searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

小説同盟 THEME

help
小説同盟
テーマ名
小説同盟
テーマの詳細
 小説を書いている人々の集まるトラコミュ。  自作の小説(二次創作OK)に関する記事もOKです。  内容に関しては基本的にどのような小説でもOKですが、  以下の最低限の項目だけはお守りいただけるよう、  ご理解ご協力のほどをよろしくお願いいたします。 ・二次創作はその旨の表記を加える。 (タイトルに加える必要はありません) ・18禁作品にはその旨の表記を加える。 (タイトルもしくは一行目等、目に付く場所に)  以上です。  参加者間で積極的に協力し、  よい集まりになるように尽くしましょう。
テーマ投稿数
19,614件
参加メンバー
435人
管理人
蒼月@森羅万象管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「小説同盟」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「小説同盟 小説ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

小説同盟の記事

1件〜50件

  • 淡路島で出会ったのは (6) ソフトな性描写。。。?
    2020/02/21 09:18
    淡路島で出会ったのは (6) ソフトな性描写。。。?

    だめだ、もう我慢できない。そう思ったら身体が震えた。 「ああー」でた。それも、他所様の家で。恥ずかしい、穴があったら入りたい。落ち込んでいたら声が聞こえてくる。 「起きたんだね。夕べは目を覚まさなかったから今夜も大丈夫かなと思ったのだけど」でも、俺はその意味が分からなかった。だって、俺の頭の中には「初めて他所様の家で漏らした」という言葉で占められていて、他の言葉なんて耳に入ってこなかったからだ。だ...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • あなたのとりこ 415
    2020/02/21 09:04
    あなたのとりこ 415

    「どうも済みませんっス」  出雲さんがさっきと同じ事を云って今度はやや丁寧にお辞儀するのでありました。 「出雲さん、会社を辞めるんですか?」  注文したコーヒーが来る前に頑治さんは出雲さんに聞き質すのでありました。出雲さんはその問いに対して、笑って見せるだけで敢えて言葉では応えないのでありました。 「昨日の水戸での営業で何かあったんですかね?」  頑治さんのその問い掛けに今度も出雲さんは首を縦にも横にも動かさないで、口を形だけ引き攣るように笑いに動かすのみでありました。この問いにも言葉では応えないのかと思いきや、出雲さんは少しタイミングを遅らせて喋り始めるのでありまあした。 「仕事が終わって帰りの列車の中で、ちょっと許せないような事を云われまして、もうこの人の下で働くのは限界だと悟ったんスよ」 「何を云われたんですかね?」  頑治さんが畳みかけると出雲さんは出ようとした言葉..

    汎武

    はなし汎武ん

  • オリジナルミステリ小説 リバースモード③
    2020/02/21 01:29
    オリジナルミステリ小説 リバースモード③

    3 あれから一週間が過ぎた。 オレは刑務所に入ることもなく、今日もこうしてバイトに来ている。 いつもの生活、見慣れた光景、それもこれも平穏な日々の証。幸せを噛みしめながらロッカーを開けると、あの時の紙袋がそのままそこにあった。「返しそびれちゃったな」 美咲は事件のあったその日のうちに店を去り、二度と現れなかった。 池上さんのいないバイトなんて続けたくないと考えたのか、彼を思い出して辛いと思ったのか、どちらにしても肩の荷が下りた気分だった。「おはようございまーす」 元気よく挨拶すると、チーフやパートさんたちの明るい返事が返ってきた。「ああ、おはよう」「品出し、今日は家電のところを頼むわね」「はー…

    祭城狂志郎

    My hero,my mystery

  • オリジナルミステリ小説 リバースモード②
    2020/02/21 01:29
    オリジナルミステリ小説 リバースモード②

    二 二日後。この日も開店前から出勤したオレは持ち場につくと品出しやら前出しをやりながら、久しぶりに顔を出した九重店長に話しかける機会を窺っていた。 ところが、留守の間に仕事は溜まっていた上に、チーフたちが店長の指示を仰ごうと、入れ代わり立ち代わり押しかけるせいか、彼は一箇所に留まる気配すらなかった。 マイッたな。あれじゃあ帰りまでに挨拶もできそうにないやと恨めしげに眺めていたオレの視線に気づいたのか、店長はこちらを見て「やあ」と言わんばかりに微笑んだ。 やった、チャンス到来だ! 勢い込んで駆け寄ろうとするオレの背後に誰かが近づく気配がした。「よう、ニイちゃんよ」 低く、凄味のある声、背中に刃物…

