searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

自作小説・漫画万歳! THEME

help
自作小説・漫画万歳!
テーマ名
自作小説・漫画万歳!
テーマの詳細
自作小説・漫画に熱を入れていて、「もっといろんな人に自分の小説・漫画を見てもらいたい!」「批評、評価、感想がほしい!」という方のためのコミュニティです。趣味友を増やしてみんなで仲良く、楽しく互いの自作小説・漫画をどんどん紹介し合ってください!
テーマ投稿数
8,174件
参加メンバー
281人
管理人
明治工学管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「自作小説・漫画万歳!」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「自作小説・漫画万歳! 小説ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

自作小説・漫画万歳!の記事

1件〜50件

  • もしも、時計が左回りを始めたら?〈9〉 何もできなかった罪
    2020/06/04 21:59
    もしも、時計が左回りを始めたら?〈9〉 何もできなかった罪

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • もしも、時計が左回りを始めたら?〈8〉 待ち伏せの放課後
    2020/05/29 23:57
    もしも、時計が左回りを始めたら?〈8〉 待ち伏せの放課後

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ロックンロール・ライダー:第九話
    2020/05/29 21:29
    ロックンロール・ライダー:第九話

     イフ文にパフォーム文、ピクチャー句、いろんな命令文や定義文が解説され、ノートに書きながら少しづつコボル言語を覚えていく。 駒田主任の説明は分かりやすく、開発部は嫌だと思っていた俺...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • 「オレの愛しい王子様」番外編 この感情に名前はつけない
    2020/05/24 00:07
    「オレの愛しい王子様」番外編 この感情に名前はつけない

    東條圭吾は後方の扉から大講義室に入った。試験だからか、始業十五分前なのにすでにちらほらと席が埋まっている。圭吾も階段状の通路を降りてやや前寄りの長椅子に座った。席は決まっていないが普段から何となくこのあたりなのだ。さて、と——。前回からちょうど三週間。試験も今日で終わる。だから次はこの日にしようと前々から決めていた。メッセンジャーバッグを机に置いてスマートフォンを手にとると、お決まりのメッセージを打ち込み、こころなしか緊張しつつ送信ボタンをタップする。東條圭吾:今日よかったら来ないか?向こうもちょうどスマートフォンを見ていたのか、それが画面に表示されるとすぐに既読がついて、返事が来た。諫早創真:5時半まででいいなら東條圭吾:了解。ケーキ用意しとく諫早創真:今日はオレが買ってくよ東條圭吾:わかったほっとして頬がゆ...「オレの愛しい王子様」番外編この感情に名前はつけない

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • もしも、時計が左回りを始めたら?〈7〉 その男、過去からの使者
    2020/05/23 21:13
    もしも、時計が左回りを始めたら?〈7〉 その男、過去からの使者

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ロックンロール・ライダー:第八話
    2020/05/19 18:43
    ロックンロール・ライダー:第八話

     お喋りを続ける女二人を引き連れ、ビルの谷間を歩いて会社へ向かう。 後ろを歩く安田さんと馬場さんは、相変わらず俺の顔のことで盛り上がっており、どんな服が似合うか話している。 俺の私...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • もしも、時計が左回りを始めたら?〈6〉 目の前の「開かずの扉」
    2020/05/15 13:07
    もしも、時計が左回りを始めたら?〈6〉 目の前の「開かずの扉」

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 番外編 この感情に名前はつけない
    2020/05/13 01:02
    番外編 この感情に名前はつけない

     東條圭吾は後方の扉から大講義室に入った。 試験だからか、始業十五分前なのにすでにちらほらと席が埋まっている。圭吾も階段状の通路を降りてやや前寄りの長椅子に座った。席は決まっていないが普段から何となくこのあたりなのだ。 さて、と——。 前回からちょうど三週間。試験も今日で終わる。 だから次はこの日にしようと前々から決めていた。メッセンジャーバッグを机に置いてスマートフォンを手にとると、お決まりのメッ...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナル恋愛小説

