韓ドラ二次小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/09/22 23:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
ハルさん
  • 情報提供貴方と私の世界89 チェヨンに恋して〜信義の二次小説〜ハルさんのプロフィール
  • 俺は病院でク・ウォルリョンと話しをしてからマンションに戻ってきた。 寝室の前でアンジェはウンスの様子を伺っていた。「何かわかりましたか?」アンジェが心配そうな表情で俺を見て声を掛けて来た。 「もういい。下がってくれ。」そう言うとアンジェは何も聞かず、俺に頭を下げてから部屋を出て行った。ク・ウォルリョンの話しはアンジェとユチョン、それから、チャン・ビンにも話をしておいた方がいいだろう。 これから俺が不

2位
haruさん
  • 情報提供無花果 ムファグァ 其の十壱 haruの徒然なるままにシンイの世界に魅せられてharuさんのプロフィール
  • チュンソクは二晩続きで早くに屋敷に戻って来ていた出迎えの女中頭ゲファが申し訳なさそうにチュンソクに伝えた お帰りなさいませ 旦那様奥様は医仙様のところへお出かけになったまままだお帰りになっておらず・・・ そうか・・・ミョンもか? はい・・・ いつも賑やかに出迎えてくれるポムの姿が見えないだけで思った以上に屋敷ががらんと感じチュンソクは心なしか肩を落とした 毎日が驚くべき平和な日々で屋敷に帰れば愛し

3位
さらんさん
  • 情報提供2016再開祭 | 茉莉花・卅肆 信義(シンイ)二次創作物さらんさんのプロフィール
  • 「大護軍。こいつは」 迂達赤の厩舎番はチェ・ヨンが牽いて来た栗毛の仔馬をじっと見る。 チェ・ヨンが頷きながら仔馬と共に厩舎へ踏み込むと、その横に着いた厩舎番が仔馬の毛並みを撫で、その馬体を確かめる。 「良さそうな馬ですね」「鍛えてくれ。軍馬として物になるかは判らんが」 「それは勿論構いませんが」 チェ・ヨンの手で奥へと牽かれつつ、仔馬は耳を立て辺りを黒い目で見回すと、一頭の馬の前で足を止めた。
4位 junjunさん
  • 情報提供めぐり逢い、そして・・・ 66 時をこえて・・・《シンイ2次小説》junjunさんのプロフィール
  • ヨンに翻弄されるまま、一夜を過ごしたウンスはヨンの腕に抱きしめられたまま、朝日の眩しさで目が覚めた。 『目覚めましたか・・・?』 「あ・・・おはよう・・・」 漆黒の優しい瞳がウンスを包み込む。 『昨夜は・・・体・・・辛くないですか?』 「ん・・・ちょっと、だるい・・・かな・・・」 ウンスは、ヨンの胸に顔を摺り寄せるように甘える仕草で答えた。 『朝餉をこちらに運ばせますか?』 「ううん・・・ウォンソンとユ
5位 haruさん
  • 情報提供無花果 ムファグァ 其の十弐 haruの徒然なるままにシンイの世界に魅せられてharuさんのプロフィール
  • 風呂から上がったチュンソクをポムとミョンが待っていた お帰りなさいませ 旦那様お出迎えしなくてごめんなさいでする〜 いや それは良いが医仙様のところへ行って来たのか? はい乳母のこと 聞いて来たでする で? えっと医仙様の一存では決められないって上護軍のお考えもあるし医仙様も乳母のことは考えておいででした そうであったか チュンソクはほっとした顔を気取られぬように答えたポムの思うようにさせてやり
6位 でんべさん
  • 情報提供木春菊  [偕老同穴] 66 シンイ二次小説でんべのブログでんべさんのプロフィール
  • 半刻程過ぎると王様が王妃を連れだって顔をお出しにあられる。「差し入れじゃ。ドチ」「はい。」ヨンを筆頭に片膝を着き頭を垂れ左右に別れお通りになられる道を作る。「肩苦しい挨拶は抜きじゃ面を上げよ」お越しになられるであろうと上座に席を設けていた。案ないされお二人は腰を下ろされる。「はっ!このようなむさ苦しい所までお越し下さり、誠に忝なく恐悦至極に存じ上げます。」「大護軍。そちが賢ばっては、皆が面をあげら
7位 lemarさん