    祭城狂志郎

    My hero,my mystery

  • オリジナルミステリ小説 リバースモード①
    2020/02/21 01:29
    オリジナルミステリ小説 リバースモード①

    1 防犯カメラの死角を狙っての万引、店内の様子を知り尽くした、あれは絶対に常習犯だ。間違いない。「清水さん、清水さん。売り場に怪しい人がいます。えっと、工具コーナーのところです。茶色っぽいポロシャツを着て、髪を短くした中年男性です」「工具コーナーですね? わかりました、行ってみます」 ※ 「俺が万引しただと? このクソジジイめ、どこに証拠があるんだ? おいこら、てめえ、ふざけんじゃねーぞ。この俺を泥棒扱いしやがって、ただで済むと思うなよ!」 ※ 「そうそう、この前の万引騒動、誤認逮捕だったってアレよ。捕まえられた犯人って、その筋の人ですって。ウチの店を訴えるとか何とかって騒いでいたけど、けっき…

    祭城狂志郎

    My hero,my mystery

  • あなたのとりこ 414
    2020/02/19 09:04
    あなたのとりこ 414

    「じゃあ、そうするか。午後二時から丁度一時間で切り上げて、駅の地下街で三時に待ち合わせと云う感じで良いかな。あんまり池袋駅の構内事情を知らないから、どこかの改札口辺りを待ち合わせ場所にすると判り易いかな」 「一時間で話しは終わるかしら?」 「何が何でも切り上げるようにするよ。この後大事な用があるからとか云って」  頑治さんとしては夕美さんの不興と我慢へのせめてもの慰撫として、一時間以内で袁満さんと出雲さんとの話しはきっぱり切り上げる心算なのでありました。 「ところで、池袋駅は改札口ってあちこちにあるんじゃないの?」 「ああそうだな。地理不案内なら返ってまごまごしそうだな」 「だったら西武百貨店の正面玄関、とかなら何となくちゃんと落ち合えそうかな」 「俺としては間違いない場所と云うなら池袋演芸場の前とかの方が確かだけど、でもそれじゃあ夕美の方が良く判らないだろうからね、あの辺は..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 淡路島で出会ったのは (5) 
    2020/02/18 22:52
    淡路島で出会ったのは (5) 

    それがきっかけで淡路島を観光案内してくれた。その人は俺より二つ上の高校3年生。陽樹さんは俺より幼く見えるが、そのことは黙っていた。泊まる宿は洲本なので、岩屋から洲本に向けて走らす。「淡イチ」と呼ばれ、海沿い百五十キロを一日で走るのが一般的だそうだ。だけどゆっくりでいいので、のんびりと走りたかった。風景を見るのも醍醐味だから。岩屋から洲本までは車が多いので気を付けないとねと言われ、でもマナーあるよね...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • ピンちゃん〈13〉 拉致されたマドンナ
    2020/02/17 23:22
    ピンちゃん〈13〉 拉致されたマドンナ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 413
    2020/02/17 09:16
    あなたのとりこ 413

     袁満さんが先に電話を切るのを待ってから頑治さんが受話器を架台の上に戻すと、それとほぼ同時に夕美さんが言葉を発するのでありました。 「明日何処かに出掛けるの?」 「うん。会社で一番歳若の人が突然会社を辞めると云うんだよ。で、どうして急にそう云う決断をたのか、明日直に逢って聞き質す事になったんだよ」 「今のはその人からの電話?」 「いやそうじゃなくて、辞めると電話をしてきた当人の先輩格の別の人。その先輩格が当人に逢って話しを聞くから、一人じゃ心細いので一緒に居てくれと云う事なんだ」 「ふうん。明日は用事が出来たって事ね」  夕美さんの声が如何にも不機嫌そうに変化するのでありました。「折角久し振りに東京に出て来たあたしを放って置いて、別の用事を今の今、態々作った訳ね」 「そう云う意図じゃ更々ないけど、でも、申し訳無い」  確かに外形的にはその通りであるから、頑治さんは夕美さんか..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 高村智恵子終焉の地~ゼームス坂散策(1):東小路/平和小路/幽霊坂/レモン哀歌の碑
    2020/02/17 07:05
    高村智恵子終焉の地~ゼームス坂散策(1):東小路/平和小路/幽霊坂/レモン哀歌の碑

    今回は、品川区大井町にあるゼームス坂を下りながら散策したいと思います。ゼームス坂は昔からある古道ですが、なぜ「ゼームス」という西洋的な名前なのか、なぜ高村智恵子がこの地で亡くなったのか、散策しながら解き明かしていきたいと思います。★★★ ★★★(東小路、平和小路:終戦直後の闇市をルーツに持つ飲食店街)JR大井町駅・東口を出てると、区役所通りがあり、区役所通りを左に行くと、「ゼームス坂上」交差点に出ますが...

