小説ブログ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/12/17 08:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
アカシアさん
  • 情報提供理想の恋の見つけ方 46 andante*アンダンテ*アカシアさんのプロフィール
  • 『若林和彦の思いに応えるつもりか?』隣に座っている男性は知人ではないし、友人でもなければ同僚でもない。つまりそれは個人的なことを話すほど親しい間柄ではないということだが、それなら一体どの言葉が二人の関係を表す言葉として相応しいのかと考えた。すると思い浮かんだのは週に一度電話で話をするあの人と同じではないかという思い。だがその人は見知らぬ他人であり、顔も知らなければ何をしている人かも知らなかった。だ

2位
*つくしんぼ*さん
  • 情報提供Limited lover23 春のつくしんぼ*つくしんぼ*さんのプロフィール
  • 「……黒よりのグレーね」俺のストーカー疑惑についての姉ちゃんの言葉に「真っ黒なんですけど」と牧野が言ったが聞かなかったことにする「鍵渡してないのに持ってたのは」サァッとつくしの顔が青くなる「ほら、終わりよければすべて良しだろ?」「お前が言うな!!」司の言葉につくしが突っ込むが都合の悪いことは聞こえないのかそのまま話が進んでいく。「まぁまぁ、つくしちゃん。許してやってよ司がそれだけ君に惚れてるって事

3位
Happyendingさん
  • 情報提供Believe 12 With a Happy EndingHappyendingさんのプロフィール
  • 変な時間に投稿しちゃいますが...プチRです。すみません‥‥(;・∀・)***瞳を閉じた瞬間に始まったキスの嵐。砂浜でのキスとは明らかに違う。なんていうか・・・エロティック?何度か唇を吸われているうちに、あたしの体から力が抜けて、ふにゃふにゃになったあたしを、司さんは軽々と持ち上げた。そのまま後ろにあったソファーに倒れ込む。気付けば、あたしは司さんの太腿の上に跨っている状態で、彼の肩に手を掛けて、まるで
4位 やこさん
5位 riinaさん
  • 情報提供After heavy rain 7 Firestoneriinaさんのプロフィール
  • 「お前が呼び出すなんて、珍しいな」ここ最近顔を合わせてなかったあきらが、ネクタイを緩めながら席に座る。「お前が忙しいかと思って遠慮してたんだよ」総二郎はそういってあきらと拳を合わせて挨拶する。お互いの近況など、他愛もない話をした後、何気ない風を装ってあきらに質問する。「そういや、司は今どーしてんだ?」マメなあきらなら、司と定期的に連絡を取っているだろうと思っていた。「そうだ、それで思い出した」言い
6位 nonaさん
  • 情報提供マンハッタン・ラプソディ − 愛 − 17 Lips that Overlapsnonaさんのプロフィール
  • 成田空港  20:10定刻より30分遅れて離陸した機内から、エマは東京の街並みを見下ろした。私の生まれ育った街愛しい人々がいるはずだったその中に自分もでも今はもう、その面影はないただそこには異邦人としての自分に訪れる新しい発見があるのみだったさよなら、Tokyo私の帰る場所はNew Yorkツカサの待つNYだけ早く会いたいエマはおよそ13時間のフライト後のことに思考を移した*****NY  楓のオフィス  16:24コンコン
7位 plumeriaさん
  • 情報提供嘘つきは恋の始まり (47) Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 軽く足を引き摺りながら俺の腕に手を絡ませて花沢のロビーを歩いてる静。社員達が何事かと振り返って見てるようだけど、そんなこともお構いなしに肩に顔をくっつけて歩きにくいったら。わざと見せつけてるかのような縋り方にイラッとする・・・さっきは思わなかったけどこんなに鼻につく香水、つけてたっけ?それとも俺が気分悪いからそう思うのか。「静、もう少し離れて歩けない?足、大丈夫そうじゃん。社員達の目もあるからさ」「
8位 悠香さん
  • 情報提供君と過ごした日々〜13〜 道明寺奥の院・龍泉庵悠香さんのプロフィール
  • 車は若干渋滞しながら、ノロノロと県道を走る。 県道に沿った高架橋との、出入口で玉突き事故があったと『電光板』が点滅する。 時刻は7時を過ぎ、丁度車の混雑する時間へ突入している。環「参ったわねえ。幾ら平日じゃないとはいえ」 和樹「仕方ねえよなあ。普段じゃなかっただけ幸いだ」 四駆の車で幾分、高い車体の運転席と助手席に座り前方を睨む。 バッグの中に有る、包み紙を開く。 小さな固形物を、口に放り投げる環。『HA
9位 amiさん
  • 情報提供慕情そして恋情…<つかつく>  26. tukatuku-inotiamiさんのプロフィール
  • <司side> 俺は日本に帰国して少し経ってから、つくしに翼が日本に帰国して、日本支社転勤と成る旨を話した。 「つくし、まだ、内示は出てねぇが、近々、翼が日本支社転勤と成る。  心得て於いてくれ‼」 「そう、翼、帰って来るのね。  お義父様とお義母様が良くお許しになったわね?」 「親父から言い出した事だよ。  俺をNYに態々、出張させて、翼と俺が仕事を遣って行けるか、何方にも試させる為に  な‼
