chevron_left

「小説」カテゴリーを選択しなおす

cancel

恋愛小説(オリジナル)

THEME help
恋愛小説(オリジナル)
テーマ名
恋愛小説(オリジナル)
テーマの詳細
オリジナル小説のなかでも「恋愛」をテーマに小説を書いている方、どうぞ参加してくださぃ。 幸せな恋愛。 可愛らしい恋愛。 切ない恋愛。 悲劇的な恋愛。 異常な恋愛。 なんでもOkです! 参加をお待ちしております♪
テーマ投稿数
11,585件
参加メンバー
313人
管理人
管理人募集中管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「恋愛小説(オリジナル)」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「恋愛小説(オリジナル) 小説ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

恋愛小説(オリジナル)の記事

1件〜100件

  • 049. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(9)
    2022/07/02 08:09
    049. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(9)

    ランチも半分くらい終えた頃には、スイーツネタも尽きかけていた。 パーティー中のトークタイムからここまで、ずいぶんお世話になった。 ありがとう、スイーツ。 次のネタはもちろん仕込み済みだ。 スイーツネタから自然な流れで、話題転換を図る。 「そういえば職場ではおやつを食べづらいって言ってましたけど、ネットショップの店員さんでしたっけ?」 「そうですよー」 「そのへん、あまり詳しくないんですけど、ネット専門のお店ですか?」 「うちは実店舗もあって、そこのネット部門です」 「あぁ、なるほど。だったらITにお強いんですね」 「実はそうでもなくて、周りの人たちに教わりながら、なんとか」 「その周りの人たち…

  • エッチの時に恥ずかしい…!と言うともっとしてこようとするのはなぜ?
    2022/06/30 08:56
    エッチの時に恥ずかしい…!と言うともっとしてこようとするのはなぜ?

    エッチの時に恥ずかしい…!と言うともっとしてこようとするのはなぜ?「やってはいけない」「ダメ」と言われるほどやってみたくなる『カリギュラ効果』が関係しています!

  • 048. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(8)
    2022/06/28 08:37
    048. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(8)

    一階ロビーの玄関手前でEさんを待つ。 パーティーが終わって帰っていく人に、これから参加するために入ってくる人。 人通りはそこそこある。 エレベータ―が着く度に、出てくる人々を観察して、それを5回ほど繰り返した後、Eさんが現れた。 こんにちは、も変なので、ただ笑顔をつくって彼女を迎える。 「えっと、どうしましょう。時間、大丈夫ですか?」 「あ、はい。大丈夫です」 「お昼過ぎですけど、ランチでも行きますか?」 「じゃあ軽いので」 彼女のリクエストに沿うよう、近場のカジュアルなイタリアン店に向かった。 席に着くと、おすすめパスタのサラダセットを2つ注文して、先に運ばれてきた飲み物に口をつける。 「後…

  • 自伝的創愛記〈44〉 赤面の疾走
    2022/06/25 21:32
    自伝的創愛記〈44〉 赤面の疾走

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 047. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(7)
    2022/06/23 10:55
    047. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(7)

    ……マジか? もう一度、画面を見直すが、間違いなくEさんとカップリングしている。 いいなアピールがなくて、一段飛びでのカップリング成立。 う~む。 Eさんにどんな心境の変化が起こったのだろう。 あるとすれば、僕からのいいなアピールを見て、その気になったとか。 あるいは、元々がいいなアピールをくれた人にカップル希望を出す主義なのかもしれない。 自分がいいなアピールを出した出さなかったにかかわらず…… 推論は尽きないが、ひとつ確かなのは、当然といえば当然だが、彼女もカップリングしたかったということだ。 一応、僕もその候補に入れてもらったらしく、多少なりとも縁があって今回カップリングした。 そんなと…

  • 自分で出来る浮気チェックはどうやるの?【こっそり自分で出来る浮気チェック!】
    2022/06/22 09:47
    自分で出来る浮気チェックはどうやるの?【こっそり自分で出来る浮気チェック!】

    旦那や彼氏が怪しいと「女の勘」が働いたときは、かなりの確率であなたの勘は当たっています。でも、「女の勘」だけでは、パートナーに言い寄ることはできませんよね。そんな時に、あなたならどうしますか?浮気・不倫の証拠を集めようとするでしょう。今回は

  •  留学難民・グエンの日々〈14〉 オレの胸を打つ手
    2022/06/18 23:07
     留学難民・グエンの日々〈14〉 オレの胸を打つ手

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 046. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(6)
    2022/06/18 07:41
    046. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(6)

    なにかまずったかな。 天を仰ぎたい気分だった。 いや、むしろ時間を巻き戻して、トークタイムをもう一度―― できるわけもなく、肩を落とすしかない。 楽しく会話して、盛り上がったはずなのに。 カップリング後の計画まで練っていた自分が恥ずかしく、恨めしい。 「それでは続いてカップル希望の提出をお願いします! カップリングしたからといって、それが直ちに交際を意味するわけではなく――」 すっかり当てがなくなってしまった僕は、虚しさを持て余してそのアナウンスを聞いていた。 いいなアピールをくれた人に送ってみようかな…… そんな邪心が芽生える。 忙しく画面をスクロールして、いいなアピールをくれた6人のプロフ…

  • 番外編 公爵家の次期当主は最愛の妻をエスコートしたい
    2022/06/16 16:24
    番外編 公爵家の次期当主は最愛の妻をエスコートしたい

     リチャードは支度部屋の扉を開けるなり息を飲んだ。 そこに盛装したシャーロットがいることはわかっていたはずなのに、それでも圧倒されてしまった。言葉をかけるどころか息をすることさえ忘れたまま、ただただじっと見入ってしまう。 まるで天から降臨したかのようだ。 淡いアイスグレーに星々のようなきらめきが鏤められた、ふんわりと豪奢なドレス。その胸元は大きく開き、いとけない彼女もいつもよりすこし艶やかに見える...

  • 自伝的創愛記〈43〉 初めてのレオタード
    2022/06/14 00:09
    自伝的創愛記〈43〉 初めてのレオタード

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • inkrichあなたの作品をもっと発信しませんか。素晴らしい作品はホームページに掲載を。インクリッチで簡単作成
  • 045. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(5)
    2022/06/12 07:24
    045. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(5)

    最初の個室に戻って、手早く隣の女性に挨拶を済ませると、タブレットに目を走らせた。 いいなアピール受付までの少しの時間を使って、Eさんのプロフィールを再確認するためだ。 カップリングして再会した後、どこかに移った場合に備えて、話題をストックしておく。 フフ、我ながら気の早いことだ。 自嘲に駆られはするが、実際問題として、彼女のデータを記憶しておけるのは今しかない。 プロフィールにしっかり書かれてあることを後からもう一度訊いてしまうと、時として大きな失点になる。 ネットショップ店員、あ、ランニングもやってて、お住まいは埼玉。出身地は…… 「お待たせしました! いいなアピールの送信をお願いします!」…

  • 大失恋から立ち直れないあなたには「自分磨き」が最適解!
    2022/06/08 08:56
    大失恋から立ち直れないあなたには「自分磨き」が最適解!

