TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

小説ブログ テーマ(新着記事) THEME

help
  • 「出会い」最終編
    2020/02/21 12:19

    「出会い」最終編

     時計の針はそのBARの閉店時間をとうに過ぎてた。 私たちは一斉に店の席を立った。緑色のスーツの(私的には「カメレオン」)彼が椅子を直していると、「今日は楽し…

  • 『目次 』と独り言
    2020/02/21 12:17

    『目次 』と独り言

    私小説は続きますが、改稿した為に、順列が崩れました。『出会い』から『辞令』と章の並びになります。目次を作りました。続編 過去記事・・目次になります。「辞令1」…

  • 【絵本】 junaida「Michi 」-男の子と女の子、それぞれがたどる不思議ワールドへの旅
    2020/02/21 11:48

    【絵本】 junaida「Michi 」-男の子と女の子、それぞれがたどる不思議ワールドへの旅

    junaida「Michi 」 前回、「の」を紹介したjunaidaさん。かなり気になったので、さらに「Michi」という絵本を読んでみることにした。「の」とは違って大判でしっかりした造りのちょっと重めの絵本だ。 両表紙だ。「Michi 」というタイトルがついた左開きの方は猫を連れた赤いマフラーの男の子が主人公。右開きの「みち」の方は犬連れの赤いスカートの女の子が主人公だ。彼と彼女はいろいろな世界(ひと見開きがワンワールド)を旅をして、本のセンターで出会う。構成としてはとてもシンプル。junaidaさんの絵はいろいろ工夫されていて色も美しく、本当に素晴らしい。

  • イラスト★130〜SECHS1眠り姫(男)と学園の令嬢、下絵。
    2020/02/21 11:10

    イラスト★130〜SECHS1眠り姫(男)と学園の令嬢、下絵。

    本日はイラストです(*^^*)       眠り姫(男)と学園の令嬢の下絵です!  オリビア様とレディアちゃんです(*´▽`*) 

  • 淡路島で出会ったのは (6) ソフトな性描写。。。?
    2020/02/21 09:18

    淡路島で出会ったのは (6) ソフトな性描写。。。?

    だめだ、もう我慢できない。そう思ったら身体が震えた。 「ああー」でた。それも、他所様の家で。恥ずかしい、穴があったら入りたい。落ち込んでいたら声が聞こえてくる。 「起きたんだね。夕べは目を覚まさなかったから今夜も大丈夫かなと思ったのだけど」でも、俺はその意味が分からなかった。だって、俺の頭の中には「初めて他所様の家で漏らした」という言葉で占められていて、他の言葉なんて耳に入ってこなかったからだ。だ...

  • 魔術士オーフェン はぐれ旅 BSフジ(2/18)#07
    2020/02/21 09:06

    魔術士オーフェン はぐれ旅 BSフジ(2/18)#07

    第7話 我が森に集え狼サルワが目覚めたのでマクドガルの寝室に案内させる。マクドガルに取引を交渉する。フィエナを開放しろ、お前を狙うキムラック教会の暗殺者の名を教えてやる。裏切ったなとオーフェンに攻撃しようとするが逆に攻撃されるサルワ。マクドガルは銃で攻撃するが反撃される。フィエナは開放しない。森の心臓に向かう。キムラック教会で見た、今の大陸じゃ敵わない。より強大な力を得なければならない。銃を構える...

  • あなたのとりこ 415
    2020/02/21 09:04

    あなたのとりこ 415

    「どうも済みませんっス」  出雲さんがさっきと同じ事を云って今度はやや丁寧にお辞儀するのでありました。 「出雲さん、会社を辞めるんですか?」  注文したコーヒーが来る前に頑治さんは出雲さんに聞き質すのでありました。出雲さんはその問いに対して、笑って見せるだけで敢えて言葉では応えないのでありました。 「昨日の水戸での営業で何かあったんですかね?」  頑治さんのその問い掛けに今度も出雲さんは首を縦にも横にも動かさないで、口を形だけ引き攣るように笑いに動かすのみでありました。この問いにも言葉では応えないのかと思いきや、出雲さんは少しタイミングを遅らせて喋り始めるのでありまあした。 「仕事が終わって帰りの列車の中で、ちょっと許せないような事を云われまして、もうこの人の下で働くのは限界だと悟ったんスよ」 「何を云われたんですかね?」  頑治さんが畳みかけると出雲さんは出ようとした言葉..

