searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

小説更新連絡所 THEME

help
小説更新連絡所
テーマ名
小説更新連絡所
テーマの詳細
小説を更新したらトラックバックしてください。 ブログに直接掲載している方は勿論、サイトで更新していて、ブログには更新連絡しかかいてない方もOKです。 ただし、利用者の為に、「ブログからサイトへのリンク」を貼っておいてください。 どんなジャンルの小説でもOKです。 ---ご注意--- 「小説」を「更新した」ときのみ、トラックバックしてください。 縛りはただそれだけなので、どうぞご理解ください。 更新できない旨等のご連絡・更新予定のご連絡・ごあいさつ等は、 ふさわしいコミュに行ってください。 ふさわしくないトラックバックは管理人権限で非表示にする場合があります。
テーマ投稿数
5,331件
参加メンバー
105人
管理人
19ra管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「小説更新連絡所」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「小説更新連絡所 小説ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

小説更新連絡所の記事

1件〜50件

  • 洗濯板に捧げ銃〈4〉 リリー、谷間を去る
    2020/03/31 01:23
    洗濯板に捧げ銃〈4〉 リリー、谷間を去る

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 洗濯板に捧げ銃〈3〉 彼女を殺した醜聞
    2020/03/25 22:01
    洗濯板に捧げ銃〈3〉 彼女を殺した醜聞

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十三話 更新★★
    2020/03/21 12:39
    ★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十三話 更新★★

    2020年も月と地球と太陽と元気があればそれでイイ!********神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十三話:太陽と稲穂の或る風景を更新しました。「でもね、稲穂がさいしょから稲穂じゃないのは、それは神様がお決めになったこと。さだめられた運命のために変わっていくからなの」大地とは、その人を支える信念か、慈しみ育てやがて塵芥と成り果てる肉体の集積場。人はなにかの信念に縋りつかねば生きていけない。人間はそのために無数の神聖なる存在と超越世界とを夢想して、多くの宗教や哲学や神話を創案してきた。それでも、数千年も数万年も人間の迷いは尽きないし、悩みは増えるばかり。これからも、果てしなく問い掛けられる生の疑問。人間の本質はどこにある。今、生きていることの本質は……。(「創作小説ご案内」→「神無月の巫女二次創作小説...★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十三話更新★★

  • 洗濯板に捧げ銃〈1〉 美しき身代わり
    2020/03/19 22:42
    洗濯板に捧げ銃〈1〉 美しき身代わり

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • スペースエイト 第39話   宇宙へ~うちゅうへその5~
    2020/03/18 09:37
    スペースエイト 第39話 宇宙へ~うちゅうへその5~

      にほんブログ村    第39話 「ま……待ってくれって、ご存知のようにって……全然ご存知じゃない……」 俺は慌てて話を一休みさせて、もう少しゆっくりわかり…

    艦上零

    月読の宴たち

  • スペースエイト 第37話   宇宙へ~うちゅうへその3~
    2020/03/17 19:06
    スペースエイト 第37話 宇宙へ~うちゅうへその3~

        にほんブログ村   第37話   「ところで、いつもそうだけど、赴任地の人たちはやっぱり人間型のヒューマノイドタイプなのか、それとも違うのか?」 何回…

    艦上零

    月読の宴たち

  • ローズマリーの詩〈33〉 産まない反逆、産む反体制
    2020/03/15 19:56
    ローズマリーの詩〈33〉 産まない反逆、産む反体制

     連載   ローズマリーの詩   33 産まない反逆、産む反体制破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。体制に取り込まれることがイヤで、「子どもは嫌いだ」と口にしたことを後悔しているおじ。一方、聡史は、反体制を貫くために「子どもが

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • 洗濯板に捧げ銃〈1〉 「リリー」の誕生
    2020/03/15 19:40
    洗濯板に捧げ銃〈1〉 「リリー」の誕生

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 「オレの愛しい王子様」第22話 未来への通過点(最終話)
    2020/03/15 18:29
    「オレの愛しい王子様」第22話 未来への通過点(最終話)

