小説ブログ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/01/20 11:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
きらっちさん
  • 情報提供屋烏の愛 37 みおつくしきらっちさんのプロフィール
  • 「ちょうど近くに居たんだ。」 後ろから、ゾクッとするほど艶のある声がした。わざと耳元で言われた気がするんだけど!「あ、そ、そうなんだね。」道明寺のコロンの香り。振り向かなくても存在を強く感じる。つくしはリビングとして使っている部屋に、司を通した。「適当に座ってて。お茶持ってくるね。」「おう、サンキュ。」つくしがキッチンへ向かうと、司はキョロキョロと部屋を見回した。白い棚には沢山のテキストがあり、い

2位
LALAさん
  • 情報提供Chemistry6 LALALALALAさんのプロフィール
  • 司は、途轍もなく不機嫌だった。目の前に置かれたシェフ特製のオムレツは、一口食べただけで放置されている。24時間空調で管理された道明寺家のダイニングは、何故か、永久凍土並みの寒さに満ちていた。メイド達も下を向き、誰一人顔を上げる者は居ない。いつもなら、咀嚼した物を淡々と飲み込み、あの長身を維持するだけのエネルギーを得れば出社する主人。それが今、身動ぎもせず、ジーッとオムレツを睨みつけている。チク・タク

3位
アカシアさん
  • 情報提供恋におちる確率 47 andante*アンダンテ*アカシアさんのプロフィール
  • 眠れなかったと思ったが、いつの間にか眠りにおち、夢も見ることはなかった。そして目が覚めてみると頭はすっきりとしていた。起きると歯を磨き、顔を洗う。時刻は午前6時。冬のドイツの日の出は遅く、1月半ばのこの時期は8時半頃で、カーテンを開けた窓の外は暗闇が広がり、空には月が輝いていた。幸いにも時差ぼけもなく、頭の中は東京にいた時と同じように動き始めていた。だがいつもと違うのは、副社長を迎えに行かなくても
4位 蘭丸さん
  • 情報提供鍾愛 1 Everything*Love蘭丸さんのプロフィール
  • こんにちはいつも、起こし下さりありがとうございますm(_ _)mFour×Fourも完結しないまま新たなお話を投下しておりますFour×Fourも放置せず書かないと(_ _ )/ハンセイ交互に更新予定です暇つぶしに、お付き合い頂けたら幸いです宜しくお願い致しますm(_ _)m======================「ジジ・・・・」「ジジちゃーーーん、どこにいるの?」「ご飯だよぉー」あたしは、真っ黒の野良猫ジジの名前を呼ぶそこは、かつ
5位 こ茶子さん
  • 情報提供愛してる、そばにいて0834 君を愛するために〜花より男子二次小説こ茶子さんのプロフィール
  •  「なんで遊園地に行こうとか言って、こんなところなんだよ?」 「え〜、いいでしょう?けっこうこれで中々のものなのよ」 ブーたれる戒の手首を掴んで、ドシドシと歩くつくしは、良い天気も相余って超ご機嫌だ。 戒と二人、つくしは、東京某所老舗の遊園地へとやってきていた。 かなりレトロで、たしかに戒のような今時の若者にはイマイチの物足りなさかもしれなかったが、こうしたところにはこうしたところの良さがある。 
6位 きぃさん
  • 情報提供あなたがいたら 〜24〜 Tsukasa&Tsukushi's Diaryきぃさんのプロフィール
  • 総帥から、道明寺のお母さんが帰ってきてあたしに会いたがっていると言われた時は、反対されるのだろうと思った。でも、それならきっと総帥は会わせようとはせず匿ってくれるだろうと直ぐに思い直した。流石の魔女も総帥の決定事項にNOとは言えないからやむなくってとこなのだろうか?それなら会いたい理由は文句だけは言っておきたいってとこなのだろうか?間違いなく快くは思っていないだろうし……例えどんなに罵倒されても仕方
7位 はなじょさん
  • 情報提供いっしょに入浴 花女はなじょさんのプロフィール