  • 彼らの予感
    2020/02/21 08:50

    彼らの予感

    時代は繰り返す、とよく言われるが、最近それをひしひしと感じる。 私のギャラリーの周囲には大学が3つも林立しているせいで、この地区だけで平均年齢をとれば、かなり若くなるだろうと思う。 若い人たちがたくさんいる街は活気があって華やかで、周囲よりも気温がちょっぴり高いのではないだろうか、と思わせる熱がある。 仕事を終えて帰る道々たくさんの飲食店の前を通り過ぎるが、毎夜どこのレストランも若者で溢れかえっている。 ガラス窓は彼らの熱い息で曇り、水滴が流れ出してガラス窓に幾筋もの紋様を作っている。 通りまで聞こえるざわざわした人の声、高い笑い声は、ギラギラした若さや時には残酷なほどの明るさを暗い通り道に投…

  • 【本の感想】舞城王太郎『熊の場所』
    2020/02/21 07:38

    【本の感想】舞城王太郎『熊の場所』

    舞城王太郎 『 熊の場所 』は、嫌なことにあえて立ち向かっちゃう小学生の男の子のお話。主人公まーくんがびびりながらチキンを脱却していこうとする過程が愉快で、拍手を送りたくなります。著者は脳内がめまぐるしくなっている状態を描くのが上手いですね。 作品 の評価:★★★★★

  • 冒険の旅へ出かけよう! 宝の島 続編 第1章 タイムカプセルに夢を乗せて…7
    2020/02/21 02:00

    冒険の旅へ出かけよう! 宝の島 続編 第1章 タイムカプセルに夢を乗せて…7

      自信満々に『カッコいい』と言われてしまうと、そうなのかもしれないなぁ~とその気にさせられ、子供たちははやし立てるのをやめる。けれども明らかに、もっと近くで…

  • オリジナルミステリ小説 リバースモード③
    2020/02/21 01:25

    オリジナルミステリ小説 リバースモード③

    3 あれから一週間が過ぎた。 オレは刑務所に入ることもなく、今日もこうしてバイトに来ている。 いつもの生活、見慣れた光景、それもこれも平穏な日々の証。幸せを噛みしめながらロッカーを開けると、あの時の紙袋がそのままそこにあった。「返しそびれちゃったな」 美咲は事件のあったその日のうちに店を去り、二度と現れなかった。 池上さんのいないバイトなんて続けたくないと考えたのか、彼を思い出して辛いと思ったのか、どちらにしても肩の荷が下りた気分だった。「おはようございまーす」 元気よく挨拶すると、チーフやパートさんたちの明るい返事が返ってきた。「ああ、おはよう」「品出し、今日は家電のところを頼むわね」「はー…

  • オリジナルミステリ小説 リバースモード②
    2020/02/21 01:25

    オリジナルミステリ小説 リバースモード②

    二 二日後。この日も開店前から出勤したオレは持ち場につくと品出しやら前出しをやりながら、久しぶりに顔を出した九重店長に話しかける機会を窺っていた。 ところが、留守の間に仕事は溜まっていた上に、チーフたちが店長の指示を仰ごうと、入れ代わり立ち代わり押しかけるせいか、彼は一箇所に留まる気配すらなかった。 マイッたな。あれじゃあ帰りまでに挨拶もできそうにないやと恨めしげに眺めていたオレの視線に気づいたのか、店長はこちらを見て「やあ」と言わんばかりに微笑んだ。 やった、チャンス到来だ! 勢い込んで駆け寄ろうとするオレの背後に誰かが近づく気配がした。「よう、ニイちゃんよ」 低く、凄味のある声、背中に刃物…