  • ロックンロール・ライダー:第七話
    2020/05/10 18:58
    ロックンロール・ライダー:第七話

     人事部で書類を訂正して会議室へ戻ると、桑原課長促うながされて席に着く。人事部から、会社の組織がどうなっているのか説明するらしい。「日本データサービスは、銀行や証券会社のコンピュー...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • もしも、時計が左回りを始めたら?〈5〉 「過去」を運ぶタクシー
    2020/05/09 23:55
    もしも、時計が左回りを始めたら?〈5〉 「過去」を運ぶタクシー

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 0コンマ4秒の線香花火
    2020/05/04 12:59
    0コンマ4秒の線香花火

    Blue あなたとわたしの本 235 「線香花火の国」に行ったことがあります。もう30年以上まえの話です。 それはただの線香花火ではなく、その花火たちは、0コンマ4秒しか発火することができないのです。そんな「線香花火の国」でした。 フード付きの白いマントの男性と並び、ガラスでできた高みにある部屋から僕は外を見ていた。僕たち以外、ほかには誰もいません。 純白の広大な敷地に、無数の線香花火が生えていました。火玉が上を向いたかたちです。閃光が確かにひらめいているのですが、0コンマ4秒のことです。見えるか見えないかの一瞬で燃え尽きてしまいます。火が消えてしまうとそれが下がり、同じ場所からまた伸びてきま…

    智(とも)

    Blue あなたとわたしの本

  • もしも時計が左回りを始めたら?〈4〉 会うはずのない人と
    2020/05/01 21:44
    もしも時計が左回りを始めたら?〈4〉 会うはずのない人と

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ロックンロール・ライダー:第六話
    2020/05/01 18:49
    ロックンロール・ライダー:第六話

     気怠けだるい午後の昼下がり、帝釈天と柴又駅の間を通る道を、春の日差しを浴びながら昨日とは反対方向に歩く。 ガソリンスタンド、コンビニ、焼き肉屋、埼玉の実家付近では絶滅してしまった...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • 第1話 一度やってみたかった妖怪 その壱
    2020/05/01 10:30
    第1話 一度やってみたかった妖怪 その壱

    それは深夜の出来事でした…! 妖怪に出会った話をする前に私が家の話を少しさせて頂きます。 私の家は借家の一軒家なんですがね、結構古い家なので色んな処にガタがきてるんです 特にドアが凄くって、開けたら壊れるんじゃないかってぐらい。 鍵も掛からなくて何か在り合せの金具みたいなもんで 風で飛んだりしないように留めてあるだけ…だから強い風の日なんかは 斜めっているドアの隙間から風がびゅうびゅうと吹き込んで 家中寒いし、時に雨が入ってくるから玄関がびっしょびっしょ。 セキュリティーも緩過ぎて全く機能してません。 まあ、家は金も無いし、ろくなモノも無いんで泥棒なんて完全家はスルーです。 泥棒にあった事はあ…

  • スペースエイト 第80話   モウ=マドゥー帝国首都惑星サッマー~その17~
    2020/04/27 19:22
    スペースエイト 第80話 モウ=マドゥー帝国首都惑星サッマー~その17~

      にほんブログ村にほんブログ村   第80話   「何も……何一言……いう事も出来ず……送ってくれた戦士の瞳。なんて……なんて間抜けで鈍感だったんだ、この俺…

    艦上零

    月読の宴たち

  • 「オレの愛しい王子様」番外編 ルームシェア
    2020/04/26 22:58
    「オレの愛しい王子様」番外編 ルームシェア

    「大学生になったら二人で住もう」始まりは、翼がさらりと口にしたそのひとことだった。隣を歩いていた創真は、思わず「えっ?」と聞き返しながら振り向いた。にわかには理解できなかったというか、信じられなかったのだ。けれども翼は至極当然のように言葉を継ぐ。「いずれ結婚するんだから構わないだろう」「いや、家からでも通えるのに何でわざわざ」「僕は早くあの家を出たいんだよ」「ああ……」尊敬していた父親のひどく不適切な過去が明らかになったり、後継者として育てられていながら次期後継者に指名されなかったり、次期後継者に指名されたのが折り合いの悪い桔梗だったりで、翼が居づらさを感じるのはわかる気がした。「じゃあ親に訊いてみる」一応、お伺いは立てるが、放任主義の両親が反対することはおそらくないだろう。むしろ自立への第一歩として歓迎しそう...「オレの愛しい王子様」番外編ルームシェア

