自作小説を書いてる人

  • トラコミュとは?
自作小説を書いてる人
自分のブログでオリジナル小説を書いてらっしゃる方!
トラックバックすることで、少しでも読者の目に止まるチャンスを増やしましょう!!

ここで、自分の小説を紹介しましょう!
どんなジャンルでもOK!!

「今回はたまたま日記」という場合も、小説カテゴリーが分かりやすく整理されているなら構いません。

検索 でんでん虫 販売 書き方

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

monnasiさん
  • 連続ミステリー 占い師殺人事件 ②
  • 事件の現場となったの占いの部屋は、玄関を入るとすぐにあった。リビングに繋がる廊下にドアがあり、そこには西洋占星術研究所のステッカーが張ってある。中に入ると、ソフ...
  • ずっと、ずーと
Inazuma Ramoneさん
  • 戦争反対
  • お前の話にはウンザリだ ギャーギャーペチャクチャ喋りまくりやがって ほら、後ろを見てみな
  • Feel The Darkness
Inazuma Ramoneさん
  • Heaven Sent:第二話
  •  ――実家の南を、西から東に流れる小さな川の北側の土手の上、真っ暗闇の中に俺は立って
  • Feel The Darkness
Inazuma Ramoneさん
  • Heaven Sent:第一話
  •  12月25日クリスマスの夜、仕事を終えて、外灯も点いてない家に帰ると、暗闇の中手探りでドアの鍵穴を探し出して玄関を開けた。 真っ暗な我が家、灯りを点けようと壁に手...
  • Feel The Darkness
monnasiさん
  • 見に行こっ
  • 「ねえ、写真展見に行こうよ」日曜日の朝、妻がいきなり切り出した。「何のだよ」「第二次世界大戦の前に生きていた人の写真」「へえー」妻がそもそも、展覧会を見たいなん...
  • ずっと、ずーと
Inazuma Ramoneさん
  • 第二話 Big Women 其の8
  •  キラー・トーア・オマタは部屋の奥に行き、棚に置いてあった林檎を一つ掴んで振り向くと、ベラマッチャに投げ渡す。ベラマッチャがオマタから投げ渡された林檎を受け取る...
  • Feel The Darkness
monnasiさん
  • 古臭い町だよね
  • みなみは生まれてからこの町を離れたことはない。大学も地元の公立大学に進んだ。何より、親に負担をかけるのを避けたかったからだ。しかし、親は違った感想を持っているこ...
  • ずっと、ずーと
monnasiさん
  • 浮いているかしら
  • アールグレイティを飲みながら、「私って浮いてるかなぁ」美音はそういうと不安そうな顔をした。「んー、正直に言うとそういうことはあるかも」美音は経済学部の3年生で、...
  • ずっと、ずーと
monnasiさん
  • 役者だねぇ
  • 「あんた役者だねぇ」そういうと母親は息子の顔を驚くように見た。彼は父親に、司法試験に挑戦していることを黙っていた。そのためにせっかく就職した商社を辞めていたのだ...
  • ずっと、ずーと
智(とも)さん
  • 小説「YES」 ①
  •   住職からお借りしている寺のなかの一室で、長崎に住む友人がくれた手紙を読んでいた。 終わり近くにあった一文に目をやったときだ。二十年も前に聞いたある画家の話が...
  • Blue あなたとわたしの本
monnasiさん
  • 行くって言ったでしょ
  • 「この前言ってたじゃないの」迪子の母親の美由紀が怒ったように言った。「そんなこと言ったっけ」「言ったわよ」小田原城に連れて行くという約束をもう2年も果たしていな...
  • ずっと、ずーと
monnasiさん
  • 連続ミステリー 通り魔⑥
  • 小山田たち刑事課の刑事たちは地団駄を踏んだ。物証も見つからず、自白も取れず、捜査陣の完敗で終わった.。通り魔事件。実際、通り魔と呼称をつけているが、果たして通り...
  • ずっと、ずーと
monnasiさん
  • 連続ミステリー 通り魔⑦
  • 「身柄を取るぞ。がさも同時に入れる」本庁捜査一課長が宣言した。捜査員たちは席を蹴飛ばすような勢いで一斉に捜査本部を飛び出していった。先行して、小山田たちが被疑者...
  • ずっと、ずーと
monnasiさん
  • 連続ミステリー 通り魔⑤
  • 溝川の共述に変化はなかった。それもそうだろうと小山田は思った。何しろ、物証が何も出てこない。殺された男との接点も無い、先に刺された女との関係性も洗い出せない。な...
  • ずっと、ずーと
monnasiさん
  • 連続ミステリー 通り魔④
  • 防犯カメラの解析などによって、ひとりの男が浮かび上がった。その男は、犯行のあった駅から二つ目の駅にある風俗店の店員であった。小山田がその男の確認と周辺捜査の担当...
  • ずっと、ずーと
monnasiさん
  • 連続ミステリー 通り魔③
  • 三日前に刺された女性は、その後集中治療室から一般病棟に移って、容体も安定していた。被害者の聴取によれば、刺されたときの感想としては次のようなことだった。誰かが背...
  • ずっと、ずーと