  • オリジナルミステリ小説 リバースモード①
    2020/02/21 01:25

    オリジナルミステリ小説 リバースモード①

    1 防犯カメラの死角を狙っての万引、店内の様子を知り尽くした、あれは絶対に常習犯だ。間違いない。「清水さん、清水さん。売り場に怪しい人がいます。えっと、工具コーナーのところです。茶色っぽいポロシャツを着て、髪を短くした中年男性です」「工具コーナーですね? わかりました、行ってみます」 ※ 「俺が万引しただと? このクソジジイめ、どこに証拠があるんだ? おいこら、てめえ、ふざけんじゃねーぞ。この俺を泥棒扱いしやがって、ただで済むと思うなよ!」 ※ 「そうそう、この前の万引騒動、誤認逮捕だったってアレよ。捕まえられた犯人って、その筋の人ですって。ウチの店を訴えるとか何とかって騒いでいたけど、けっき…

  •    魔性のオトコⅠ ⑥(最終章)
    2020/02/21 01:13

       魔性のオトコⅠ ⑥(最終章)

    最終章 必勝! ディック杯 波乱の強化合宿が終了して二週間、今日はいよいよディック杯当日である。 市の体育館を借りて行なわれるこの卓球大会に参加するのは高校生の卓球部だけではなく、地区の卓球愛好家なら誰でも可、というわけで、下は小学生から上はシニアクラスまで、様々な年代の人がいる。 よって、体力や技術その他に差が生じるゆえに、男女別はもちろんのこと、大まかな年代別ブロックに分かれて競技を進め、そのブロック毎に優勝チームを決めるという取り決めになっていた。 佛真高校卓球部は男子の部・十五歳から三十五歳までのブロックに含まれているが、そこには高校生や大学生の他に、社会人でも若手と呼ばれる人たちが参…

  •    魔性のオトコⅠ ⑤
    2020/02/21 01:13

       魔性のオトコⅠ ⑤

    第五章 それぞれの朝──合宿終了 午前六時。目を覚ますと、室内には薄日が差していた。しばらくぼんやりしていたが、昨夜の顛末を思い出した大和は「やべっ」と起き上り、辺りを見回した。 武流は自分の布団に戻っていた。大和が寝ている間にそうしたのだろう。ホッしてさらに窺うと、照も素直も未だ布団の中で、やれやれと息をつく。 トイレを済ませてから洗面所へ、鏡に映った自分は明らかに疲れていた。やつれていると言ってもいい。「マジであの婆さんの言ったとおりになってもうたな……」 『これからますます激しくなる。酷なようじゃが、そなたのさだめとして受け入れるしかないのう』『そなたは男でありながら男を惹きつける色香、…

  •    魔性のオトコⅠ ④
    2020/02/21 01:13

       魔性のオトコⅠ ④

    第四章 それぞれのイケナイ夜 食堂にある食卓のひとつを卓球部の七人が独占して座り、夕食の時間が始まった。 楽しみにしていた食事だが、胸に重いものを抱えてしまったせいか食欲が湧かない。『美味しいお刺身』を前に、箸が進まない大和を見て、隣の椅子に腰かけていた素直が問いかけた。「大和くん、どうしたの? 部会の時はお刺身、お刺身って楽しみにしていたのに」「うん、ちょっと食欲不振で」「具合でも悪いの?」「すぐに治るって。心配かけてごめんな」 それでも大和の不調は皆に伝わり、つと立ち上がったのは津凪で、彼は珠子に胃腸薬があるかと訊ねたが、あいにく切らしているとのことだった。「ここから薬局まではちょっと遠い…

  •    魔性のオトコⅠ ③
    2020/02/21 01:13

       魔性のオトコⅠ ③

    第三章 直前強化合宿 ディック杯は五月の連休後の第三日曜日、五月二十日に実施される。 大会前にたっぷりとれる休み、すなわちGWを利用して『直前強化合宿』を行おうと提案したのは照であった。 それは彼の叔父が経営する海辺の民宿に泊まり込み、朝から晩まで卓球ずくめというヘビィな企画だった。 照の叔父、寿年徳(ことぶき としとく)という人は無類の卓球好きで、照が卓球を始めたのも彼の影響だった。いつかは世界の檜舞台に立てる選手に、と夢を追っていた年徳だが、それも叶わず実家の民宿の後継ぎとなった。 だが、彼は卓球をやめてしまったわけではない。いつでも練習できるようにと庭の一角に卓球用の練習場を増築し、希望…