    大失恋こそ「自分磨き」するチャンスです!「自分磨き」をすることで自分に自信がついてきて、自然と人としての魅力もアップしてくるはずです。内面・外面ともに自分磨きにチャレンジしてみてください。

  • どうして浮気・不倫でのセックスは感じるの?
    2022/06/07 12:03
    どうして浮気・不倫でのセックスは感じるの?

    一度だけと、割り切ってセックスしたのに、あまりにも気持ちよく感じてしまって、もう一度・・・と浮気・不倫相手との関係を切れないでいるのは、なぜなのでしょう?ドーパミンという「快感のホルモン」によって「また欲しい」「もっと深く味わいたい」と思わずにいられなくなるのです。

  • 044. 自問は続くよ(4)
    2022/06/07 08:44
    044. 自問は続くよ(4)

    「どんなスイーツが好きですか?」 Eさんの「はい」に引きずられるように、思わず的を得ない問いかけをしてしまった。 「えっと、洋菓子とか和菓子とか。いろいろありますよね」 慌ててフォローを入れると、彼女は「どっちも好きだけど、洋菓子を選ぶことが多いです」と満更でもなさそうに続ける。 「毎日、コンビニスイーツ買って食べてます」 恥ずかしがりながらも微笑む彼女に、この話題を選んだ自分を褒めたくなった。 ここでのトークタイムは数分しかないのだから、この話題で突っ切って、好感度を高めてカップリングを目指そう。 そう心に決めて、話を進める。 「あ、一緒です。僕も甘いの好きなんですけど、どちらかというと洋菓…

  • 留学難民・グエンの日々〈13〉 ネットの中の彼女
    2022/06/06 22:12
    留学難民・グエンの日々〈13〉 ネットの中の彼女

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 自伝的創愛記〈42〉 鼻すすり事件
    2022/05/31 19:16
    自伝的創愛記〈42〉 鼻すすり事件

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • コロナ渦における婚活の意義
    2022/05/31 10:44
    コロナ渦における婚活の意義

    今回は少し真面目な題材について書きたいと思います。 たいした知見はありませんが、現下の難局にあって、自分ができることをしたいという一心で。 まず…… 人との出会いが遠慮されるのがコロナ渦。 人との出会いを求めて行動するのが婚活。 残念ながら、両者は相容れないものです。 ではどちらを優先させるかといえば、当然、コロナ渦の状況を踏まえての自粛になるでしょう。 つまり婚活はしばしのお休み。 ……なのですが。 家族と同居している方ならまだしも、一人暮らしで婚活をされていた方は、たった一人きりで、いつ終わるとも知れないSTAY HOMEを余儀なくされます。 これは想像以上に辛いことです。 まるでこの世に…

  • 043. 自問は続くよ(3)
    2022/05/27 10:42
    043. 自問は続くよ(3)

    いよいよ12番の個室だ。 事前にプロフィールを見た段階でいいなと思っていた2人のうちの1人。 もう1人の7番さんは手応えが皆無だったし、他の席の人にも特に惹かれなかった。 12番の後にも13、14、15、16と4人残っているが、なんとなく期待できない。 当たりだといいな…… ガチャを引く時のような心境で中に入った。 「こんにちは」 12番のEさんは、同じ言葉を返しつつ、お辞儀をしてくれた。 でもそれは、挨拶をしたというよりも、視線が合うのを避けた感じ。 笑顔が少し引きつっていて、頬も赤みを帯びている。 一見して、慣れてないのがわかった。 32歳という、相手の僕よりもけっこうな年下であることも、…

  • 留学難民・グエンの日々〈12〉 風の噂の「それからの彼女」
    2022/05/25 23:18
    留学難民・グエンの日々〈12〉 風の噂の「それからの彼女」

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 自伝的創愛記〈41〉 理由なき勧誘
    2022/05/19 18:26
    自伝的創愛記〈41〉 理由なき勧誘

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 042. 自問は続くよ(2)
    2022/05/19 14:55
    042. 自問は続くよ(2)

    「こんにちは」 「はじめまして」 7番の個室に入って、オーソドックスなやりとりが始まる。 たまに、挨拶をするより早く相手の女性から特殊な反応をもらうことがあるが、実はこれはいい兆候で、その人なりに興味を示してくれている証拠になる。 その場で特に気付いたことがあったり、僕のプロフィールからなにかしら感じ取っている場合だ。 こちらがそうであるように、女性側だって事前に参加者のプロフィールをよく見ているのだ。 ここでは普通の挨拶から始まったので、その後の会話をリードするのは僕の役目。 「舞台お好きなんですね」 「ええ」 「最近観た中で、面白かったのはありますか?」 予定通りの順序で話を進めると、「最…

  • 婚活パーティーで「高望み」は禁物?
    2022/05/14 14:05
    婚活パーティーで「高望み」は禁物?

    婚活パーティーへの参加が長引く原因として、よく「高望み」が挙げられています。 わかりみ深いですね(笑) たくさんの異性との出会いが待っている婚活パーティーでは、ついつい選り好みしがち。 参加したパーティーにいい人がいなければ、次のパーティーに期待して。 「次で、もっと高く」を繰り返すうち、身も心もお財布も疲弊して、婚活そのものが嫌になってしまう…… 残念ながらよくあるお話です。 それでは婚活パーティーでは理想を追い求めたりしないで、お手頃な相手とマッチングしていくのがよいのでしょうか? 個人的には、同調しかねます。 たくさんの異性と出会える婚活パ―ティーだからこそ、「高望み」が醍醐味。 そう考…

  • 留学難民・グエンの日々〈11〉 そして、彼女は消えた
    2022/05/13 23:35
    留学難民・グエンの日々〈11〉 そして、彼女は消えた

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 041. 自問は続くよ(1)
    2022/05/08 09:13
    041. 自問は続くよ(1)

    その日、僕は新宿のパーティー会場に向かっていた。 夏本番少し前の、清涼感を残した風。 電車のつり革をつかみながら、もう片方の手でスマホを操作し、場所を確認する。 新宿にはパーティー会場が複数あって、今回は西口。 その西口のビルでもたくさんのパーティーが行われている。 この時はまだ無頓着だったが、新宿ラウンジでは定期的により大人数のパーティーがあって、頻繁に参加することになるのは半年ほどたってからの話だ。 それでも今回の募集人数も男女各16人ほどで、それなりの規模だろう。 やることはもうルーティーンになっている。 早めに席について参加女性のプロフィールを確認しつつ、相席の人と軽いトーク。 この日…