  • 情報提供HUNDERTEINS101 信義 the faith as fan fictionlemarさんのプロフィール
  • 「それより、覚えてる?貴方、私にプロポーズしたのよ。」「ああ、勿論。行こう。」チェ・ヨンは繋いだ手を引き寄せると「どこ?どこいくの?」何を思っているのかチェ・ヨンは悪戯を思いついた子供のように秘密めかして小首をかしげると「さあ、どこだと思う?」ウンスの耳元で囁くように言って大股で歩き始めた。ウンスはチェ・ヨンに小走りについて行きながら― こんな顔もするんだウンスが見上げるとチェ・ヨンは本当に子供っ
8位 ジャスミンさん
  • 情報提供Destiny 3 シンイ*時々里便りジャスミンさんのプロフィール
  • 「貴女は眩しいほどの気の色をしている」そうヨンが言った「私に元気をくれるのです」そうとも言ったピロートークだと思った甘い言葉だとうっとり聞いていたけど まさか、本当にそう言ういう意味だとは考えなかった確かに雷攻を放つと身体に負荷がかかる当然だろう私の前では崩れたことがないから知らなかった私の前で雷攻を放つたことなど一度しかないからその後、私はすぐ気を失ったし私は護られているだけでヨンの身体の負担を
9位 ハルさん
  • 情報提供貴方と私の世界90 チェヨンに恋して〜信義の二次小説〜ハルさんのプロフィール
  • マンションに引っ越した日の次の日、ヨンを見送った後に、少し早めに病院に行った。整形外科病棟のナース室に寄って、一応帰って来た事を知らせていく。 ナース室を覗くと、そこにはウォルリョンの姿が見えた。「あれ?ウォルリョンどうしたの?」 「夜勤を終えて帰る所なのだが、ウンスの顔を見てから帰ろうと思ってな。」 あぁ…。ウォルリョンも昨夜の騒動を知っているから気にして来てくれたのね。 「ウォルリョンも心配して来
10位 さらんさん
  • 情報提供2016再開祭 | 茉莉花・卅伍 信義(シンイ)二次創作物さらんさんのプロフィール
  • 「王様」 「うむ」 チェ・ヨンが声を改めて呼ぶと、王はゆっくりとその眸を見る。 「人貢について」 「雇い主に収める奴婢の税だな」 「今一度お改めの機会を」 「人貢・・・」 王が玉座の肘掛に頬杖を突いた。 「確かにな。所詮納めるのは主が奴婢に支払ったものだ。結局は主はそれを掠めて、奴婢をただ働きさせている計算になる」 「は」 「課税の線も曖昧だ。今一度枢密院で僉議しよう」 「は」 「しかし此度は人貢を払う馬
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 さらんさん
  • 情報提供2016再開祭 | 茉莉花・卅陸 信義(シンイ)二次創作物さらんさんのプロフィール
  • 「仔細については一切他言出来ませぬ」 判院事がそれを不安に思うのは、自身に後ろめたさがあるからだ。しかしそれが仕来りだ。王との拝謁時の話の内情、まして人払いの中で交わした報告がどれ程重要なものなのかは、高官であるこの判院事なら判っていて当然だろう。 しかしこの丸々とした男には、厳然たる仕来りよりも守りたいものがあるらしい。 「まさか、琴珠の」 「大監」 此方が敢えて黙っているのに、どこに噂雀が隠
12位 junjunさん
  • 情報提供bonds of love〜愛の絆 47 時をこえて・・・《シンイ2次小説》junjunさんのプロフィール
  • ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「めぐり逢い、そして・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚
13位 ミルクさん
  • 情報提供妻の秘密 〜 正面突破? シンイ〜信義に夢中ミルクさんのプロフィール
  • イムジャ何をしておる?頭巾の男と話すヨンの隣で手持ち無沙汰にしているウンスにヨンは尋ねる えっ?あ〜チャン先生が来るまでする事がないから...そう話すウンスにヨンは眉をひそめる もう一人、診るべき人が居ったのでは? そうなのでもね、お姉さんが先だと言われて戸を開けてくれなかったの それで?貴女らしくもない諦めて此所で何もせず突っ立っておるのですか? だって... いつものイムジャなら、戸を壊してでも診