  •    魔性のオトコⅠ ②
    2020/02/21 01:12

       魔性のオトコⅠ ②

    第二章 卓球部始動 紆余曲折を経て、佛真高等学校男子卓球部は一人前の運動部として、本格的な活動を開始した。問題児二人が部員として名前を連ねているという不安材料はあるが、それでも新たな一歩を踏み出したのである。 練習場所は今までどおりプレイセンターを使用。また、最初の部会にて、副部長には素直が選ばれたのだが、二年生二人がガラではないのだから妥当だろう。 まずは筋力アップのトレーニングと基礎練習を並行して行い、増田産業主催の卓球大会で──社長がやはりディック・グリーンバッグ選手のファンなので、ディック杯と名づけられている──一勝をあげることが当面の目標に掲げられた。 それにしても、クセ者揃いのメン…

  •    魔性のオトコⅠ ①
    2020/02/21 01:12

       魔性のオトコⅠ ①

    第一部 結成! 新生卓球部の巻 第一章 男難の相 「……これ、そこの少年」 スタスタ。「これ、ちょっと待て」 スタスタスタ。「待てと言っておるのに」 スタスタスタスタ。「待てと言うのが聞こえぬのか!」「だぁーかぁーらぁ。さっきからやかましいな、いったい誰や」 早朝の通学路で始まったこの奇妙なやりとり、くるりと振り返った財前大和(ざいぜん やまと)は声の主を見て、きょとんとした。 そこにいたのはちっぽけな老婆だった。長く伸ばした白髪に尖がった鼻、鋭い目つきはまさに魔女。しかも真っ黒なマントを羽織って、トンガリ帽子を頭に乗せた、いかにも魔女の見本みたいな格好をしていたのである。「何や、バアさん。ワ…

  • らくがき・蒼姫
    2020/02/21 00:18
  • お互いに素顔しか知らなかった、、
    2020/02/20 23:19

    お互いに素顔しか知らなかった、、

    成人式でのこと、、中学時代のA子とB子が数年ぶりに会場で出会った、、「えっ、もしかしてB子?、、」「あ~、あなた、A子じゃないの?、、」と、、お互い5年前...

  • 願いが1つだけ叶う/全部叶う
    2020/02/20 21:54

    願いが1つだけ叶う/全部叶う

    困った時にお願いするのが、「神さま」、「仏さま」、そして「お地蔵さま」です。今回は「お地蔵さま」の話です。 どんな願いでも聞いて下さるお地蔵さまはだめです。どんな願いでも「1つだけ聞いて下さる」お地蔵さまが良いのです。私は「新型コロナウイルスが今すぐ終息

    ひろ テーマ:文学
  • おかえりなさい、シンデレラ 第12章 いざ、突破! 8
    2020/02/20 20:48

    おかえりなさい、シンデレラ 第12章 いざ、突破! 8

      自分だって本当は…とても不安で怖いのだ。もしかしたら、また、あの不審者が現れないとも限らない…それでもなぜか、今 外に出かけないといけない…と、なぜか信子…

  • この勝負、あなたに軍配!
    2020/02/20 20:26

    この勝負、あなたに軍配!

    ドイツで生きていくには、女性は堂々と強気で主張を持って生きていかなくてはならない、との記事を見かけた。 ”確かになぁ”と思う反面、それにどうしても同意できない自分もいる。 欧米の女性たちは、”俺に任せてくれよ!”と胸をドンと叩く男性なんか待っていない、自分で敵と対峙もするし、自分の身は自分で守る。 一人の人間としてそれは当たり前のことではないかと私は思っている。 そんな意味で女性たちが強くあるべきだ、というのならば私は無条件に賛成をする。 しかしガンガンとヒステリックに自分の言いたいことだけを攻め立ててくるこちらの女性たちを見ていると、全く魅力的には見えないし、そんなのには絶対に感化されたくな…

