小説ブログ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/04/20 05:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
きらっちさん
  • 情報提供屋烏の愛 53 みおつくしきらっちさんのプロフィール
  • …たこ焼き。 私はね、揚げタコ派。小さくてカリカリ系より、大きくてフワフワ系が好き。たこ焼きはさ、ソースにマヨが鉄板だよね?紅生姜は…うーん。その時の気分次第かな。鰹節がユラユラしてるとこをフーフーして…はふはふ食べるの。やっぱりあつあつに限るよね!大阪に行ったのにたこ焼き食べれなかった。ほんっとー!に会議の為だけ。私ね、めちゃめちゃたこ焼きが好きなんです。(誰に向かって熱弁してるのかはわからない

2位
アカシアさん
  • 情報提供出逢いは嵐のように 2 andante*アンダンテ*アカシアさんのプロフィール
  • 「先輩。それでその白石さんって方に心当たりはあるんですか?」「知らないわよ。白石なんて男」「でもその白石さんって方の奥さん、1億円の小切手持ってこられたんですよね?それで先輩が素直にはいって言わないからもう1億の小切手を切ってもいいって言ったんですよね?つまり先輩が別れないってゴネたら2億が手に入ったってことですよね?それって凄いじゃないですか。2億といえば一部上場企業の平均的な生涯給与ですよ?大

3位
こ茶子さん
  • 情報提供愛してる、そばにいて0924 君を愛するために〜花より男子二次小説こ茶子さんのプロフィール
  •  …はぁ、…はぁ、…はぁ、…はぁ。 『お前の方が俺の背中に触れたんだよっ』 男の怒声が聞こえる。 昏く陰惨な声。 自分に向けられたものではなのに、それがひどく恐ろしい。 『こんな奴、ひとり死んでも世の中変わんねぇよ。おもしろいだろ?俺ら……は、ゲームの提供者だからな。笑えよ、ほら、笑え』 恐怖に引き攣った笑い声が聞こえて、笑い声が悲鳴に変わった。 たくさんの人たちが逃げ惑い騒然とする音や声、物がぶ
4位 plumeriaさん
  • 情報提供喧嘩するほど仲がいい?(46) Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 今日は日曜で西門さんがお見合いをするっていう日。私はどこにも行かずに窓から西門本邸を見ていた。午後になって黒塗りの車が正門に着いて、その中から着物姿の女の人が2人降りてきた。おまけに付き人のような人まで・・・これはかなり大きなの家の人だって私でもわかる。ここで働き始めてから何度か見た光景だったから。「あ・・・誰か来た!もしかしてこの人達?」急いで双眼鏡で見てしまう。いつもはお弟子さんか使用人が出てくるは
5位 plumeriaさん
  • 情報提供LOVE LETTER (中編) Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 今回のSSはGReeeeNの「恋文」をイメージして書いてみました。つい画面に夢中になりそうですがよかったら曲を聴きながらどうぞ・・・*******************司が完全にアメリカに移って牧野との距離が開いた。司は牧野の事を諦めたわけじゃないって言うけど・・・牧野の方がゆっくりと手を離し始めた。しっかり繋がれていた2人の間の糸はどんどん細くなっていったから。北風が冷たくて、雪が降って・・・街が凍えてしまいそうな季節には、とう
6位 葉月さん
  • 情報提供その先へ 30 Once more葉月さんのプロフィール
  • きらびやかな会場に踏み込めば、視線が俺達に一斉に集まる。それはいつものことでムカつきもしないが、ある一定数、浅ましい奴等ってのが存在する。こっちからはバレバレなのに、然り気なさを装ったつもりでいるらしい、我先にと近付いて来る奴ら。こういう余裕のない者ほど能力は低く、今後の付き合いはないだろうと思わせる小物ばかりで、時間を割くのも無駄だ。近付いて来る人の気配に、俺の腕に絡まる牧野の手に力が込められる