    「いらっしゃい、諫早くん」チャイムを押すなり待ち構えていたかのように玄関の扉が開き、東條が出迎える。七分袖のカットソーにデニムパンツというカジュアルな格好だ。創真が汗だくなことに気付いてかハハッと笑う。「上がれよ。部屋はだいぶ涼しくしてあるぞ」「おじゃまします」彼がひとり暮らしをしているこのマンションには、すでに何度も来ているのでいまさら遠慮はない。それでも律儀に挨拶してから、創真は馴染んだスニーカーを脱いで部屋に上がった。「……鍋?」ワンルームにしては広めの部屋に入ると、奥の座卓に鍋料理らしきものが用意されているのが見てとれた。中身まではわからないが、カセットコンロにかけられた土鍋からは湯気が立ち上っている。「冷房をガンガンにかけて食うと美味いんだ」「ああ、いいかもな」まだ九月なので驚いたが、彼の言うとおり部...「オレの愛しい王子様」第22話未来への通過点(最終話)

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • スペースエイト 第36話   宇宙へ~うちゅうへその2~
    2020/03/14 18:18
    スペースエイト 第36話 宇宙へ~うちゅうへその2~

       第36話 亞空間ハイウエイ     もちろん主要航路に関しての話である。メジャーな亜空間ハイウエイがない地域では今でも1Gや2G亜空間航行が使われている…

    艦上零

    月読の宴たち

  • スペースエイト 第30話 大国主命と因幡の白兎~オオクニヌシノミコトとイナバノシロウサギその12
    2020/03/13 20:55
    スペースエイト 第30話 大国主命と因幡の白兎~オオクニヌシノミコトとイナバノシロウサギその12

      第30話    ドタ……っとなるところだった。もうこの兎さんが何を言っても驚かなくなってた。「あんたが話すと脱線どころか逆走し始めるからもっと考えて話しな…

    艦上零

    月読の宴たち

  • 第22話 未来への通過点(最終話)
    2020/03/13 07:55
    第22話 未来への通過点(最終話)

    「いらっしゃい、諫早くん」 チャイムを押すなり待ち構えていたかのように玄関の扉が開き、東條が出迎える。七分袖のカットソーにデニムパンツというカジュアルな格好だ。創真が汗だくなことに気付いてかハハッと笑う。「上がれよ。部屋はだいぶ涼しくしてあるぞ」「おじゃまします」 彼がひとり暮らしをしているこのマンションには、すでに何度も来ているのでいまさら遠慮はない。それでも律儀に挨拶してから、創真は馴染んだス...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナル恋愛小説

  • ピンちゃん〈終章〉 ボクたちのファイナル
    2020/03/07 23:25
    ピンちゃん〈終章〉 ボクたちのファイナル

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(九)
    2020/03/04 22:15
    魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(九)

    「じゃあ、あと三十分後にホール前で落ちあうことにしよっか」なのはときたら、軽快に人さし指でのの字を描くように回す。なんだか嬉しそうだった。ホール前だから、いちおう、服は着ていてもいいのだろう…て、何考えてんだあたし、と独りツッコミしている。そんなティアナの思惑を知ってか、知らずか、こんな師匠のお言葉が。「あ、それから。ティアナはラフな普段着でいいよ」「トレーニングウェアじゃなくていいんですか?」「うん。まったくのラフな格好でね」はぁ?普段着って。いよいよもって不安になった。訓練か業務の一環でないのならば、たしかに制服を羽織る必要もないのだろう。ラクダ色の地上部隊陸士の制服でさえ、いまとなっては愛おしい。執務官志望のティアナにとっては、最初は地味で冴えないと思っていたはずなのに。どうやら、愛機クロスミラージュも出...魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(九)

  • ピンちゃん〈15〉 ラスト・ショーの鶴
    2020/03/01 15:21
    ピンちゃん〈15〉 ラスト・ショーの鶴

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」 第九話更新☆☆☆
    2020/02/29 04:18
    ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」 第九話更新☆☆☆

    がんばって、がんばって努力した年は未来のあなたを裏切らない!******Lesson-09:高町なのは心配されるご機嫌でなのはが振り向くと、ティアナはかなり顔近く寄っていた。なのはのお願い事、その第二の可能性を探るために。ティアナの憶測は、いたってまじめで健全な方角に向かったのだ。「そのお願い事って、あたしがなのはさんに危害を加える危険性がありますか?」「え?」きょとんとした表情は、噴き出した笑いによって破られた。******やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず。愛する家族のために、ある学び直しを決意した高町なのはさんたちの奮闘記。初めての方は、「創作小説御案内」→「魔法少女リリカルなのは二次創作小説」が入口です。**********★二次創作小説・考察レヴューのご注意★いつもお読みくださりあり...☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」第九話更新☆☆☆

