TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

同人小説(ノンアダルト) トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • 誉田哲也トラコミュ

    誉田哲也トラコミュ

    誉田哲也さんの小説を読んだらぜひトラックバックしてください。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 5人

  • 文壇:白樺派

    文壇:白樺派

    千葉県我孫子市手賀沼〜 志賀直哉〜小林多喜二〜 バーナードリーチ〜 武者小路実篤〜高村光太郎 〜現代の白樺派を探せ!

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • プロレタリア〜プロレタリアート!文学

    プロレタリア〜プロレタリアート!文学

    プロレタリアート プロレタリア文学 まあ共産主義&共生主義! 新しい日本の共産主義 共に生きる〜共生! 派遣切りはダメ〜蟹工船!

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 体験小説

    体験小説

     自分の経験から小説を作っている人はどうぞ。  昔から体験小説は多いです。夏目漱石の「坊っちゃん」もその一つであるし、島崎藤村の「春」や「新生」、アメリカの「大草原の小さな家」など、素晴らしい作品もあります。  もちろん、体験小説のすべては素晴らしく、「自分だけ」の作品を作っていきましょう。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 戦う司書 The Book of Bantorra

    戦う司書 The Book of Bantorra

    アニメ「戦う司書 The Book of Bantorra」の関する情報や感想などをお待ちしております。(小説でも構いません)

    テーマ投稿数 345件

    参加メンバー 38人

  • 短編・ショートショートを見てください

    短編・ショートショートを見てください

    完全オリジナルの、短い小説(ショートショート もしくは短編)のTBお願いします。 あんまり自信がないけど、”書くことが好きだから”多くの人に見てほしい。 特にそんな方、勇気を出して披露してみませんか?

    テーマ投稿数 35件

    参加メンバー 12人

  • オリジナル・ファンタジー小説

    オリジナル・ファンタジー小説

    自作の、ファンタジー小説をTBお願いします! ファンタジーなら、種類問いません

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 7人

  • 小説オリジナルキャラクター

    小説オリジナルキャラクター

    20164月 引き継いで管理人となりました。 自作小説のオリジナルキャラクターの紹介・イラストの記事、待っております。 小説はジャンルを問いません♪ 管理人も細々と描いてますので ブログ遊びに 来てください。→管理人:1ROOさん>クリック!

    テーマ投稿数 2,728件

    参加メンバー 13人

  • シュールな小説&僕小説専門

    シュールな小説&僕小説専門

    シュールな小説と僕小説を書いていらっしゃる方専門です。 皆さん独自の世界観を存分に披露してください。

    テーマ投稿数 67件

    参加メンバー 9人

  • 富士見ファンタジア文庫 『生徒会の一存』

    富士見ファンタジア文庫 『生徒会の一存』

    富士見ファンタジア文庫より発売中のライトノベル「生徒会の一存」シリーズに関連する記事をどんどんトラバっていきましょう! 2009年10月からアニメ放送も決定! そちらに関することもどうぞ。

    テーマ投稿数 168件

    参加メンバー 30人

続きを見る

  • 剪定にひと汗

    朝食はクレープ巻きと抹茶スティック。クレープは昨夜焼いて冷凍しておいた作り置き。パンケーキもホットケーキも手作りの作り置きを冷凍してある。今朝はクレープに、スクランブルエッグと野菜をまいてみた。3本も食べてしまった。そして後は庭木の剪定に掛かった。畑仕事と並行しての作業である。暑い中、いやはやきつい。集中力も散漫で、剪定のレイアウトもまとまらない。まあいつものことだが、ええ加減な剪定になってしまった。傍で源ちゃんは相手にしてくれないので、暑さ用に用意していたペットボトルに、悪さをして遊んでいた。お茶なしで半日過ごす羽目になった。それでも憎めない源ちゃんである。傍にいてくれるだけで、作業効率が上がるのだから。(ウン)剪定にひと汗

    つねとおる ボクの描く世界
  • 幼きころ

    10月に予定している、図書館パネルぎゃらりーの展示、「2021文芸祭」に出品の、写真の部「甲斐犬源ちゃん日記」の写真を整理していたが、幼犬の源ちゃんの可愛い写真が出てきて、しばし眺めていた。まだ生後1年もたたない源ちゃんの今を見れば、信じられない写真ばかりだ。私の子供時代の写真も引っ張り出したが、人も犬も小さいときの可愛さと言ったら。無事に成長させるべく、神様の思し召しと考えればいいのかも。源ちゃんいかめしい風貌になってしまったが、私には目に入れても痛くないかわいさにメロメロである。(笑い)幼きころ

    つねとおる ボクの描く世界
  • 雨の通学路

    この間の雨で、畑のあちこちが水たまりになっている。水のたまっているところへ長靴で踏み込むと、泥沼状態でズボッ。乾燥するまで下手に手を出せない惨状だ。水はけをよくするための溝堀りの工事は頼んでいるが、まだかかれないようだ。今は我慢で待つしかなさそうである。水たまりといえば、子供の頃の通学路がそうだった。当時は県道と言えども舗装などされていなかった。乾けば土埃が舞い、雨が降ればぬかるむという道だった。通学路に使われていた農道などデコボコ道もいいとこだった。へっこんで穴のようになったところが雨が降ると水たまりになった。下校時は水たまりの水を長靴で踏み飛ばして楽しんだものだ。学校で用意されていた油紙の番傘を回して水を飛ばしたりと、家に帰りつくころにはぐっしょり濡れネズミだった。傘は何の意味も持たなかった子供の世界。久し...雨の通学路

    つねとおる ボクの描く世界

続きを見る

続きを見る

「小説ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)