10位 plumeriaさん
  • 情報提供私の帰る場所・23 Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 誰かに身体を揺すられてると感じて目を開けた。唇が「西門さん・・・?」って無意識に呼んだけど、それは誰にも聞こえなかったみたい・・・私の横にいたのは女将さんだった。皺がよった手を私に掛けられた毛布の上に置いて、不安そうに顔を覗き込んでる。まるで本当の家族のような温かさ・・・それを見た瞬間、口元が綻んだ。「・・・あ、女将さん・・・すみません、寝ちゃってました」「いいんだけど、あんまり帰ってこないから心配になって来て
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 Ariaさん
  • 情報提供2018 つくしちゃんbirthday ‼? .01 IRIS *Ariaさんのプロフィール
  • つくしちゃんバースデーをお祝いして不定期連載です!CPはつくし×F4つくしが今年、20歳になる。今年は絶対2人きりで過ごしたい。できればその流れで、彼女の気持ちを捕まえたい。4人は全く同じ事を考え、互いの出方を伺っていた。大学3年の冬。春からは全員、家の仕事を中心に動くことが決まっている彼らは内心焦りを感じ始めていたが当のつくしは大学の講義をめいいっぱい詰め込みバイトに励んでいて毎日忙しそうだ。今日もラウ
12位 riinaさん
  • 情報提供After heavy rain 6 Firestoneriinaさんのプロフィール
  • 「今日はごちそうさまでした」店を出た後、深々と頭を下げる。ここも割り勘で、と言い張ったのをなんとか財布を収めさせるのに苦労した。「もう一杯付き合えよ」そういって、落ち着いたバーに歩いて向かう。歩きながら、つくしはぽつぽつと、司と別れた後のことを話し始めた。「最初は両親のいる漁村に行ったんだけど、生活がめちゃめちゃになってね。高校卒業してから、進をつれて家を出て、両親とはそれっきり。」「じゃあ、今は
13位 plumeriaさん
  • 情報提供Christmas Concert(6)〜隣の部屋の彼・番外編〜 Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 「えっ・・・お父様、いないんですか?」花沢邸に行ってお母様に久しぶりに会ったのに、1番始めに言われた言葉がお父様が帰ってこないというものだった。お仕事で急に関西に向かったって言うけど、お母様に言わせたら「逃げた」んだそうだ。それに類は特に驚いた様子もなく、むしろホッとしたのか厳しかった表情が緩んでいた。「ホントにごめんなさいね、つくしちゃん。昨日まではちゃんと会うって話してたのに土壇場で逃げ出すんだ
14位 Ariaさん
  • 情報提供宿命論 ー Fatalistic ー .02 IRIS *Ariaさんのプロフィール
  • 「何で今更…」つくしは教会を後にすると、足早に家路に着いた。優紀の結婚式の途中、退席したままだった事を思い出したのは自宅に着いてしばらく経ってからだった。『優紀。途中で退席してごめん。少し風邪気味だから、今日は式だけで帰らせてもらいました。また今度、改めてお祝いさせてね!今日は本当におめでとう!幸せになってね。』優紀にお詫びのメールをして、つくしは仕事部屋の机から古ぼけた箱を取り出した。掌に収まる
15位 るいかさん
  • 情報提供一期一会のクリスマス 6 Live and let liveるいかさんのプロフィール
  • 目の前でつくしと呼ばれた女はあの時の牧野で………何気に混乱していた俺は、「お前がつくしなのか?」と言葉に出していた。最初は『え?』という表情をした後、今度は「あっ!」と声に出して俺を見上げた。「総って……… もしかしてあんた?」堅い冷たい声が響く。その声は確かにこの前俺の誕生日におめでとうと言ってくれたその声で………あきらが言っていたことを思い出す。確か道明寺の社員だと言っていた。鉄の女のお気に入
16位 えりりんさん
  • 情報提供初恋と嫉妬 14 つくつくにっしえりりんさんのプロフィール
  • 経済効果100億円。 いや、200億円か? 最初に世間で言われ始めた時は、俄に信じられなかった。 その火付け役となっている女性。 その女性はと云うと、自身が先頭に立ってまとめ上げたという思いは微塵もなく、只々付属の携帯ストラップの生産現場の生産者に頭を下げて回り、臨時の雇用を増やすべく契約社員の増員の要請をこれまた低姿勢で行っていた。 何故ならば、凄い台数の予約になっているからだ。 生産台数が現在
17位 nainaiさん
18位 Ariaさん
  • 情報提供宿命論 ー Fatalistic ー .01 IRIS *Ariaさんのプロフィール
