searchカテゴリー選択
chevron_left

「小説」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

ポエム・エッセイ・コラム・短編小説

THEME help
ポエム・エッセイ・コラム・短編小説
テーマ名
ポエム・エッセイ・コラム・短編小説
テーマの詳細
現実と創作をミックスした独自の見解・世界観を作り上げます。読み手の想像を掻き立てる「言葉のトラップ」を楽しんでください。
テーマ投稿数
47件
参加メンバー
9人
管理人
千尋管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「ポエム・エッセイ・コラム・短編小説」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「ポエム・エッセイ・コラム・短編小説 小説ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

ポエム・エッセイ・コラム・短編小説の記事

1件〜100件

  • ショートショート作品 「人工衛星 神の光」
    2022/02/13 00:15
    ショートショート作品 「人工衛星 神の光」

    物理学者であったネヌ博士はある日、神の光と同じものを人工で造る事が出来るのではないかと考えてみた。特殊な光の電磁波装置を開発して自分にその電磁波をあてれば光の存在になれるかも知れな...

  • 「イエス・バット(yes but)法」で夫婦仲・カップル仲が良くなるんです!
    2021/09/18 17:44
    「イエス・バット(yes but)法」で夫婦仲・カップル仲が良くなるんです!

    Blue あなたとわたしの本 247 ご夫婦のお話をよく聞かせていただきました。 一時期、そんな機会が多くありました。 「ケンカが絶えない」と、みな仰るのです。 「実はこうこう、こんな感じでね」とご主人が言われます。 すると間髪をいれずに奥さまが、 「あなた違うでしょ! こうこうこうでしょ!」と返される。 「お前、ちがうだろ! こうだろう!!」 「いぃィイー! あなたこそ間違ってるわー!!」 そして声をそろえてこう聞かれます。 「どうしてケンカが絶えないんでしょう?」 ── そら絶えんやろと。 少し大げさに書きましたが、ほんとこんな感じなんですよ。 「イエス・バット法」は、営業シーンでよく使わ…

  • 諸君、狂いたまえ!【重要なお知らせ】
    2021/09/12 10:54
  • 散文詩【アンパンマンとバイキンマン】
    2021/05/31 10:04
    散文詩【アンパンマンとバイキンマン】

    でも、俺にとってのバイキンマンであるところのあの癇癪親父が母親にとってのアンパンマンだったってんだから、全く、世の中うまくできてるなと子供ながらに感心したもんだよ…散文詩【アンパンマンとバイキンマン】

  • 散文詩【白蝶貝のロザリオ】
    2021/05/31 10:04
    散文詩【白蝶貝のロザリオ】

    ロザリオの祈りを一緒にしていた彼女に振られたなんていう話をしたら、人は僕を間の抜けた夢見がちな男だと思うだろう。否定はしない。事は唐突に起こった。彼女は言った…。散文詩【白蝶貝のロザリオ】

  • 散文詩【小さな神社が撤去されて更地になっていた】
    2021/05/31 10:04
  • 散文詩【オルハ】
    2021/05/31 10:04
    散文詩【オルハ】

    たったひとつの呪文のような言葉が俺にとって日常から非日常への鍵となっている…散文詩【オルハ】

  • ドラッグってやったことありますか?
    2021/04/15 18:15
    ドラッグってやったことありますか?

    Blue あなたとわたしの本 244 「智(とも)さん、ドラッグってやったことありますか?」 生きているといろんなことを聞かれることもあるようで、初対面の人にそんなことを尋ねられました。去年の12月の話です。 別にその人は「ヤクの売人」であるとか、「筋金入りのジャンキー」だとかそんなことはなく、グラフィックデザイナーをされている方です。まだ二十代の後半。デザイナーだけで生活されています。若いのに大したものだなぁと思いました。 まぁ僕は、たいていの人を見て、「大したものだなぁ」と感心するほうなのですが。なんて言うかさ、ほとんどの人の〝成功の定義〟って高すぎるような気もするのですよ。「こうなったら…

  • もっとフィクションを! 僕たちには〝ウソ〟が必要なんだよ。
    2021/02/02 12:23
    もっとフィクションを! 僕たちには〝ウソ〟が必要なんだよ。