  • 司はつくしのアパートの前に立っていた。すでにアパートを買い取った司は合鍵を持っている。今、つくしの帰宅を確認した。今頃は入浴中かもしれない。「構わねえ。俺はお前に変態のそしりを受けようとも・・・・」司はタマにそそのかされていた。「坊ちゃん、既成事実を作りなさい。題して湯けむりできちゃった大作戦。邸のお風呂は広いですからね。つくしのアパートの狭いお風呂なら密着できますよ」ふふふふといやらしい含み笑い
8位 Happyendingさん
  • 情報提供普通のレンアイ 19 With a Happy EndingHappyendingさんのプロフィール
  • 今度は俺が先に立ち上がり、クローゼットのコートをとった。牧野にコートを着せて俺も自分ものに袖を通す。今日も牧野は、先日俺が用意したトレンチコートを着て来ていた。オーダーじゃねぇけど、丈はぴったり合わせてるし、こいつにプレゼントしたもんは全部チェック済みだから、そのコートは一目で分かった。「このトレンチ気に入ったか?」と言ってやれば、急に慌て出す牧野。「やっ、ごめん。今コートはこれしか持ってないの。
9位 蘭丸さん
  • 情報提供司とつくしの愛のA○ Everything*Love蘭丸さんのプロフィール
  • バカップル司とつくしのLINEは、A○で盛り上がっていたつくし           ____         /      \        / ─    ─ \      /  (●)  (●)  \  司さん…      |    (__人__)     |       \    ` ⌒´    /ヽ       (ヽ、      / ̄)  |        | ``ー――‐''|  ヽ、.|        ゝ ノ      ヽ  ノ |
10位 Happyendingさん
  • 情報提供普通のレンアイ 20 With a Happy EndingHappyendingさんのプロフィール
  • 専務がとっていた部屋は最上階にあるエグゼクティブスイートルーム。普通の人間が入れるお部屋じゃないのは明らか。きっと、王族とか各国の首相とか、そんなレベルの人が泊まるお部屋。エレベーターが開いた瞬間から、そこはヨーロッパ貴族のお邸かのようなインテリアが広がっていた。専務はそんな内装には目もくれず、真っすぐ正面を見据えて歩いて行く。目の前にあるその表情は、とても真剣で綺麗だった。そう言えば、男の人なの
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 plumeriaさん
  • 情報提供10月の向日葵 (120) Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • <side祥一郎>東京のホテルで総二郎の茶会の成功を聞いた。報告は千春からだった。総二郎がもてなした数多くの客人からは暫く留守をしたにも関わらず、その出来に賞賛の声が上がったらしい。家元も満足気に客の見送りをしていたと。各支部長始め後援会の役員達も皆、これで安心と声に出して喜んで帰ったようだ。総二郎は自分の思いを十分に出せただろうか。俺は客人の感想よりも総二郎自身が満足したかどうかが気になったが、千春
12位 plumeriaさん
  • 情報提供10月の向日葵〜番外編 雪の日の2人〜・1 Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 名寄の冬は東京とは比べものにならないほど厳しかった。氷点下なんて当たり前、この季節は中々外になんて出られない。それなのに窓の外を見たら、大きな腹を抱えたつくしが一生懸命雪だるまを作ってる。それも、この冬何体も・・・まるでこの家を隠そうとでもいうのかってぐらい沢山の雪だるまを庭に作ってるんだ。なんでそんなに作るんだ?腕がまだ十分に使えないのに、なんでそんなにムキになって作るんだ?「おいっ!つくし、風邪
13位 アカシアさん
  • 情報提供恋におちる確率 48 andante*アンダンテ*アカシアさんのプロフィール