  • 自伝的創愛記〈40〉 学力テストを足切りする教室
    2022/05/07 22:28
    自伝的創愛記〈40〉 学力テストを足切りする教室

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 040. 初カップリング(17)
    2022/05/03 16:10
    040. 初カップリング(17)

    帰宅して、やっと一息つけたのは21時を回ってからだった。 PCに向かうと、半ば無意識のうちにParty Partyのサイトを訪れて、新たなパーティー情報に目を通していく。 たとえ気持ちの半分がDさんに残っていても、残りの半分が次の出会いを求めている。 一見、節操ないように見えても、この活動をしている人たちにとってはある意味当たり前であることを、この時点での参加回数を二桁に乗せている僕は知っていた。 なにも予備を準備しておくとかの話ではない。 今という時間が大切なだけだ。 パーティー会場で出会った多くの女性たちは、あからさまに口にはしなくても、差し迫った思いに駆られて足を運んできている。 その種…

  • 浮気・不倫の最初の出会いの場とはどんなところなの?
    2022/05/03 09:01
    浮気・不倫の最初の出会いの場とはどんなところなの?

    浮気・不倫をする最初のきっかけは、どんな場所でどんなシチュエーションなのでしょうか?アクティブな性格で、色々なことに積極的に参加するような男性は、このように出会いの場はあちこちにころがっています。浮気・不倫をする気になれば、簡単だということです。

  • 留学難民・グエンの日々〈10〉 私を忘れないで
    2022/05/01 19:07
    留学難民・グエンの日々〈10〉 私を忘れないで

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 浮気・不倫と風俗通いはどちらが許せる?【女の本音を暴露】
    2022/04/29 09:13
    浮気・不倫と風俗通いはどちらが許せる?【女の本音を暴露】

    浮気・不倫と風俗通いはどちらが許せる?というテーマで考えてみました。「不貞行為」が慰謝料請求できるポイントですが、性的関係を持つ風俗店に1、2回行ったことが判明したというケースであれば、離婚原因としての「不貞」とは認められない可能性があります。頻度や期間もポイントになります。

  • 039. 初カップリング(16)
    2022/04/26 17:27
    039. 初カップリング(16)

    「雨、大丈夫でしたか? 通り雨かもしれませんけど」 雨? 天気はよかったはずだけど。 振り向いて窓を覗くが、濡れた模様はない。 彼女の言うように通り雨かなんかで、局所的なものだったのだろう。 メッセージの次に、傘をさすヒヨコ?の姿が愛らしいスタンプが送られてきた。 「こっちは降らなかったみたいです。同じ東京でも違うものですね」 微笑みながらそう打つと、今度は別の動物をモチーフにした「ラッキー」のスタンプが届く。 可愛いところもあるんだな、と思っていると、駅で電車が停車して、乗客が乗り込んできた。 一瞬、雨の匂いを感じ取った。 Dさんのいるあたりから移動してきたのかな…… そんな感傷ともつかない…

  • 自伝的創愛記〈39〉 トマトが青い……
    2022/04/25 21:58
    自伝的創愛記〈39〉 トマトが青い……

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 038. 初カップリング(15)
    2022/04/23 09:34
    038. 初カップリング(15)

    電車を乗り換えて、運よく席に座ることができた。 そこでもう一度、疲れた頭を働かせる。 今後の道筋をつけるためにも、今日の出来事を振り返っておこう。 第一の目的はカップリングすること。 これは達成。 第二の目的はその相手とパーティーの外で時間を共有すること。 これも達成。 その時間で二人の関係を進展させるための手がかりらしきものを得られたかどうか。 ……不明。 相手をより深く知ることはできたが、付き合ってみたいというレベルに達するほどの高波はやってこなかった。 今よりもっと多くの時間を共に過ごせば、徐々にでも高まってくるのだろうか。 そんな気配くらいはあっただろうか。 もう一度会いたいな、とは思…

  • 留学難民・グエンの日々〈9〉 帰りたい、でも帰れない
    2022/04/19 19:04
    留学難民・グエンの日々〈9〉 帰りたい、でも帰れない

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 037. 初カップリング(14)
    2022/04/18 10:40
    037. 初カップリング(14)

    そのうち停車駅を告げる車内アナウンスが始まって、電車のスピードも落ちていく。 Dさんが降りるまで、あと10秒くらい。 「次ですよね」 「はい」 「今日はありがとうございました」 「こちらこそありがとうございました。楽しかったです」 最後の「楽しかったです」は僕が最初に言うべきだったかもしれない。 そう思ってすぐに「僕も楽しかったです」と付け加えたが、なんだか後出しじゃんけんみたいで不格好だった。 「あとでLINEしますね」 「はい」 「気を付けて帰って下さい」 「駅でちょっと買い物していくので」 「甘いものも買うんですか?」 「バレました?」 その台詞を口にした時のDさんの挑戦的な表情が、一番…

  •  自伝的創愛記〈38〉 寄り添う乳房
    2022/04/14 19:23
     自伝的創愛記〈38〉 寄り添う乳房

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • なぜ、浮気・不倫はやめられないの?【認知的不協和から深掘り】
    2022/04/12 08:53
    なぜ、浮気・不倫はやめられないの?【認知的不協和から深掘り】

    浮気・不倫は倫理上、良くないことは誰でも分かっていることです。それなのに浮気・不倫を繰り返す人はなかなかやめることができませんよね!このわけを心理学的な面から紐解いてみましょう!

  • 婚活パーティーでマッチング、食事の支払いは男性。ですが・・・
    2022/04/10 16:22
    婚活パーティーでマッチング、食事の支払いは男性。ですが・・・

    普段は婚活パーティーに参加した体験談を小説風に書いてますが、たまには関連トピックについても投稿したいと思います。 今回は、婚活パーティーでマッチング後の食事の支払いに対する、女性のお礼の言葉、について。 要約すると、ささやかな一言が女性としてのあなたの株を上げる、です。 実際の経験をもとに、おすすめの言葉とその理由を書いていきたいと思います。 お支払いは男性。代わりに女性は? まず、食事の支払いは男性。 これは共通認識だと思います(とりわけ初回)。 僕もカップリングした女性とパーティー後に食事に行ったら、全て払ってきました。 私、払います、とすら言われたことがありません(笑) もしかすると女性…

  • 浮気・不倫相手の女性の職業は看護師(ナース)が意外に多いって本当?
    2022/04/10 09:25
    浮気・不倫相手の女性の職業は看護師(ナース)が意外に多いって本当?