    カツQ

    「東京散歩」と「踏ん張り投資」

  • 淡路島で出会ったのは (4) 
    2020/02/16 09:18
    淡路島で出会ったのは (4) 

    するとゴンッ!と鈍い音がした。 「逃げて」 「え、あの」 「いいから早く」その人と一緒にバイクを走らせる。なんかスースーとするのはなぜだろう。寒気がする。思わず声が出ていた。 「さみっ」その人は俺の方を向くと、ぷぷっと笑ってくれる。 「前をちゃんと閉じないとね」その言葉で、あの野郎にジッパーを下げられたことに気がつく。バイクを止め、ジッパーを顎下までキチッと上げる。 「何年生?」 「高1」 「君、...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • 淡路島で出会ったのは (3) R18! 性描写あります。抵抗ある方はスルーしてください。
    2020/02/15 16:44
    淡路島で出会ったのは (3) R18! 性描写あります。抵抗ある方はスルーしてください。

    同棲相手である陽樹《はるき》さんとは、バイク旅行で知り合った。16歳の誕生日にバイクの免許を取ると買って貰い、夏休みを利用して行った。姫路に行こうかと思っていたのだけど、天気が良く“海が俺を呼んでるぜ”となぜか思ってしまい、淡路島に向かったのだ。暇だし、海風を身に受けて走るのもいいなと思ったからだ。自宅から三宮までは下り坂なので楽にスイスイと走る。それでも時間は掛かるので休憩をして地図を広げ見る。今度...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • ローズマリーの詩〈32〉 「結婚宣言」と「家出宣言」
    2020/02/15 15:12
    ローズマリーの詩〈32〉 「結婚宣言」と「家出宣言」

     連載   ローズマリーの詩   32 「結婚宣言」と「家出宣言」破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。「結婚しよう、いますぐ!」私が妊娠を告げると、聡史はそう言って私の手をとった。「そんなふしだらな……」と、気色ばむ母に、おじ

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • 祟り
    2020/02/14 17:16
    祟り

     春の冷たい雨の中、後ろが気になり何度も振り返りながら家路を急ぐ。いまだに背中を走るゾクリとした悪寒が治まらない。 稲荷神社から家まで僅か八百メートルの距離、その道のりが途方もなく...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • あなたのとりこ 412
    2020/02/14 09:03
    あなたのとりこ 412

    「ところでその出雲さんの件は、俺以外の人にはもう話したんですかね?」 「先ず均目君に電話を掛けたんだけど、留守みたいで出なかったよ。それから那間さんのアパートにも電話したけど、こっちも出ない。だから組合員じゃないんだけど同じ営業部だから日比さんに電話したら、こちらは家に居たんだ」 「で、日比課長はどう云う反応でしたか?」 「すごく驚いたようだけど、でもすぐに出雲君の件に関して何か動こうと云う心算は無いようだったかな。明日から奥さんと娘さんと三人で信州の白骨温泉に家族旅行に行く予定らしくて、休みが明けてから会社で出雲君に話しを聞いてみるとか云っていたかな」 「ああそうですか」  頑治さんがそう応えて少し黙るのは、何だか嫌な予感が頭の隅にモヤっと兆したからでありありました。「で、袁満さんはどうする心算なんですか?」 「俺に電話をくれたのにその儘放って置く訳にもいかないから、明日の昼..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 淡路島で出会ったのは (2) 
    2020/02/13 17:57
    淡路島で出会ったのは (2) 

    しかも、相手は二年の時のミス成南に選ばれたクィーンが黒幕だった。 「何やってるんだっ」 「だ、だって槇君が」 「英次、お前、何か言ったのか」話しを向けられた槇英次は、とんでもないことを言ってのける。 「岳斗は女子に興味がないから煩く付きまとうなって言ったんだ」 「え……」英次の、その言葉に驚いた。 「なによ、岳斗君がモテるから嫉妬してるんじゃないの」 「岳斗君、違うでしょ」だが英次に脅しは効かない。...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • あなたのとりこ 411
    2020/02/12 09:04
    あなたのとりこ 411

    「今出雲君から、会社を辞めたいと云う電話があったんだ」 「会社を辞めたい?」 「休み明けに退職願いを出す心算のようだよ」  頑治さんは唸るのでありました。しかしこれは実のところ、全くの青天の霹靂とか驚天動地の情報と云うものでもなく、前から何時かはこの様な話しを聞く事があるかも知れないと云う思いは抱いていたから、一応袁満さんへの儀礼的反応として唸りはしたものの、その割には結構冷静にこの話しそのものは受け止められるのでありました。  頑治さんが困じたような唸り声をあげたものだから、夕美さんがワインを飲む手を止めて不安そうな目を向けるのでありました。しかし声の深刻さの割に頑治さんの表情が、どちらかと云うと気持ちの激しい波立ちを感じさせない無表情に近いものだったから、この唸り声は電話を掛けてきた相手への一種のサービスであろうすぐに理解したようでありました。夕美さんは頑治さんを見る目の力を緩..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ピンちゃん〈12〉 待ち伏せ
    2020/02/11 23:04
    ピンちゃん〈12〉 待ち伏せ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 「オレの愛しい王子様」第21話 プロポーズ
    2020/02/11 15:25
    「オレの愛しい王子様」第21話 プロポーズ