瑞原唯子さん
  • 番外編 忘れられないひと
  • 「えーと、山田圭吾さま宛てですが、間違いないですか?」 配達に来た男性の郵便局員にそ
  • 虚空碧海 - オリジナル小説
monnasiさん
  • 連続ミステリー  通り魔①
  • 田崎清美はいつもより5分家を出るのが遅かった。いつもはエレベーターを使うのだが、遅くなった日は階段を使う。少し急ぐ足で階段を駆け下りた。駅まで行くバスの停留所ま...
  • ずっと、ずーと
monnasiさん
  • 連続ミステリー  通り魔②
  • その朝に起こった通り魔事件の被害者は田崎清美34歳。都内の会社に勤める既婚者。午前8時20分、自宅マンションから歩いてすぐのバス停で刺された。救急搬送されたが、...
  • ずっと、ずーと
智(とも)さん
  • 青い浴場
  • Blue あなたとわたしの本 199 その浴場はひろく、高い建物のなかにあるようだった。天井の照明は青っぽい。大勢の裸のひとがいる。男も女も、子どもも老人もいる。み...
  • Blue あなたとわたしの本
いぬかんさん
  • 自作小説の大まかな話の流れ投稿【エセ推理小説】5
  • ついに殺人事件が!2です。「し、死んでおります。冷たいし…揺すっても反応がありませんし…私が見た時には既にこの態勢で。」 証拠にコマの衣服に血がついている。滑車...
  • いぬかんサイト
いぬかんさん
  • 自作小説の大まかな話の流れ投稿【エセ推理小説】4
  • ついに殺人事件が!あれが人の死体。 陳腐な表現が似合う、あれだ。“今にも動き出しそう”。 野見山は絨毯の上で眠っているみたいだった。寝息を控えめに立て深い眠りの...
  • いぬかんサイト
monnasiさん
  • はよ、出せや
  • 「はよ出せや」史也が言った。彼は史也に呼び出されて自分のクルマで彼の家まで迎えにきたのだ。「どこえいくん」彼は突然呼び出された不安感を微塵も出さずに史也に軽く微...
  • ずっと、ずーと
monnasiさん
  • 名古屋はママちゃりだがや
  • 彼は出張先で必ず自転車を借りる。役所などの公的機関のコンピューターソフトの調整を仕事としている彼にとっては、地方出張が日常の業務だ。出張先で一番多いのが名古屋だ...
  • ずっと、ずーと
瑞原唯子さん
  • 番外編 こじらせ片思い
  • 「はい、おみやげ」 坂崎は待ち合わせていた学食前に来るなり、笑顔で紙袋を差し出してき
  • 虚空碧海 - オリジナル小説
monnasiさん
  • たまにはあるよ、そういうこと
  • 「母親が嫌になることない?」大学で同じサークルに所属する萌咲がいきなり聞いてきた。「んー、たまにあるよ、そういうこと」萌咲の質問は唐突だったけど、心当たりのある...
  • ずっと、ずーと
monnasiさん
  • 張り切っていこうぜ
  • 練習が始まる前、部員全員が輪になって話し合いが始まろうというとき。ひとりの先輩がすくっと立ち上がった。「張り切っていこうぜ」みんなは唖然とした表情をした。困惑し...
  • ずっと、ずーと
智(とも)さん
  • 怪談「きっかけ」②
  • 「俺は美術の専門高校に入ったけど、大して才能がないことにすぐに気づいた。あの高校はレベルも高かったしな」 たしかに受験生は全国から集まっていた。日本で最初に設立...
  • Blue あなたとわたしの本
monnasiさん
  • 他人にもどろう
  • 彼は持ってきた抹茶ラテを口にふくんでゆっくりと飲み込んだ。そして、思い切ったように言葉を出した。「他人に戻ろう」「古い言い草ね」彼女は、その言葉を予感していたか...
  • ずっと、ずーと
智(とも)さん
  • 怪談「きっかけ」 ①
  •   高校時代からの友人の河原が久しぶりに帰郷した。彼は今、プロの俳優として活躍している。メールでのやりとりは頻繁にあったが、直接顔を合わせるのは五年ぶりだ。彼も...
  • Blue あなたとわたしの本
瑞原唯子さん
  • 番外編 かつて彼女と暮らした男
  • 『すみませんが、いまからこちらに来てもらえますか』 真壁拓海は、南野誠一にそう電話で
  • 虚空碧海 - オリジナル小説
monnasiさん
  • どうして浮気するの?
  • 「叔父さんは何で浮気するんですか」姪の実代から唐突に聞かれて達哉は度肝を抜かれた。何で知ってるんだ、この娘は。実代は、都心に事務所を持つ達哉のところに二ヶ月に一...
  • ずっと、ずーと
monnasiさん
  • 入力ミス
  • 「また入力ミスか」課長が口を尖がらせながら睨んだ。「簡単なミスなのに、自分で気がつかないのかねえ」そんなことをもう3年も言われ続けている。会社の経営が芳しくなく...
  • ずっと、ずーと
monnasiさん
  • いつからなの?
  • 「あんたたち、いつから付き合ってんのさ」前の席に座っているのぞみが振り返りざまに言ってきた。くちびるが尖っているので不機嫌そうだ。「いつからって、ずっと前からだ...
  • ずっと、ずーと
瑞原唯子さん
  • 第33話 二人で歩む道(最終話)
  •  一年の婚約期間を経て、遥と七海は結婚する――。 今日の結婚式は身内と友人のみが参列
  • 虚空碧海 - オリジナル小説