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • もしも時計が左回りを始めたら?〈3〉 ボクの手首の金色の輝き
    2020/04/25 23:14
    もしも時計が左回りを始めたら?〈3〉 ボクの手首の金色の輝き

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ローズマリーの詩〈33〉 「七つの水仙」をもう一度
    2020/04/24 22:44
    ローズマリーの詩〈33〉 「七つの水仙」をもう一度

     連載   ローズマリーの詩   34 おじと聡史と私と彼女破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。聡史との結婚を決意した私と家を出る決意を固めたおじ。しかし、結婚に反対する母は、なかなか聡史と会おうとしない。私は聡史を連れて、「

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • 花粉症推進委員会(僕のオレ様口調日記)
    2020/04/20 01:10
    花粉症推進委員会(僕のオレ様口調日記)

    オレ様はひしひし感じている。世界の空気が重い。だが例年の今頃ならば、重いのは空気でなくマブタであったはず。春だよ?春なんだぜ?みんな、花粉症はどうしたんだ?新型コロナウイルスの猛威。それは我々から平穏な日常と花粉症の騒ぎを奪い去った。毎年花粉で「目ぇかゆ

    カカシ

    カカシの名乗るほどではありません。

  • もしも時計が左回りを始めたら?〈2〉 時計職人の暗示
    2020/04/19 15:48
    もしも時計が左回りを始めたら?〈2〉 時計職人の暗示

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • スペースエイト 第71話   モウ=マドゥー帝国首都惑星サッマー~その8~
    2020/04/18 18:09
    スペースエイト 第71話 モウ=マドゥー帝国首都惑星サッマー~その8~

        にほんブログ村    第71話    今回の惑星サッマーのゴンドラは、宗教的中心惑星であることをその入り口に足を踏み入れた時から感じさせてくれるような…

    艦上零

    月読の宴たち

  • ロックンロール・ライダー:第五話
    2020/04/17 19:16
    ロックンロール・ライダー:第五話

     アパートへ来るときに通った道を高砂方面に向かい、駅前にあった大型スーパーを目指す。 昨日は気付かなかったが、高砂駅へ行く途中の踏切手前に蕎麦屋を見つけた。好きな食べ物だし、今日の...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • スペースエイト 第67話   モウ=マドゥー帝国首都惑星サッマー~その4~
    2020/04/14 18:15
    スペースエイト 第67話 モウ=マドゥー帝国首都惑星サッマー~その4~

        にほんブログ村     第67話    目が覚めた。どれくらい眠っていただろうか。 多分だが数時間。もっと短いかもしれない。疲れが取れる時間には程遠く…

    艦上零

    月読の宴たち

  • 番外編 ルームシェア
    2020/04/13 17:03
    番外編 ルームシェア

    「大学生になったら二人で住もう」 始まりは、翼がさらりと口にしたそのひとことだった。 隣を歩いていた創真は、思わず「えっ?」と聞き返しながら振り向いた。にわかには理解できなかったというか、信じられなかったのだ。けれども翼は至極当然のように言葉を継ぐ。「いずれ結婚するんだから構わないだろう」「いや、家からでも通えるのに何でわざわざ」「僕は早くあの家を出たいんだよ」「ああ……」 尊敬していた父親のひどく...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナル恋愛小説

  • もしも時計が左回りを始めたら?〈1〉 時間が反逆を始めた
    2020/04/13 01:45
    もしも時計が左回りを始めたら?〈1〉 時間が反逆を始めた

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • スペースエイト 第63話   エージェントに~その10~
    2020/04/10 18:17
    スペースエイト 第63話 エージェントに~その10~