    「え……桔梗さん……?」創真は扉のところで立ちつくしたまま、目を瞬かせる。執事に案内されて入室した西園寺家当主の書斎に、なぜか桔梗がいたのだ。彼女は流れるような所作で応接ソファから立ち上がり、会釈する。創真も怪訝に思いながらつられるように頭を下げた。「桔梗にも関係する話なのでな」「あ、はい……」奥の執務机にいた徹は、創真のつぶやきにさらりと答えて腰を上げた。この面会は翼が執事を通して取り付けてくれたのだが、その際に婚約に関する話だと説明していた。だから当事者である桔梗を呼んだのかもしれないが、創真としては完全に想定外である。もちろん彼女にもあとできちんと話をするつもりではいたが、いまはまだ心の準備ができていない。徹に報告するためにようやく気持ちを整えたばかりだったのに、また乱れてしまった。「そちらにお掛けなさい...「オレの愛しい王子様」第21話プロポーズ

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • 淡路島で出会ったのは (1) 
    2020/02/11 09:19
    淡路島で出会ったのは (1) 

    高校二年生に進級した岳斗《たけと》は女子に囲まれるようになった。去年の夏まではまったくなかったことだった。それがウザくて、岳斗は逃げるように男子の輪に入っていく。そんな岳斗が昨年の秋に開催された文化祭で、ミスター成南高校に選ばれた。それを機に、引っ切りなしに女子から声が掛かるのだ。嫌がっているのは明らかなので、男子は「俺たちの岳斗から離れろ」と言って女子の手から保護していたぐらいだ。それでも女子は...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • 【ライナーノーツ】back numberと私
    2020/02/10 16:07
    【ライナーノーツ】back numberと私

    ※嫁に「工事現場の騒音みたいなのばかり聴いてないで、これを聴いてみろ」とCDを渡されたので、忘れて夫婦喧嘩にならないよう記しておく。「革のパンツにブーツ、ありきたりなヘヴィメタルの...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • あなたのとりこ 410
    2020/02/10 09:03
    あなたのとりこ 410

    「それは重畳」  そう云い終るタイミングで店のウェイトレスが近寄って来たので、頑治さんは訊かれる前にコーヒーを注文するのでありました。この、頑治さんとウェイトレスの遣り取りが間に挟まったものだから、頑治さんとの会話のテンポが微妙に乱れたような具合になった夕美さんは、何となく居心地悪そうに頑治さんに黙した儘笑って見せるのでありました。 「旅行カバンが横にあるって事は、ホテルの方も引き払ってきたと云う事だよね」  頑治さんは仕切り直すような感じでそう質問を発するのでありました。 「そう。まあ今日の分の宿泊費迄は自前でなくても構わないんだけど、だからと云って、仕事はもう片付いたんだから、今日の夜も律義にホテルに泊まる必要なんかないもの。あたしとしてもさっさと頑ちゃんのところに転がり込みたいんだし」 「ああ成程。それはそうだ」  頑治さんとしては夕美さんのその思惑が嬉しいと云った顔で頷..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 第21話 プロポーズ
    2020/02/09 22:32
    第21話 プロポーズ

    「え……桔梗さん……?」 創真は扉のところで立ちつくしたまま、目を瞬かせる。 執事に案内されて入室した西園寺家当主の書斎に、なぜか桔梗がいたのだ。彼女は流れるような所作で応接ソファから立ち上がり、会釈する。創真も怪訝に思いながらつられるように頭を下げた。「桔梗にも関係する話なのでな」「あ、はい……」 奥の執務机にいた徹は、創真のつぶやきにさらりと答えて腰を上げた。 この面会は翼が執事を通して取り付けてく...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナルファンタジー小説

  • あなたのとりこ 409
    2020/02/07 09:15
    あなたのとりこ 409

     始業時間ギリギリに出社して来た出雲さんは、早速土師尾常務に手招きされるのでありました。自分と一緒に営業回りをする日なんだから、恐懼してもっと早く会社に出て来いと云う土師尾常務の高飛車で身勝手なお説教が、マップケース越しに頑治さんの耳にも聞こえてくるのでありました。何時もにも況してこの日は気重の出社だと云うのに、出社して早々のお小言とは出雲さんとしては幸先が慎によろしくないと云うものであります。  少しの打ち合わせの後揃って会社を出て行く二人と、ちょうど下の倉庫に向かおうとして偶々扉の辺りで並んだ頑治さんは、一タイミング歩を遅らせて二人を見送るのでありました。先に扉の外に出る土師尾常務の後から少し背中を丸めて出て行く出雲さんの後ろ姿に、これから先の気重が気配として滲み出しているような風でありましたか。  この二人が水戸での特注営業を終えて社に帰って来たのは、夕方の六時を少し過ぎた頃であ..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ピンちゃん〈11〉 彼女の部屋に飾られた一枚の絵
    2020/02/05 15:23
    ピンちゃん〈11〉 彼女の部屋に飾られた一枚の絵