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

はに丸さん: 10キロ痩せた!けど、部屋が汚い…。
ギャグ絵日記です。息抜きにどうぞ。千景さん: ここでは私千景が書いた小説を紹介させて頂きたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致しますseijinさん: 日本が嫌いな方は閲覧禁止です。また良い子のお嬢ちゃん、坊ちゃんはスルーしてください。
はに丸さん千景さんseijinさん
さとうそらさん: 年上の女性に恋をした高校生の甘く切ない物語。keichanchanさん: 仕事、パーティー、2チョ飲み〜、恋愛体験記、日々の出来事をありのまま、気ままに UP!赤鈴さん: このブログはとある吃音者の、人生の記録である―
さとうそらさんkeichanchanさん赤鈴さん
いぬっくすさん: 小説を書いています
伝わるものがあればいいにゃー

: :
いぬっくすさん

関連トラコミュ

  •  
創作家の自分記録  恋愛小説(オリジナル)小説書いてる人〜全員集合!!
創作家の自分記録  恋愛小説(オリジナル)小説書いてる人〜全員集合!!
小説の館。自作小説・漫画万歳!短編小説
小説の館。自作小説・漫画万歳!短編小説
自作小説を紹介しよう(^o^)創作広場-Endless*Stories-僕の小説を紹介して♪
自作小説を紹介しよう(^o^)創作広場-Endless*Stories-僕の小説を紹介して♪
☆小説書きませんか?☆長編小説、ノベルシリーズブログ小説
☆小説書きませんか?☆長編小説、ノベルシリーズブログ小説
オリジナル小説 掲載所☆オリジナル小説を紹介しよう!小説執筆
オリジナル小説 掲載所☆オリジナル小説を紹介しよう!小説執筆
小説同盟小説宣伝広場自作小説!!
小説同盟小説宣伝広場自作小説!!
オリジナル小説サーチ!コミュ☆オリジナル小説発表何でもブログ
オリジナル小説サーチ!コミュ☆オリジナル小説発表何でもブログ
現代川柳・俳句・短歌書評、レビューライトノベェーール!!
現代川柳・俳句・短歌書評、レビューライトノベェーール!!
読書感想文エッセイ・随筆 BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
読書感想文エッセイ・随筆 BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
自作小説を紹介!!小説オリジナルキャラクターオリジナルファンタジー異世界創作紹介場♪
自作小説を紹介!!小説オリジナルキャラクターオリジナルファンタジー異世界創作紹介場♪
新刊情報ライトノベル(ラノベ系文庫本)について100冊会
新刊情報ライトノベル(ラノベ系文庫本)について100冊会
乙女ゲームBL小説(創作)イラスト・まんが・挿絵・デザイン
乙女ゲームBL小説(創作)イラスト・まんが・挿絵・デザイン
言の葉綴り
言の葉綴り

新しく参加したメンバー

  •  

自作小説を書いてる人トラコミュについて

  •  
  • テーマ名:自作小説を書いてる人
  • 管理人:はに丸さん
  • カテゴリー1:小説ブログ
  • カテゴリー2:その他ブログ
  • 参加メンバー:55
  • トラックバック:929
  • テーマ作成日:2009/02/02(月) 10:27