    Blue あなたとわたしの本 243 けっこう浮世離れした生き方をしている人間だから、「現実的になれ!」、「おまえは社会を分かっていない!」、みたいなことをずいぶんと言われてきた。まぁ、大して分かりたいとも思わないんだけどね。とくに「社会」なんてものは。あっち向いてこっち向いてるあいだに様変わりしてしまうものでもあるし。「現実」、なんてものはそもそも誰も知らないし。 なに? 「現実」って? じつは誰も知らないってことを知らない人間がいるだけでしょ、って。 ── だから大切なことは、どこだか分からないココで、どうやって可能なかぎりラクに、楽しく生きていくかってこと。僕にとってはね。関心のあるのは…

  • 小雨
    2021/01/10 22:36
    小雨

    どうしてだろう・・・街の活気がさっぱり ! ・商人はうつむいて ・・人々は部屋に閉じこもり ・・・カーテンの隙間から虚ろな瞳! どうしてだろう・・・なんだか急に寒くなってきて ・おもむろに、やがて駆け足で ・・家に帰り、部屋に駆け込んで ・・・慎重に部屋の鍵をかけてみる どうしてだろう・・・カーテンの隙間から外の様子を見てみると ・商人は店を閉じ ・・人々は部屋の明かりを消して ・・・幼子のように寝入っている どうしてだろう・・・なんだか急に眠くなっちゃって ・カーテンも閉めずにベットに座り ・・横になり、目を閉じると ・・・小雨の音が・・・優しく・・・響く・・・

  • inkrichあなたの作品をもっと発信しませんか。素晴らしい作品はホームページに掲載を。インクリッチで簡単作成
  • 人生に「スリーノックダウン制」はない
    2020/11/28 15:07
    人生に「スリーノックダウン制」はない

    Blue あなたとわたしの本 241 夢を追い続ける、ってことはさ、 別にスゴいことでもなんでもなくって、僕たちの場合、 「まとも」と呼ばれる生き方に、どうしても 馴染み切れないから、 違和感を覚えるから、 身も心も神経も〝もたない〟から── むなしく感じたりなんかもしてしまうから── なんとか自分を助けるために、 自らの命を救うために、 居場所を手に入れようと、 自分にとっての現実=夢、を掴もうと、 がんばってるところはあると思うよ。 「叶ったらいいな」じゃなくて、 叶わなかったら死ぬしかないっていうかさぁ。 でも死ぬ気はないっていうさぁ。 自分の居場所に、 24時間 居たいんだよなぁ。 あ…

  • あなたがいちばん慰めてほしいとき、
    2020/09/20 20:16
    あなたがいちばん慰めてほしいとき、

    Blue あなたとわたしの本 240 あなたがいちばん 慰めてほしいとき、 人って 言葉をかけてくれないでしょ? こんなときくらい 何か言ってくれてもいいじゃないかと さすがのあなたも、思う。 でもね、 優しさとか 思いやりって、 けっきょくは、 想像力なんです。 根本である 想像力が働かないと 人の傷みってリアルに わからないの。 まずは、それがひとつ。 大半の人は、あなたほど、 想像力に恵まれていない、ってこと。 ふたつ目は、 あなたほど、人は、 気持ちを言語化できないんです。 よって当然、 言葉にして伝えることも、不得意。 そういうわけで── あなたが慰めの言葉を 珍しく求めているときで…

  • 洗濯物を干すのが好きだ
    2020/09/11 18:31
    洗濯物を干すのが好きだ

    エッセイ Blue 32 洗濯物を干すのが好きです。なんて言うか、忘我になれると言うんですか? いや、忘我になるのとは違うな。 納得のいく〝干し〟を完成させること以外、考えなくなるんです。洗濯物を干しながら、「生きる意味とは何だ?」とかって、洗いあがった衣類を入れたカゴをなぎ倒しながらそのへんをのたうち回って苦しむ人、あんまりいないじゃないですか? 思考が、洗濯物を干すこと、だけになります。これってちょっとした解放感。 それに僕、かなりキチンと干すんです。それは見事ですよ。 物干し竿にTシャツとかをぶら下げる間隔も定規で測ったようにピッタリです。洗濯バサミがいっぱい付いた四角いやつ、あるじゃな…

