TOPICS

ミステリー・推理小説 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    4時起き生活スタート

    大好きなものに囲まれた穏やかな日々。。。 そんな他愛もない日常をボチボチと語っていきます。

    とも

    〜あるがまま〜

    読者になる
  • 2位

    さくらが咲いたら逢いましょう(メディアワークス文庫、渡来ななみ著)

    読んだ本の感想を徒然と、てきとーに、書いてみます。

    NOIRNEMO

    マイペースに本を読んで思うこと・・・

    読者になる
  • 3位

    ヒラヤマ探偵文庫新刊「完訳版・秘中の秘」「九番館」

    Y Hirayama 平山雄一@ヒラヤマ探偵文庫@ShosoinHirayamaヒラヤマ探偵文庫新刊のお知らせ「完訳版・秘中の秘」ル・キュー、平山雄一訳乱歩が幼少期に親しんだ菊池幽芳の翻案を、藤元直樹さんがReClaM誌上で原作を明らかにされましたが、その原作を全訳しました。#文学フリマ

    平山歯科医院

    平山歯科医院日記

    読者になる
  • 4位

    夢野久作『犬神博士』

    犬神博士(角川文庫)夢野久作夢野久作の『犬神博士』を読みました。不思議な能力を持った少年が、各地を放浪したすえに、福岡で炭鉱をめぐる抗争に巻き込まれるという物語です。あの『ドグラ・マグラ』の圧倒的な吸引力に比すれば、いささか物足りないところはありますが……しかし、福岡県民としては、福岡県の地名がいろいろと出てきて、親近感もわいてきます。また、作中にドグラマグラという言葉が出てきてにやりとさせられたりもしました。この作品においてまず注目されるのは、女装の少年という主人公像ですね。古来日本では、世直しとして美少年が活躍します。江戸時代にそういう都市伝説めいたものがあり、歌舞伎なんかでも、そういう演目がよくあるそうです。天草四郎なんかも、感覚としては同じでしょう。そういう点で、『犬神博士』は日本古来の世直し観を反映し...夢野久作『犬神博士』

    ロック探偵のMY GENERATION

    ロック探偵のMY GENERATION

    読者になる
  • 5位

    直木賞の事件簿~真理子、どでかいブーメランを投げるの巻

    中学受験に潜む意外なギャップを紹介していこうと考えているが、さてさてうまくいくかどうか。

    ジャーナル・ギャップ

    中学受験のギャップ・罠・落とし穴

    読者になる
  • 6位

    がちがち、バラバラ 4-5

    「どうしても私を加担させたいようだなぁ」 彼女は舗装路に出ると足並みをそろえた。三神より頭ひとつ分小さい。「……走るわよ」彼女は一言呟く。「誰もいませんよ」「上から降りてくる」三神は言われた先を振り返ったが、子供と大人がそれぞれ二名。興奮する子供の声がここまで届く。「見ないで!」ささやく彼女、前だけを見ている。「もう見てしまいました」「きっかけを作って」「は?」「喧嘩のふりをするの」「追われているのなら、簡単に捕まえに来るって、いいましたけど」「狙っているのが単数だと誰が言った?」「……考えたくはないが、いつかの、その、例の組織が狙っているという解釈でいいんだろうか」「あなた、今日一番頭が回っ…

    conta

    コンテナガレージ

    読者になる
  • 7位

    ジャーナル・ギャップ浮気事件

    中学受験に潜む意外なギャップを紹介していこうと考えているが、さてさてうまくいくかどうか。

    ジャーナル・ギャップ

    中学受験のギャップ・罠・落とし穴

    読者になる