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • あなたのとりこ 408
    2020/02/05 09:03
    あなたのとりこ 408

    「唐目君は彼女が故郷から出て来るとか云っていたよなあ、ゴールデンウィークに」  均目さんが自分と那間裕子女史の事から話題を逸らそうとしてか、フォークに載せたライスを口に運びながらながらそう訊くのでありました。 「うん。仕事絡みでね。もう既にこっちに来ているけど」 「彼女は何の仕事をしているんだっけ?」 「博物館の学芸員だよ」 「その、仕事絡み、と云うのは何だい?」  再び自分と那間裕子女史の事にこの場での話しを戻らせないようにするためか、均目さんは頑治さんへの質問を畳みかけるのでありました。 「今度大学の考古学研究室と組んで、故郷にある弥生遺跡の大掛かりな発掘調査をするんで、その打ち合わせとか関係省庁への挨拶とかで出て来ているんだよ」 「ふうん。でもゴールデンウィークは大学も官庁も休みだろう?」 「仕事は明日までで、後はプライベートで五日迄こっちに居る訳だよ」 「ああ成..

    汎武

    はなし汎武ん

  • お前の帰る場所は俺の所だよ (12) 最終話は、治視点
    2020/02/04 09:12
    お前の帰る場所は俺の所だよ (12) 最終話は、治視点

    俊平との接点は大学だけになってしまった。だけど、俊平のマンションには俺の部屋がある。俊平のマンションの鍵を見ながら、そう思っていた。そう思うと頑張れる。あの日、お母ちゃんが居るからエッチはなかったけれど、優しくキスをした後に付け足してくれた言葉。 「お前の帰る場所は、母の居る所と、俺の所の2箇所だよ」あの言葉が嬉しかった。もう、お父ちゃんを拝もうとは思わない。俺にとって大事なのはお母ちゃんと俊平だ...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • 魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(八)
    2020/02/04 03:11
    魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(八)

    ふたりの足は、女子のロッカールームへと向かっていた。女子ロッカー、そう女子ロッカーである。OLの赤裸々な噂話から、体育会系女子の度のすぎた友情までじんわりいい具合に醸成されてしまう、乙女の聖域である。ここで鍛えられた女子が脱ぐものは、さわやかな血と汗と涙を吸ったトレーニングウェアや制服だけではない。たとえこの部屋を出るときには取り繕いの笑顔をスタンバイしたとしても、ロッカーの扉の裏にある鏡は、年年歳歳戦い疲れた女子の綻びた顔を忘れてはいないだろう。そしてまた、在籍人数にしては多すぎるグレーのボックスに囲まれた空間の中央にあるベンチは、手早い着替えが要求されるこの部隊にあって、長居してしまう同僚のからだの温みを覚えてもいた。なのはに肩を組まれたまま、そこへ連れ込まれたというに等しいティアナは、顔が熱くほてってしか...魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(八)

  • 夢幻の旅:あとがき
    2020/02/03 19:07
    夢幻の旅:あとがき

    「俺は死ぬとき、残される妻に何を言うんだろう」 そう思ったのが、夢幻の旅を考えるきっかけでした。女性の寿命のほうが男性より長く、どう考えても先に死ぬのは俺だろうと。 書くなら夫婦の...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • あなたのとりこ 407
    2020/02/03 09:03
    あなたのとりこ 407

    「メーデーのデモ行進に参加しないでこうして寛いでいるのは、何となくプラカードを持って歩いているあの三人に対して申し訳無いような気もするよなあ」  頑治さんはオムライスにスプーンを刺しながら云うのでありました。 「いや別に申し訳無く思う事はないんじゃないかな。あの三人はもの珍しさから、自分の意志で行進に参加しているんだし」 「しかし那間さんはどういう了見で参加したんだろう。大体あの人はああいうのはちょっと軽蔑気味に億劫がって、真っ先に一抜けたを表明するタイプじゃなかったなか」 「それはそうだな。どう云う気紛れを起こしたのかな」  均目さんが自分の前のハンバーグにナイフを入れながら応えるのでありました。「ま、後日その辺は少し詳しく聞き質してみても良いけど」 「出雲さんも明日は土師尾常務と一緒に水戸に営業回りに出るんだし、そう云う気が滅入るような仕事を直前に控えていて、良く東京駅まで..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」 第八話更新☆☆☆
    2020/02/02 06:48
    ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」 第八話更新☆☆☆