  • ピンちゃん〈14〉 体育倉庫の四銃士
    2020/02/27 00:42
    ピンちゃん〈14〉 体育倉庫の四銃士

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 承認欲求モンスターになると、二次創作は死んでしまうかもしれない
    2020/02/22 06:06
    承認欲求モンスターになると、二次創作は死んでしまうかもしれない

    ネット上で二次創作者のあまりよくない意見のひとつに、承認欲求モンスターになりがちであるというのがあります。やたらと絵描きさんが叩かれやすいのですが、字書きでもいるはずです。自分のつくった絵が、小説や、ネタつぶやきが、もっと騒がれてほしい。いいね押しをしてほしい。RTでひろまってほしい。多くに読まれて、アクセス数を稼ぎたい。ランキング上位にいたい。同人誌ももっと売れてほしい。とにかく、ちやほやされたい──という声が厭わしいのだと。二次創作者でなくても、ただの生活ブログや日常つぶやきツイッターであっても、数字稼ぎをしたいという望みは誰しもあるものです。せっかく労をかけたのだから、それなりの見返りがほしいと思うのは、マズローの欲求の段階説を持ち出すまでもなく、人間のすなおな欲望です。しかし、あまり、好意的には見られて...承認欲求モンスターになると、二次創作は死んでしまうかもしれない

  • 「オレの愛しい王子様」第21話 プロポーズ
    2020/02/20 00:03
    「オレの愛しい王子様」第21話 プロポーズ

    「え……桔梗さん……?」創真は扉のところで立ちつくしたまま、目を瞬かせる。執事に案内されて入室した西園寺家当主の書斎に、なぜか桔梗がいたのだ。彼女は流れるような所作で応接ソファから立ち上がり、会釈する。創真も怪訝に思いながらつられるように頭を下げた。「桔梗にも関係する話なのでな」「あ、はい……」奥の執務机にいた徹は、創真のつぶやきにさらりと答えて腰を上げた。この面会は翼が執事を通して取り付けてくれたのだが、その際に婚約に関する話だと説明していた。だから当事者である桔梗を呼んだのかもしれないが、創真としては完全に想定外である。もちろん彼女にもあとできちんと話をするつもりではいたが、いまはまだ心の準備ができていない。徹に報告するためにようやく気持ちを整えたばかりだったのに、また乱れてしまった。「そちらにお掛けなさい...「オレの愛しい王子様」第21話プロポーズ

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • ローズマリーの詩〈32〉 「結婚宣言」と「家出宣言」
    2020/02/19 20:26
    ローズマリーの詩〈32〉 「結婚宣言」と「家出宣言」

     連載   ローズマリーの詩   32 「結婚宣言」と「家出宣言」破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。「結婚しよう、いますぐ!」私が妊娠を告げると、聡史はそう言って私の手をとった。「そんなふしだらな……」と、気色ばむ母に、おじ

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • ピンちゃん〈13〉 拉致されたマドンナ
    2020/02/18 23:10
    ピンちゃん〈13〉 拉致されたマドンナ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ピンちゃん〈12〉 待ち伏せ
    2020/02/12 19:54
    ピンちゃん〈12〉 待ち伏せ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 第21話 プロポーズ
    2020/02/10 06:29
    第21話 プロポーズ

    「え……桔梗さん……?」 創真は扉のところで立ちつくしたまま、目を瞬かせる。 執事に案内されて入室した西園寺家当主の書斎に、なぜか桔梗がいたのだ。彼女は流れるような所作で応接ソファから立ち上がり、会釈する。創真も怪訝に思いながらつられるように頭を下げた。「桔梗にも関係する話なのでな」「あ、はい……」 奥の執務机にいた徹は、創真のつぶやきにさらりと答えて腰を上げた。 この面会は翼が執事を通して取り付けてく...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナル恋愛小説

  • ピンちゃん〈11〉 彼女の部屋に飾られた一枚の絵
    2020/02/06 11:45
    ピンちゃん〈11〉 彼女の部屋に飾られた一枚の絵

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(八)
    2020/02/04 03:10
    魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(八)