  • 防弾ガラスの窓の中で床に伏せた二人は暫くそのままの状態でいたが、つくしが手にしていたイブニングバッグは床に転がり、中から口紅や携帯電話が飛び出していた。そして今感じられるのは、緊迫した空気と自分の上に覆い被さっている男の体温と彼独特の匂い。つくしは一体何が起こったのか分からなかったが、要人警護のプロの判断で車に押し込まれたことだけは理解していた。そして彼らの判断は一瞬たりとも迷いはない。それは迷い
14位 悠香さん
  • 情報提供コスプレとアタシと時々別人 後編 道明寺奥の院・龍泉庵悠香さんのプロフィール
  • 御曹司の冷酷な笑みに、社員はガタガタと震えるばかりで食事の手が止まってしまった。 非情ながら全てを虜にする、正しくは神の域に君臨する「道明寺司」。 彼を前にしたら、全ての社員いや人類はひれ伏す勢いである。「此れは何だ?」「・・・・コスプレつう、イベントであります」 椿や静が参加するのは、司も何も言わない。 が、つくしのコスプレを見て固まったのだ。 男達の前で、セーラー服を着ているのは我慢がならない。セ
15位 LALAさん
  • 情報提供Chemistry7 LALALALALAさんのプロフィール
  • 喫茶店にありがちなBGMすら流れない店内。あえて地味に抑えられた、しかし、確かな目で揃えられた調度品。優雅に食事する者達は、皿にナイフをぶつけて音を立てるなどという事はない。その無音に近い状態は、常に緊張感に包まれる司をもリラックスさせるに足りるものだった。そして、午前六時半。つくしが、食べ終えた者の食器を集める為に各テーブルを回り始めると、影のように押し黙っていた客達が、鮮やかな色を放ち出す。自分
16位 悠香さん
  • 情報提供夢なら醒めないで〜14〜 道明寺奥の院・龍泉庵悠香さんのプロフィール
  • 「美味しい〜っ、このポトフにナンの形をしたパンは有りかもー」 「だろ?ミネストローネとも微妙に違うんだなあ」 中学時代はクラスメイトの域だったが、今は進路も違いつくしは小さい会社の事務所に詰めている。 「メープルも高級志向から、かなり変わって来たんだね」 「前は入りづらい感じだったけどな。今は若いカップルも増えてきたつうか」 旧館は変わらない高級宿泊施設で、シニアや外国人セレブの姿も見える。 新館は今年
17位 こ茶子さん
  • 情報提供愛してる、そばにいて0835 君を愛するために〜花より男子二次小説こ茶子さんのプロフィール
  •  「あ!あれあれ、あれ食べようよ!」 視線を流した先、列の向こう側にソフトクリームのオブジェが立っていて、戒が反応する前にはもう彼の手首を掴んで、つくしは列の最後尾に並んでしまっていた。 「もう昼時じゃねぇの?」 「こういうのは別腹でしょ、別腹」 「…別腹」 胡乱げな戒を見上げ、ニコニコ笑うつくしはもちろんまったく悪びれない。 「今日は暑いしさ。やっぱり夏になるとこういうのが食べたくなっちゃうよね
18位 plumeriaさん
  • 情報提供雪の結晶 (8) Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 運転手に車を停めさせて急いで降りて・・・でも、反対側の通りだからすぐに行けなかった!両手を出して雪を受け止めてる牧野。でも、また歩きだした・・・今ここで声をかけないとまた見失ってしまう・・・!そう思ったら大声で叫んでいた!「牧野!!牧野だよね!・・・そこを動かないで!」俺の声にびっくりしてキョロキョロしてたけど、すぐに牧野はこっちに気が付いた。茫然と俺の方を見ている・・・まるで時が止まったかのように牧野はまった
19位 桃伽奈さん
20位 りおりおさん
  • 情報提供51 知らないフリ さくらいろりおりおさんのプロフィール
  • つくしの枕元へやってきた亜門は、その寝顔をジッと見る既に三時間ほど経過しているこのまま寝かせておくべきか、起こすべきか、、と悩んでいたすると、パチっと目が開き、亜門と目が合うつ「あれ? 亜門?」亜「あぁ、、お前、大丈夫か?」亜門は、努めて明るく声をかけるそれは今までと何ら変わりなくつ「あれ? ここどこ?」つくしは、ゆっくり上半身を起こすそしてぐるりと周りを見渡し、ここが西門邸であり、浴衣を着たまま
21位 桃伽奈さん
22位 悠香さん
  • 情報提供夢なら醒めないで〜15〜 道明寺奥の院・龍泉庵悠香さんのプロフィール