  • 文章の中で生きていられたらそれでいい
    2020/09/08 11:29
    文章の中で生きていられたらそれでいい

    つぶやき Blue 8 文章って変なものですよね。僕は文章が好きなことは間違いないし、焦がれているとも思うんだけど、「Blue あなたとわたしの本」なんてほとんどが自分自身に向かって書いていることであって、たまたま状況が一致し、自分と似たどこかの誰かが力を得てくれたらうれしいなと思ってるのも事実なんだけど、勇気づけられました、救われましたなんて実際に誰かが言ってくれたりすると、その人を騙してるような気もし、自己嫌悪に陥ったりもする。どうしてだろう? 本当に思ってることを言ってるのに。書いているはずなのに。でもそれが、文章ってものなのかもしれないなぁ。真実でも虚偽でもない。虚偽でもなく真実でもな…

  • 大いなる何かが、
    2020/09/08 11:29
    大いなる何かが、

    Blue あなたとわたしの本 224 人が生きていられる時間というのは、 ほんとうに束の間なんでしょうね。 あなたは何をするんだろう。 わたしは何ができるだろう。 遠い山なみが、 過ぎ去った時間となって 曇り空の底で沈黙してる。 僕はいま、大きな池を見渡せる あずまやにいます。 バッハのカンタータ第106番を イヤフォンで聴きながら、 とりとめもなく 文章を綴ってる。 そのノートが黄色く 明るく照らされてきたので、 顔をあげて空を見たら、 雲が割れ、 太陽が覗いていました。 池の水面も、 光でできた無数の小魚が跳ね回っているみたいに 輝きだします。 屋根のあるボートに乗った家族連れが、 はぜ返…

  • 人が生まれてくる意味を400字でまとめてみた。
    2020/09/04 17:09
    人が生まれてくる意味を400字でまとめてみた。

    Blue あなたとわたしの本 239 例えば あなたが壁画を描いていたとする。 長編小説でもいい。 完成まで 長い時間がかかる。 一日が終わり、 朝が来る。 何度も。 そう、何度も。 一日が終わるたび、 少しずつ、それは進む。 ── 今日は眠るとしよう。 翌日、あなたは目を覚ます。 さぁ、やろう。 続きをやろう。 自分は、やり遂げるんだ。 そして、また日が暮れる。 制作と並行して、 そのことの勉強にも あなたは余念がない。 理解は深まっている。 技術も増している。 一日が終わる。 また明日だ。 今日も、 自分は向上した。 翌日も目を覚ます。 さぁ、やろう。 新たな理解、 技術を持って始めよう。…

  • 最も明るい真夜中を歩く
    2020/09/04 17:09
    最も明るい真夜中を歩く

    Blue あなたとわたしの本 238 真夜中、 一人で散歩をするのが好きだ。 何時間も歩く。 足を交互に出すにしたがい、 そのまま 昇っていくような、 陶酔にも似た、 自由を感じる。 これ以上ないほど 一人になれる。 いや、違うな。 一人にはなれるのだが、 星々を散りばめた 夜空そのものに抱かれているような、 星空そのものを抱いているような、 不思議な 一体感も 覚えるんだ。 夜を 移動しながら、 あなたのことも想う。 同時代を生きる、 あらゆるの人のことを想う。 バラバラでいながら、 ひとつに繋がっているような、 もともとひとつだったような、 切なくも 温かい、 神秘的な感銘だ。 いまも 結…

  • 「インターネット無料マンション」って、いいかも?
    2020/07/27 19:10
    「インターネット無料マンション」って、いいかも?

    エッセイ Blue 31 引っ越し、完了いたしました。 たくさんの方に、「良いおうちが見つかりますように!」といったコメントをいただきました。心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。 まずまずのところへ移れましたよ。また京都にしたんです。いっそカナダにでも行っちまおうかとも思ったんですけど、「なんでカナダやねん」と思考の突っ込みが返ってきまして。「まぁ、そうやなぁ」と思い、また京都にしました。行動力、とんでもなく落ちてます。でもなんだかんだ住みやすいんですよね、京都って。たいていのものはありますし、どこへだって自転車で行けますでしょ? 人付き合いは── 独特のムズカシさはあるのか…