    ふたりの足は、女子のロッカールームへと向かっていた。女子ロッカー、そう女子ロッカーである。OLの赤裸々な噂話から、体育会系女子の度のすぎた友情までじんわりいい具合に醸成されてしまう、乙女の聖域である。ここで鍛えられた女子が脱ぐものは、さわやかな血と汗と涙を吸ったトレーニングウェアや制服だけではない。たとえこの部屋を出るときには取り繕いの笑顔をスタンバイしたとしても、ロッカーの扉の裏にある鏡は、年年歳歳戦い疲れた女子の綻びた顔を忘れてはいないだろう。そしてまた、在籍人数にしては多すぎるグレーのボックスに囲まれた空間の中央にあるベンチは、手早い着替えが要求されるこの部隊にあって、長居してしまう同僚のからだの温みを覚えてもいた。なのはに肩を組まれたまま、そこへ連れ込まれたというに等しいティアナは、顔が熱くほてってしか...魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」(八)

  • ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」 第八話更新☆☆☆
    2020/02/02 06:41
    ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」 第八話更新☆☆☆

    がんばって、がんばって努力した年は未来のあなたを裏切らない!******Lesson-08:ティアナ・ランスター誘惑される朝っぱらから三時間みっちりの教導を受けたティアナは、早く汗を流したかったから、もちろん向かう場所であったはず。いつも訓練のあとにシャワーは日課になっているので準備のよかったティアナは、すぐにもシャワーに向かうはずが、その足を止めているのはひとえに同行の師。さっきのなのはへの答えは出ていない。なのはも答えを出していない。答えを先読みしてしまう自分も怖い。******やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず。愛する家族のために、ある学び直しを決意した高町なのはさんたちの奮闘記。初めての方は、「創作小説御案内」→「魔法少女リリカルなのは二次創作小説」が入口です。**********★二...☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」第八話更新☆☆☆

  • ピンちゃん〈10〉 奪われた手袋
    2020/01/31 20:10
    ピンちゃん〈10〉 奪われた手袋

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 第20話 ともに時を刻みたい
    2020/01/30 16:27
    第20話 ともに時を刻みたい

    「十六歳の誕生日おめでとう」 あらたまって口にするのはすこし照れくさいが、それでも創真はしっかりと目を合わせてそう告げて、洋菓子店のロゴが描かれた白い紙袋を差し出す。「ありがとう」 翼は小さく笑いながら心得たように受け取り、創真を招き入れた。 翼の誕生日は、今日、四月一日である。 小学生のころから、それぞれの誕生日に一緒にケーキを食べることが恒例行事となっている。今日もそのために来たのだ。このパー...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナル恋愛小説

  • 二次創作には、うっかり子や孫ができることがある
    2020/01/26 07:00
    二次創作には、うっかり子や孫ができることがある

    他人の二次創作の設定、もしくはそこに出てきたオリキャラなどを活かして、第三者がさらに派生作品を生むことを、三次創作、四次創作と呼ぶそうです。私の好きなジャンルではあまり見かけなかったのですが、原作物と二次創作の縦の構造に、さらに下請けがあるというか、むしろ二次創作者どうしの懇親会の産物という感じですね。ある二次創作小説サイトの運営者が、自作に登場するロボットのデザイン画をアマチュア絵師に任せて、その絵を小説の挿絵とさせたケースを見かけたことがあります。同人誌でも、小説書きと作画担当がペアで組んで一冊刊行している場合もあるかしれませんね。この場合は、共同作業を楽しんでいるわけです。字書きのなかには、自作の二次創作小説の挿絵を描いていただけたらいい、と思うひともいるでしょう。たとえばネット上で見かけた既製の絵師さん...二次創作には、うっかり子や孫ができることがある

  • ピンちゃん〈9〉 友情という名の「勇気」
    2020/01/25 15:17
    ピンちゃん〈9〉 友情という名の「勇気」

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ビンちゃん〈8〉 絡み合う指の束の間の乱舞
    2020/01/25 15:16
    ビンちゃん〈8〉 絡み合う指の束の間の乱舞

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 「オレの愛しい王子様」第20話 ともに時を刻みたい
    2020/01/22 00:08
    「オレの愛しい王子様」第20話 ともに時を刻みたい