14位 ののさん
  • 情報提供夜間警備・9 indigo&madder〜信義〜シンイの小部屋ののさんのプロフィール
  • 夜間警備・9「なぁ、トクマン。お前の…今迄の遍歴を言ってみろ」夜間警備の配置に就き、一段落着いた頃トルベがそう言って聞いた「へ…遍歴って…、何のだよ?」そう、答えるとトルベが平手で頭を叩く「痛って!」叩かれた頭を撫でると、呆れた顔したトルベが此方を見て言う「ばぁ〜か!決まってるだろう?お前のあんまりの初心さに俺までテジャンに睨まれて、プジャンからの注意を俺が受けて…今日と言う今日こそ、きっちり話し
15位 junjunさん
  • 情報提供めぐり逢い、そして・・・ 67 (完) 時をこえて・・・《シンイ2次小説》junjunさんのプロフィール
  • 穏やかな朝餉のひと時を過ごしたヨンとウンス、そして二人の子供たち。 ヨンは、このひと時を後ろ髪をひかれる思いで皇宮へと出仕する。 出仕の準備を手伝うウンスに 『今日から、医院へいくんですね。くれぐれも、無理はしないように。 必ず、アイルとソヨンを連れて・・・それから、一人で患者を診てはなりません。テマンをつけておきますので、何かあれば、必ず知らせを・・・』 ヨンは、こと細やかに注意を告げる。 「・・・
16位 ジャスミンさん
  • 情報提供Destiny 4 シンイ*時々里便りジャスミンさんのプロフィール
  • 何故?机上でゴタゴタとうるさいのだろう血を流すのは兵士達なのに勿体ぶって同じことをなぞるだけの重臣達良く王がその茶番にキレないで付き合えるのか?頭が下がる丸く収めるための手順だと笑っていなさった忍耐の方だ 戦場に行くことになるだろう長くかかる戦さになる我が妻は薄々知っているだから、品薄になる薬草を大量に急いで取り寄せた典医寺明日から典医寺も忙しいだろう 「さあ、行きましょうか?」我が妻は「うし!」と
17位 伽羅さん
  • 情報提供4年後迄… 女難噺10 〜伽羅の仏に箔を置く〜伽羅さんのプロフィール
  • 「何が、一体どうなってるのだ?!」部下の報せを聞いたカン・ミンソクは、激しく激昂していた卓にある書や何やらを全てひっくり返し、報告にくるもの達に罵声を浴びせ、中には逆鱗に触れたのか、斬り捨てられたものもいるその阿鼻小胆の光景に、皆、震え上がっていた何故、そんなことになっていたのかそれは、カン・ミンソクが裏の方で特に贔屓にしていた商団が解体され、得た利は全て国庫に集約されてしまったカン・ミンソクの
18位 lemarさん
  • 情報提供HUNDERTZWEI 102 信義 the faith as fan fictionlemarさんのプロフィール
  • ホテルの出入り口では訳アリに見えるカップルが立ち止まって深刻そうに話していた。― もういい歳だし、  勿論、結婚するっていうんだから  その覚悟はできてるけど…。どうやら、渋る男を女が説得しているようだ。ウンスが余りじろじろと見ているとその女はウンスをひと睨みして男の手を強引に引いてホテルの中に入っていった。「…どうしたの?知り合い?」「えっ、違うわよっ全然。」ウンスがぶんぶん首を振りながら否定す
19位 でんべさん
  • 情報提供木春菊  [偕老同穴] 67 シンイ二次小説でんべのブログでんべさんのプロフィール
  • 王様。王妃様がお戻りになりウンスの私室には叔母様とトクマンアル。ミント。ヘジンとテマン典医寺の仲間が残った。「あの医仙様・・・」「どうしたのポン?」「はい。私決めました!春に薬医員の試験を受けて見ようと」「まぁ…決心したのね。ポンならきっと大丈夫よ。だってトギが教えて要るんだもの…この開京でトギが作る薬草の右出るひとはいないわ…ふふふ」「はい。そう思ってしっかり頭に叩き込みました。調合を重ね作って
20位 kichou0720さん
  • 情報提供埋めていく溝−誰か教えて 小さな言い訳kichou0720さんのプロフィール