        にほんブログ村    第63話  「英人君でいいかな?」 大国様が突然……。  「宇宙には……うまく言えないけど……意識があるって……星の輝き、惑星の…

    艦上零

    月読の宴たち

  • スペースエイト 第62話   エージェントに~その9~
    2020/04/09 18:18
    スペースエイト 第62話 エージェントに~その9~

       にほんブログ村   第62話 「名前を頂いた日」  「信じられないんです、夢なら覚めてなんかほしくないんです。だって、誰も何も信じられないんじゃないかっ…

    艦上零

    月読の宴たち

  • ロックンロール・ライダー:第四話
    2020/04/07 17:14
    ロックンロール・ライダー:第四話

     アパートを出て右に行くと少し大きな通りに出る。 その通りを左へ曲がり少し行くと、右側には有名な映画で何度も見た帝釈天の参道が現れ、左側には、失恋した主人公が大きなトランクを持って...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • 洗濯板に捧げ銃〈5〉 ボタン3つ分の別れの儀式
    2020/04/05 11:36
    洗濯板に捧げ銃〈5〉 ボタン3つ分の別れの儀式

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 洗濯板に捧げ銃〈4〉 リリー、谷間を去る
    2020/03/30 14:00
    洗濯板に捧げ銃〈4〉 リリー、谷間を去る

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ロックンロール・ライダー:第三話
    2020/03/27 18:40
    ロックンロール・ライダー:第三話

     荷物を詰めたバッグを持ち、まずは不動産屋から鍵を預かっている銀座の叔父の店へ向かう。 山手線の新橋で下車し、歩いて銀座へ。 伯父の家は銀座といっても外れにあり、新橋に近い。昔は...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • 洗濯板に捧げ銃〈3〉 彼女を殺した醜聞
    2020/03/24 20:30
    洗濯板に捧げ銃〈3〉 彼女を殺した醜聞

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • PROMISEHERO009(覚醒編 児童文学Ver.)⑥(最終章)
    2020/03/21 01:17
    PROMISEHERO009(覚醒編 児童文学Ver.)⑥(最終章)

    シーンⅥ ニューヒーロー 『今度の土曜日、午前十時に緊急会合を開きます』「緊急会合?」 立花からいきなり届いたメールはそれだけ。大切な通信手段が盗聴されていたのだから、会社としても何か手を打たなければならないのだろうが、もう少し詳しく教えてくれてもよさそうなものだ。「ま、いいか。とりあえずはこいつをお披露目だ」 新品の真っ赤なTシャツ、黒と赤のチェックのワイシャツを重ね着してから、黒いジーンズをはいた隼人は意気揚々と事務所に向かった。 ところが、彼を待っていたのは園田真奈の恐ろしげな顔だった。あまりの迫力にタジタジとなる。「十文字さん」「はっ、はい、何か?」「赤いシャツがお似合いですね」などと…

    祭城狂志郎

    My hero,my mystery

  • PROMISEHERO009(覚醒編 児童文学Ver.)⑤
    2020/03/20 16:34
    PROMISEHERO009(覚醒編 児童文学Ver.)⑤

    シーンⅤ スーパーバトル 家に戻った隼人は夕食もそこそこに、二階にある自分の部屋へと引っ込んだ。 明日は早起きして勉強に取り組みたいから早く寝るのだという言葉を信用したのか、母は特にコメントしなかったが、もちろん本当に勉強するはずもなく、彼は机の前でじっと考えごとを始めた。 引っかかるあのセリフに加えて、読まれていた尊の行動──彼が言うように、ライターは挑戦状だったとしたら、犯人はすぐそばまで来ていたことになる。「よし! これならつじつまが合う」 ただし、わずかな手がかりと、自分の頭で考えただけのストーリーだ。 本当にそうなのか確証は持てないけど、いつまた放火されるかと、ハラハラしているよりは…

    祭城狂志郎

    My hero,my mystery

  • PROMISEHERO009(覚醒編 児童文学Ver.)④
    2020/03/20 16:34
    PROMISEHERO009(覚醒編 児童文学Ver.)④

    シーンⅣ フェスティバル 翌日、新しい仕事が入ったといって、立花から連絡を受けた隼人は学校の帰り道、意気揚々と足どりも軽く、PHカンパニーのオフィスへと向かっていた。 やる気まんまん、ファイト一発だ。(そういえば大岩さんはオレンジの服を着ていたっけ。霧島さんは黄色だったし、海城さんはもちろん黒だし、オレも赤を着た方がいいのかな? それって、いかにもお子様向けのヒーローみたいだけど、やっぱカッコつくもんなぁ) 赤の服はワードロープに入っていない。バイト代が入ったら買おう、などと考えながら事務所の中に入る。 内部はあいかわらず静まり返り、パソコンの画面に向かう園田真奈の姿があるだけだった。「こんに…