  • 【honto発売日:2020/02/20】2月新刊の角川文庫(2/21日発売)
    2020/02/20 19:28

    【honto発売日:2020/02/20】2月新刊の角川文庫(2/21日発売)

    JUGEMテーマ:読書「彼女の色に届くまで/著者:似鳥 鶏」彼女の色に届くまで(1)posted with ヨメレバ似鳥 鶏 KADOKAWA 2020年02月21日 楽天ブックスAmazonKindle7nethonto

  • 【honto発売日:2020/02/19】2月新刊のマイナビ出版ファン文庫(2/21日発売)
    2020/02/20 19:27

    【honto発売日:2020/02/19】2月新刊のマイナビ出版ファン文庫(2/21日発売)

    JUGEMテーマ:読書「あやかし動物病院の診察カルテ2(仮) /一文字鈴(著) 大城慎也(イラスト) 」あやかし動物病院の診察カルテ 〜五十年越しの初恋〜posted with ヨメレバ一文字鈴(著)/大城慎也(

  • 獺祭魚(かわうそうおをまつる)
    2020/02/20 18:23

    獺祭魚(かわうそうおをまつる)

    「獺祭魚」? あれ、どこかで見たことがあるような……? と思った方は、きっと日本酒通(笑)そう、獺祭(だっさい)の語源です。蔵元の旭酒造さんの公式HPにも記載がありますが、さらにルーツを辿っていくと、六世紀の中国華北地方にまで辿り着きます。

  • 「この人の語らいは、まさに芸術」と評判の婦人が、鹿児島県の沖永良部島で活躍している。
    2020/02/20 18:17

    「この人の語らいは、まさに芸術」と評判の婦人が、鹿児島県の沖永良部島で活躍している。

    「この人の語らいは、まさに芸術」と評判の婦人が、鹿児島県の沖永良部島で活躍している。 入会61年目。125世帯に弘教を実らせた“対話の名手”である。 実は生来…

  • イラスト★129〜SECHS1女の子4人『もうすぐ春ですね』+ヘッダー更新12。
    2020/02/20 16:53

    イラスト★129〜SECHS1女の子4人『もうすぐ春ですね』+ヘッダー更新12。

    本日2度目の更新はイラストです(*^^*)    イラスト★33以来のSECHS1女の子4人です(*´▽`*)  『もうすぐ春ですね』イラストです(*'&ome

  • 【下ネタは嫌われる?】”好かれる下ネタ”で女性にモテる方法!<br />
    2020/02/20 12:00

    【下ネタは嫌われる?】”好かれる下ネタ”で女性にモテる方法!<br />

    あなたは下ネタを話すのは好きですか? 好きな女性の前でも平気でガンガン、下ネタを話せますか? 下ネタを話すのって結構楽しいですよね! 会話が…

  • 私の好きなイラスト達『西村玲子のサマーセーターブック』
    2020/02/20 09:12

    私の好きなイラスト達『西村玲子のサマーセーターブック』

    好きなイラストレーターさんは、何人かいます。 他に永田萌さん、黒井健さん、シム・シメール等はそうです。 でもあまり画集を買いあさったりすることは無くて。 西村玲子さんの本で持っているのは、 [西村玲子のサマーセーターブック]1冊のみ。 モロ影響されてみました(絵柄は違うけど)。お花は野菊。無料です下のリンクからどうぞ。 お花畑の少女 色鉛筆 パステルイラスト - No: 1854292/無料イラストなら「イラストAC」 昭和60年に出た編み物のテキスト本で、子供の時家にあって見てました。 編み物は全く不得意だけど、本の内容が素敵なんです。 西村さんのイラスト+手書きエッセイに近いですね。 出典…

  • ss200219遅れてきた・・・
    2020/02/20 07:48

    ss200219遅れてきた・・・

    4コマ、ショートショートを主に掲載しています。お茶目でかわいい宇宙人がツッコミいれてます。宇宙人目線の地球雑貨をご紹介の「宇宙雑貨ぷりちーぴ」もよろしくちーぴ→https://prycheepi.web.fc2.com