  • 「バカだぁ、目の前に大バカもんがいる。うひゃーー」公園の片隅。並んでブランコを漕ぐ男が二人。「そんなに笑わないでよ。先輩にしか話せないから、こうして恥をしのんで・・・」「いやぁ、ごめんごめん」タンは、ヒョシンが撮影しているという公園に出向いてきた。十二月の寒空に、雪待ち休憩となったヒョシンをつかまえて、浮気がばれてしまったことを告白し、バカ扱いされている真っ最中。長い脚を持て余しながら、ブランコを
21位 朧さん
  • 情報提供[SS]月に心はあくがれて… 朧月夜に君を想う朧さんのプロフィール
  • 面に刻まれた悪しき傷醜悪と眉を潜められた其れに、何の躊躇いもなく触れる指先― 手に収まる傷ぐらいで…そんな風に言って微笑むのはお前だけなれば、私の心はもう迷わぬ― 私はお前のものだ …時折、そよぐ吐息其れがあまりにも芳しく、そっと目を開けると、ふれるほど近くに迫る可憐で美しい相貌視線が絡む何故か… 高鳴る鼓動甘い響きが胸を打つ揺れる心惹かれて止まぬ瞳言葉を交わすだけで弾む胸の内それが漸くひとつに
22位 バブルぅさん
  • 情報提供ユニの沈黙7 Funny storiesバブルぅさんのプロフィール
  • 【成均館儒生たちの日々】に登場するキャラクターを、勝手に現代に置き換えた二次創作です。原作やドラマ版から引用した部分もありますこと、ご容赦ください。ソンジュンが誘った映画は、動物たちのさまざまな生き方を描いた、ネイチャードキュメンタリー。ユニもちょうど見たかったと、ソンジュンを喜ばせた。大きな映画館なのに、平日のせいか観客はまばらで空席が目立つ。一つ前の席に若いカップルがやってきて座り、人目も気に
23位 でんべさん
  • 情報提供木春菊  [偕老同穴] 65 シンイ二次小説でんべのブログでんべさんのプロフィール
  • 「ヨン。お願い」ウンスが小声でヨンに挨拶をと促す「・・・皆。よう集まってくれた。倅ソマンが無事ここまで育ってくれたのも、皆の教えがあってこそ礼を言う」「「・・・大、大護軍・・・」」鬼神と言われる大護軍が軽くではあるが、頭を下げたのだざわざわと動揺が走る。嵐が来るかと、トクマン等は夜空を見上げにそとに出た程だ。賢ばった席は苦手とばかりにふて腐れ席にどかりと腰をおろすヨンふて腐れる要因がもうひとつ。艶
24位 ののさん
  • 情報提供私語〜ささめき indigo&madder〜信義〜シンイの小部屋ののさんのプロフィール
  • 私語〜ささめき何時もはあんなに大口開けて話す癖に閨での会話の何と小さな事。耳元で、囁く様に…その、話す一言一言が愛撫の様に感じただじっと聞いているだけだと言うのに頭が真っ白になる貴女お得意の術だ何でもない事を話しているだけだ話す内容だって全く艶っぽくも無いと言うのに俺だけが、身体の奥を熱くする何時もの様に大きな声で話してくれればいいものを…わざわざ、囁くから…その話が終わらぬ内にまた、貴女へ手を伸
25位 はぎさん
  • 情報提供ハナミズキ10 宮の夢空間はぎさんのプロフィール
  • 10「チェギョンさん、もう一つ告白してもいいですか」「何かしら。まだ秘密があるの」「僕も幼い頃、大学生のチェギョンさんを見かけたことがあるんです」「え? イ・シン君も私を」「はい。偶々スヒョンの家に遊びに行っていたことがあって」「… あぁ、そっか。二人は親戚なんだから従兄弟の家に遊びに行くなんてざらだわね。そう言えば、スヒョン君が友達数人といるのを見かけたことがあるかも知れないわ。その中にイ・シン
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 soyteaさん
27位 伽羅さん
  • 情報提供4年後迄… 女難噺9 〜伽羅の仏に箔を置く〜伽羅さんのプロフィール
  • 「隊長?どうしたのです?」テマンは先程から何処となく様子の違うヨンに声をかけたマンボ兄妹のところを後にしてから、ヨンの様子が少し変わったような気がしたからだヨンはテマンを見ずに、空を見上げた蒼白く光る大きな月がふたりを見下ろしているその月に寄り添うかのように、一等星が一際輝いていた「あぁ、大丈夫だ ほんの少しだけ、彼の方から 勇気を貰っていただけだ」そう言って、ウンスがいた頃のような笑みを浮かべ