    浮気・不倫しやすいことと職業と関係あるの?と思うでしょうが、ある調査によれば、統計的に職業によって浮気・不倫をする確率が変わるようなのです。浮気・不倫をしやすい職業TOP3を紹介!

  • 留学難民・グエンの日々〈8〉 姫のご帰還
    2022/04/09 22:41
    留学難民・グエンの日々〈8〉 姫のご帰還

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • ガクト、ピエール瀧の自宅を探訪しながら散策~世田谷線の旅(5):ボロ市/世田谷代官屋敷/世田谷区立郷土資料館
    2022/04/07 08:58
    ガクト、ピエール瀧の自宅を探訪しながら散策~世田谷線の旅(5):ボロ市/世田谷代官屋敷/世田谷区立郷土資料館

    前回の「柴田恭兵の自宅を探訪しながら散策~世田谷線の旅(4)」では、柴田恭兵の自宅を探訪しながら散策しました。今回は、ガクト、ピエール瀧の自宅の旧宅を探訪しながら世田谷線の旅を続けます。(※)他の芸能人・著名人関係の記事については、「芸能人・著名人関連のカテゴリ」がありますので、ご関心のある方はこちらを御覧ください。★★★ ★★★(国士舘大学)前回の記事で散策した松陰神社の隣には「国士舘大学」がありま...

  • 北澤八幡神社と江原啓之~世の中の不思議について~世田谷区代田・代沢散策途中で思ったこと:スピリチュアリズム/共時性(シンクロニシティ)
    2022/04/07 08:58
    北澤八幡神社と江原啓之~世の中の不思議について~世田谷区代田・代沢散策途中で思ったこと:スピリチュアリズム/共時性(シンクロニシティ)

    以下の記事は、あまり纏まりのある記事ではありませんが、世田谷区の代田・代沢散策中に思ったことを、「日々思うことのカテゴリ」の記事として書いたものです。(北澤八幡神社)世田谷区の代田・代沢を散策しているときに、「北澤八幡神社」を訪れ(世田谷区代沢3-25-3)、  境内にある奉賛者名簿を見ていると、スピリチュアリストとして活動している江原啓介(えはら ひろゆき)の名がありました。なぜ、ここに江原啓之...

  • 浮気と不倫の違いってなに?【4つの項目で分類してみた】
    2022/04/07 08:57
    浮気と不倫の違いってなに?【4つの項目で分類してみた】

    不倫と浮気というと似たようでちょっと違う感じの意味と理解している人が多いですよね!浮気と不倫には、いくつかの明確な差があるようです。それでは、浮気と不倫の違いについて一緒に勉強していきましょう!

  • 036. 初カップリング(13)
    2022/04/06 10:24
    036. 初カップリング(13)

    山手線の内回りに揺られながら、窓の外を眺めた。 隣にはDさんが立っているけど、初めのころのような緊張感はなく、過ぎてゆく時間もいい意味でゆるやかに感じられる。 日差しの眩しさに目を背けた拍子に、彼女の水色のペディキュアが目に入った。 綺麗ですね、と言いそうになって、それはやめておく。 マニキュアやネイルアートと違って、直截的な言及を控えさせる何かがあったから。 誰かに見せるのではなく、むしろ自分のために綺麗にしておいた。 そんな感じ。 彼女が乗り換えのために電車を降りるまで、あと二駅に迫っていた。 「パーティーはよく行くんですか?」 普通なら訊きにくい質問が、驚くほど自然に出てくる。 午後から…

  • ボディタッチを心理学的に徹底分析!触る部位でわかる深層心理
    2022/04/04 09:54
    ボディタッチを心理学的に徹底分析!触る部位でわかる深層心理

    ちょっと親密になってくると男女問わず「ボディタッチ」という行為が行われることがありますよね!それでは、男性が女性に対して行う「ボディタッチ」には、どんな男性心理が隠されているのか一緒に考えていきましょう!

  • 035. 初カップリング(12)
    2022/04/02 13:51
    035. 初カップリング(12)

    関連する話題で多少話した後、これ以上、Dさんに無理をさせるのも悪いと思って、「時間、まだ大丈夫ですか?」と尋ねた。 彼女が「そんなに時間もないので」と言っていたのを利用したのだ。 口にしてから、この問いかけは少し強引というか強制力が強すぎて、彼女に対して申し訳ない気持ちが湧いてくる。 このような場面で「時間は大丈夫か」と帰りを促されて、まだ話したいことがあったとしても、そうと告げられる女性は少ないだろう。 そのあたりの形式がわかっているから、お互い笑顔にはなれる。 そして、席を立つ前に、形式がもう一つ。 「もしよかったらLINE交換しませんか?」 これも断ることが難しい問いかけだが、訊く方もな…

  • 留学難民・グエンの日々〈7〉 そこへコロナが来た!
    2022/04/01 20:28
    留学難民・グエンの日々〈7〉 そこへコロナが来た!

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 自伝的創愛記〈37〉 短パンに先生のニオイを嗅ぐ
    2022/03/28 22:19
    自伝的創愛記〈37〉 短パンに先生のニオイを嗅ぐ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 034. 初カップリング(11)
    2022/03/28 10:44
    034. 初カップリング(11)

    「私はまあまあです。忙しいですか?」 「たまに残業があって、遅くなったりします。あまりしないようにしてるんだけど、上司がしてるとどうしても」 「私もです」 この話題もたいして盛り上がりそうになかった。 こちらの職種や業務内容を具体的に話して、なにか質問でもしてくれればと思ったが、大きな反応はない。 まだしも「昇給しますか?」くらい訊いてくれた方が、笑えるシチュエーションになるのに。 ……もしかして、僕に興味がない? いや、少なくとも今の段階でそれはないはずだ。 35歳で婚活パーティーに参加する女性。 そこでカップリングした相手とお茶をしている。 その目的は相手の情報収集に他ならないはずで。 つ…

  • 留学難民・グエンの日々〈6〉 約束の「フォー」
    2022/03/26 21:11
    留学難民・グエンの日々〈6〉 約束の「フォー」

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 番外編 妃殿下は公爵家の新妻をかわいがりたい
    2022/03/23 17:12
    番外編 妃殿下は公爵家の新妻をかわいがりたい

     エリザベスは頭が痛かった。 王妃として、ウィンザー公爵家の跡取りが結婚したことはめでたく思うが、その経緯と相手のことを考えると手放しで喜んではいられない。国王たる夫も一枚噛んでいるというのだからなおのこと——。「そんなことより用件をおっしゃってください」 そう言い放ったのは、件のウィンザー公爵家の跡取りであるリチャードだ。 近況を尋ねたのだが答える気もないということだろう。侍女が淹れた紅茶にも軽く...