  • 【漫画】エモい!…『古見さんは、コミュ症です。』16巻の感想
    2020/02/20 07:38

    【漫画】エモい!…『古見さんは、コミュ症です。』16巻の感想

    今回もちょくちょくええ話はさんでくるやないかーい! いや~、今回も体育祭だったり古見父と息子の交流だったり猫カフェだったり…エモいシーンがたくさんありましたね。(エモい=エモーショナルの略らしい。心を動かされた時に言う) それぞれのキャラクターが生き生きとしており青春を感じさせてくれるのがこの作品の魅力だと思います。 というわけで16巻の感想書いていきます。 おすすめ度 あらすじ 感想 エモい古見さん イケメン父ちゃん 面白クラスメイト まとめ 関連記事 おすすめ度 ★★★★☆ 主人公とヒロインだけでなくちょくちょくサブキャラの恋愛模様もはさまれているのが良いですね。 あらすじ 秋を謳歌するコ…

  • 【漫画】2020年3月の気になる漫画発売日まとめてみた(下旬)
    2020/02/20 07:38

    【漫画】2020年3月の気になる漫画発売日まとめてみた(下旬)

    実は今も時々アニメ『上野さんは不器用』の1話を見てしまうことがある! ※上の画像は『氷属性男子とクールな同僚女子』の画像なので間違えないように注意 あの意外性のある展開と上野さんの「飲めよ~…」というセリフが好きなんですよねw ↓ 気になる方はこちらからどうぞ(登録なしで無料で1話が視聴可能です) www.nicovideo.jp さて…今回も3月発売の気になる漫画を紹介していきます。今回がラストの下旬となります。 ↓ 上旬はこちら www.kakuregasyomou.com ↓ 中旬はこちら www.kakuregasyomou.com ちなみに下旬で特に気になるのは… ・『氷属性男子とク…

  • 【漫画】別にエロいのが目的じゃないんやで…最近読んだ漫画(2020年2月)
    2020/02/20 07:38

    【漫画】別にエロいのが目的じゃないんやで…最近読んだ漫画(2020年2月)

    ラブコメとエロスは紙一重… 「ラブコメ=愛=性的表現」となるためラブコメ好きとしてはどうしても避けては通れない道なんですよね…。 どんなに避けようと思ってもラッキースケベな描写がある作品を手に取ってしまうわけでして…期待してしまうのは仕方のないことなんですよ。 というわけで今回は3冊となります。 ゴブリンスレイヤー 9巻 どらコン! 2巻 あつまれ!ふしぎ研究部 8巻 ゴブリンスレイヤー 9巻 // リンク おすすめ度:★★★☆☆ 雪山が舞台の令嬢剣士救出編開幕! ゴブリン絶対殺すマンの主人公が奇策を用いて仲間たちとともに戦い抜いていく物語の9巻です。 今回の見どころは神官がゴブリンスレイヤー…

  • 【漫画】やっと付き合い始めたか…『川柳少女』12巻の感想
    2020/02/20 07:38

    【漫画】やっと付き合い始めたか…『川柳少女』12巻の感想

    もう始めから付き合っていたようなもんだったからな~ ついに七々子とエイジが付き合い始めることになりましたね~。 でも最初から半分付き合っているようなもんでしたから告白に関してはそれほどテンション上がりませんでした。 それよりも部長率いるキューピッド部や付き合いだした二人のイチャイチャっぷりにニヤニヤしましたね。 というわけでコメディ部分の面白さがより際立った『川柳少女』12巻の感想を書いていきたいと思います。 おすすめ度 あらすじ 感想 五町終了のお知らせ イチャイチャする七々子とエイジ 恋のキューピッド部 七々子の親父 まとめ 関連記事 おすすめ度 ★★★★☆ 七々子とエイジが付き合うことに…