    「十六歳の誕生日おめでとう」あらたまって口にするのはすこし照れくさいが、それでも創真はしっかりと目を合わせてそう告げて、洋菓子店のロゴが描かれた白い紙袋を差し出す。「ありがとう」翼は小さく笑いながら心得たように受け取り、創真を招き入れた。翼の誕生日は、今日、四月一日である。小学生のころから、それぞれの誕生日に一緒にケーキを食べることが恒例行事となっている。今日もそのために来たのだ。このパーティーとも言いがたいふたりだけのささやかなお祝いが、創真は気に入っていた。「あら、創真くん」ケーキを使用人に託して、ふたりで翼の部屋に向かおうと二階に上がったところで、桔梗とばったり出くわした。これから出かけるのか、淡いピンク色のスプリングコートを羽織り、ショルダーバッグを肩に掛けている。「こんにちは」例の日帰り旅行以来なので...「オレの愛しい王子様」第20話ともに時を刻みたい

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • ★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十二話 更新★★
    2020/01/19 06:15
    ★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十二話 更新★★

    2020年も月と地球と太陽と元気があればそれでイイ!********神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十二話:夕映えの穂波をたてる風を更新しました。姫子の説くなんだか煙に巻かれたような議論に、黒髪の少女は鼻を啜り上げつつ、やや困惑した表情で見つめていた。「ね、聞こえない?」「聞こえるって、なにが?」「稲穂の産声が、聞こえてくるの」やわらかな手がたわわな穂先を、黒髪に隠されないしろい耳元へ寄せる。ちくちくする軽い痛みに耐えながら、千歌音が耳をそばだてる。風がかるく唸りをあげて、頬をなで横髪を梳きあげた。(「創作小説ご案内」→「神無月の巫女二次創作小説(其の一)」→「禁色の圃(ほ)」)********神無月の巫女生誕15周年企画。いつか、どこかの、姫子と千歌音、前世の巫女ふたりのお話。神無月の巫女二次創作...★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十二話更新★★

  • 神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾弐)
    2020/01/19 06:15
    神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾弐)

    地面に目を落としていた姫子は、顔を千歌音のほうへ向け、自分の胸にそっと手を当てる。千歌音はその言葉の含意と仕草に訳が分からなくて、もどかしそうに顔をしかめる。「でも、私は私で、姫子は姫子。そんな土くれと一緒になるなんて嫌よ。ぜったいに嫌。私も姫子も、一生このままで生きていたらいい。変わらなければいい。変わって、違うものになって、また別れてしまうくらいなら、最初から存在なんてしなければいいのに…」千歌音の瞳からぽたり、ぽたりと落ちた涙の雫。それが足元の地面に透明な斑点となり染みこんでゆく。この子はこんなにも脆い。拙い。儚い。神のように完全な美しさに近くあるのに、かよわい。だからこそ闇に囚われてしまう。邪神に魅入られてしまう。でもだからこそ、とても愛おしい。人間には善か悪かでとらえきれない危うさがある。神の呪いを受...神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾弐)

  • ローズマリーの詩〈31〉 口をつぐんだ罪
    2020/01/14 22:36
    ローズマリーの詩〈31〉 口をつぐんだ罪

     連載   ローズマリーの詩   31 口をつぐんだ罪破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。アフリカに赴任する聡史の子を宿してしまった。迷った私は、千里さんの店を訪ねた。私の迷いを見抜いた千里さんが「変なこと考えてないでしょうね

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • ピンちゃん〈7〉 金賞の報酬
    2020/01/13 12:26
    ピンちゃん〈7〉 金賞の報酬

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」 第七話更新☆☆☆
    2020/01/13 07:30
    ☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」 第七話更新☆☆☆

    がんばって、がんばって努力した年は未来のあなたを裏切らない!******Lesson-07:ティアナ・ランスター勧誘される「ティアナ・ランスター二等陸士の臨時教導。受講者は、高町なのは一名」「へ?」開いた口が塞がらない。この人から貰いたいものはまだいくらも残っていて、あと一箇月もない別れが惜しいというのに。こちらから渡すものなどありえない。「なのはさん、それ本気ですか?」「本気だよ。ティアナに教わりたかったんだから」「…なぜ?」******やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず。愛する家族のために、ある学び直しを決意した高町なのはさんたちの奮闘記。初めての方は、「創作小説御案内」→「魔法少女リリカルなのは二次創作小説」が入口です。**********★二次創作小説・考察レヴューのご注意★いつもお読...☆☆☆魔法少女リリカルなのは二次創作小説「高町家のアフターレッスン」第七話更新☆☆☆