  • 033. 初カップリング(10)
    2022/03/23 16:12
    033. 初カップリング(10)

    運ばれてきた飲み物に口をつける。 僕はアイスコーヒーで、Dさんはアイスティー。 ストローでミルクを掻き回しながら、同時に頭の中も高速で回転させる。 わかっているのは猫好きだということ。 「猫、飼ってるんですか?」 当たり障りのないことを訊いて、次の話題を捻り出すための時間を稼ぐ。 ペットの次は仕事関係が無難だろう。 たしか職業欄には「一般事務」と書かれていた。 漠然とした記載にしてあるのは、なにか理由があってのことか。 ① あまり突っ込まれたくないから ② 単純に特徴の薄い仕事だから 「実家では飼ってましたけど、今はいないです。飼いたいんですけど」 「今、一人暮らしなんですか?」 「ええ。まだ…

  • 【わかっているくせに】1
    2022/03/21 09:10
    【わかっているくせに】1

    腹の底から息を吐き出す。 躰ンなかに、なんかイヤなモンが混じっている気がするから。 だから俺は、下を向いて息を吐き出して、足で蹴って、それを散り散りにして。 それから上を向いた。 周囲を背の高い木に囲まれて空が丸くくり抜かれて見えた。まるで深い穴の中から、届かない空を見上げているみたいだ。 青色の中を、掠れた雲がゆっくりと流れていくのを眺めていたら少し呼吸が楽になった。 寄りかかっていたバイクから躰を離して、改めて周囲を見回す。静かだな。ぽっかりと、エアポケットの様なこの場所。ここがほぼ都心だなんて嘘みたいな静けさだ。 しっかしこんなところよく見つけたよな。 苦笑しながら歩き出した。

  • 留学難民・グエンの日々〈5〉 戦争も、ナパームも知らない子どもたち
    2022/03/20 21:51
    留学難民・グエンの日々〈5〉 戦争も、ナパームも知らない子どもたち

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 088. 婚活パーティー【体験】渋谷で憧れの職業編(8)
    2022/03/20 09:49
    088. 婚活パーティー【体験】渋谷で憧れの職業編(8)

    雨があがってればいいですね、と4番さんと少し雑談していると、いいなアピールの結果が出た。 明確な狙いがあるときは、少し緊張する。 その8番さんは…… あった! 心の中で拳を握りしめる。 あの思わせぶりなあの態度は、僕への好意の表れ。 ニヤッとしつつも、期待だけでなく不安も胸にわだかまるのを感じる。 あの手のタイプは、すべての男性に対して同じ接し方をするものだ。 送られてきたいいなアピールも、その一環としてのただのリップサービス。 ――まあ、それでもいい。 次のカップル希望で事の真相は明らかになる。 もしカップリングしたら…… あの媚態を独り占め。 ああしてこうして……! 8番さんをカップル希望…

  • 【ああ、やっぱり、】1
    2022/03/19 19:36
    【ああ、やっぱり、】1

    そうだあなたはぼくのひかりなんだ。 だから惹かれたのに。 だから欲しかったのに。 なのにどうして、 どうして手放してしまったんだろう。 暗闇の中できっとぼくは、 声にならない慟哭を、 届かない焦燥を、 もがきながら悔やみながらいつまで、 いつまで生きていかなきゃいけないんだろう。

  • 【ああ、やっぱり、】2
    2022/03/19 19:36
    【ああ、やっぱり、】2

    しあわせだった。 だからこわかった。 永遠じゃないから。 永遠なんて無いから。 変わらないものなんてない。 終わらないものなんてない。 だからぼくは、 このしあわせの終わりを見たくなかった知りたくなかった。 なのにぼくは、 このしあわせの、永遠を願った永遠を信じたかった。 あなたのまっすぐなことばに、 あなたのまっすぐなこころに、 縋りたかった。 だけどぼくは、 ぼくは、ね、 ぼくは、 ・・・・・・疲れちゃったんだよ、 ぼくは、 ぼくは、――――――こわいんだよ。

  • 留学難民・グエンの日々〈4〉 相乗りの相手
    2022/03/13 17:49
    留学難民・グエンの日々〈4〉 相乗りの相手

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 032. 初カップリング(9)
    2022/03/13 16:47
    032. 初カップリング(9)

    Dさんと並んで歩きつつ、カフェを探した。 いくつか心当たりはあったが、土曜の夕方ということで、混雑が予想される。 「どこも混んでるかもしれませんね」 「そうですね」 「お茶で大丈夫ですか? 食事でしたら少し歩けば知ってますけど」 「あ、お茶でいいです。そんなに時間もないので」 駅前の繁華街だけにカフェや喫茶店は数多くあり、選ばなければ入れる店はあるだろう。 少し歩いたところで、通りに面した喫茶店の窓から店内の空席が見えた。 「ここでいいですか?」 「はい」 お洒落とは言い難い店構えだったが、「そんなに時間もないので」というDさんの言葉が、店を選ぶ難易度を下げてくれていた。 そして、その言葉が軽…

  • 087. 婚活パーティー【体験】渋谷で憧れの職業編(7)
    2022/03/09 10:12
    087. 婚活パーティー【体験】渋谷で憧れの職業編(7)

    すべての参加女性とのトークタイムを終えて、最初の席に戻った。 隣の4番さんと「戻りました」「お疲れさまー」と言葉を交わすが、心ここにあらずといった状態で。 頭の中は当然、8番さんで占められている。 8番さんの後にも3人の女性と話したが、彼女たちをほとんど憶えてないくらいに。 「どうでしたー」 4番さんが気兼ねなく訊いてきたので、「そうですねー、難しいかな?」と軽く笑いながら答える。 「そちらはどうでした?」 「いい男って少ないから」 「性格的にですか?」 「そんなとこです。人のこと言えないけど」 いつもならその朴訥な正直さが好ましく思えて、いいなアピール送ろうかな、でもカップル希望までは、など…

  • 留学難民・グエンの日々〈3〉 遅刻の代償
    2022/03/07 22:32
    留学難民・グエンの日々〈3〉 遅刻の代償

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 086. 婚活パーティー【体験】渋谷で憧れの職業編(6)
    2022/03/03 21:14
    086. 婚活パーティー【体験】渋谷で憧れの職業編(6)