  • 【本の感想】高嶋哲夫『イントゥルーダー』
    2020/02/20 07:37

    【本の感想】高嶋哲夫『イントゥルーダー』

    高嶋哲夫 『 イントゥルーダー 』は、ミステリというより人間ドラマとしてよく出来た作品です。昔の恋人から突然告げられた息子の存在。そしてその死。主人公は戸惑いつつも我が子の犯罪容疑を晴らすために奮闘します。原発問題に関して未来を予見したような結末には驚きです。 作品 の評価:★★★☆☆

  • 【読書】一瞬で人生を変えるお金の秘密 [ Ken Honda ]
    2020/02/20 05:36

    【読書】一瞬で人生を変えるお金の秘密 [ Ken Honda ]

    本のタイトル・作者 ​ 一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money [ Ken Honda ]​ この本はどんな人におすすめ? ・お金を使うことに罪悪感を覚える人 ・お金のことに不安を抱いている人 ・お金を使いす

  • 冒険の旅へ出かけよう! 宝の島 続編 第1章 タイムカプセルに夢を乗せて…6
    2020/02/20 01:35

    冒険の旅へ出かけよう! 宝の島 続編 第1章 タイムカプセルに夢を乗せて…6

      岸本先生が箱から取り出したのは、ステンレス製の水がめのような形の物体だった。大きな…といっても、ミカン箱の中に入るくらいの大きさで、漬物のカメくらいのサイ…

  • 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)
    2020/02/20 00:52

    土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

    「土脉潤起」の意味は、雪が解けて大地が潤い、いよいよ植物が芽吹き始める様子のこと。農家としても馴染み深い季節です。というもの、冬は田んぼが雪に埋まってやることがないのですが、そろそろ農作業の準備に入るのですよね。愉快な両親も明後日にはバリ島から帰ってくる予定です。

  • 自分が本来もつ「脳力」を引き出す!小田全宏 さん著書の「頭がいい人の脳の使い方」
    2020/02/20 00:21

    自分が本来もつ「脳力」を引き出す!小田全宏 さん著書の「頭がいい人の脳の使い方」

    小田全宏 さん著書の「頭がいい人の脳の使い方」を読みました(*^-^*)📚 アクティブ・ブレイン協会会長の著者さんが、『頭がいい人の脳の使い方』と題して、自分が本来もつ「脳力」を発揮するための”正しい脳の使い方”を解説してくださる一冊です。 頭の回転が遅くなったな〜。そんな風に感じたことはありませんか? 本書は、誰もが脳のパフォーマンスを上げることができると提起し、自分が本来もつ「脳力」を引き出す、脳を正しく使う46のコツが書かれています。 頭の回転が遅くなった…。記憶力が衰えてきた…。物忘れも多くなった気がする…。 年齢を重ねると、こうした悩みを抱える人は多いでしょう。そして浮かぶのは「衰え…

  • 女性がわかる、女性がうごく!有川真由美 さん著書の「職場の女子のトリセツ」
    2020/02/20 00:21

    女性がわかる、女性がうごく!有川真由美 さん著書の「職場の女子のトリセツ」

    有川真由美 さん著書の「職場の女子のトリセツ」を読みました(o^^o)📚 作家の著者さんが、『職場の女子のトリセツ』と題して、女性に届く”コトバ”を持てば男性も女性も成長できると提起し、”コトバ”を生み出す女性との接し方を解説してくださる一冊です。 女性目線で語る、女性との上手な接し方、動かし方のコツが満載です★ 職場で女性と関わるのはなんとなく苦手。そんな悩みを抱えていませんか? 本書は、さまざまな職場を経験した著者が、女性目線で徹底的に考えた”コトバ”と”行動”を示しながら、「職場の女性とどう接すればうまくいくのか」という男性の疑問に答える内容が書かれています。 女性目線で書かれた、男性向…

  • らくがき・七海
    2020/02/20 00:02

    らくがき・七海

    にほんブログ村らくがき・七海

  • 【新刊メモ】天然生活「がんばりすぎないお弁当」、「ねこチラ」、「石川ゆみの着るもの、袋もの」ほか
    2020/02/19 23:58

    【新刊メモ】天然生活「がんばりすぎないお弁当」、「ねこチラ」、「石川ゆみの着るもの、袋もの」ほか

    暮らしの本・雑誌発売日 » 2020.02 小説・エッセイ発売日 » 2020.02 新刊追加、更新メモ 03/26『いかがなものか』群ようこ 03/11『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』大前粟生 03/11『ねこチラ』パイインターナショナル 02/29『石川ゆみの着るもの、袋もの』石川ゆみ 02/20『天然生活 2020年4月号 特集:がんばりすぎないお弁当』扶桑社 02/14『修道院のお菓子 (天然生活の本)』丸山久美 02/14『四角い布か...