  • 夢見心地なつくしは、暖かい腕の中で至福の時に包まれている。『4年経って、やっと迎えに来れた』『お帰り、ずっとあんたに会いたかった・・・』 顔や髪やら、感触を確かめる接吻・・・なのに。 顔は透明さを増して、特有の匂いすらも消えて行く。 悪魔の笑みへと変化し、死んだ筈の妻の手を取り彼は跡形も無くなって行く。『いやああっ・・・どうしてなの〜』 つくしはリネン袋の中で、暴れ出すも。 同乗者がその口を開く、拘束
23位 plumeriaさん
  • 情報提供雪の結晶 (7) Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 真莉愛を連れてラウンジに行くと窓際の席に案内され、そのテーブルにはわざとらしく赤い薔薇の花なんかが生けられていた。いかにもここで告白でもしろって感じに用意されてて気に入らない。とにかく少しだけ相手をしてさっさと帰ろう。話すことも聞きたいこともないから、そっちから質問だけすればいい・・・そう思って黙ったまま席に着いた。「あの・・・やはり怒っていらっしゃいます?お爺さまが強引でしたから・・・」真莉愛が下を向い
24位 haruさん
  • 情報提供覚書第二弾とヘジャのお願い haruの徒然なるままにシンイの世界に魅せられてharuさんのプロフィール
  • みなさまへ いつもお話におつきあいいただきありがとうございます 自分の頭を整理するために備忘録としてチェ家を取り巻く人々をまとめておきますね〜お話のご参考にしてください へジャのお願いチェ家の女中急募のお知らせが後半に載っておりますどうぞよろしくお願いいたします 〜チェ家を取り巻く人々覚書〜 チェ家の人々 テマン   ヨンに拾われ家族同然      唯一の私兵からウダルチに      トルベの恋人
25位 ののさん
  • 情報提供紅鶸と鴨跖草 ななつ indigo&madder〜信義の小部屋ののさんのプロフィール
  • 紅鶸と鴨跖草ななつ〜金と銀、黒と白。赤と…?〜「本当に、あの頃の貴方みたい…凄く、変な感じ。」寝台に寝そべったその女(ひと)は、覆い被さった此方の両頬に手を添え言う「それは…貴女も同じ事。そんな色の唇は、式以外では久し振りだ」此方もその紅い色の口元を見ながら言う「あの頃の貴女は、俺が側に寄れば後退り、触れればキャーキャーと奇声を上げて…口は油が塗られたかのように光って…少し、気味が悪かった。」そう言
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 haruさん
  • 情報提供真心の誓い haruのつぶやき haruの徒然なるままにシンイの世界に魅せられてharuさんのプロフィール
  • 元気一杯 笑顔いっぱいに幸せを運んでくれるタンの兄弟姉妹と仲間たちの覚書 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ チェヨンとウンスの子供たち*長男 タン(潭)*長女 スニョン(修寧)*二女 ユニョン(潤永)*二男 サン(祥) 王家の子供達*ミレ公主(王未来)*ウ王子(王宇) チュンソクとポムの子供*長男 ミョン(勉) キム・ドクチェとヨンファの子供*長女 ハナ(河奈)*長男 ジェボク(在福 実弟・養子) アン・ジ
27位 ハルさん
  • 情報提供貴方と私の世界156 チェヨンに恋して〜信義の二次小説〜ハルさんのプロフィール
  • ウンスに風呂に入るように伝えてから、俺はバスルームを出た。 ク・ウォルリョンの助けを得ておきながらも、ウンスと奴が馴れ馴れしく話すのを見ただけで苛ついてしまう。己の心の狭さに呆れていた。あんな無理やりな口づけ・・・ウンスにまた怖い思いをさせてしまっただろうか・・・。 部屋に戻ると、部屋の入口の近くにまだウォルリョンの姿があり、SPのジョンフと何やら話をしていた。部屋の隅々にはチュンソクと、テマン、トル
28位 でんべさん
  • 情報提供愛しき薫りを求め (旅立ち) 3 シンイ二次小説でんべのブログでんべさんのプロフィール