    清潔な媚態。 周りにいないタイプだった。 CAさんだし、さぞかしモテてきたことだろう。 なのになぜ…… 婚活パーティーなのか。 同じ婚活パーティーでも、ハイスペックな男性が集まる企画ならまだわかる。 でも今回はそうじゃない。 多少の条件はあっても、年収は平均で足りる。 ということは…… 案外、質素倹約をよしとする賢妻タイプか。 いやいや、そう思わせること自体が男をおびき寄せるエサで。 気がついたら身ぐるみ剝がされて無一文。 だったらハイスぺ男子の方がより効率的な気が…… そんなことを考えている最中にも、8番さんとの会話が進む。 この時点で主導権はすっかり彼女に握られていた。 「ペット飼ってるん…

  • 留学難民・グエンの日々〈2〉 時給930円の働きアリ
    2022/03/01 16:06
    留学難民・グエンの日々〈2〉 時給930円の働きアリ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 自伝的創愛記〈36〉 「引っ越し」という宿命
    2022/02/27 18:02
    自伝的創愛記〈36〉 「引っ越し」という宿命

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 085. 婚活パーティー【体験】渋谷で憧れの職業編(5)
    2022/02/27 13:26
    085. 婚活パーティー【体験】渋谷で憧れの職業編(5)

    数名とトークタイムを終えて、いよいよ8番の席に向かう。 例の客室乗務員がいる席だ。 「失礼します」 「こんにちは!」 彼女は最高の笑顔で迎えてくれた後、僕を正面に見据えたまま、しばらく視線を外さなかった。 見まごうことのない美しさ。 僕はその間、魂を絡め取られでもしたかのように動けなかった。 10秒くらいあったかもしれない。 はっと我に返って、女性を凝視してしまって失礼だったな、と思ったが、彼女は笑顔のまま。 ……これが彼女一流のオモテナシだろうか。 その破棄力に世の中の9割5分の男性は骨抜きにされるに違いない。 僕はむしろ用心して会話に臨んだ。 「お仕事は客室乗務員なんですね」 「はい」 香…

  • 084. 婚活パーティー 渋谷で憧れの職業編(4)
    2022/02/24 10:15
    084. 婚活パーティー 渋谷で憧れの職業編(4)

    「こんにちは」 「こんにちは」 隣に腰をかけた女性に型通りの声をかける。 ここは4番の席だから4番さん。 ふっくらしていて、30代半ばくらいかな。 職業は…… 慌ててプロフィールを確認すると、看護師さんだった。 それっぽい。 なにか話かけようと思ったが、すぐにパーティーの開始を告げるアナウンスが流れ始めたので、それが終わるのを待った。 「今座っているお席の隣の方が最初のお話相手になります。それではトークタイムスタートです!」 あらためてお辞儀をしあって、それぞれがスマホで相手のプロフィールを見ながら、言葉を発する。 「看護師さんなんですね」 「そうですよ。実は今も夜勤明けで」 「え。じゃあ寝て…

  • 留学難民・グエンの日々〈1〉 一本の電話から
    2022/02/23 22:57
    留学難民・グエンの日々〈1〉 一本の電話から

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 083. 婚活パーティー 渋谷で憧れの職業編(3)
    2022/02/20 10:15
    083. 婚活パーティー 渋谷で憧れの職業編(3)

    このパーティーのテーマは「憧れの職業」の女性。 当然のように参加女性のプロフィールチェックも職業欄からになる。 視点を職業欄に定め、どんどん画面を弾いていく。 保育士、出版社、看護師、営業事務、客室乗務員…… うん、どれも女性らしい職業。 その中でも特に「客室乗務員」に惹かれた。 正確にいえば、学生時代、航空会社は就職先として同窓の女子たちに人気だったので、「客室乗務員」という語感が当時の記憶とまではいわなくてもアバウトな雰囲気を呼び覚まし、感傷的な気分にさせた。 彼女たちは元気かな。 希望が叶って客室乗務員になれていたら、その後はモテ人生を送って、今頃はセレブママにでもなって…… いや、皆が…

  • 緩い急行、遥かな愛〈終章〉 光の中へ、走れ、足!
    2022/02/17 18:09
    緩い急行、遥かな愛〈終章〉 光の中へ、走れ、足!

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • ◯◯と××-Happy Valentine’s Day-
    2022/02/16 21:32
    ◯◯と××-Happy Valentine’s Day-

    「××〜はい、ハッピーバレンタイン!」『え…あ、ありがとうございます。』俺は動揺を隠せなかった。同性からチョコをもらうのははじめてだったから。彼は中学からの2つ上の先輩で、今は同じ大学に通っている。男だけど美しいという言葉が似合う人で、年々

  • 031. 初カップリング(8)
    2022/02/14 10:33
    031. 初カップリング(8)

    会場の入っている百貨店の玄関口でDさんを待つ。 通常の場合、会場を先に出るのは個室の廊下側に座っている男性の方だ。 女性は全ての男性が出た後で出口に向かうので、姿を現すまでにそれなりの時間がかかる。 さて、この後どこに行こうかな…… 時間は午後三時。 昼食は済んでるだろうから、お茶がいいか。 そして、肝心の話題は…… Dさんのプロフィールを思い出しながら、ふと辺りを見ると、自分と同じようにカップリング相手を待つ人が数人いた。 中には同じパーティーから出てきた男性もいて、はて、相手はどの女性かな? と思わずニヤッとしてしまう。 あのパーティーでの一番の美人さんはDさんだったけど…… そんなくだら…

  • 緩い急行、遥かな愛〈47〉 コウノトリの里へ
    2022/02/11 23:11
    緩い急行、遥かな愛〈47〉 コウノトリの里へ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 自伝的創愛記〈35〉 夕日のランデブー
    2022/02/10 18:36
    自伝的創愛記〈35〉 夕日のランデブー

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 030. 初カップリング(7)
    2022/02/09 10:25
    030. 初カップリング(7)

    「お待たせしました! 結果出ましたので、お手元のタブレットをご確認下さい!」 小さく一息ついてから、司会者の言葉に従って画面を更新する。 カップリングするぞ! と気張っていたせいか、普段よりも緊張していた。 すると…… 一瞬、画面が光ったかと思うと、すぐに文字が飛び込んできた。 「おめでとうございます! カップリング成立しました!」 ……よし! ついにきたよ! カップル希望は一人にしか出してないから、相手は自ずと知れた。 でもこんな時って……どうするのが一番いいのかな。 まずはお礼? それとも「下で待ってます」と一言だけの方が、妙な気を遣わなくてお互い楽かな…… そんなことが頭の中を駆け巡る。…

  • 緩い急行、遥かな愛〈46〉 教会は、赤提灯…説?
    2022/02/05 22:31
    緩い急行、遥かな愛〈46〉 教会は、赤提灯…説?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 029. 初カップリング(6)
    2022/02/05 10:11
    029. 初カップリング(6)