28位 ハルさん
  • 情報提供貴方と私の世界88 チェヨンに恋して〜信義の二次小説〜ハルさんのプロフィール
  • ウンスが夜中に寝ながら震え、唸っていた。起きてからのウンスの様子も普通ではなかったので、念の為に病院で検査もしたが特に異常は認められなかった。 ク・ウォルリョンは何かを知ってそうだった。奴の元へアンジェを向かわせたが、アンジェには何も語らなかった。 俺は直に話を聞く為にチュンソクと共に病院へ向かっていた。先程降りたばかりの車に乗り込み、病院の前に車を付けた。 チュンソクには車で待機するように伝えた。
29位 kichou0720さん
  • 情報提供問わず語り−落ち着くところに落ち着くものです 小さな言い訳kichou0720さんのプロフィール
  • シャララーン。シャララーン。みなさん。お久しぶり。良い夢見てますか?突然ですが、私です。長い長い時を超え、ようやく二人が縁を結び直しましたね。気掛かりだったでしょう?やきもきしたでしょう?私もです。こんなにも毎日そばにいて、私は何もできなかった。だってそう。私は悪い夢を祓い、良い夢を運ぶだけだから。ねぇ、キム・タン。私、何度も警告したわよね。こうなるって分かっていたから夢の中、何度も教えてあげたの
30位 MARIAさん
  • 情報提供任務・改変 永久(とこしえ)の想いMARIAさんのプロフィール
  •  康安殿からの戻り道、ヨンはふと立ち止まり空を見上げた。太陽は天長を通過し、既に西に傾いている。 ──毎日は分かりませんが、来られたら……。 予めそう言っておいたものの、ここのところ雑事が絶えず、ぱーとなとやらの義務を全く果たせていない。思案ぶかげな眼差しで暫し宙を見据え、ヨンは典医寺に向かって歩き出した。 敷地内に干されている半夏を摘まみあげ、チャン侍医はまじまじと眺めている。出来具合を確かめる
31位 碧玉さん
  • 情報提供Crazy for you 頑張る理由その14 〜カラユニパラレル〜 それからのソンス碧玉さんのプロフィール
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 車がすうっと吸い込まれたのは 車が一台だけ停まることのできる駐車スペース。 休憩なり、泊まりなり、 そのホテルを利用する客達が 鉢合わせしないように、 一台づつ壁で仕切られているのが今風だろうか。 何度か利用したことがあるため、 システム自体は分かっている。 しかし、やはりまだ面はゆい。 今時は、本当に宿泊施設として 利用する人もいるという
32位 はぎさん
  • 情報提供学園祭へ行こう!2 Byはぎ 宮の夢空間はぎさんのプロフィール
  • 2映像科と美術科合同企画のお化け屋敷の準備は着々と進んでいる。ちょっとしたテーマパークのそれに負けないくらいのクオリティーに、校内催し物コンテストで入賞が狙えるのではと生徒たちの仕上げにも熱が入る。その内容はというと、おどろおどろしいというよりは幽玄な雰囲気で、怖いのだけれど美しい、そんな世界観を呈している。「はぁ シンくん。これ凄いわ。想像以上にいいよ。映像も音響もレベル高い」「ふん 当然だ」「
33位 碧玉さん
  • 情報提供Crazy for you 頑張る理由その15 〜カラユニパラレル〜 それからのソンス碧玉さんのプロフィール
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 結果的にベッドにはダイブしなかった。 ユニをそんな風に扱えるわけがないのだ。 抱き上げてベッドの側に行って、 そのまま腰を下ろしたソンジュン。 「シャワーは?」 「後にしようよ。」 どうせ汗をかくよ。 それぐらいの台詞は言えるようになった。  それに、君の汗のにおいも好きだよ。 そんな殺し文句も自然に出る。 読書家だが、恋愛小説はあまり読ま
34位 ちはやさん
35位 子猫娘さん
  • 情報提供パリの恋人 #7 Marriage Preparation Room子猫娘さんのプロフィール