    がんばって、がんばって努力した年は未来のあなたを裏切らない!******Lesson-08:ティアナ・ランスター誘惑される朝っぱらから三時間みっちりの教導を受けたティアナは、早く汗を流したかったから、もちろん向かう場所であったはず。いつも訓練のあとにシャワーは日課になっているので準備のよかったティアナは、すぐにもシャワーに向かうはずが、その足を止めているのはひとえに同行の師。さっきのなのはへの答えは出ていない。なのはも答えを出していない。答えを先読みしてしまう自分も怖い。******やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず。愛する家族のために、ある学び直しを決意した高町なのはさんたちの奮闘記。初めての方は、「創作小説御案内」→「魔法少女リリカルなのは二次創作小説」が入口です。**********★二...☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」第八話更新☆☆☆

  • お前の帰る場所は俺の所だよ (11) 
    2020/02/01 09:32
    お前の帰る場所は俺の所だよ (11) 

    一人暮らしをするマンションが決まった。特急に乗れば新宿まで一駅という近さにある調布駅よ西側にあるマンション。築10年の10階建てで、4階までは2DKで、5階以上は3LDKになっている。そのマンションの3階にある部屋を借りることにした。しかも学生割引という限定対象物件で、2DKで50,000円という安さで借りられた。不動産屋で部屋を契約する時、20歳を過ぎているのでという理由で自分名義の通帳から家賃を払うことになる。そ...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • あなたのとりこ 406
    2020/01/31 09:03
    あなたのとりこ 406

     全体行進が始まってそれを免除されている事に多少の後ろめたさを覚えるものだから、頑治さんと均目さんは街区一区画分くらいを、東京駅迄の全路程に参加する予定の袁満さんと那間裕子女史、それに出雲さんと一緒に付き合い歩きするのでありました。 「じゃあ、申し訳無いけど唐目君と俺はこの辺でばっくれる事にするよ」  均目さんがそう云って全路程参加組の三人に片手を挙げるのでありました。 「ああ判った。態々代々木公園迄出て来て貰って有難う」  袁満さんが慎に人の好い礼辞を述べるのでありました。 「折角だから東京駅まで付き合えば良いのに」  那間裕子女史がこれで放免となる頑治さんと均目さんに対して、恨みがましさの大いに籠った云い草をして見せるのでありました。 「そうしたいのは山々ではあるけど、前に云っていたように今日は随分以前から予定していた、どうしても外せない用があるから、これで勘弁してくださ..

    汎武

    はなし汎武ん

  • ピンちゃん〈10〉 奪われた手袋
    2020/01/30 20:38
    ピンちゃん〈10〉 奪われた手袋

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • お前の帰る場所は俺の所だよ (10) 
    2020/01/30 16:58
    お前の帰る場所は俺の所だよ (10) 

    翌日の朝、おばさんに言っていた。 「おばさん、部屋探しなら郊外をお勧めしますよ」 「郊外かあ。区内より安いよね」 「アパートやマンションはたくさんあり、学生専用のところもありますからね」治が口を挟んでくる。 「でも、近いところがいいな」 「調布なら特急に乗れば一駅で新宿だ」おばさんも遮るように言ってくる。 「地震とか大丈夫そう?」「んー……、それを言われると……」治が助け船を出してくれる。 「日本は島...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • あなたのとりこ 405
    2020/01/29 09:20
    あなたのとりこ 405

     メーデー行進に参加するのは委員長の袁満さんと書記の那間裕子女史、それにどうせ暇だからと参加を引き受けた出雲さんの三人でありましたが、一応の義理から頑治さんと均目さんも、行進には参加しないながらもメーデー中央集会が行われる代々木公園には出向くのでありました。新人組合員の甲斐計子女史はそれも免除、と云う事でありました。  那間裕子女史は昨日までの名残の寒気が、夜が明けると同時に嘘のようにすっかり緩んで、初夏晴天の好日となったが五月一日をこんなイカさない行事で潰されるのは、全く以ってげんなりであると愚痴を零すのでありました。しかし袁満さんと出雲さんは多少のお祭り気分があるようで、全総連から手渡された、徴兵制を許すな! 等と小銃を持った兵士の絵にバッテンが描いてある手書きのプラカードを、もの珍し気に眺めたり両手で差し上げたりしながら、ただ只管閉口するのみと云う風でもないのでありましたか。 「..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 夢幻の旅:第三十ニ話(最終話)
    2020/01/28 17:38
    夢幻の旅:第三十ニ話(最終話)

    「こんなに早く亡くなるなんて……」「光平、迷わずお父さんのところへ行くんだよ」 八月二十日、身内だけで光平さんの四十九日法要を行い、お義父さんが眠る墓への納骨を終えた。 棺を閉じる...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • お前の帰る場所は俺の所だよ (9) ソフトな性描写あります!
    2020/01/28 09:24
    お前の帰る場所は俺の所だよ (9) ソフトな性描写あります!