7位 悠香さん
  • 情報提供君と出会った季節〜続・桜ほうさら〜後始末の完結編 道明寺奥の院・龍泉庵悠香さんのプロフィール
  • 毎回お付き合い下さいまして、有り難うございます。 最初がエセエロに付き、ダメな方は閉じてくださいまし。 全身に欲望の火を付けられ、つくしは自分の浅ましさから今すぐにでも消え入りたかった。 「あぁッ・・・も・・・許し・・」 蜜壺に猛々しい自身を挿入され、達したと思えばそれは直ぐに弾力性を戻す。 つくしは角度を変えられ、獣の格好にされては何度も付いて来る。 限界を訴えても、自分の蜜壺は奥へと導いて行く。「
8位 二色さん
  • 情報提供箱を開けて 1 to tell a white lie二色さんのプロフィール
  • 土砂降りの中、男の人が泣いていた。傘もささずに道のど真ん中で座り込んでいるその人を通り過ぎていく人の波が道端に転がる小石かのように蹴飛ばしていく。それでもその人は微動だにしない。声もあげない。遠巻きにその人を見つめていた私は咄嗟に「やめて!」と叫んでいた。雨に打たれ、人に蹴られ。どうして誰も助けてあげないの!もしかしたらどこか具合が悪いのかもしれない。そう思った私はその人の側までかけ寄った。濡れて
9位 聖さん
  • 情報提供Lesson - The 13th unit - Viewpoint change ⑧ 夢見月〜Primavera〜聖さんのプロフィール
  • 病院へ着き、つくしちゃんの病室を訪ねた私たちに、看護師が声を掛けてきた。『ご面会ですか? 失礼ですが、どういうご関係で?』『彼女の婚約者の両親です。 入院したと聞いて、飛んできたのですが…』『そうですか、それはご苦労様です。 面会される前に、主治医からお話をさせていただきたいのですが。』『わかりました。』看護師の案内で、別室へと通される。そこに現れたのは壮年の男性医師と私と同じくらいの年齢の女医だ
10位 るいかさん
  • 情報提供牧野の笑顔 Ⅳ   Live and let liveるいかさんのプロフィール
  • 〜Tsukushi〜帰国日。道明寺家が招待した皆様を送るためにプライベートジェットを飛ばすことになっていた。見送りにきた鉄の女に、約束通りに書類を渡された。「この飛行機が飛び立った瞬間に、 マスコミには一連の発表されます。 西門邸にいれば大丈夫だと思うわ。 何かあったら連絡しなさい」あたしにはそれだけ言って、あとは見送りに徹していた。家元や家元夫人に引きずりこまれるように乗り込んだプライベートジェット。こ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 Happyendingさん
  • 情報提供そんな夫婦の物語 17 With a Happy EndingHappyendingさんのプロフィール
  • 午後は道明寺さんと山へ行くことになった。この辺りにはお寺が多い。山の中腹にあるお寺は、地元の人のハイキングコースにもなっている。だけど、私もこのお寺へ行くのは今回が初めて。けどなぁ・・まさか、下着を見られちゃうなんて、それどころか触られちゃうなんて。悪気はないことは分かってるけど、恥ずかしかった。でも、どうしてかな。恥ずかしいだけで嫌じゃないの。嫌悪感は全くなくて、道明寺さんが怖いとも思わなかった
12位 るいかさん
  • 情報提供牧野の笑顔 Ⅴ Live and let liveるいかさんのプロフィール
  • 30分程度経ってから向かった家元の部屋には、着替えてリラックスした家元夫妻がいた。「一体どういうことですか?」「牧野さんはずっと無理していたようだ。 会った瞬間分かったよ。 牧野さんのあの笑顔が消えていた… あ、もう道明寺さんになったから つくしさんとお呼びした方がいいな。」「そんなことはどうでもいいです」「ん?これから以外に重要になてくるぞ? まぁ…いいだろう………で……… 私たちから見てつくしさ
13位 noritamaさん
