短編小説

短編小説
テーマ名
短編小説
テーマの詳細
短編小説の発表や、短編小説に関する記事(商業作品の読書感想文を除く)を書いた時は、お気軽にトラックバックしてくださいね。掌編小説でも構いません。ジャンルも不問です。 ※お知らせ ブログ村内小説ブログ掲示板で、ホラー小説をリレー形式で書いております。 参加閲覧等をご希望の方は、下記urlより御願いします。ブログ村内掲示板を通じて書き手同士のコミュニケーションが出来ればと考えております。 http://novel.blogmura.com/board/tpc/res_topic10_23966_0.html
テーマ投稿数
4,474件
参加メンバー
351人
管理人
☆かっこいい女への道☆komatsu1108管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「短編小説」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「短編小説 小説ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

短編小説の記事

1件〜50件

  • かわいすぎる友だち〈7〉早撃ち比べ
    2019/10/20 15:00
    かわいすぎる友だち〈7〉早撃ち比べ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • かわいすぎる友だち〈6〉距離0センチの友情
    2019/10/13 16:17
    かわいすぎる友だち〈6〉距離0センチの友情

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 創作物語・ミニマリストM子の憂鬱【前編】+【後編】
    2019/10/08 15:58
    創作物語・ミニマリストM子の憂鬱【前編】+【後編】

    創作物語・ミニマリストM子の憂鬱【前編】 【予告編】 創作物語・ミニマリストM子の憂鬱【後編】 創作物語・ミニマリストM子の憂鬱【前編】 捨てることに取り憑かれた女、ミニマリストM子。 ミニマリストM子には、あとひとつ捨てなければならないものがあった。それは捨てたくても捨てられなかったもの。 今まで、ありとあらゆるものを捨ててきた。親、兄弟、友達さえ捨てた。一度捨ててみたいけど、まだ実現していないのが、恋人を捨てること。そして、結婚したら、旦那を捨ててみたいと思っていた。 いままで一度も彼氏がいたことがないミニマリストM子。ミニマリストM子には大事にしてきたものがあった。それを捨てるときは愛す…

    hoozukireiko

    ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

  • かわいすぎる友だち〈5〉許されざる関係
    2019/10/08 00:13
    かわいすぎる友だち〈5〉許されざる関係

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • かわいすぎる友だち〈4〉アンドロメダを探して
    2019/10/01 23:51
    かわいすぎる友だち〈4〉アンドロメダを探して

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 創作物語・ミニマリストM子の憂鬱【前編】
    2019/10/01 11:06
    創作物語・ミニマリストM子の憂鬱【前編】

    創作物語・ミニマリストM子の憂鬱【前編】 捨てることに取り憑かれた女、ミニマリストM子。 ミニマリストM子には、あとひとつ捨てなければならないものがあった。それは捨てたくても捨てられなかったもの。 今まで、ありとあらゆるものを捨ててきた。親、兄弟、友達さえ捨てた。一度捨ててみたいけど、まだ実現していないのが、恋人を捨てること。そして、結婚したら、旦那を捨ててみたいと思っていた。 いままで一度も彼氏がいたことがないミニマリストM子。ミニマリストM子には大事にしてきたものがあった。それを捨てるときは愛する人が現れたときだと思って40年間生きてきた。いや、40年というのは、正確に言うと違う。友達が1…

    hoozukireiko

    ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

  • ローズマリーの詩〈26〉 就職する青銅の騎士
    2019/09/28 14:02
    ローズマリーの詩〈26〉 就職する青銅の騎士

     連載   ローズマリーの詩   26 就職する青銅の騎士破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。一聡史が就職すると言う。通信社の海外特派員になってアフリカに派遣されることもあるだろうという。「待っててくれるか?」それは、聡史流の

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • 【小説】第11話・ミスターM氏の追憶③|Hatena Blogger 銀河鉄道の夜
    2019/09/26 23:39
    【小説】第11話・ミスターM氏の追憶③|Hatena Blogger 銀河鉄道の夜