  • ローズマリーの詩〈30〉 受胎告知
    2020/01/06 14:17
    ローズマリーの詩〈30〉 受胎告知

     連載   ローズマリーの詩   30 受胎告知破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。再会を果たしたおじと千里さんは、最近、よく会っているようだ。もう、『スカボロー・フェア』も歌わなくてすむらしい。しかし、私の体には、小さな変化

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • ピンちゃん〈6〉 彼女に捧げる1分間の即興
    2020/01/06 13:55
    ピンちゃん〈6〉 彼女に捧げる1分間の即興

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾壱)
    2020/01/05 06:15
    神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾壱)

    「そうね。野山の自然になった果実や草花や河川の水や魚や貝、それらは意思を持っていないけど、自分で餌を捕ったり、光を浴びたり水分や養分を取ることを、生まれながらに知っているのよね。私も千歌音も、その恩恵に預かって生きている。だからどんな小さな命にも感謝しないといけないわ」姫子の教え諭すような物言いに、千歌音は瞳を伏せて口をすぼめた。いつもはそんな姫子の言葉を、ただ黙ってしたがっているだけなのに。どうしても、きょうだけは、いまことのときは言い出さずにはおられない。「…ときどき思うの。その他の命を犠牲にしなきゃ成り立たない自分の身体なんて、なくなってしまえばいいんじゃないかって…」「…な、何を言うの、千歌音?!」姫子は驚いて、空いたほうの手で千歌音の片腕をきつく掴んでしまった。千歌音はそれでも動じなかった。相手の痛さ...神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾壱)

  • ★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十一話 更新★★
    2020/01/04 06:02
    ★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十一話 更新★★

    2020年も月と地球と太陽と元気があればそれでイイ!********神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十一話:ひと粒のいのち、もし死なずばを更新しました。姫子が、千歌音との握り手に力を篭めつつも、その頑な心を解きほぐすように、慰めの言葉をかける。「どんな小さな生命だって、いらない生命なんてないの。たったひと粒の米ですら、ひとしずくの露ですら、いのちを救うことがあるのだから。きっと何かのために存在していて、誰かのために生きているの。私は千歌音の生命が無駄だなんて思いたくない。貴女はわたしの一番のたいせつだから」(「創作小説ご案内」→「神無月の巫女二次創作小説(其の一)」→「禁色の圃(ほ)」)********神無月の巫女生誕15周年企画。いつか、どこかの、姫子と千歌音、前世の巫女ふたりのお話。神無月の巫女...★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十一話更新★★

  • ピンちゃん〈5〉 美しい勇気のための弁論
    2019/12/29 23:54
    ピンちゃん〈5〉 美しい勇気のための弁論

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ローズマリーの詩〈29〉 40年後に訊きたいこと
    2019/12/27 15:18
    ローズマリーの詩〈29〉 40年後に訊きたいこと

     連載   ローズマリーの詩   29 40年後に訊きたいこと破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。おじを千里さんの店に誘い出す少し遠めの散歩。40年ぶりに再会したかつての恋人同士は「どうして?」と声をそろえた。その「どうして?」の

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • 「オレの愛しい王子様」第19話 今日一日だけは私を
    2019/12/26 00:04
    「オレの愛しい王子様」第19話 今日一日だけは私を

    「お待たせしてごめんなさい」玄関で待っていると、桔梗があわてたように階段を駆け降りてきて謝罪した。だが、待ったといってもほんの数分程度のことだし、そもそも創真がすこし早く来てしまったのがいけないのだ。いまがちょうど約束の時間くらいだろう。「いえ……」むしろ焦らせてしまったことを申し訳なく思いながら返事をすると、それだけで桔梗は安堵したように表情をゆるめた。そしてあらためて創真と目を合わせてにっこりと微笑む。「おはよう、創真くん」「おはようございます」「来てくれてよかった」「約束したので」「そうね、約束だものね」彼女は含みのある言い方をして肩をすくめると、すぐに靴を履き始めた。それを待っているあいだ、何となく視線を感じたような気がして顔を上げたところ、翼が階段の中ほどに立ったままこちらを窺っていた。目が合うとふっ...「オレの愛しい王子様」第19話今日一日だけは私を

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • ピンちゃん〈4〉 孤独なレオタード
    2019/12/23 23:19
    ピンちゃん〈4〉 孤独なレオタード

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾)
    2019/12/23 03:45
    神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾)