    いいなアピールを送信して、その結果が出るまでしばし時間が空く。 Dさんに話しかけたかったが、そこは遠慮しておいた。 もし僕へいいなアピールをくれていたら、なんとなく嬉し恥ずかしだし、もらっていなければ、ちょっとカッコ悪い。 好意を持たれていると勘違いして声を弾ませても、相手にとっては迷惑でしかないだろう。 ちょっと気にしすぎかな、とも思うが、初対面の相手になかなか見栄は捨てられないものだ。 時間を潰すようにグラスに残っているお茶を喉に流し込んだ時、いいなアピールの結果が出たことを場内アナウンスが告げた。 意識して冷静さを保ち、タブレットの画面を更新する。 ……あった。 Dさんからいいなマークが…

  • 緩い急行、遥かな愛〈45〉 さらば霧島、さらは青春
    2022/01/30 23:19
    緩い急行、遥かな愛〈45〉 さらば霧島、さらは青春

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 028. 初カップリング(5)
    2022/01/28 17:58
    028. 初カップリング(5)

    まずはいいなアピールの送信。 その相手として、まっさきに隣に座っているDさんを選ぶ。 他の人はどうしようかな…… カップリング自体が目的ならば、ここは多くの人に送っておくべきだ。 アピールがマッチした二人は、互いに良い印象を持っていることがタブレット越しに共通認識として芽生え、カップリングに前進する確率が高くなる。 そもそもDさんからアピールをもらえるとは限らないし、Dさんを含む複数人からもらえた場合は、Dさんを第一希望にしてカップル希望を出せばいいだけだ。 仮に第二、第三希望の人とカップリングしたって、それはそれで喜ばしい。 カップリングする興奮を味わって、すぐにその人との再会が待っている。…

  • 番外編 公爵家の騎士団長は新妻のいとこを牽制したい
    2022/01/28 00:06
    番外編 公爵家の騎士団長は新妻のいとこを牽制したい

     それは、休日の朝に響いた呼び鈴から始まった。 常識的にいって来客にはすこし早い時間だ。約束もなかったので、執事に対応を任せて妻のシャーロットとゆっくりダイニングを出ると、そのとき玄関のほうがやけに騒がしいことに気がついた。「さっきの来客か……君はここにいて」「はい」 シャーロットを残し、いささか緊張しながら玄関の様子を見に向かう。よほどの馬鹿でもないかぎり、正面きって公爵家に殴り込みには来ないだろ...

  • 緩い急行、遥かな愛〈44〉 失われたリアルを探して
    2022/01/24 22:16
    緩い急行、遥かな愛〈44〉 失われたリアルを探して

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 027. 初カップリング(4)
    2022/01/23 15:32
    027. 初カップリング(4)

    この回の参加女性は12名だった。 9人ほどとトークタイムを終えた時点で、Dさん以外、いいなと思えた女性はいない。 自分のこだわりは緩めたはずなのに…… 勝手にそう思っているだけで、実際にはたいして基準を変えたり下げたりできていないのだろう。 長年のこだわりを捨て去ることは難しいのだ。 それでも気を取り直し、「こんにちは!」と笑顔をつくって次の席に入っていく。 それを残りの席数だけ繰り返してから、最初の席に戻った。 「戻りました」 「おかえりなさい」 優しく応じてくれるDさん。 「おかえりなさい」の言葉に、僕は気恥ずかしくなると同時に、ぎゅっと心を掴まれたような心地になった。 いい奥さんになるん…

  • 浮気・不倫が発覚した場合の慰謝料・養育費とは?【慰謝料・養育費の相場】
    2022/01/20 10:47
    浮気・不倫が発覚した場合の慰謝料・養育費とは?【慰謝料・養育費の相場】

    離婚するにあたって慰謝料と養育費がどの程度の額もらえるのかあなたは、理解していますか?慰謝料と養育費の増額のためには、相手方の収入や財産を正確に把握したり浮気・不倫の証拠を集めたりすることがとても大切なのです。慰謝料の相場について解説していきます。

  • ヘリコプター遊覧飛行で夫婦のマンネリ化解消!
    2022/01/19 10:35
    ヘリコプター遊覧飛行で夫婦のマンネリ化解消!

    夫婦やカップルが長年一緒にいると、徐々に出会った当初の新鮮さが薄れてきて「マンネリ化」を感じることもありますよね。今回は最悪の場合、離婚になることもある夫婦・カップルの「マンネリ化」対策を一緒に考えていきましょう。

  • 緩い急行、遥かな愛〈43〉 終わり……へ向かう季節
    2022/01/18 21:52
    緩い急行、遥かな愛〈43〉 終わり……へ向かう季節

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • デートの際に行列が出来ているお店に並ぶのはNG?OK?
    2022/01/18 12:12
    デートの際に行列が出来ているお店に並ぶのはNG?OK?

    デートの時のお店選びに限らず、行列のできているお店を見るとついつい並んでみたくなることはありませんか?この気持ちは心理学的には、『同調行動』と説明されています。デートの際に行列が出来ているお店に並ぶときには、注意が必要ですよ!

  • 026. 初カップリング(3)
    2022/01/17 16:13
    026. 初カップリング(3)

    上野ラウンジに到着。 受付を済ませて、席に案内される。 時間に余裕を持たせてあるのは、初めての場所で道順が不安だったから、という理由だけではない。 パーティー開始前に参加女性全員のプロフィールに目を通す。 それが第一の目的だ。 プロフィールから明らかになることも、確かにあるのだ。 ここである程度目標を絞って、かといってそれだけには囚われず、席を回遊する。 鳥の目と、虫の目と、魚の目を持って。 早めに到着するもうひとつの理由は、パーティー開始前の時間を使って、相席した人と仲良くなれる好機だから。 これは初回参加で恩恵を被って以降、意識してきたことだが、隣の人が自分と同じように早めに会場に来なかっ…

  • 復縁の可能性を高める方法ってあるの?データを分析!
    2022/01/14 10:27
    復縁の可能性を高める方法ってあるの?データを分析!

    男女において復縁傾向・成功確率は違うようです。縁を切り出すタイミングや自分の気持ちを正直に伝えることで復縁できる可能性は高まりそうです。あなたにとって最良の結果が訪れますように!

