総合人気ランキング(INポイント順)

?

注目記事

?
  • 1位

    ロボ子さんといっしょ――ロボ子さん、やって来る。

    補陀落渡海編、修正版です。ロボ子さん、始まりの物語。この機会にぜひ。ロボ子さんといっしょ。1話——『プロローグ/ロボ子さん、やって来る。』https://ncode.syosetu.com/n9675ep/1/JUGEMテーマ:自作小説

    MUNNIN

    MUNNINの止まり木

  • 2位

    ロボ子さんといっしょ――ロボ子さん、問い詰める。

    補陀落渡海編、修正版です。ロボ子さん、始まりの物語。この機会にぜひ。ロボ子さんといっしょ。2話——『プロローグ/ロボ子さん、問い詰める。』https://ncode.syosetu.com/n9675ep/2/JUGEMテーマ:自作小説

    MUNNIN

    MUNNINの止まり木

  • 3位

    大山南尾根(2019年1月)

    嫁が十分な小遣いをくれなくたって、飯を子供と差別されたって、俺はたくましく生きよう。あれもこれもピンピンだあ~~~  元気です。

    絵夢ロイ

    ピンピンシニア今日も行く

  • 4位

    超IQ研究所 厳選短編小説 「円周率」

    出版社という物は高年社員の金融問題をかかえているから、収益が出そうな作品を出版できない。ちょっとでもそんな雰囲気があると「ふりがなが間違ってるからボツ」ということになる。「33%までなら公開してもいい」それじゃあIQ250の中国人、機山の作品からやや上物を一編紹介しましょう。昭和五年一二月未明。北京の数学研究所で所長が、斧(おの)で頭をわられて、死んでいる事件が起きた。死体は午前八時三〇分に研究所の、四〇代の男性研究主任が発見している。犯人は主任のようだが人間を、超越した理由がありそうなので公安は変則的に捜査を始めた。公安は主任から事情を聞く。そこは円周率の計算をやっている研究所で、五〇代の男と女が計算していた。ストーブの反対側にある壁一面に、計算用の紙が積まれている。三〇年前から計算していて一日に七万けたのか...超IQ研究所厳選短編小説「円周率」

    むらやわたる51さい

    むらやわたる51さい

  • 5位

    北方領土交渉の今後

    [大国主 みこと]が描く至近未来へようこそ

続きを見る

新着記事

?
  • コーイチ物語 2 「秘密の消しゴム」 142

    服を着た花子はすたすたと脱衣所を出て行った。コーイチはあわててその後を追った。屋敷の廊下を踏み抜かんばかりにどすどすと音を立てて花子は歩いている。コーイチはその後ろをそろりそろりと歩いている。不意に花子の足が止まった。コーイチは花子の背中にぶつかった。「……相変わらず鈍いわねえ……」花子が背中を向けたまま言う。「そんなんじゃ、大王と戦えないわよ!」「あ、ごめん……」花子からは見えないが、コーイチは頭を下げた。「……ところでさ、大王と、どう戦うつもりなんだい?」花子はコーイチに向き直った。呆れた顔をしている。「あのねえ……」花子はコーイチの鼻先をつんつんとつつき出した。「これは、元々はあなたたちの問題だったでしょ?」「……まあ、そうだけど……」コーイチは情けなさそうに答える。「……でも、ここまでになったら、この世...コーイチ物語2「秘密の消しゴム」142

  • [観光]自動チェックアウト

    日本への帰路(その1) hy このホテルは受付が「無人」なので、チェックインもチェックアウトも宿泊者が端末を操作して実施するシステムになっています。外国語標記の指示内容や端末の操作方法がわからない人には辛いかも… 「今回は無難に、エルザはや...

    Elza少尉 黒の未亡人
  • 第77期順位戦展望【C級2組・後半戦】

    及川拓馬六段が好調です。 【対戦表】 https://www.shogi.or.jp/match/junni/2018/77c2/index.html 及川六段がここまで負け無しの八連勝で走ります。 上位陣との対戦はなく、1敗しても圏内なので、ほぼ当確に近いでしょう。 残り2枠ですが、1敗しても圏内の石井健太郎五段の昇級は固そうです。 最後の枠にいま残っているのは佐藤俊和六段ですが、1敗でもすると昇級圏外に落ちてしまいます。 NHK杯で準優勝の経験もあり、いままでなぜC級2組にいるのかが不思議な実力者ですが、ぜひとも昇級を決めて欲しいです。 今期は降級点2点持ちが少ないので、フリークラス行きはなさそうですが、今期で降級点2点になる棋士が大量発生しそうです。 ベテラン棋士はフリークラス宣言をするかもしれません。 大山康晴と名人戦で激闘を繰り広げた大ベテラン、桐山清..

    齊藤 想 サイトーブログ
  • 超IQ研究所 厳選短編小説 「円周率」

    出版社という物は高年社員の金融問題をかかえているから、収益が出そうな作品を出版できない。ちょっとでもそんな雰囲気があると「ふりがなが間違ってるからボツ」ということになる。「33%までなら公開してもいい」それじゃあIQ250の中国人、機山の作品からやや上物を一編紹介しましょう。昭和五年一二月未明。北京の数学研究所で所長が、斧(おの)で頭をわられて、死んでいる事件が起きた。死体は午前八時三〇分に研究所の、四〇代の男性研究主任が発見している。犯人は主任のようだが人間を、超越した理由がありそうなので公安は変則的に捜査を始めた。公安は主任から事情を聞く。そこは円周率の計算をやっている研究所で、五〇代の男と女が計算していた。ストーブの反対側にある壁一面に、計算用の紙が積まれている。三〇年前から計算していて一日に七万けたのか...超IQ研究所厳選短編小説「円周率」

    むらやわたる51さい むらやわたる51さい
  • 超IQ研究所 厳選短編小説 「円周率」

    出版社という物は高年社員の金融問題をかかえているから、収益が出そうな作品を出版できない。ちょっとでもそんな雰囲気があると「ふりがなが間違ってるからボツ」ということになる。「33%までなら公開してもいい」それじゃあIQ250の中国人、機山の作品からやや上物を一編紹介しましょう。昭和五年一二月未明。北京の数学研究所で所長が、斧(おの)で頭をわられて、死んでいる事件が起きた。死体は午前八時三〇分に研究所の、四〇代の男性研究主任が発見している。犯人は主任のようだが人間を、超越した理由がありそうなので公安は変則的に捜査を始めた。公安は主任から事情を聞く。そこは円周率の計算をやっている研究所で、五〇代の男と女が計算していた。ストーブの反対側で壁一面に、計算用の紙が積まれている。三〇年前から計算していて一日に七万けたのかけ算...超IQ研究所厳選短編小説「円周率」

    むらやわたる51さい むらやわたる51さい

続きを見る

新着ブログサイト

?

続きを見る

記事画像

?

続きを見る