    またまた、②から間があいてしまいました。忘れていたわけではないのですが、忘れていました。 hoozukireiko.hatenablog.com hoozukireiko.hatenablog.com 第11話・ミスターM氏の追憶③ ミスター M氏とれいこは幸せな結婚生活を送っていた。 しかし、れいこには秘密があった。 ミスターM氏と再会したとき、れいこには夫がいた。 夫がいる限りミスター M 氏と結ばれることはなかった。 れいこの結婚は親同士が決めたもので、決して幸せな結婚ではなかった。そして、子供はいなかった。れいこの夫が不能だったからである。にもかかわらず、夫の束縛はひどく、仕事以外で外…

    hoozukireiko

    ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

  • かわいすぎる友だち〈3〉皮むき遊戯
    2019/09/24 23:33
    かわいすぎる友だち〈3〉皮むき遊戯

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • かわいすぎる友だち〈2〉「 本較べ」と「裸較べ」
    2019/09/17 21:14
    かわいすぎる友だち〈2〉「 本較べ」と「裸較べ」

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • かわいすぎる友だち〈1〉 青いレモンの汗
    2019/09/11 20:50
    かわいすぎる友だち〈1〉 青いレモンの汗

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 【小説】第10話・ミスターM氏の追憶②|Hatena Blogger 銀河鉄道の夜
    2019/09/10 08:21
    【小説】第10話・ミスターM氏の追憶②|Hatena Blogger 銀河鉄道の夜

    ひさびさに小説を書きました。 ①からずいぶん日にちが経ってしまいました。 hoozukireiko.hatenablog.com 第9話 ミスターM氏の追憶② 俺がジョバンニ号に乗るのは3回目だ。 はじめて乗ったとき、俺は30歳だった。 俺は10歳の少年に戻ってやり残したこと、 そう 彼女との再会を果たし、彼女の名前を知った。 そのとき持ち帰った彼女--れいこのハンカチが原因で、地球に着くと俺は70歳に なっていた。 70歳になった俺は、もう一度ジョバンニ号に乗って 30歳の自分に戻るはずだったが 急激な老化で俺の脳は痴呆症を発症し、自分が誰であるかもわからなくなり、ジョバンニ号に乗ることすら…

    hoozukireiko

    ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

  • 聖域と神
    2019/09/08 16:06
    聖域と神

    20190206 『昆虫のカプセルトイ 7』 更新いたしました。

  • いけない診察室〈5〉 射精するヴァギナ
    2019/09/05 23:25
    いけない診察室〈5〉 射精するヴァギナ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 歴史チップス2019年9月号揉消味
    2019/09/02 14:44
    歴史チップス2019年9月号揉消味

    ━━━┃━┃━┃━━━━━━━━━━━━┃━┃━┃━━━★◇☆☆★◇☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆◇☆◇★◇☆☆◇★◇☆  〜 月刊・歴史チ...

    桜田史弥

    歴史チップス新聞「REXXXXXI(れきっっっっしー)」

  • いけない診察室〈4〉 歯科衛生士を診察する
    2019/08/30 23:34
    いけない診察室〈4〉 歯科衛生士を診察する

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 【小説】第5話 ミスターM氏の帰還・前編 | Hatena Blogger 銀河鉄道の夜
    2019/08/29 21:25
    【小説】第5話 ミスターM氏の帰還・前編 | Hatena Blogger 銀河鉄道の夜

    Hatena Blogger 銀河鉄道の夜 hoozukireiko.hatenablog.com i-shizukichi.hatenablog.com 第4話の続きの話になります。 登場人物 機関士・・・行入(ゆきいり)男 車掌 ・・・桔梗(ききょう)女 乗客 ・・・ミスターM氏 第9話その1 ミスターM氏の帰還 ジョバンニ号の出発時刻まであと1分にせまっていた。 ミスターM氏はこない。 東京駅最深部にある銀河鉄道のプラットホームで車掌の桔梗は待っていた。 またか――桔梗は思った。 ミスターM氏にはジョバンニ号の調整に狂いが生じたと説明したが、実際はなぜそのようなことが発生しているか、解明…

    hoozukireiko

    ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

  • 【小説】第6話 ミスターM氏の帰還・後編 | Hatena Blogger 銀河鉄道の夜
    2019/08/29 21:25
    【小説】第6話 ミスターM氏の帰還・後編 | Hatena Blogger 銀河鉄道の夜