    祭城狂志郎

    My hero,my mystery

  • PROMISEHERO009(覚醒編 児童文学Ver.)③
    2020/03/20 16:34
    PROMISEHERO009(覚醒編 児童文学Ver.)③

    シーンⅢ キャンパス 翌日曜の朝、時計が問題の十時を示すと、十文字家の門前に一台の車が停まった。 黒いクーペから降りてきた尊はこれから隼人を泉泰大のキャンパスに案内しがてら、そこの図書館で勉強をさせたいと香苗に持ちかけた。 なぜ、わざわざ大学のキャンパスまで行くのかと疑問には思わないようで、尊にすっかり惚れ込んでいる香苗はもちろん了解し、リュックを抱えた隼人が乗り込むのを待って、黒い車体は動きだした。 地元にある大学なのに、泉泰大の敷地に入るのは初めてだ。 昨日の事件も、バイトを辞めたいと思ったことも忘れてウキウキしている自分に気づくと、隼人は急にうろたえてしまった。(オレってば、何浮かれてる…

    祭城狂志郎

    My hero,my mystery

  • 洗濯板に捧げ銃〈1〉 美しき身代わり
    2020/03/18 23:47
    洗濯板に捧げ銃〈1〉 美しき身代わり

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ロックンロール・ライダー:第二話
    2020/03/17 18:46
    ロックンロール・ライダー:第二話

     駅までの道のりで一本吸い、銀座線で上野まで行きアメ横へ向かう。 地下鉄の中でも降りてからも、判で押したように若い男はソフトスーツ、若い女はワンレンかトサカ前髪で肩パットが入ったボ...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • 第22話 未来への通過点(最終話)
    2020/03/13 07:55
    第22話 未来への通過点(最終話)

    「いらっしゃい、諫早くん」 チャイムを押すなり待ち構えていたかのように玄関の扉が開き、東條が出迎える。七分袖のカットソーにデニムパンツというカジュアルな格好だ。創真が汗だくなことに気付いてかハハッと笑う。「上がれよ。部屋はだいぶ涼しくしてあるぞ」「おじゃまします」 彼がひとり暮らしをしているこのマンションには、すでに何度も来ているのでいまさら遠慮はない。それでも律儀に挨拶してから、創真は馴染んだス...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナル恋愛小説

  • ローズマリーの詩〈33〉 産まない反逆、産む反体制
    2020/03/12 21:47
    ローズマリーの詩〈33〉 産まない反逆、産む反体制

     連載   ローズマリーの詩   33 産まない反逆、産む反体制破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。体制に取り込まれることがイヤで、「子どもは嫌いだ」と口にしたことを後悔しているおじ。一方、聡史は、反体制を貫くために「子どもが

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • 洗濯板に捧げ銃〈1〉 「リリー」の誕生
    2020/03/12 20:55
    洗濯板に捧げ銃〈1〉 「リリー」の誕生

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ロックンロール・ライダー:第一話
    2020/03/10 19:05
    ロックンロール・ライダー:第一話

     一月半ば、高校卒業を目前に控え、まだ進路が決まってなかった俺は、親や教師に将来のことを考えるよう言われるのが嫌で、学校帰りに本屋へと足を向けた。 就職情報誌を適当に開いて目に入っ...

    Inazuma Ramone

    Feel The Darkness

  • PROMISEHERO009(覚醒編 児童文学Ver.)②
    2020/03/09 00:27
    PROMISEHERO009(覚醒編 児童文学Ver.)②

    シーンⅡ シグナル ビルの裏側にある駐車場まで来ると、尊は自分の車に乗るよう、隼人に言った。 まっ黒な車体、スポーツタイプのクーペは黒ずくめの美男子にこれ以上ぴったりな車はないという車種である。彼をCMに起用したらどうだと、自動車メーカーに推薦したいほどだ。 隼人がおずおずと助手席に乗り込むと、車は軽やかに発進した。エンジン音はさほど大きくない、このテの車にしては静かで落ち着いた乗り心地だ。 尊がカーステレオを操作すると左右のスピーカーからジャズが流れてきたが、こんなキザッぽい演出もイヤミにならないのはさすがで、何といっても美形は得だと思う。 黙って運転を続けている相手に話しかけることもできず…

