TOPICS

ゲーム小説 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    プロサッカークラブをつくろう! EU ドイツ王者の名にかけて③

    インターナショナルクラブカップ・グループB。バイエルンは1回戦でゲンクを順当に下した。準決勝ではチャールズのキャノンシュートに苦しめられて2点を先行されるも、マカーイの執念で2-2の同点に追い付き初戦はドロー。勝利を懸けた2戦目はチャールズを徹底マークする作戦を取り、他の選手はGKスベン・マルコが防いでいく。その結果2-0で勝ち、決勝へと駒を進めた。ヨーロピアンカップ出場まであと1つ。決勝の相手アトレティコ・マドリードはスペインリーグで毎年上位争いをしている。GKに将来コロンビア代表ゴールを長く守るであろうと言われている21歳のイラゴリー。DFデル・オルノとパブロ・イバニェス、MFビセンテは元スペイン代表、33歳MFペーター・リュクサンはU-20フランス代表の経験があり、FWのガジェッティも元アルゼンチン代表と...プロサッカークラブをつくろう!EUドイツ王者の名にかけて③

    一般ゲーマー

    一般ゲーマーのサカつく欧州記

    読者になる
  • 2位

    プロサッカークラブをつくろう! EU 1935 ドイツ編

    ツアー2戦目、チェコのプラハはクラブランク34位でチェコ最強クラブというだけでなく、ヨーロピアンリーグの常連でもある。マンシャフトはベストメンバーで、この試合に臨むが、ツアーは思った以上に過酷でメッツェルダーやバウアー、ユングニッケルの体の切れが良くなかった。やはり、疲れが残らない部類でのツアーも4試合全て埋めると選手全員が満身創痍になるだろう。ツアーの疲れか、序盤はプラハに押され続けるマンシャフト。それでもピンチを凌いで失点には繋げない。42分、ユングニッケルが切り込んでシュートを決めて先制ゴールを上げる。前半を終わって1-0とリードして後半へ。ツアーは疲れが溜まるというのは本当で、半数の選手に少し疲れが見えていた。若いクルスカに関しては、疲労が著しく出ていて、ここでイェレミースと交替する。76分にラウ、オヴ...プロサッカークラブをつくろう!EU1935ドイツ編

    一般ゲーマー

    一般ゲーマーのサカつく欧州記

    読者になる