  • 情報提供ソメイヨシノ21 ふんわりのんびりnoritamaさんのプロフィール
  • 司は上機嫌で2時前にはちゃんと会社に戻って来た。玄関前の車寄せには秘書の西田が待っていた。「司様お帰りなさいませ。」「西田、お前こんな処で俺を待ち伏せか?時間通りに戻ると言っておいただろうが?俺を信じられねぇのか?」「いえ、わたしは花沢副社長のお出迎えでここに待機しております。」「ふーん、もう類が来る時間なのか?まだ2時前じゃねぇか?」「花沢様はいつも、時間には正確でお約束の5分前にはお見えになりま
14位 LALAさん
  • 情報提供Chemistry42 LALALALALAさんのプロフィール
  • その日は、氷のように冷たい雨が降っていた。濡れたJFK空港の滑走路も黒く光り、身を刺す寒々しさに、楓は、首をすくめた。次々と離着陸を繰り返す航空機が、轟音を発し、耳など使い物にならない。無言のままタラップを降りる楓に、SPの一人が、傘をさしかけた。その前を、ダダダダダッ戦闘用防弾チョッキに身を包んだSP達が、駆け下りていく。NYでは、日本とは比べ物にならない警護が敷かれていた。他人の目には異様でも、楓達に
15位 Happyendingさん
  • 情報提供そんな夫婦の物語 16 With a Happy EndingHappyendingさんのプロフィール
  • 「凄い、まだ2日なのに、結構しっかりくっついてきてる!」朝早くから、畑できゅうりを取った後、チョンチョンチョンと傷の消毒をされている背中がくすぐってぇ。「これなら、5日位で抜糸できるかな。」「別に、急いでねぇよ。」もしも抜糸が出来なければ、東京に帰ってからすればいいだけのことだ。だが、それは言わねぇ。それを言ったら、ここに居る意味が無くなっちまう。俺はすぐに帰るつもりはない。帰る時は、こいつを連れて
16位 りおりおさん
  • 情報提供13 移りゆくつくし さくらいろりおりおさんのプロフィール
  • 関空にやっと着きましたさあ、、これから京都に移動しながら、西門様がどちらにおられるか確認しましょう「あっ、私、花沢物産専務秘書をしております田村と申します。 いつも類様がお世話になっております。 あのっ、総二郎様が今、京都におられるとお聞きしたのですが、どちらの方へ? あぁ、、そうですか。 ありがとうございます」簡単に、行き先が分かりましたそれに重大な事実が、、京都に一泊されておりますですが、<あ
17位 桃伽奈さん
  • 情報提供種と蕾の先へ 93 紅茶カップ桃伽奈さんのプロフィール
  • =1996年= 情報処理部 3年 部長   猿渡楓    副部長  美作大河         西門裕二郎         花沢開 2年      久我里佳子     
18位 桃伽奈さん
  • 情報提供種と蕾の先へ 92 紅茶カップ桃伽奈さんのプロフィール
  • =1996年= 情報処理部 3年 部長   猿渡楓    副部長  美作大河         西門裕二郎         花沢開 2年      久我里佳子     
19位 雪さん
20位 plumeriaさん
  • 情報提供LOVE LETTER (前編) Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 今回のSSはGReeeeNの「恋文」をイメージして書いてみました。1月に凪子様からお話しをいただいたときにGReeeeNの曲を使われていたので、気に入ってしまいアルバムを購入。その中に入ってたこの曲を久しぶりに聴いて思いついたものです。つい画面に夢中になりそうですがよかったら曲を聴きながらどうぞ・・・***********何て書こうかな・・・って悩んだんだ。一番初めの言葉。だってさ、これから始めるんだから格好つけたいじゃない?でも
21位 haruさん
  • 情報提供チンダルレが咲いたよ 其の二十五 haruの徒然なるままにシンイの世界に魅せられてharuさんのプロフィール