    治の部屋は電気が消えて真っ暗だが、ベッドに体操座りをしているみたいで、こんもりと山ができている。その山に近づき抱きしめる。 「治、頑張れ。俺も頑張るから。この部屋は治の部屋だ。泣きたい時、寂しくなった時はおいで。でも、卒論は手助けできない。卒論は一人でやっていくものなんだ。俺は大学4年になる前に教職を取った。4年生になると卒論があるからだ。『好きなことを武器にする』をテーマにして、走りと英語をかち...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • あなたのとりこ 404
    2020/01/27 09:16
    あなたのとりこ 404

    「ああそう」 「御茶ノ水駅に帰り着くのは十時を過ぎちゃうかもね」  これはやんわりと夕美さんが、頑治さんが態々御茶ノ水駅に迎えに来てくれるのを遠慮しようとして発した言葉のようにも聞こえるのでありました。 「今日は疲れたかい?」 「ううん、別に疲れてはいないけど」 「だったら折角待っていたんだから、一応御茶ノ水駅に逢いには行くよ」 「面倒臭いんじゃない?」 「別に俺としては億劫でも何でもないけどね」 「でもそれは何となく悪いわね。これから逢ったとしても、精々ちょっとの時間、喫茶店か何処かでお喋りするくらいしか出来ないんじゃないかしら」 「それでも構わないよ。俺としては一応夕美の顔を見て今日を終わりたいから」  その頑治さんの言葉を聞いて夕美さんがほんの少し黙るのは、然程大袈裟なところではないにしろ、ちょろっと感動したためかも知れないと頑治さんは手前味噌に推察するのでありま..

    汎武

    はなし汎武ん

  • お前の帰る場所は俺の所だよ (8) 
    2020/01/26 09:17
    お前の帰る場所は俺の所だよ (8) 

    俊平は、大学から帰ってきた治の母親との会話を思い出していた。 「俊ちゃん、今まで治の世話をしてくれてありがとう」 「おばさん、どうしたんです?」 「治は一人暮らしさせるから」 「は?」 「あの子は俊ちゃんに頼り切っている。今のままだと、あの子は甘えることしかできない。もっと挑戦していって欲しいの」 「それは、学生生活以外のことですか?」 「そうよ。俊ちゃんが高校から大学卒業して数年ほど仕事してたよ...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • 二次創作には、うっかり子や孫ができることがある
    2020/01/26 07:01
    二次創作には、うっかり子や孫ができることがある

    他人の二次創作の設定、もしくはそこに出てきたオリキャラなどを活かして、第三者がさらに派生作品を生むことを、三次創作、四次創作と呼ぶそうです。私の好きなジャンルではあまり見かけなかったのですが、原作物と二次創作の縦の構造に、さらに下請けがあるというか、むしろ二次創作者どうしの懇親会の産物という感じですね。ある二次創作小説サイトの運営者が、自作に登場するロボットのデザイン画をアマチュア絵師に任せて、その絵を小説の挿絵とさせたケースを見かけたことがあります。同人誌でも、小説書きと作画担当がペアで組んで一冊刊行している場合もあるかしれませんね。この場合は、共同作業を楽しんでいるわけです。字書きのなかには、自作の二次創作小説の挿絵を描いていただけたらいい、と思うひともいるでしょう。たとえばネット上で見かけた既製の絵師さん...二次創作には、うっかり子や孫ができることがある

  • LOSE GAME
    2020/01/25 19:06
    LOSE GAME

    いまでも俺はやり続けてる お前との約束を果たすためレコードとは違うものになってしまうけどお前のビートに乗せて 言葉を紡ぐ不幸が続き 狂気に抱かれ 闇に沈んだ正気を失くしたお前との約...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • お前の帰る場所は俺の所だよ (7) 
    2020/01/25 11:48
    お前の帰る場所は俺の所だよ (7) 

    その夜、母と恋人である俊平から話しを持ち掛けられ反論していた。 「ど、して……。お母ちゃんっ」 「一人暮らしして自分の力を試しなさい」 「そんな急に」 「いつまでも俊ちゃんに頼るな」 「俊平は」 「治、なにかあったら手を貸す。俺も一人暮らししていたから治の不安は分かるよ」 「なら一緒に」 「あと1年で卒業するんだろ。なら、せめて自力で頑張れ」 「しゅ、ん……」 「卒論に専念するんだ」 「頑張るよ。でも...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • ピンちゃん〈9〉 友情という名の「勇気」
    2020/01/24 20:46
    ピンちゃん〈9〉 友情という名の「勇気」

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 夢幻の旅:第三十一話
    2020/01/24 18:34
    夢幻の旅:第三十一話