  • 天門に突然姿を現したヨンは一度目覚めてから再び瞼を閉じ三日三晩眠り続けた。その間ウンスは勿論ではあるが飲まず食わずである。はぁ〜。今日で四日目かしらお腹空いた・・・ぐぅ〜ぐぅ〜うるさいくらいお腹がなりっぱなしよ街に降りれば何か食べ物手に入るかしら・・・でもこの人一人にできないわよね・・・。でもここがどこなのかも全然分からないし、それだけでも知りたいわよね・・・。少しだけなら大丈夫よね・・。ウンスは
29位 mayoさん
  • 情報提供噂の田中くん 1 Deadlinemayoさんのプロフィール
  • 「にしてもみんな変わったよねー!」隣でデンモクを操作しているあかりが声を張った。そうしないと数人の男子がアイドルの曲を爆音で歌っていて声が聞こえないのだ。「そうだね」とつくしは返事をして歌っている男子たちを見た。その内の一人、池田は中学時代「がり勉眼鏡」と渾名されてクラスの男子たちにイジメられていた。本人も臆病なタイプらしく何を言われても俯いてばかり。そんな人物でも数年も経てば人前で激しいタンバリ
30位 アカシアさん
  • 情報提供恋におちる確率 46 andante*アンダンテ*アカシアさんのプロフィール
  • 司はいま、この瞬間から彼女を誘惑したいと思った。だがいきなりことを進めても彼女は尻込みするばかりだと分かっている。何しろ牧野つくしは、司が片方の眉を少し上げただけで、スカートをめくり下着を下ろすような女ではないからだ。だが、お前が本気になれば、どんな女も落とすことが出来るとあきらにも言われ、架空の迷惑な女の存在がバレねぇようにしろと言われた。そして、新堂巧の存在が消えた今、司はこれまでどんな女に対
31位 ジャスミンさん
  • 情報提供Destiny 2 * 寒桜 28 シンイ*時々里便りジャスミンさんのプロフィール
  • 何が起こっているのだ気持ちだけが焦るまさか我が妻に何か?有ったのかなら、私に伝令が飛ぶはずだ伝令が飛ぶ頃には遅いか!動きが取れん開京から何も言ってこない開京から繋ぎもなく私が今いなくなるわけにはいくまいそしてこの後始末はややこしいしかし…黒き砦の里に何か有ったのか?ここから黒き砦の里は遠い遠すぎるせめて開京に帰り我が妻の無事を確認したい握りしめた手の中で鬼剣が唸る ウダルチのチュンソクが付けし者ウ
32位 蘭丸さん
  • 情報提供Four×Four 番外編 Love Everything*Love蘭丸さんのプロフィール
  • R描写が苦手なので、すてらさんの素敵なイラストをお借りしました!ありがとう!すてらさん====================「さっきから何、ツンツンしてんだよ・・・」「桜子に、ヤイてたのか?」「べ、べつに、ヤイてないわよ・・・・」「ま、待って・・・お願い・・・・・・」「待てねぇ」
33位 さらんさん
  • 情報提供2016 再開祭 | 一酔千日・後篇 〈 酒房 〉 信義(シンイ)二次創作物さらんさんのプロフィール
  • 離れへと向かう庭、その棟の角で足を止める。 気付かず進もうとするこの方の前、斜めに伸ばす腕で行く手を遮り「・・・趣味が悪い」その角の先の暗がりへと声を掛ける。 闇が揺れ、同時にゆらりと出て来る墨染衣。奴は苦笑いを浮かべ、此方へ顎をしゃくって見せた。「行くぞ」 何があろうとヒドの事だけは読み違える訳がない。付き合いの長さも深さも、命を預け合って来た時の重みもある。 そして俺の知るヒドは何があろうと、相
34位 ハルさん
  • 情報提供貴方と私の世界155 チェヨンに恋して〜信義の二次小説〜ハルさんのプロフィール
  • 本来であれば、奴に頼るなど有り得なかった。だが、敵の正体が判明するまでは、俺の所有するマンションも社屋もホテルも、あらゆる場所の何処に目をつけられ、先程の様に襲撃をされるかわからない。うちのSPの警備をかいくぐり、病室まで辿り着いた手練れ集団だっただけに、まだ油断できないと感じていた。ウンスの身の安全を第一に考えると、彼奴に頼るしかなかった。仮に奴が敵だったとしても、ウンスに危害を加える事は絶対に無
35位 neneさん
  • 情報提供天は赤い河のほとり新作【2月20日発売】 晴れときどきヲタクneneさんのプロフィール