  • ウンスは黙々とヘジャの作った海鮮粥を平らげアワビの煮付けも沈菜(チムチェ)も胃袋に収めると湯殿で軽く汗を流して三つ子に乳を与えたそれから子守係のオクリョンとクリムに後のことを頼んで長男のタンを連れてチェヨンに守られ大急ぎでヨルムの屋敷に向かった タンを屋敷に置いていこうかとも思ったがちらりとチェヨンから書堂(ソダン)での話を聞いて今日は一緒にいた方がいいと判断したのだった 見習い医者のイサは養父の
22位 のどかさん
23位 アカシアさん
  • 情報提供出逢いは嵐のように 1 andante*アンダンテ*アカシアさんのプロフィール
  • 「私の夫と別れて下さい」「は?」「ですから、私の夫と別れて欲しいんです。夫があなたとそういった関係になったのは、気の迷いですから。今後は主人があなたと付き合うことは一切ありませんから。これは手切れ金です。1億ご用意しました。それからこのことは誰にも話さないで下さい。家名に傷が付きますから」そう言って女性がテーブルの上に置いたのは、額面1億円の小切手。そしてつくしに注いでいた視線を『金壱億円也』と書
24位 ひまこさん
  • 情報提供高麗シークレットパレス 〜ラビリンス 誘惑〜 ⑭ ひまこのブログ 〜シンイ with all one's heart〜ひまこさんのプロフィール
  • ヨンはウンスの元に急いだ。奴が言う様に冬ごもりをしない熊がいるなら、雪で身動きが取れない今、一緒の檻に居るも同じ。男がどうのと嫉妬している場合ではない。「見張りを増やした、心配無用、彼女は俺が必ず護る。」最後の言葉は頭にくるが、安心させる為の言葉じゃない。よほど腕に自信があるのか、それとも熊の存在など奴らには日常茶飯事のことなのか。だが・・「あの方が平気でいられるはずがない。」きっと怯えているだろ
25位 hoさん
  • 情報提供悪い男(一) *ヨンとおさんぽ*シンイ二次小説hoさんのプロフィール
  • 初回掲載日:2015年10月3日日に三度は、典医寺まで私の様子を見に来ていた人が、ぷっつりと来なくなった。一日目。気にもしなかったわ。寝る前に、「そう言えば、今日は顔を見ていないわね」と、思い出したくらい。二日目。どうしたのかしら。忙しいのかしらね。流石に少し、気になった。だからって、誰かに聞くのも変な話。三日目。今日も来ない。もしかして、皇宮にいないのかしらね。それならば、トクマンくんと出掛けてしまおう
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 haruさん
  • 情報提供チンダルレが咲いたよ 其の二十四 haruの徒然なるままにシンイの世界に魅せられてharuさんのプロフィール
  • パク・インギュが眠りから覚めた妻のヨルムに会えたのは明け方のことだった 難産の末に生まれたイ家の跡取りはチェ侍医の素早い対応で生命力を取り戻しお付きの乳母と女中とともにヨルムの隣に寝かされ時折元気な泣き声を屋敷の中に響かせたいた 典医寺の女医サラの招き入れでインギュが部屋に入ると青い顔をした妻がいた 麻酔から覚めたばかりで傷口は当分痛みますチェ先生が痛み止めのお薬を作ってくださいましたがお体は相当
27位 ののさん
  • 情報提供天女を娶る〜海乱鬼焼船の章〜174 indigo&madder〜信義の小部屋ののさんのプロフィール
  • 天女を娶る〜海乱鬼焼船の章〜174恋情をずっと…持て余しているんだ、とその人は言った。自分はてっきり…自分だけがその思いを持て余し、一人で焦げ付かせているんじゃないかと思っていたのその人が、とても我慢強い人だって知っていたからこの間密かに会えた事で、その人が私を恋しいと思ってくれる心が、今…少し落ち着いている物だと、勝手に思っていて…そうしたら、それは違うんだと私を抱き締めながら言ってくれた暫く会
28位 ののさん
  • 情報提供インプットホリデー 雪白編 4 indigo&madder〜信義の小部屋ののさんのプロフィール