  • 【書評】虚構推理
    2020/02/19 23:46

    【書評】虚構推理

    どうも。takaです。今回は城平京氏の作品「虚構推理」について書いていきたいと思います。 虚構推理 (講談社文庫) ストーリー 怪異達の「知恵の神」となった引き換えに一眼一足の身となった岩永琴子、幼少期に人魚とくだんの肉を食べたことで不死身になり、「未来を自分の望むように変えることが出来る能力」を手に入れた桜川九郎の2人が、ある市で事故死したアイドルの姿をしており、夜に現れて鉄骨を振り回し、周りの人を襲うと噂されている「鋼人七瀬」に関する事件を解決させる物語で、また、2人の恋要素も入っています。 真実は絶対に知りたいものか? 現実だと事件が起きたら周りは真実を知りたいと思います。真犯人が誰なの…

  • 【書評】クローバーナイト
    2020/02/19 23:46

    【書評】クローバーナイト

    どうも。takaです。今回は、辻村深月さんの作品、「クローバーナイト(光文社文庫)」についての感想を書いていきます。 クローバーナイト (光文社文庫) ストーリー 鶴峯家の夫、鶴峯裕は妻である志保、四歳の長女の莉枝未と二歳になる長男の琉大の四人暮らしで、共働きであるために二人で協力して子育てをする日々を送っています。 そんな鶴峯家がママ友等から子育てに関する悩み等が出てきて、一緒になって問題の解決に取り組んでいく。最後の章以外はそのようなストーリーです。 子育ては協力してすること この作品で出てくる人達は、子供を保育園に入れるための活動、言わば保活や、受験等、子育てについて様々な悩みを抱えてい…

  • 【書評】僕は僕の書いた小説を知らない
    2020/02/19 23:46

    【書評】僕は僕の書いた小説を知らない

    どうも。今回はこちらの小説、「僕は僕の書いた小説を知らない(双葉文庫)」の感想について書いていきます。 僕は僕の書いた小説を知らない (双葉文庫) ストーリー このお話の主人公は、昨日の記憶を保持出来ず、仕事を覚えたり、新しい人間関係を作ることが困難なので会社に入ってもうまくやっていけないと思い、就職することを諦め、小説家として生きていこうと決意し、毎日記録を書いて翌日になったら前日書いた記録を見てそれを参考にしながら小説を書いていきます。 記憶が失われるためか、日付毎に文章も同一人物だけど違う人物だと感じるように書かれています。読んでいてまるで主人公の中には何人もの人格が宿っているみたいに感…

  • 七夕 (俳句)
    2020/02/19 23:27

    七夕 (俳句)

    七夕や 棚でバタバタ きりぎりす 投稿者:詠み人知らず  (初出 不明)   選: 庵祖兄[編集長-ひとこと] 今から16年ほど前に某夕刊紙で取材の仕事を請け負っていた頃、そこの編集部の人にこの俳句の存在を教えていただいた。 その当時で80代という老女で、老人ホームにいるということ以外は不明。 でも、この句を口にすると、なんというか、、、 語感からエナジーが、ほとばしるというか、、、 それ以来、僕の俳句...

  • おかえりなさい、シンデレラ 第12章 いざ、突破! 7
    2020/02/19 21:02

    おかえりなさい、シンデレラ 第12章 いざ、突破! 7

      急に 腹が決まったミキ…ならば、思い立ったら吉日!早い方がいいのではないか、と思う。「じゃあ、マーサさんがいなくなったタイミングで、お庭に出ましょう」誰も…

  • 僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第19話
    2020/02/19 20:21
カテゴリー一覧
商用