛と夢と冒険と伝奇と怪異。心躍る小説を、愛のある詩を、貴方に・・燐さん: 日常の痛い詩
狂歌と燐でかいてます
ちーやんさんmenesiaさん燐さん
智(とも)さん: 言葉と写真。感受性が豊かで、傷つきやすく、ひとりが好きで、優しすぎる、そんな〝あなた〟のサイトです。Neico.Aさん: 日々の疑問や考えごとを綴るコラム、時々エッセイ。堅めストック型です。徳丸無明さん: 雑文、マンガ、イラスト、その他
智(とも)さんNeico.Aさん徳丸無明さん
消費しないピノキオさん: 勤続20年の会社員が消費と労働の未来とリタイアの可能性について時事折々の記事を批評するカカシさん: 昆虫や植物の写真を撮っては貼り、まれに格闘技の紹介記事を更新。立ち寄り易さ、立ち去り易さが抜群です。:
消費しないピノキオさんカカシさん

関連トラコミュ

  •  
一般ニュース心の詩日常の小さなできごとを愛する生活
一般ニュース心の詩日常の小さなできごとを愛する生活
自分らしく気まま生活!ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活読書
自分らしく気まま生活!ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活読書
エッセー(エッセイ)エッセイ・随筆 何でもブログ
エッセー(エッセイ)エッセイ・随筆 何でもブログ
オールジャンル日記生きる上で大切なこと魂、心(こころ、ココロ)
オールジャンル日記生きる上で大切なこと魂、心(こころ、ココロ)
日記・ひとり言 なんでも話題最近の出来事日常の生活の話
日記・ひとり言 なんでも話題最近の出来事日常の生活の話
日常ひとりごと日記、ダイアリー
日常ひとりごと日記、ダイアリー
メンタルヘルス小さな幸せ今日のココロ
メンタルヘルス小さな幸せ今日のココロ
イラスト・まんが・挿絵・デザイン僕の小説を紹介して♪読書感想文
イラスト・まんが・挿絵・デザイン僕の小説を紹介して♪読書感想文
BL小説(創作)本自作小説を紹介!!
BL小説(創作)自作小説を紹介!!
小説オリジナルキャラクター二次創作小説ブログ小説
小説オリジナルキャラクター二次創作小説ブログ小説
自作小説・漫画万歳!オリジナル小説を紹介しよう!現代川柳・俳句・短歌
自作小説・漫画万歳!オリジナル小説を紹介しよう!現代川柳・俳句・短歌
読書好き集まれ〜恋愛のカタチは一つじゃない。『ブックレビュー3』
読書好き集まれ〜恋愛のカタチは一つじゃない。『ブックレビュー3』
ミステリー小説こころの本棚ヒーローオリジナルストーリー
ミステリー小説こころの本棚ヒーローオリジナルストーリー
オリジナルファンタジー異世界創作紹介場♪小説書いてる人〜全員集合!!書籍
オリジナルファンタジー異世界創作紹介場♪小説書いてる人〜全員集合!!書籍

新しく参加したメンバー

  •  

散文トラコミュについて

  •