  • 窓から差し込む太陽の光が、灰色のヒョリンをゆっくりと侵食していって、徐々に色付けていく。それを見ていると、同じスピードで、暗闇の中でぎゅうぎゅうと僕の心臓を締め付けた得体の知れない圧迫感が、不思議と和らいでいく気がした。朝が来たからだ。・・・いい眺めだ。少し寝苦しがっている姿からもなんだか目が離せない。こうやって、眠った女を起こしもせず、ただ見つめているなんて、一体全体何年ぶりだろうか。目の前に在
36位 碧玉さん
  • 情報提供Crazy for you 頑張る理由その16 〜カラユニパラレル〜 それからのソンス碧玉さんのプロフィール
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 薄着の季節。 上着代わりのシャツの下は キャミソールだった。 一緒に倒れ込んだ姿勢のまま 袖を抜かせ床に投げ、 自分のシャツも片手で放り投げた。 むき出しになった肩から先が 薄いオレンジの光の室内灯に光る。 夏でも白いその肌。 ソンジュンは愛しそうになで上げた。 普段もベタベタとくっつけない。 それはしたくないのではなくできないのだ。 二人
37位 ののさん
  • 情報提供夜間警備・8 indigo&madder〜信義〜シンイの小部屋ののさんのプロフィール
  • 夜間警備・8「何が…不埒よ。そんな事ばかり言って…惑わしてばかりよね、貴方。」言って女は此方を向いたその瞳は幾つも大きな玉を作り出しては床に向かって落とす悔しそうに泣く女は唇を噛み、ただ…其処で待つ不埒な男が近寄って来るのを。「貴女は…馬鹿な女だな。逃げればいいものを…」そう言うと女は涙もそのままに言う「此処から逃げて何処へ行けって?貴方の側以外私の居られる場所なんて無いのに。」普通、女の涙は美し
38位 ミルクさん
39位 yukiさん
  • 情報提供滑り込みアウトっ。マジ189cmイケメン?現る? 正面突破!イ・ミンホ with シンイyukiさんのプロフィール
  • さっきの続き。ため息がどっさり聞こえてくる。笑笑もー、聞き飽きたと笑笑笑笑。ごめんなさい朝から人身事故で路線変更。今日は都内じゃなくYまでいかねばなりませぬ。遅刻厳禁。これ、当たり前????30分前到着見込んでいちお駅探で時間サーチ昨晩。駅にいってみると人身事故により快速全滅。久々ヒール??なのに階段往復。路線変更。この先なん分につくかは不明。さんざんネット見て楽しんでからようやく駅探??開く。目的
40位 子猫娘さん
  • 情報提供パリの恋人 #8 Marriage Preparation Room子猫娘さんのプロフィール
  • その後、翔とはなかなか予定があわず、会う事が出来ないでいた。私はというと、公演の準備がいよいよ佳境に入り、毎日が「春の祭典の日々」だった。経験してから望むと、その振り付けのリアリティは、ただただ、驚きでしかない。実際のところ、これまでずっと気にしていた、他の女の子とはちょっと違う私の持ち物でさえも、ああいう行為の前では、意外とどうでも良いものなんだという事を知った。そこに凹と凸がありさえすればいい
41位 さらんさん
  • 情報提供2016再開祭 | 茉莉花・卅参 信義(シンイ)二次創作物さらんさんのプロフィール
  • 確信があるわけでもない。かと言って自分が眉を顰めて欝々と杞憂に走っても、何の得にもならない。 正面突破。当たって駄目なら戦法を変えるのみ。 目の前の敵をあるがままに見、その肚裡を読み、半手前に動く。 戦も政も変わらないと、チェ・ヨンは儀賓に向かい合い姿勢を正す。 そして儀賓は改まったヨンの決意をどう受け取ったのか、その目に柔和な笑みを浮かべた。「医仙が弟の家人に典医寺の御薬を使って下さったそう
42位 はぎさん
  • 情報提供ハナミズキ11 宮の夢空間はぎさんのプロフィール
  • 11スヒョンはソン・ユリとのやり取りを悪びれずに説明した。「チェギョンさんを困らせないはずじゃなかったのか、スヒョン」シンが苦々しげに呟いた。「僕はチェギョンさん一筋だからね。周囲にも早く意思表示しておきたかったんだよ。まさかのシンまでライバルになってしまったし。それに、兄貴が帰国してくる前にチェギョンさんとのことを進展させておきたかったんだってば」シンとチェギョンは、は〜っとため息をついたが、ガ