    祭城狂志郎

    My hero,my mystery

  • 妖怪まるかじり。
    2020/03/07 10:56
    妖怪まるかじり。

    妖怪の郷へようこそ! みなさん、妖怪達の住処…“妖怪の郷”へようこそいらっしゃいました。 ここは妖怪達だけが住んでいる言わば異世界って処です 私は「里田桑の茶28号」って言う、人間ですが ある日ひょんな事からこの“妖怪の郷”に迷い込んでしまいまして… 不思議な事に妖怪達に人間とバレる事もなく、それどころか 「カラフルなイカの妖怪」と思われたらしく 疑われる事も無く馴染んでしまっているんです。 ってなワケで面白いので勝手に「万(よろず)の妖怪記」と言うブログを 作って色んな妖怪達の暮らしや生態を記録しようと思ったワケです。 ちなみに私の自己紹介を一応 珈琲とカップ麺が好きな偏食系なヤツ 納豆には…

  • ピンちゃん〈終章〉 ボクたちのファイナル
    2020/03/06 21:17
    ピンちゃん〈終章〉 ボクたちのファイナル

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • PROMISEHERO009(覚醒編 児童文学Ver.)①
    2020/03/05 23:55
    PROMISEHERO009(覚醒編 児童文学Ver.)①

    プロローグ 赤い炎がかけ抜ける 青いうねりが渦を巻く 世界の終りを告げる悪の声 そうは問屋がおろさない 暗闇照らす光になって (Get up!) (Wake up!) 進め! 勝利のその先を 目ざせ! 未来の救世主 戦え! われらの── 「レッドフェニックス参上! この悪党ども、覚悟しろ! ……って、えっ、なっ、何?」 ガバッと机から頭を上げ、時計を見ようと目をこらす。しまった、もう五時だ。 テスト週間とあって学校は午前中で終了。帰宅後、昼食をすませたら翌日の試験に備えて勉強に集中する予定だったのだが…… うたた寝の代償は腕の下でクシャクシャになった数学のノートだ。 隼人はイスに座ったまま背伸…

    祭城狂志郎

    My hero,my mystery

  • 【本日公開】第109話「お転婆娘と顔無しの男」【web漫画】
    2020/03/03 01:07
    【本日公開】第109話「お転婆娘と顔無しの男」【web漫画】

    本日から「お転婆娘と顔無しの男」の最新話が公開されました。 一般配信は109話、プレミアム配信は110話が公開です。 どうぞご覧くださいませ。 【本編はコチラから ↓ 】 ▼ランキング参加中。ポチッと押して頂ければ幸いです▼

    灯釜田龍

    灯釜田龍の徒然日誌

  • ピンちゃん〈15〉 ラスト・ショーの鶴
    2020/02/29 23:05
    ピンちゃん〈15〉 ラスト・ショーの鶴

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • マンガ・3ページ・『正義の引退』
    2020/02/29 00:17
    マンガ・3ページ・『正義の引退』

    マンガ・3ページ・『正義の引退』

    徳丸無明

    徳丸無明のブログ

  • 108話の個人的見どころ
    2020/02/26 12:43
    108話の個人的見どころ

    わたしの作品はキャラクター同士の会話に重要性を置いているので、その場でじっくり会話するシーンがとても多いです。 そこで毎回頭を悩ませているのが、『じっとその場で会話している間、画面に「動き」と言う変化を出す為にどんな表情や所作をさせようか、どのアングルから映そうか、何を映そうか』です。 歩いたり走ったり戦っている最中の会話は既に画面が動いているので比較的楽なのですが、じっとしている時のシーンは本当に悩みます。(なのに多いと言うね・笑) 今回の108話も道孝彦とトメがずっと会話をしており、その場から殆ど動かないので、その間に彼等らしい動きを付けるにはどうすべきかと結構悩みました。 その結果がコレ…

    灯釜田龍

    灯釜田龍の徒然日誌

カテゴリー一覧
商用