  • インプットホリデー 雪白編 4夕方に明日の事を知らせに…と言ったと言うのに結局、此方へ向かう事が出来たのはとっぷりと日が暮れた頃。典医寺の大扉は閉められ、日中の診察は急患以外は終了している様な時分で閉まっている扉を開くと…扉の重そうな音が響く典医寺の中は薄暗くなっており、一部屋に燈火が一つあれば良い方な薄暗い明かりの中、その女の部屋へ向かう為、中庭の方へ進む途中、チャン侍医の診察室から蝋燭を掲げて
29位 るいかさん
  • 情報提供牧野の笑顔 Ⅲ Live and let liveるいかさんのプロフィール
  • 〜Sojiro〜23:00.何もすることがなく、スマホを手にした時に着信がきた。ディスプレイの名前はNYに行っている『家元』。初めての着信だった。何事かと慌ててでたのに…「突然だが、牧野さんを連れて帰る。 詳しいことは帰国してから話す。 司君にはまだ何も言うなよ。」なんとも意味深かつ意味不明な電話に苦笑いが起こる。ただ牧野に何かあったのだろうと想像だけはついた。大学の4年間、ここ西門で行儀見習いをしていた牧野
30位 二色さん
  • 情報提供王様卒業 to tell a white lie二色さんのプロフィール
  • ※ 37.5巻のネタバレを含みます。未読の方はご注意ください。「そんじゃ久しぶりにやるか!」その一声に全員の視線が総二郎に集まる。何が始まるのかと不思議がる中、あきらが「よっ、待ってました!」と掛け声を飛ばした。それに続いてノリの良い滋もあきらを真似て「よ、総ちゃん!」と拍手で迎えた。二人の声援を片手で答えた総二郎は、どこに隠していたのか数本の割り箸を取り出すと悪そうな笑みを浮かべてこう言った。「王様
31位 ジャスミンさん
  • 情報提供王の耳18 シンイ*時々里便りジャスミンさんのプロフィール
  • 「わ〜綺麗ね、トギどうしたの?誰かのプレゼント?贈り物のことよ〜〜バカか?って怒んないでよ〜え!本当私に?庭師の方が?うふふ、嬉しいなこの木はどこにあるの?裏の庭の紅葉の側?知ってるわ〜あそこか綺麗な紅葉があるのよねえー、満開?咲いてるのを見たいな」 「チャン先生〜ちょっと出ていい?」 上手く行ったそっとそこを離れる「ウンス殿、場所をわかっているんですか?貴女は方向音痴と自分をおっしゃていましたが皇
32位 杏さん
  • 情報提供抱き枕 後編の後編 CROSSROADS杏さんのプロフィール
  • 「今日こそ・・本当のこと言わないと・・」 二人は同じことを決心した それなのに・・ 「「あの」」 声が重なると、お互いに譲り合う その時テギョンは重大なことに気が付いた リビングのど真ん中においてあるテレビが付いているのを・・ミニョがきたその日に電源を引っこ抜いて、壊れてるから・・そう嘘を言った 「あ・・なんで・・・テレビ・・」 「あ・・勝手にすみません・・コンセントが抜けてただけみたいですよ?意外と・
33位 junjunさん
  • 情報提供夢幻花揺れて・・・ 44 時をこえて・・・《シンイ2次小説》junjunさんのプロフィール
  • 夜の闇にまぎれてヨンは、康安殿へと忍び込んだ。執務机の横の蝋燭の灯がゆらりと揺れる。王は、ゆっくりと視線をあげるとそこに、《蒼い狼》の装束を纏ったヨンが跪き、頭を垂れていた。「まこと・・・気配を感じさせぬ奴だな・・・それで・・・何か、進展でもあったか・・・?」王は、静かにヨンに尋ね聞いた。『はい、王様。明日、シン・ハクが、会合を開くと知らせがございました。』「明日だと・・・?いやに急いておるな・・
34位 でんべさん
  • 情報提供もうひとつの木春菊 シンイ二次小説でんべのブログでんべさんのプロフィール
  • 「とっまん!!」「はっ!」次に目に留めたのはトクマンであるその隣にはもちろん愛妻であるアルも付き添う。トクマンはヨンとチュンソクが隠居し、直に王宮を辞し鉄原へと皆の後を追いかけていたがその時点でトクマンの上官はソマンでありその関係はいまも健在のようである。「まったく・・・トクマン?ソマンは今は上官ではないのだそのような応えようはないであろうにいまも迂達赤でおるつもりか」「あ、そうでした・・でも俺の
35位 二色さん
  • 情報提供王様卒業 to tell a white lie二色さんのプロフィール