  • 物語は続く。光満ちる季節は来る。
    2020/07/27 19:10
    物語は続く。光満ちる季節は来る。

    Blue あなたとわたしの本 234 情報は大事。 我慢することも大切。 身を低くし、堪える時も。 より高く、 飛び上がるために。 正しいことを全く含んでいない「間違った意見」も少なければ、 間違ったことを全く含んでいない「正しい意見」も少ないよ。 自分自身で、 しっかり考える、ということ。 意図的に思考すること。 あなたが思考の主人だということをまず、 忘れないで。 ネガティブな情報を、 四六時中 無防備に 浴びすぎると、 心と体をかえって弱めちゃう。 「好き」、を手放さないこと。 その行為にたずさわっていれば、 満ち足りた気持ちになれるはず。 エネルギーが 湧いてくるのもわかるでしょ? 気…

  • こんなかーちゃんです。
    2020/07/18 09:27
    こんなかーちゃんです。

    息子っちが入浴中、ヤツのスマホに何か表示されてるのを発見~!! そりゃ、見ます。思いっきり見ます。どうやら職場のみなさんとのグループLINEみたい。そこで、「…

  • あなたが自分で「弱点」だと思っていたところこそ、
    2020/07/16 18:58
    あなたが自分で「弱点」だと思っていたところこそ、

    つぶやきBlue 14 あなたが嫌う、あなたの弱点、欠点、駄目だと思うところ、それこそがあなたの武器、長所、素晴らしいところ、魅力と捉えるべきところだ。僕もそんなふうに考え、今日を生きてる。爆発を繰り返す。反転するまで。すべてが歓びや、輝きに変わるまで。それを充実、って言うんだ。それを歓喜、って言うんだ。それを安らぎ、って言うんだ。それを自信、って言うんだ。あなたが自分で「弱点」だと思っていたところこそ、あなたをあなたとして在らしめる、必然・必要・ベストな「個性」なんだよ。魅力的な「個性」なんだよ。

  • 0コンマ4秒の線香花火
    2020/07/16 18:58
    0コンマ4秒の線香花火

    Blue あなたとわたしの本 235 「線香花火の国」に行ったことがあります。もう30年以上まえの話です。 それはただの線香花火ではなく、その花火たちは、0コンマ4秒しか発火することができないのです。そんな「線香花火の国」でした。 フード付きの白いマントの男性と並び、ガラスでできた高みにある部屋から僕は外を見ていた。僕たち以外、ほかには誰もいません。 純白の広大な敷地に、無数の線香花火が生えていました。火玉が上を向いたかたちです。閃光が確かにひらめいているのですが、0コンマ4秒のことです。見えるか見えないかの一瞬で燃え尽きてしまいます。火が消えてしまうとそれが下がり、同じ場所からまた伸びてきま…

  • 健康診断だぜぇ!
    2020/07/16 13:07
    健康診断だぜぇ!

    まいど( ̄^ ̄ゞ  DASHです。昨日はわんにゃんの年に一度の健康診断に行ってきました~( ^_^ ;)  わたしでももう数十年行ってないのにぃ。無料なのに行…

  • 七夕の願い事…
    2020/07/09 16:48
    七夕の願い事…

    今日は七夕。彦星と織姫が年に1回会えるというロマンチックな日♡♡  1年ぶりに会って2人はお互いのことをどう思うんだろう?「うわ、老けたな…」だなんて思わない…

  • 「宣言」 ~四コマストーリー~
    2020/07/04 10:13
    「宣言」 ~四コマストーリー~

    いつからか安定していることが全てになった。昨日と同じ今日、今日と同じ明日でよくなった。でも、パズルのピースを失くしたみたいにどこか満たされない。失くしたピース…

  • いらん仕事を増やした話 ~四コマストーリー~
    2020/07/04 10:13
    いらん仕事を増やした話 ~四コマストーリー~

    頭のネジのひとつ足りない男が言った。「なにか面白いことないかなぁ」頭のキレる女が真顔で答えた。「鏡見たら? 10分は笑えるわよ」男は素直に鏡を見た。そしてこう…

  • 「ありがとう」  四コマストーリー
    2020/07/04 10:13
    「ありがとう」 四コマストーリー

    奥さんは夕食後に冷凍のブルーベリーを食べた。指が紫色になった。奥さんのイタズラ心に火がついた。奥さんは旦那さんに「指をはさんでしまった。こんな色になってしまっ…

  • 割り勘…( ^_^ ;)
    2020/07/04 10:13
    割り勘…( ^_^ ;)