    Hatena Blogger 銀河鉄道の夜第5話の続きです。 hoozukireiko.hatenablog.com Hatena Blogger 銀河鉄道の夜 第6話 ミスターM氏の帰還・後編 ご寵愛を、ご寵愛を、わしにもご寵愛を・・・ 奄美大島の山奥に、太鼓の音と老人たちのしわがれた声が響く。 鬼灯様と呼ばれる女性の周りには、十数人の高齢者がひざまずき、両手を掲げて両てのひらに何かの植物の葉をのせてもらっている。 そのなかに、70歳のミスターM氏もいた。 植物を乗せてもらった高齢者は、「おおおおおお」と喜びの雄たけびをあげ、それをむしゃむしゃと食べ始めた。そして、恍惚の表情で「ありがたきし…

    hoozukireiko

    ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

  • ローズマリーの詩〈25〉 聖母子像に秘められた想い
    2019/08/28 20:00
    ローズマリーの詩〈25〉 聖母子像に秘められた想い

     連載   ローズマリーの詩   25 聖母子像に秘められた想い破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。きょうのこと、おじさんに話すの?帰ろうとする私に、千里さんが訊いてきた。私は迷っていた。ほんとうのことを言ってしまうと、おじの

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • いけない診察室〈3〉 「不適切」な手
    2019/08/25 01:11
    いけない診察室〈3〉 「不適切」な手

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 【小説】Hatena Blogger 銀河鉄道の夜 第4話
    2019/08/24 11:39
    【小説】Hatena Blogger 銀河鉄道の夜 第4話

    なかなかすすみません、銀河鉄道の夜。 ミスターM氏のお話がさきにすすんじゃって。 hoozukireiko.hatenablog.com このお話の続きはこちらです。すごく面白いです。 SFファン必見。 創作物語・お母さんの冷たい手 - へのへのもへじ・破 で、やっと書きました。銀河鉄道のお話第4話。 ちょとずつ書いてはいたんですが、そんなに面白くない。 続きに期待しましょう。 i-shizukichi.hatenablog.com Hatena Blogger 銀河鉄道の夜 第4話・あなたが行きたい過去にいく~銀河鉄道1泊2日の旅・最少催行人数1名~ 男はデッキに立ち車窓の外を流れる宝石をち…

    hoozukireiko

    ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

  • いけない診察室〈2〉 指と舌のエロス
    2019/08/18 15:00
    いけない診察室〈2〉 指と舌のエロス

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 創作物語・ミスターM氏の婚活【後編】
    2019/08/17 09:06
    創作物語・ミスターM氏の婚活【後編】

    創作物語・ミスターM氏の婚活【後編】 前編がまだの方は前編からどうぞ hoozukireiko.hatenablog.com 昨日の続きです。 勤めている本社ビルのトイレ清掃にきている女性にひとめぼれしたのだ。 トイレ掃除はおばちゃんがするものを思い込んでいたし、じっくり女性を見るなんてことはしたことがなかった。3秒でも女性を凝視したら、セクハラととられかねない。 しかし、ちらっと見ただけでミスターM氏はその女性にダイヤの原石のような輝きを感じてしまった。後ろで縛った髪をほどき、帽子をとれば、美しい女性になる。 また、なぜこんな美しい女性がトイレ掃除をしているのか、不思議だった。 そのこともギ…

    hoozukireiko

    ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

  • 創作物語・ミスターM氏の婚活【前編】
    2019/08/17 09:06
    創作物語・ミスターM氏の婚活【前編】

    眠れない夜、深夜中の深夜に、布団の中で、頭の中で、作った小説がありました。 何カ月も前の話です。 朝起きて、何かを忘れたような気はしていました。 それが、帰省中、お見舞いで病院に行き、そこのトイレに入ったとき、突如思い出したのです。私は二度と忘れないように、車の中で魁太郎さんが教えてくれたグーグルキープに書き込みました。 そのお話がもとになって、ひとつのお話が出来上がりました。 主人公は、ミスターM氏。 へのへのもへじ氏が猛暑の中で書かれた創作物語の登場人物がM氏です。 私が、その後のM氏が心配とブコメに書いたら、 へのへのもへじ氏が続きを書いては?とおっしゃったので書きました。勝手に書いたの…

    hoozukireiko

    ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

  • ローズマリーの詩〈24〉 子ども嫌い
    2019/08/11 15:54
    ローズマリーの詩〈24〉 子ども嫌い

     連載   ローズマリーの詩   24 子ども嫌い破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。かつて愛し合ったおじと千里さん。しかし、ふたりは結婚しなかった。「どうして?」と問う私に、千里さんが重い口を開いた。おじは、女としてどうして

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • いけない診察室〈1〉 歯科衛生士はなぜ美人に見えるのか?
    2019/08/10 22:57
    いけない診察室〈1〉 歯科衛生士はなぜ美人に見えるのか?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 歴史チップス2019年8月号放火味
    2019/08/07 13:34
    歴史チップス2019年8月号放火味

    ━━━┃━┃━┃━━━━━━━━━━━━┃━┃━┃━━━★◇☆☆★◇☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆◇☆◇★◇☆☆◇★◇☆  〜 月刊・歴史チ...