    「ねえ、姫子。稲穂はなぜ、最初からそのかたちで生まれてこないの?」口にしてしまってから、なぜこんな馬鹿げた質問をしたものか、と思った。だが千歌音の真剣な眼差しとその疑問の口調に、姫子は掌に落としていた視線を愛しいものへと、優しく注いでくれた。瞳の光はいちだんと温かくなっていた。その優しさに縋りつきたくなった、紅い陽におびえてじわじわと膨らんでいる胸のなかの不安の塊を、預けてみたくなった。不安を押し広げると、ふしぎとまばたきが多くなる。「どうして、そんなことを聞くの?」「私は親の顔も知らないの。気がついたら自分がこの世にいて、勝手に育って、なんとなくお腹が空いたら適当に口にして、喉が渇いたら川の水を飲めばいい。そういうことは、誰かに言われなくても知っていたの。だから、自分はいつでもその体の思うところのままに、動い...神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(拾)

  • ★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十話 更新★★
    2019/12/23 03:45
    ★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十話 更新★★

    漫画「神無月の巫女」第十三話最終頁より(『月刊少年エース』2005年4月号)めでたく15周年!めざせ、祝20周年!月と地球と太陽と貴女がいればそれでイイ!********神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十話:最初からそのかたちで生まれてこないを更新しました。「ねえ、姫子。稲穂はなぜ、最初からそのかたちで生まれてこないの?」口にしてしまってから、なぜこんな馬鹿げた質問をしたものか、と思った。だが千歌音の真剣な眼差しとその疑問の口調に、姫子は掌に落としていた視線を愛しいものへと、優しく注いでくれた。瞳の光はいちだんと温かくなっていた。その優しさに縋りつきたくなった、紅い陽におびえてじわじわと膨らんでいる胸のなかの不安の塊を、預けてみたくなった。不安を押し広げると、ふしぎとまばたきが多くなる。(「創作小説...★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第十話更新★★

  • 神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(玖)
    2019/12/21 19:42
    神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(玖)

    近づいてきた姫子の胸元に、いつになく力強く引き寄せられて。全身にくまなく熱いものが駆け巡って。千歌音はいまそのあまりの接近に、我を忘れて、神かけて祈る聖職たるものがけっして犯してはならない過ちに走りそうになった。なぜ、そんな情動が閃いてしまったのかは分からない。そして、それはどうにもならない。姫子に抱きとめられているかぎり、そのあまりに高い胸の弾みは収まりそうにない。こんなにみっともない、あけすけなしるしを認められたくはないと思うがあまり、逃げ出したくもあったが、姫子は離してくれそうにもない。姫子は知っているのだろうか。私が貴女に対して抱いているものの、そのあまりの危うさと愚かしさについて。「姫子、私は…なんだかおかしい」「じっとして。だいじょうぶ。大人しくするの」恥ずかしさに胸に頭を俯けたままでいると、馬のた...神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」(玖)

  • ★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第九話 更新★★
    2019/12/21 19:42
    ★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第九話 更新★★

    今年で15周年!まだまだ愛される神無月の巫女月と地球と太陽と貴女がいればそれでイイ!********神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第九話:黒髪の巫女の障りを更新しました。近づいてきた姫子の胸元に、いつになく力強く引き寄せられて。全身にくまなく熱いものが駆け巡って。千歌音はいまそのあまりの接近に、我を忘れて、神かけて祈る聖職たるものがけっして犯してはならない過ちに走りそうになった。なぜ、そんな情動が閃いてしまったのかは分からない。そして、それはどうにもならない。姫子に抱きとめられているかぎり、そのあまりに高い胸の弾みは収まりそうにない。こんなにみっともない、あけすけなしるしを認められたくはないと思うがあまり、逃げ出したくもあったが、姫子は離してくれそうにもない。姫子は知っているのだろうか。私が貴女に対...★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第九話更新★★

  • 第19話 今日一日だけは私を
    2019/12/19 20:21
    第19話 今日一日だけは私を

    「お待たせしてごめんなさい」 玄関で待っていると、桔梗があわてたように階段を駆け降りてきて謝罪した。 だが、待ったといってもほんの数分程度のことだし、そもそも創真がすこし早く来てしまったのがいけないのだ。いまがちょうど約束の時間くらいだろう。「いえ……」 むしろ焦らせてしまったことを申し訳なく思いながら返事をすると、それだけで桔梗は安堵したように表情をゆるめた。そしてあらためて創真と目を合わせてにっ...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナル恋愛小説

カテゴリー一覧
商用