    娘っちがたまにお昼ご飯をごちそうしてくれるんです。こないだも出前をとってくれました♡♡20円足りないってことだったので、それだけわたしが出しました。で、「これ…

  • それぞれの物語
    2020/07/04 10:13
    それぞれの物語

    虹の色は7つどれひとつ欠けても虹とはいえない不必要な存在なんてない☆すなわちみんながそれぞれ「主役」ってことです。誰かの物語の脇役に徹していないで、自分の物語…

  • 妖精さんの話(絶対ウソ)
    2020/07/04 10:13
    妖精さんの話(絶対ウソ)

    負けたくないという思い輝きたいという願いもっと もっと もっと 強く持ち続けて 歩いていこう☆すぐになまけ心の誘惑に負けてしまいます。「今日のところは…」「ち…

  • 冴えない僕の恋 ~四コマストーリー~
    2020/07/04 10:12
    冴えない僕の恋 ~四コマストーリー~

    自分でいうのもなんだけど、僕は冴えない。イケメンでもないし、勉強ができるわけでもない。クラスでも目立たない、影の存在。そんな僕に彼女ができた。罰ゲームかドッキ…

  • 上機嫌でいられる、最も手っ取り早く 最も効果的で 最も哀しい方法。
    2020/06/19 16:32
    上機嫌でいられる、最も手っ取り早く 最も効果的で 最も哀しい方法。

    Blue あなたとわたしの本 236 一人でいるのが 好きなのは、 僕という人間はたいてい 機嫌がいい、からなんです。 機嫌のいい人と一緒にいると、 こちらも上機嫌でいられます。 僕自身と二人っきりでいると 僕は機嫌よくいられる。 僕という人間はたいてい 機嫌がいいですから。 そんな僕でもたまには人と過ごすこともあります。 そんなときももちろん 上機嫌でいてあげたいと思う。 愛、なんてものを定義するのは難しいし、 定義する必要もないのかもしれないし、 また何通りだって定義できるんだろうけど、 機嫌よく いま・いま・いま、にしっかり居る、っていうのも 愛、なんじゃないかって、思うよ。 だって、 …

  • 新生活、始める。── あるいは最良のものを受け取ることについて──
    2020/05/21 16:50
    新生活、始める。── あるいは最良のものを受け取ることについて──

    エッセイ Blue 30 また引越ししなきゃなんなくなっちゃってさ。 「夏、家にペンキを塗る」に書いた平家に5年とちょっと住んでいたんですけど── いまもまだ居るんですけど── ここに来ることになった理由っていうのはね、その前に借りてた一軒家を大家さんが「つぶして土地を売る」って言いだしてさ、それで越してきたんです。今回はね、いま借りてる平屋の大家さんが「つぶして土地を売る」って言いだしてさ、「またかーい!」みたいな。 こんなややこしい時世のときにややこしいことを言い出すなよとも思ったんだけど── まぁ、しょうがないじゃないですか? 土地も家も大家さんのものなんだしさ。ぐずぐず文句を言ってもし…

  • だから文学があるんじゃん。
    2019/10/09 16:20
    だから文学があるんじゃん。

    つぶやき Blue 13 自分の気持ちを 誰もわかってくれないって? ── たしかにね。 だけど、 だから、 文章があるんじゃん。 文学があるんじゃん。 音楽があるんじゃん、 芸術があるんじゃん。 あなたとわたしは、 ゆえに、 決して一人ぼっちにはならないんだよ。

  • ショートショート(再掲) ” 目 ”
    2019/10/03 22:26
    ショートショート(再掲) ” 目 ”

    道路を挟んだ家の寝たきりのおばあさんが今日も鈴を鳴らして、家族の方を呼んでいます。チリン・・・・チリン・・・・・ acworksさんによる写真ACからの写真 痰が絡んで苦しいらしく少し開いている窓から吸引の音がしています。ズウズ-・・ズ-・・・・・・・・。時々は家族の方がリハビリの一環なのか、”もしもし亀さん亀さんよ・・・・♪”他、童謡を一緒に歌わせているのが聞こえま...

  • ショートショート(再掲)お別れ・・・つづき・・・・。
    2019/10/02 12:37
    ショートショート(再掲)お別れ・・・つづき・・・・。

    ものすごい勢いで回転しながら下へ下へ吸い込まれていきます。ザア-・・こわい!!強く目をつぶる・・落ちて落ちて・・・そして、道路に自分は立っています・・すると遠くの道に人影が見えます・・・。あれ?かあさん?・・・追いかけます・・・待って!!待って!!・・あれ?・・・もう、見えない・・心臓が飛び出しそうに・・・なっても走ります・・待って・・!!・・待って!!・・息が出来ません!!苦しくて・・苦しくて・...