     そんな気配を感じながら、放射線治療に投薬治療が続く毎日。 ひどく体が痛むときは鎮痛剤の医療用モルヒネを処方され、頭がボゥッとしてしまい意識を保つのも難しい。 ベッドに寝ているだけ...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • 「オレの愛しい王子様」第20話 ともに時を刻みたい
    2020/01/24 13:15
    「オレの愛しい王子様」第20話 ともに時を刻みたい

    「十六歳の誕生日おめでとう」あらたまって口にするのはすこし照れくさいが、それでも創真はしっかりと目を合わせてそう告げて、洋菓子店のロゴが描かれた白い紙袋を差し出す。「ありがとう」翼は小さく笑いながら心得たように受け取り、創真を招き入れた。翼の誕生日は、今日、四月一日である。小学生のころから、それぞれの誕生日に一緒にケーキを食べることが恒例行事となっている。今日もそのために来たのだ。このパーティーとも言いがたいふたりだけのささやかなお祝いが、創真は気に入っていた。「あら、創真くん」ケーキを使用人に託して、ふたりで翼の部屋に向かおうと二階に上がったところで、桔梗とばったり出くわした。これから出かけるのか、淡いピンク色のスプリングコートを羽織り、ショルダーバッグを肩に掛けている。「こんにちは」例の日帰り旅行以来なので...「オレの愛しい王子様」第20話ともに時を刻みたい

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • あなたのとりこ 403
    2020/01/24 09:02
    あなたのとりこ 403

    「判った。八時には家に居るようにするよ」 「ところで五月一日は、頑ちゃんはメーデー行進に参加しなくて良いの?」  夕美さんが話題を変えるのでありました。 「ああ、参加しなくて良いよ。大体、そんな七面倒臭いものなんか、誰も意欲的に参加したいとは考えていないから、ウチの組合内部の話し合いで、一応の義理から役員を含む三人が貧乏籤、と云う事になったんだ。全員強制的に参加と云う事になれば、ちょうど夕美がこっちに出て来る時だから困るなと心配していたんだけど」 「ああそう。それは何よりと云うものね。あたしのこの出張も四月の三十日迄に取り敢えず片付く事になっているから、後は五月五日まで祝日と有給でずっとプライベートの時間になるから、五日間みっちり頑ちゃんと一緒に過ごせるわね」 「そうだな。若しメーデー参加の予定が入っていたとしたら、貴重な一日が台無しになるところだった。まあ、何か理由を付けてサボ..

    汎武

    はなし汎武ん

  • お前の帰る場所は俺の所だよ (6) 
    2020/01/23 11:05
    お前の帰る場所は俺の所だよ (6) 

    紅茶を飲みながら久々の夫婦気分を味わっていた千鶴は、やっと切り出した。 「ところで、治の、どうしよう」 「んー……。一人暮らしさせたらどうだろう」 「一人ねえ」 「いつまでも俊平君が居ると思っているからだよ。突き放すのも有りだよ」 「由君は一人暮らししていて、どうだった?」 「両親が死んだからね。どのみち一人だった。大変だったけど楽しかったよ。それに千鶴に出会えたからね」 「そうだった。由君は苦学生...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • あなたのとりこ 402
    2020/01/22 09:17
    あなたのとりこ 402

    「これ迄に聞いていた頑ちゃんの話しに依ると、その二人は自分達の待遇を差し置いてでも頑ちゃん達の好待遇を考えるような、献身的な人でも義に篤い人でもお人好しでもないみたいだし、屹度従業員よりも遥かに好条件を獲得したんじゃないの」 「組合の中の推察も、大体そんなところだけどね」  頑治さんは冷ややかな笑みを浮かべながら頷くのでありました。「ところで、明日の夜は大学時代の友人と会食だったよね?」  頑治さんは表情を改めて話題を変えるのでありました。 「そうね。仕事の打ち合わせの後で教授も交えて、新宿の住友ビルの中にある何とかって云う土佐料理の店で食事する事になっているわ」 「ふうん。皿鉢料理かな。鰹のシーズンの最盛期には少し早いように思うけど」 「何だかよく判らないわ。博士課程に進んだ同級生がその宴会を仕切ってくれるみたいだから、あたしはそれに乗っかるだけで、魚料理でもジンギスカンでも..

    汎武

    はなし汎武ん

  • 第20話 ともに時を刻みたい
    2020/01/21 18:58
    第20話 ともに時を刻みたい

    「十六歳の誕生日おめでとう」 あらたまって口にするのはすこし照れくさいが、それでも創真はしっかりと目を合わせてそう告げて、洋菓子店のロゴが描かれた白い紙袋を差し出す。「ありがとう」 翼は小さく笑いながら心得たように受け取り、創真を招き入れた。 翼の誕生日は、今日、四月一日である。 小学生のころから、それぞれの誕生日に一緒にケーキを食べることが恒例行事となっている。今日もそのために来たのだ。このパー...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナルファンタジー小説

カテゴリー一覧
商用