  • ※ 37.5巻のネタバレを含みます。未読の方はご注意ください。「そんじゃ久しぶりにやるか!」その一声に全員の視線が総二郎に集まる。何が始まるのかと不思議がる中、あきらが「よっ、待ってました!」と掛け声を飛ばした。それに続いてノリの良い滋もあきらを真似て「よ、総ちゃん!」と拍手で迎えた。二人の声援を片手で答えた総二郎は、どこに隠していたのか数本の割り箸を取り出すと悪そうな笑みを浮かべてこう言った。「王様
36位 りくさん
37位 悠香さん
  • 情報提供桜色のDestiny〜恋は儚き野辺の花・続編〜2 道明寺奥の院・龍泉庵悠香さんのプロフィール
  • 暫く止まってましたが、総優になります。 つかつく以外、アウトな方は閉じてくださいね。 私と三奈先輩に更先輩は、都心では見られなくなった甘味処『源絹之屋庵』に来ている。 此処は本店が『京都』にあって、茶道の流派からの贔屓も多い有名なお店。 が、サラ先輩は此処でも顔馴染みとあって。 三奈先輩と私は、驚くばかりである。 季節の和菓子が、一つで500円以上はザラなのに。店主が『サラちゃんには、御世話になってるから
38位 さらんさん
  • 情報提供2016 再開祭 | 孟春 外伝・前篇 信義(シンイ)二次創作物さらんさんのプロフィール
  • 【 孟春 外伝 】 「ヨンア」 体をそっと揺する小さな手を肩に感じて眸を開ける。開けた途端、頬をくすぐる亜麻色の長い髪。覗きこむ鳶色の瞳に微笑んで頷き、上体を起こす。 「起きた?」問いながら伸ばされる温かい細い指先に身を任せ、いつものようにそのまま腕に攫って閉じ込める寸前に気付く。 そうだ、夢ではなかった。今横たわる慣れぬ寝台。此処は公州の温宮。暢気にこの方を腕に抱いて良い場所ではない。 「顔色が
39位 soraさん
  • 情報提供グニユーカリ Moon Loversoraさんのプロフィール
  • どれだけ過ごしてきただろう私たちには いくつもの二人の思い出 増えたよねバースデーはもちろんだけど出会った日 気づいた日告げたその日も大切な記念日として 歴史と
40位 junjunさん
  • 情報提供途切れし絆〜届かぬ想い 46 時をこえて・・・《シンイ2次小説》junjunさんのプロフィール
  • ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「夢幻花揺れて・・・」限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「途切れし絆〜届かぬ想い」はヨンとウンスの新婚時代のお話です。Anniversary企画でご意見をいただきましたこんなお話読んでみたい!の中から第二弾、をお届けします。ヨンとウン
41位 ひーさん
  • 情報提供戯れの恋は愛に揺れる  42 ONE HAPPY O’CLOCK ひーさんのプロフィール
  • うっ・・・書きたかったけどなかなか更新できなかったの〜〜〜〜終わりたいのだけどどう終わらせるつもりだったのか、お話の構成が飛んでるの〜いつもの書く文章とはこのお話は違う感じで書いてるのでこの表現の方法が更新に時間がかかっています。普段司サイドやつくしサイドの個の視線で話を書いておりますが、このお話は3人称で書いちゃってますから、慣れないのです。半年ぶりの更新になってしまうとは・・・(;^ω^)この話忘れ
42位 ひーさん
  • 情報提供末っ子入学物語(小学校編) ONE HAPPY O’CLOCK ひーさんのプロフィール
  • ご入学、ご就職おめでとうございます。なかなか成長しない道明寺家末っ子澪ちゃん。久々に登場させたと思ったら小学生に!幼稚園の入園にしようかとも思いましたが今回はピカピカの一年生で行きます。つくしちゃんの反応より司君の反応が気になるお話を続きからどうぞ♪拍手コメント返礼拍手コメなかなか返礼できず申し訳ないです。m様 やなぎ様いつも拍手コメありがとうございます。それではこのお話にいただいたコメから返礼再
43位 きらっちさん