  • ショートショート・・・♪
    2019/09/29 19:38
    ショートショート・・・♪

    再掲してみました(^.^)”short-short-story 

  • 好きなことがあるあなたへ
    2019/09/10 14:13
    好きなことがあるあなたへ

    Blue あなたとわたしの本 229 先日、夜会に参加してきました。 あるテーマの講義を茶室で聴くイベントです。演目自体に特別の興味があったわけではないのですが、ご縁があって参会したのです。 その日の経験で、思ったことを綴ります。 いちばん印象に残ったのは、講師の方の情熱でした。そのテーマに対する勤勉さですね。 熱い。とにかく楽しそうに語られます。終わらないのです。予定時間をはるかにオーバーしていました。来られている人たちもやはり同好の士 といった感じで、活発に質問が飛び交います。講師は身ぶり手ぶりをまじえ、的確に答えられた。すごいなぁと思いましたよ。痛快でしたね。 その夜の帰り道、僕はこう再…

  • 新京極を歩く
    2019/09/10 14:13
    新京極を歩く

    Blue あなたとわたしの本 226 休日の新京極を歩くのが好きだ。 中国や韓国の人々で溢れ返っている。 東南アジアの人たち。 もちろん日本人も。 若者。家族連れ。修学旅行生。 欧米人のグループ。カップル。老夫婦。 何をしているのかわからない風体の人たちも、けっこう多い。 それぞれが、 てんでバラバラに、 かつ大きな川となって 流れている。 老若男女の川だ。 無国籍の流れ、 喜怒哀楽の水流となって、 うねっている。 極彩色の店々のあいだを、 喧騒の中を、 様々な言語の渦巻く中、 食べ物の匂いの舞う中、 男性の足音、 女性の足音、 群集が、 横幅をひろげ、せばめ、 追い抜き、交差し、 混じり合っ…

  • 森の奥の廃ホテルで
    2019/09/10 14:13
    森の奥の廃ホテルで

    Blue あなたとわたしの本 225 森の奥にある 閉鎖されたホテル、 その広いデッキに並ぶ テーブルセットの一つに 座っているのが、 好きだ。 机の中央から突き出てる 緑色の大きな パラソルは、 まだ綺麗なんだ。 あなたもいちど、 ここに来ないか? 椅子の背に深くもたれ、 言葉を使わないで お話ししない? 野の花の香りが ただよってくるんだ。 樹木はU字型に草原を 取り囲んでるの。 その上に広がる空の色が 移り変わっていくのを 眺めているんだよ。 風が梢を揺らす まどろむような 葉ずれを聞きながら。 ゆっくりと旋回する鳥の さえずりが、 そこに、溶けて。 二人、並んで 座っていようよ。 人の…

  • 麻布十番で薄幸の少女(きみちゃん)を思う:十番稲荷神社/きみちゃん像
    2019/03/02 07:12
    麻布十番で薄幸の少女(きみちゃん)を思う:十番稲荷神社/きみちゃん像

    前回の「麻布台から麻布十番に下る(散策)」では、江姫ゆかりの「西久保八幡神社」を訪れ、麻布台の大名屋敷跡にある「外務省飯倉公館」や「ロシア大使館」などを見てきました。今回は、「麻布台から麻布十番散策」の第3弾として、麻布台からの坂道を下って、麻布十番を訪れます。麻布十番には、童謡「赤い靴」のモデルとなった少女「きみちゃん」の像がありますので、薄幸の少女「きみちゃん」について書いてみたいと思います。...

  • http://blog.livedoor.jp/noapia/archives/2056466.html
    2018/01/02 03:02
    http://blog.livedoor.jp/noapia/archives/2056466.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

  • http://js418412.blog.fc2.com/blog-entry-543.html
    2015/05/14 21:11
    http://js418412.blog.fc2.com/blog-entry-543.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

  • http://js418412.blog.fc2.com/blog-entry-538.html
    2015/05/10 20:41
    http://js418412.blog.fc2.com/blog-entry-538.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

  • http://js418412.blog.fc2.com/blog-entry-535.html
    2015/05/06 17:17
    http://js418412.blog.fc2.com/blog-entry-535.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用