  • sho-comi6号に天は赤い河のほとりの新作が掲載されますね〜。2月20日発売です!(^^)!毎月5日と20日は少コミの発売日だった。ああ、懐かしい。(今もそうだけどね)天河の連載を追っていた頃、5日と20日は毎回ドキドキして発売日を待ったものだ……。終盤は続きパロが書けるかどうかドキドキしてたけど。2月20日ならテストも終わっているし、続きパロ書けそうかな〜。誰にも書いてって言われていないし、リクエストも何もないけど、
36位 さらんさん
  • 情報提供2016 再開祭 | 一酔千日・後篇 〈 手裏房 〉 信義(シンイ)二次創作物さらんさんのプロフィール
  • 「ヨンの旦那!!」 この方を伴って酒楼の門を潜った途端、声と共にシウルが寄って来る。歩く間にすっかり陽は落ち、宵闇と共にぐんと冷えた空気の中で奴の吐く息が真白い煙のように立ち上った。「何だよ旦那、久々だな!新年に今まで顔見せないなんて冷たいじゃねえか」競うようにそう言いながら、シウルも後から駆けて来た。 そうだ、こいつらも居た。この方に懐き、引き寄せられた奴ら。「天女、元気だったか」「うん、シ
37位 LALAさん
  • 情報提供Chemistry5 LALALALALAさんのプロフィール
  • それは、まるで、絵画の様だった。葉を落とした灰色の街路樹。石畳風の路面舗装。朝靄に煙る街。そして、道明寺司。圧倒的な存在感で、都心のビル街が、一瞬にしてヨーロッパの街角へと変わった。護衛のSPにも負けぬ彼の体躯は、一般的な日本人とはかけ離れている。人の首をへし折る事など容易いであろう、太い腕。女の細腕なら回り切らないくらいほど、ぶ厚い胸板。妬ましさしか感じられない、長い足。この男の為に生み出されたの
38位 AKさん
39位 伽羅さん
  • 情報提供**Hydrangea 〜伽羅の仏に箔を置く〜伽羅さんのプロフィール
  • 忘れることなど出来ぬのに… 踏み込んではいけないと なのに心は抗えず 気付いた時にはもう… 俺の心にはあの方だけ 明るい紫陽花は 俺も… 皆までも惹きつけてやまぬ ***画像のご希望ありがとうございました。ご指定は紫陽花でしたね。 喜んで頂けたら嬉しいです。 参加しています。いいね、↓ポチっと頂けたら嬉しいです。
40位 きらっちさん
  • 情報提供屋烏の愛 36 みおつくしきらっちさんのプロフィール
  • 「よく牧野様の参加を許されましたね。」「何だ?」「飲み会を潰されるかと思いました。」リムジンの中、司は書類を読むのを止めて秘書を見た。「仕事の付き合いってやつは俺にもわかる。それにあいつが道明寺で居心地良くなるなら文句はない。」 秘書は頷いた。「既に色んな場所から牧野様要望の声がかかっております。派遣ではなく、道明寺と契約したのも大きかったですね。情報漏えいを気にしなくていいですから。」「まぁな。
41位 lemmmonさん
  • 情報提供花街に護られてー恋仲試練5ー 甘さとスッぱさとlemmmonさんのプロフィール
  • 江戸時代を背景にお話を書いてます。時代的な言葉や名称などは詳しくないので現代風に置き換えてます。それでも明らかに違うようにはしてません。細かい矛盾点などあるかと思いますが、目を瞑ってお付き合い下さい。 ダメなら進まないでね。司の叔父である道明寺文蔵は司の変わり様に興味津々だった。いくら司が大の大人でも畏怖してしまう見た目とはいえ、そこは従兄弟の息子。幼い頃を知っているだけに文蔵にとってはまだまだ子
42位 junjunさん
  • 情報提供unrequited love〜儚き想い〜 51 時をこえて・・・《シンイ2次小説》junjunさんのプロフィール
  • 宣仁殿から迂達赤の兵舎へと戻ってくると、和州(ファジュ)と国境での戦に出陣していた迂達赤達が、鎧を脱ぎ、広間でヨンを待っていた。『皆。此度は、ご苦労だった。王様が、酒席をご用意してくださっている。思う存分呑んで食べてこい。ただし、迂達赤として恥ずかしいことだけはするな。わかったな?』ヨンは、皆の顔を見ながら、穏やかな声で告げた。「「はい。上護軍。ありがとうございます。」」あちらこちらから、喜びの声
43位 ヅカちゃんさん