43位 lemarさん
  • 情報提供白秋26 信義 the faith as fan fictionlemarさんのプロフィール
  • 「メヒの家は元に帰服する国に抗して官職を離れてより無官になって久しいが高宗の頃まではこの国の為に尽した功臣の家系だ。叔母上もその旨を鉄原にも伝えたそうだ。」「俺はそんな‥家の事など。」口籠るヨンの戸惑う目の奥に一人の男が揺らめくのが見えたチフは不思議なざわめきを心に覚えたままヨンに「ああ、わかっている。お前の父上も以前家門などは些細なことだと言っておられた。では進めていいんだな。」告げた。「メヒに
44位 朧さん
  • 情報提供[SS]恋ひ恋ひて 朧月夜に君を想う朧さんのプロフィール
  • 子供みたいな言動物怖じしない態度黙って立っていたら人目を引くほどの美しい女人でも………そんな美しいだけの存在には興味はない惹かれるのは私を見る、美しく澄んだ瞳彼女といるだけで、心が弾む胸踊ることのない日々自分の存在はないものと扱われてきたのに彼女といると、自分はひとであると自覚出来る彼女のぬくもりが、自らの身に染み渡るふと、無意識に溢れる笑み彼女がそばにいるときだけ、私が私でいられる唯一の時か
45位 junjunさん
  • 情報提供bonds of love〜愛の絆 46 時をこえて・・・《シンイ2次小説》junjunさんのプロフィール
  • ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「めぐり逢い、そして・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚
46位 ミルクさん
47位 haruさん
  • 情報提供無花果 ムファグァ 其の十 haruの徒然なるままにシンイの世界に魅せられてharuさんのプロフィール
  • ポムは夕方訪れたチェ家の庭に甘い香りが漂っているのを感じ思わず笑みがこぼれた ほらね ミョンヘジャが菓子を作っているですよいい匂い 息子のミョンはよちよち自分の後をついてくるそれがまた可愛い おや ポム様昨日はお顔が見えず具合でも悪いのかと心配しておりましたよ ヘジャの問いかけにポムはヘヘっと笑って見せた きっと持参したムファグァが菓子になっていると思っていたでするヘジャの味付けは美味ゆえ楽しみ
48位 ヅカちゃんさん
  • 情報提供慈愛 愛しき命 73 ヅカちゃんの独り言ヅカちゃんさんのプロフィール
  • 早いものでヨンが暇をとってから2ヶ月近くになろうとしていた時折テマンが屋敷を訪れ迂逹赤の様子や王妃様の様子などを報告してくれているウンスも出産に向けて本格的に動きだしヨンをハラハラさせた『ウンス余り動くでない 腹もデカクなっておると言うに』『過保護な旦那様ね 動いていればお産も楽になるから 悪い事じゃ無いのよ』『そうだとしてもだ加減と言うものがあろう 何故わざわざ離れの掃除など』『無事に出産が済ん
49位 hiroさん
  • 情報提供HOME TOWN 5 Your flavorhiroさんのプロフィール
  • こんばんは??*.。お話、最終話です。ほんわか暖かいお話になったかな?次は、1週間後くらいに更新の予定です^^*
50位 子猫娘さん
  • 情報提供パリの恋人 #6 Marriage Preparation Room子猫娘さんのプロフィール
  • その水玉模様は、随分と昔、目にしたことがあった。高校2年の夏休み明けだった。その頃つるんでいた友達のひとりが、先輩の女としちゃったのがバレて・・・。制裁とかいって、ぼっこぼこにされたそいつの、腕の柔らかいとこに煙草を押しつけられて出来た、いくつかの火傷の跡。それと同じものだと思った。けれど、罪な夏の名残で褐色に日焼けしていたそいつの腕にぽつりぽつりとあった点々模様と、今、目の前にあるもののコントラ
更新時刻:17/09/22 23:30現在