  • 緩い急行、遥かな愛〈42〉 血塗られたTシャツ
    2022/01/12 23:54
    緩い急行、遥かな愛〈42〉 血塗られたTシャツ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 026. 初カップリング(3)
    2022/01/12 17:57
    026. 初カップリング(3)

    上野ラウンジに到着。 受付を済ませて、席に案内される。 時間に余裕を持たせてあるのは、初めての場所で道順が不安だったから、という理由だけではない。 パーティー開始前に参加女性全員のプロフィールに目を通す。 それが第一の目的だ。 プロフィールから明らかになることも、確かにあるのだ。 ここである程度目標を絞って、かといってそれだけには囚われず、席を回遊する。 鳥の目と、虫の目と、魚の目を持って。 早めに到着するもうひとつの理由は、パーティー開始前の時間を使って、相席した人と仲良くなれる好機だから。 これは初回参加で恩恵を被って以降、意識してきたことだが、隣の人が自分と同じように早めに会場に来なかっ…

  • Twitterで浮気調査する方法とは?Twitterから浮気を見抜くことはできるの?
    2022/01/11 10:26
    Twitterで浮気調査する方法とは?Twitterから浮気を見抜くことはできるの?

    2010年以降、スマートフォンが普及してからSNSの利用者数も激増しています。SNSは、今ではプライベートのコミュニケーションツールとしてだけではなく、ビジネスの場にも多く用いられています。その中でも、今回は『Twitter』に注目してみた

  • 断捨離とお部屋の片付けが「自分磨き」に!運気もアップ間違いなし!
    2022/01/09 11:32
    断捨離とお部屋の片付けが「自分磨き」に!運気もアップ間違いなし!

    不要なものを「断ち」「捨て」、ものへの執着から「離れる」という「断捨離」を行うことにより、ひとものに対する不用意な執着から解放され、これからのあなたの人生が大きく変わるはずです。あなたにとって最良の結果が訪れますように!

  • 025. 初カップリング(2)
    2022/01/08 14:07
    025. 初カップリング(2)

    その後の数回のパーティーではカップリングできなかった。 相手があってのことなので、こちらの都合だけで状況は動いてくれない。 そこで、奇抜なアイデアというわけではないが、場所を変えてみようと思った。 まだ一度も参加したことがないラウンジ。 その一つが上野だった。 エリア「上野」で検索すると、次の土曜の希望時間帯にひとつあった。 テーマはたしか「自然体でいられる関係」的なもの。 正直なところ、普段ならあまりそそられる語感ではないが、何かを変えたい時にはむしろ好ましい選択に思えた。 変化という点では、自分のプロフィールにも変更を加える。 これまでの参加経験で、女性の趣味に「旅行」が多いことを学んでい…

  • 浮気・不倫相手(女性)への復讐方法とは?【合法的な鉄拳パンチをお見舞い!】
    2022/01/08 10:42
    浮気・不倫相手(女性)への復讐方法とは?【合法的な鉄拳パンチをお見舞い!】

    パートナーに浮気・不倫をされて、「浮気相手の女性がムカつく!」「浮気相手に制裁したい!」と思うのは当然のことではないでしょうか。そんな場合は、浮気・不倫の相手の女性には、合法的な方法であなたから『鉄拳パンチ』をお見舞いしてあげてください!

  • 最後の決心に二の足を踏んでいるあなたに!そんな時には運命の占い診断も!
    2022/01/07 12:36
    最後の決心に二の足を踏んでいるあなたに!そんな時には運命の占い診断も!

    色々なことを踏まえたうえで、熟慮してある程度の答えはみえてきたけど、不安や迷いで最後の決心ができないというあなたは、一度『占い』を試してみませんか?人気凄腕占い師が、あなたの今の辛い悩み・不安に寄り添って占いという手法を用いながら、カウンセリングしてくれます。

  • 緩い急行、遥かな愛〈41〉 昌子に起こったこと
    2022/01/06 23:44
    緩い急行、遥かな愛〈41〉 昌子に起こったこと

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 緩い急行、遥かな愛〈40〉 ボクたちの革命に「勝利の旗」はない
    2021/12/31 21:14
    緩い急行、遥かな愛〈40〉 ボクたちの革命に「勝利の旗」はない

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 024. 初カップリング(1)
    2021/12/30 18:40
    024. 初カップリング(1)

    Party Partyに登録してひと月ほど過ぎて。 パーティーへの参加は14回を数えていた。 週平均3回以上で、かかった参加費用は7万円くらい。 ひと月で7万円は予算オーバーかな? ちらっと罪悪感が浮かんだが、それは即座に打ち消された。 なにごとも初期費用はかかるものだし、どこかの時点でおだやかになっていくだろう。 第一、出費に見合う価値を見出していた。 この時点ですでに150人以上の女性と出会い、その後に繋がる出会いこそなかったものの、これまで出会い自体が少なかった僕は、それなりにワクワクする時間を過ごしていた。 今回のパーティーではどんな女性に出会えるのだろう、と。 ……しかし。 どうして…

  • 023. 同日複数パーティー考察
    2021/12/28 17:16
    023. 同日複数パーティー考察

    参加2回目のパーティー会場は東京ラウンジだった。 参加費用は前回同様5000円。 パーティー内容はよく憶えてないので、取り立てて印象深い出会いはなかったはずだ。 ただ、パーティーが終了した後、同じパーティに参加していた男性2人と1階へ降りるエレベーターに乗り合わせたが、その時の彼らの会話がなかなか示唆的だった。 「ダメだったな」 「ああ」 「ありえないって」 「なんかなー」 好みの女性がいなかったのか、いたけどカップリングできなくて愚痴が零れたのか、思わず参加女性の顔を思い浮かべて苦笑してしまう。 「この後どうする?」 「さっき夕方のパーティーに申し込んだよ」 「じゃあ俺も。まだ空いてるかな」…

  • 緩い急行、遥かな愛〈39〉 昌子が消えた……?
    2021/12/27 22:54
    緩い急行、遥かな愛〈39〉 昌子が消えた……?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 022. パーティー初参加(20)
    2021/12/25 23:32
    022. パーティー初参加(20)

    ひとつ、大きく息を吐いてから、今後のことを考える。 手にしたスマホでParty Partyのサイトを開くと、数多くの開催予定のパーティーが現れた。 「容姿に自信があって魅力的」 「気遣い上手でモテそう」 「同じ趣味だから一緒にいられる」 「年下で恋人いそう」 どれも魅力的なテーマだ。 ところで今回初参加を果たしたパーティーのテーマは、「外見が褒められる42歳までの女性」だった。 男性側の見方というか好みの問題で多少の誤差は生じるだろうが、確かに納得はできる。 この点、自分にとってはやはりBさんの存在が大きかった。 どのパーティーに参加しても少なくても1人は、開催テーマに沿った形で、自分の好みの…

  • 自伝的創愛記〈33〉 白衣の胸に抱かれて
    2021/12/24 21:51
    自伝的創愛記〈33〉 白衣の胸に抱かれて

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用