    桜田史弥

    歴史チップス新聞「REXXXXXI(れきっっっっしー)」

  • ポーラに忘れな草〈終章〉 フォゲット・ミー・ノット
    2019/08/05 00:33
    ポーラに忘れな草〈終章〉 フォゲット・ミー・ノット

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 短篇小説「なにがなんだか飛翔体」
    2019/08/03 15:11
    短篇小説「なにがなんだか飛翔体」

    隣国から正体不明の飛翔体が発射されたまさにそのとき、前日のフットサルで起きたアクシデントにより負傷体となった翔平は、強くひねった右の足首体が発する激しい痛みのせいで、予定より一時間も早く起床体となった。 だが足首体が石膏体によりすっかり固定体となっていることを思考体に入れれば、今日はいつもよりも早めに木造体の建築体であるところの多面体を出るべきであるとちょうど考えてもいた。 そして鉄道体が所有する建造体から、電気体による駆動体であるキハやらモハやらと楷書体で書き込まれた直方体の移動体へと、すみやかに乗り込んでひとりの乗客体となりたいところだ。 しかし医療体の判断により装着された石膏体のせいで、…

    井上智公

    泣きながら一気に書きました

  • ポーラに忘れな草〈10〉 離れがたい唇
    2019/07/28 23:56
    ポーラに忘れな草〈10〉 離れがたい唇

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ポーラに忘れな草〈9〉 彼女の制服の匂い
    2019/07/22 13:42
    ポーラに忘れな草〈9〉 彼女の制服の匂い

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 続・魂のオレっ!
    2019/07/14 18:24
    続・魂のオレっ!

    前回までのあらすじっ! 昔ながらの手口しか認めない、折野佐木助(おれの さぎすけ)の元で、オレオレ詐欺を働く破天夫(はてお) 連日詐欺を見破られ、心がオレかけていたある日、『オレオレ』と呼びかけた相手の口をついて出た言葉は『まさか破天夫かい?』という驚きのものだった。 電話の向こうにいるのは、果たして破天夫が幼い頃生き別れた母親なのか? それとも… ※前回のお話はこちら↓ www.xn--btr663e.xyz 続・魂のオレっ! 「母さん!オレだよ!破天夫だよ!ずっと昔に生き別れた破天夫だよ!」 「え?…まさか、本当に破天夫なの?…いいえ、騙されないわ。いつか破天夫と暮らすためにとコツコツ貯め…

    味玉

    味玉のシングルファーザー生活♬

  • ポーラに忘れな草〈8〉 早めのサンタクロース
    2019/07/13 23:30
    ポーラに忘れな草〈8〉 早めのサンタクロース

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 魂のオレっ!
    2019/07/10 09:31
    魂のオレっ!

    魂のオレっ! 「もしもしオレだけど?」 「へぁ?…どちらさんですか?」 「やだなぁ母さん、オレだよ、オレオレ」 「ありゃ?もしかしてヨウスケかい?久しぶりじゃないの…どうしたの?」 「そ、そうだよ!ヨウスケだよ!いや、実はさ…交通事故を起こしちゃって、今すぐ示談金を払わないと大変なことになるんだよ」 上手く息子になりすませた!と意気込んだのだが… 「はい!残念でした。ウチにはヨウスケなんて子はいませ〜ん。警察に通報しま〜す」 ガチャっ!ツー…ツー… 破天夫(はてお)は、慌てて電話を切り、この日何度目になるか分からないため息をついた。 ハァ… 今日もダメだった… 時計の針は午後2時を回った。 銀…

    味玉

    味玉のシングルファーザー生活♬

  • 小説を書きました。「遺伝子検定」最新作です!
    2019/07/09 19:05
    小説を書きました。「遺伝子検定」最新作です!