  • 情報提供銀の鬼と蒼い月 55 ヅカちゃんの独り言ヅカちゃんさんのプロフィール
  • 尻餅をついたまま座り込んだウンスはわなわなと震えていた真っ赤に染まった自分の手イーシャの背中に刺さった小刀どうして良いか分からずウンスは泣きじゃくり動揺を隠せない『ウンスどうしてだ…』崔瑩は隙をみて鬼剣を拾い上げ今ある力を全てこめるように雷攻を纏わせ降り下ろす空には青い稲妻が走り雷鳴と共にイーシャの体に落ちた『うっ…崔瑩…』『今は思い出せずともイムジャと某は 心が通じておるのだ 某がイムジャを護り
44位 はぎさん
  • 情報提供大樹の木陰にて君と9 宮の夢空間はぎさんのプロフィール
  • 9「チェギョン、私に少し考える時間をもらえるかい?」「…… 真剣に考えてくれるということ?」「今までも君のことは自分なりに考えてきたつもりだよ。けれどこれまでとは違う視点で考え直したい」チェギョンの目が輝いた。そしてシンの言葉に励まされたのか、思い切ったように告白した。「あのね。わたし、シン殿下のことが好き」ー 言っちゃった…チェギョンは一人で照れて赤くなっていた。シンはいまさらだろうと思いつつ
45位 こ茶子さん
  • 情報提供愛してる、そばにいて0833 君を愛するために〜花より男子二次小説こ茶子さんのプロフィール
  •  「いくら世間では揉み消したって、人の口に戸は立てられないっ。栄林の父兄にも英徳の卒業生がいるんだから、どんなに隠したって一度犯した罪…………っ、きゃああぁっ!!」 グワッシャーンッ! 萌奈の足の横スレスレを通った花瓶が、背後の壁に当たって激しい破砕音を立てて割れ、周囲に四散する。  「きゃっ!痛っ」 しゃがみこんで頭を抱え込んだ萌奈が、小さく悲鳴を上げ、瞬間に走った鋭利な痛みに、咄嗟に自分の足首
46位 りおりおさん
  • 情報提供52 ネックレス さくらいろりおりおさんのプロフィール
  • 翌日、、つくしは何事も無かったかのように朝食を用意し、亜門を起こすつ「おはよう。 亜門、、ほらっ、仕事でしょ? 起きて!」亜「んあ? あぁ、、そうだな」いつもと変わらないつくしに、亜門はホッと胸を撫で下ろす亜「今日から夏休みだろ? デートも良いが、外は暑いし熱中症には気をつけろよ」つ「うん。 あっ、明後日の金曜日は、同じ学部の女の子の誕生日パーティに誘われたから行ってくるね」亜「へぇ、、誕生日パー
47位 junjunさん
  • 情報提供bonds of love〜愛の絆 165 時をこえて・・・《シンイ2次小説》junjunさんのプロフィール
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。 本編「unrequited love〜儚き想い〜」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:
48位 海風さん
  • 情報提供静寂にして尊大に 86 海風の徒然なるままに海風さんのプロフィール
  • 父上はジフン兄上をどうされるだろう?――――大罪に処されるだろうか。 シヌの中で考えが巡る。 父上に罰っせられた皇子はタオ兄上とテギョン、皇太子であったからか、タオ兄上の数多い問題にも父上は寛大だった、だがテギョンには・・・・・。シヌは皇太子であったかどうか以外に二人の何が違ったのかを考える。 もちろんテギョンの罪とされたのは胡王の殺害、だが疑問も多かった、一方タオ兄上の罪は暴行や踏み倒し、ただ・・
49位 mascoさん
  • 情報提供Episode 16 わたしのものになってくれますか? 番外編 Hapimari++mascoさんのプロフィール
  • すみません。本編の続きをUPしようとしてたんですけど、どうも文が気に入らず、大きく書き直してるのでしばらくお待ちください。その代わりに今日はちょっと本編の番外編を?去年の最後の更新記事(北斗と千和がゴールインしたお話)で、後書きに「次回に続いちゃったり…なんかしちゃったりして」って書いたんですが…。はい!続いちゃいました♪あの直後のお話しです☆あ、R18指定です。念のため↓こちらの作品は、性描写を含んで
50位 soyteaさん
更新時刻:18/01/20 11:30現在