  • 情報提供屋烏の愛 52 みおつくしきらっちさんのプロフィール
  • ズルいのは分かってる。だけどな。目の前に甘い身体があるんだぞ?男なら味わいてぇだろ?こんな気持ちも、こんな身体の反応もすっげー新鮮で嬉しいんだ。 俺も男だったんだよなって実感する。あいつと出会ってから、思春期みたいになってっから。ガチガチだった身体も、胸をじっくり攻めた後には違う震えを感じた。下半身は早く挿れてぇって叫んでたけど、…昨日の今日だ。ゆっくりやんねぇと。あいつはまだ俺に慣れてねぇからな
44位 モルトさん
  • 情報提供後輩との情事52 静かな空に爪痕残すモルトさんのプロフィール
  • 2人がシャワーを浴びて出てくるのをやきもきしながら待っていた。遂にあの子達と夢の3pだぜ(^^)/やっと出て来た頃には遮断機が下がってしまった。2人はバスタオルを巻いて恥ずかしそうに体を寄せ合ってベッドルームに入ってきた。『今日の事は絶対に内緒だからね!』朱莉は仕方なさそうな表情を浮かべて言った。『OK!他言無用だね。』俺は親指を上げて答えた。『彼氏が浮気した只の当てつけだからね!』彼氏というワードを口に
45位 こ茶子さん
  • 情報提供愛してる、そばにいて0923 君を愛するために〜花より男子二次小説こ茶子さんのプロフィール
  •  胎内を滑り落ちる感触に、それがなんなのか、つくしにはわかった。 それなのに、頭の中は半分パニックで、なぜ、と、どうしてが渦巻いて、ブルブルと体が震えてしまう。 「牧野っ、大丈夫か!?」 ただならぬ彼女の様子に、司が蹲る彼女の傍らに腰を下ろし、彼女を抱き起こす。 「…どうして」 「は?」 「避妊っ!」 「……………」 つくしの口から溢れ出した単語に、司が口を噤む。 「どうしてっ、どうして避妊っ…し
46位 さらんさん
  • 情報提供2016 再開祭 | 智仁勇・結篇(終) 信義(シンイ)二次創作物さらんさんのプロフィール
  • 俺の声にドンソプはわざとらしく小指を立てて己の耳に突込むと、それを引張り出しふっと息を吹きかけた。「耳掃除はしていると思ったが、どうやらどこかおかしいようだ。妙な声が聞こえたな」 周囲の二人がそんなドンソプを煽るように追従の声を上げる。「全くだ。牛や馬に謝る者がどこにいるのか」「第一謝ったところで、言葉が判らぬだろうになあ」 その馬鹿笑いなどそのままに、俺はアン・ドンソプだけを狙って一息で距離
47位 悠香さん
  • 情報提供背徳の女〜調教代理店の御曹司様〜6 道明寺奥の院・龍泉庵悠香さんのプロフィール
  • 爆睡してまして・・・申し訳ございませんwww。 翌日あたしは課長と一緒に、支社長に呼び出しを受けた。 支社長の執務室は、こんな埃まみれのビルではない。 歩いて15分、ピカピカのオフィスビル。 高層ビルで、10階迄は『複合商業施設』が入っている。 20階から上は『道明寺HD』日本支社の中枢が入っている。「どう見ても、どっかのホテルだな」 課長はボヤいてるけど、あたしは何だか足取りが重い。 普段此方のビルにも寄らな
48位 李さん
49位 soraさん
  • 情報提供レザーファン Moon Loversoraさんのプロフィール
  • 髪の毛をかきあげる仕草ひとつにもわたしをドキドキさせる彼たくましい腕にまかれる時計にもついつい見惚れてしまうとき誰にも見つからないようにそっと視線をしのばせるわ
50位 ののさん
  • 情報提供インプットホリデー 雪白編 3 indigo&madder〜信義の小部屋ののさんのプロフィール
  • インプットホリデー 雪白編 3「は?明日で御座いますか?」ぽかんと顔の部位で開けられる箇所を全て開いてチュンソクが聞き返す「あぁ。また、例の女が我儘放題だ…明日、俺が昼の一刻ほど抜けても大事無いな?」そう言うと、呆けたままでチュンソクが答える「はぁ、それは…明日でしたら大丈夫で御座いますが…」穴が開く位此方を見る髭男に睨みを利かせつつ、言う「何だ?そんな風に見て」言うと、チュンソクが背筋を伸ばす「
更新時刻:18/04/20 05:30現在