    // 気になった隣の記事、全部読んどいてよかった! hoozukireiko.hatenablog.com 読んだから小説が1本できました。 婚活男子のお話。 冒頭は 大手結婚相談所に登録するために俺は遺伝子検定を受けた。 この大手結婚相談所は、男性は、年収1000万以上に限られている。 ただし、例外があって、イケメンは500万以上でも可能となっている。 イケメンといっても見た目がよければいいという単純な問題ではない。 顔でオッケーなら、整形すればよい。 続きはこちら↓ https://ncode.syosetu.com/n4518fp/ //

    hoozukireiko

    ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

  • 落選小説に日の目を6「ごんちゃんと松井さん」
    2019/07/09 19:05
    落選小説に日の目を6「ごんちゃんと松井さん」

    小説を書いています。 ジャンルはいろいろです。 今回は、過去に書いた童話です。 子供の頃の体験がもとになっています。 「ごんちゃんと松井さん」 あらすじ 知らない土地に引っ越してきて初めてできたお友達は、ごんちゃんと松井さんでした。 冒頭は このまちに引越してきて、初めてできた友達は、ごんちゃんと松井さんでした。 新しい家は、前にすんでいたところより、ずいぶんと田舎でした。 続きはこちら↓ https://ncode.syosetu.com/n9614fl/ 過去の童話作品はこちら 「まいちゃんの消しゴム」↓ hoozukireiko.hatenablog.com 童話「ナンバーワンよりオンリ…

    hoozukireiko

    ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

  • 短篇小説「ABCマートの店内でだけ流れてるラジオ」
    2019/07/08 15:46
    短篇小説「ABCマートの店内でだけ流れてるラジオ」

    強く細かな雨がノイズのように降り注ぐ平日の昼下がり。差した形跡のない白い粉を吹いたビニール傘を手に、濡れそぼった姿で我がオフィスの会議室に現れた自称23歳の女は、面接官である私の目の前で、恐るべき志望動機を語ったのであった。「《ABCマートの店内でだけ流れてるラジオ》番組ってあるじゃないですか?」 聴取率30%台の番組を語るようなその自信にあふれた声のトーンに、私は「ですね」としか言えなかった。「わたし、あの《ABCマートの店内でだけ流れてるラジオ》のパーソナリティーになりたいんです。ここでなれますか?」 たしかに、当社はアナウンサーが多数所属する芸能事務所であり、私はその採用担当者である。そ…

    井上智公

    泣きながら一気に書きました

  • ポーラに忘れな草〈7〉 心のドアをノックして
    2019/07/07 15:19
    ポーラに忘れな草〈7〉 心のドアをノックして

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 歴史チップス2019年7月号引籠味
    2019/07/07 13:23
    歴史チップス2019年7月号引籠味

    ━━━┃━┃━┃━━━━━━━━━━━━┃━┃━┃━━━★◇☆☆★◇☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆◇☆◇★◇☆☆◇★◇☆  〜 月刊・歴史チ...

    桜田史弥

    歴史チップス新聞「REXXXXXI(れきっっっっしー)」

  • ローズマリーの詩〈23〉 写真も残ってない男
    2019/07/05 11:07
    ローズマリーの詩〈23〉 写真も残ってない男

     連載   ローズマリーの詩   23 写真も残ってない男破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。千里さんの部屋は「千の丘」の上階にあった。私と千里さん、女ふたりですき焼きを囲む幸せな食卓。そこにもうひとり、いてほしい人がいた。そ

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • 短篇小説「夢のまた夢のまた夢」
    2019/07/05 10:46
    短篇小説「夢のまた夢のまた夢」

    目が覚めると僕はプロ野球選手になっていた。これは僕が生まれてはじめて抱いた夢だ。寝て見る夢ではなく、起きて抱く夢だ。だからこれは夢の中の話ではなく、外の話ということになる。どちらが現実かなんて、取るに足らないことだろう。 しかしプロ野球選手の僕は、引退後に生き甲斐を失い、酒びたりの毎日を送ることとなった。毎日が無力感に溢れていた。子供のころ、引退後のことまで夢に見ることを忘れたからだ。こんなことならば、第二の人生まで計画的にしっかり夢に見ておくべきだった。だが夢に計算など似合わない。ひとり酒を飲んで前後不覚で眠る日々を続けるうち、再び目覚めの時が訪れた。 目が覚めると僕はパイロットになっていた…

    井上智公

    泣きながら一気に書きました

  • 【当ブログへの入口】ウェルカム短篇小説おすすめ5選【もしかするとそのまま出口】
    2019/07/05 10:46
    【当ブログへの入口】ウェルカム短篇小説おすすめ5選【もしかするとそのまま出口】

    久しぶりに長編小説を書こうと思っていて、何かネタになるものはないかという浅ましい思いで、当ブログに書いた自作短篇小説を珍しく読み返してみたりしている。本来自分が書いたものを読み直すのは好きじゃないのだが、改めて読んでみるとまったく身に覚えのないフレーズや展開が随所に出てきて興味深い。なので今日は、このブログを最近訪れるようになってくれた読者の方々への入門編として、また以前から訪れてはいるもののそんなにちゃんと読んでいない方々へ向けて(いやブログとは、だいたいそのようなものだと思ってます)、これまでに書いた短篇小説の中から、なんとなく思い浮かんだおすすめの5作を、今回の読み直しで印象に残った身に…

    井上智公

    泣きながら一気に書きました

  • ポーラに忘れな草〈6〉 坊ちゃん、泳ぐべからず
    2019/07/01 13:10
    ポーラに忘れな草〈6〉 坊ちゃん、泳ぐべからず

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 【小説】【アニメ】「かえるくん、東京を救う」を、ピングドラムと共に【ネタバレ】
    2019/06/27 06:16
    【小説】【アニメ】「かえるくん、東京を救う」を、ピングドラムと共に【ネタバレ】

    中央図書館そらの穴分室で、陽鞠は「カエルくん、東京を救う」という本を探す。広大な図書館の中を、陽鞠は本のタイトルをなぞりながら進む。カエルくん、オーラ姫を救う…

    とく子

    とく子さんの読書録。

  • 【小説】神の子どもたちはみな踊る【短編集】【村上春樹】
    2019/06/27 06:16
    【小説】神の子どもたちはみな踊る【短編集】【村上春樹】

    飲んでも全然眠れます。みんなの回答を見る ところでカフェインって目を覚ますというより入眠を阻害するような作用らしいね。それって眠れないだけで結局眠いんじゃ………

    とく子

    とく子さんの読書録。

  • ポーラに忘れな草〈5〉 忍び声の夜
    2019/06/25 20:12
    ポーラに忘れな草〈5〉 忍び声の夜

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • ローズマリーの詩〈22〉千里さんのご招待
    2019/06/20 12:26
    ローズマリーの詩〈22〉千里さんのご招待

     連載   ローズマリーの詩   22 千里さんのご招待破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。聡史は会えば私の体を求め、アフリカの臭いのする精液を私の体にほとばしらせた。子どもができたらどうする?私の問いに聡史から答えはなかった

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • ポーラに忘れな草〈4〉 デュエットを奪った男
    2019/06/19 16:15
    ポーラに忘れな草〈4〉 デュエットを奪った男

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    長住哲雄

    不純愛講座 by 長住哲雄

  • 小説「生まれて初めてのファンレター2」を書きました。
    2019/06/08 19:49
    小説「生まれて初めてのファンレター2」を書きました。

    こんにちは。 ときどき小説を書いています。 一作目「生まれて初めてのファンレター」をまだ読んでない方は こちらから。https://ncode.syosetu.com/n5145fn/ 冒頭はこんな感じ ネット上で惚れてしまった人がいます。 その方は手がきれいなのです。 年齢はわかりませんが、きっと私よりひとまわり以上年下です。 是非、一作目から読んでください。 「生まれて初めてのファンレター2」はこちらから。https://ncode.syosetu.com/n9612fn/ 冒頭は・・・ 俺は、ガンプラオタクだ。 ガンプラとはガンダムのプラモデルのこと。 中学生のときガンダムにはまり、以来…

    hoozukireiko

    ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

  • ローズマリーの詩〈21〉 そのハーブは避妊の使者
    2019/06/05 17:17
    ローズマリーの詩〈21〉 そのハーブは避妊の使者

     連載   ローズマリーの詩   21 そのハーブは避妊の使者破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。私は、かつてあなたを愛した男、牧原哲司の姪っ子です。「千の丘」の真坂千里に告白した私は、「おじが後悔している」ことを彼女に告げた

    TETSUO 長住

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

カテゴリー一覧
商用