  • 新連載のお話「宿命論 ー Fatalistic ー」(しゅくめいろん)です。中編くらいの長さの予定。もちろんハッピーエンドですよ。「贏ち得る」のあとがきでも書いた通り、2人は幼馴染の設定で完全パラレルです。お話の中には宗教的な事も少し出てきますが、私は聖職者でも宣教師でもありません。(むしろ仏教の授業がある様な高校に行ってました。)私自身は無宗教なので、お話に出てくる宗教的な考え方や内容に個人的主観や素人目線
19位 きらっちさん
  • 情報提供平凡なマーメイド35R〈ゲームという名の誘惑〉 みおつくしきらっちさんのプロフィール
  • この記事は大人な表現を含みます。18歳以上で、責任が取れる方のみどうぞ。※パスワードについてお知りになりたい方はカテゴリーのパスワードについて をお読み下さい。3つ目のピンを落とした。髪の毛はちょっとボサついてるはず。「 じゃんけん…ぽん! 」ぐっ…。次は、コートのポケットに入れていた手袋片方。「 じゃんけんぽん! 」ああ、また手袋。…ヤバい。これで本当の洋服のみ。ズルい手は使えなくなった。今のところ
20位 nonaさん
  • 情報提供マンハッタン・ラプソディ − 愛 − 16 Lips that Overlapsnonaさんのプロフィール
  • 目的地に近づくと、これ以上は道が細くて進めないとのことで運転手に促されリムジンを降りて歩いた。携帯の地図アプリで目的地を検索する。細い道の先にアパートはあった。建て替えられたため、つくしが住んでいた時より格段に綺麗になっている。しかしそれでも日本の集合住宅の狭小さにエマは驚いた隣室のドアが近い。つまりそれだけ狭いということ。あそこに家族が4人?住めるの?ソウジロウは私が中流家庭の子だったって言った
21位 0004さん
  • 情報提供No.1_nine チャンスは何度でも0004さんのプロフィール
  • 引き継ぎでもらった資料をパラパラとめくっていると、しばらくしてノックの音がして、牧野が入って来た。「失礼します。」小さくお辞儀をして入って来た牧野は、少し戸惑っている様子だった。「仕事中にごめんな。さっきも、みんなの前で悪かった。」そう言うと、ううん、と小さく首を振り、あ、上司にタメ口じゃだめか、と肩をすくめる。ついいつもの癖で、元気だったか?なんて聞きたくなるが、明らかに以前の元気がない顔に流石
22位 色葉さん
  • 情報提供出戻ってまいりました Melty色葉さんのプロフィール
  • 皆様お久しぶりでございます。出戻り人の色葉です。気づけば去年に休止のご挨拶の記事を書いてから、一年もの月日が流れていたとは。びっくりです。一年。長いような、短いような。色々ありましたが、またお話を書きたくなり出戻ってまいりました。遅くなりましたが、休止中にも関わらず、遊びに来てくれた方、拍手を下さった方、コメントを下さった方、大変お礼が遅くなりすみません。でもありがとうございます。休止中でも目に見
23位 noritamaさん
  • 情報提供終わりと始まり138 ふんわりのんびりnoritamaさんのプロフィール
  • 小鳥遊弁護士から、久我家との交渉は上手くいき今後の牧野つくしに関しては、こちら側に一任すると報告が来た。「それじゃあ、私は牧野つくしとして両親に逢ってもいいのですね?・・・久我家には雅さんが戻ったんですね?」「はい、もうあちらで暮らしてました。ずっと前からあそこに住んでいたみたいに馴染んでましたよ?」「やはり・・本物は違うんですね?私は久我家では何故か落ち着かなくて・・・あの久我の叔父様の具合は?
24位 amiさん
  • 情報提供慕情そして恋情…<つかつく>  27. tukatuku-inotiamiさんのプロフィール
  • <翼side> 空港に到着して、ロビーに出て、俺は吃驚した。 「何だ此れ?」 「取り敢えず、空港を出ましょう‼  此れでは、埒が明かないでしょう。  副社長とつくし専務は、リムジンで待機為さっております。」 「了解した。  此れじゃあ、リムジンから、出て来れないよな⁉」 で、俺は、マスコミから、何を聞かれても無言を貫き、秘書が改めて、“FAXで報告する。”と、伝えたに留まった。 秘書とSPが、マス
25位 riinaさん
  • 情報提供秘書のお仕事 女子会編 Firestoneriinaさんのプロフィール
  • 月に一度、男子禁制の食事会が行われる。参加者は、つくし、優紀、滋、そして桜子の4人。何人たりとも、男性を連れてきてはならない、この日だけは絶対に女子だけで好きなだけ飲み食いする、それがこの会唯一のルールだ。つくしは弁護士、優紀は銀行員、桜子は道明寺HD秘書、そして滋は大河原財閥の後継者として、普段は忙しく働いている。それでも、月に一度、この女子会だけはみな何としてでも予定を空けて参加している。***「で
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 Happyendingさん
  • 情報提供Believe 11 With a Happy EndingHappyendingさんのプロフィール
  • この人が.........好き。そう意識した途端に、気持ちが溢れ出した。目覚めた時のあのキスとは違う。ほっとして......凄く幸せな気持ち。上唇と下唇が軽く吸われて、それだけで、あたしの体がジンッと熱くなった。言葉以上に気持ちが伝わるような気がする。だから、もっと伝えたくなるし、もっと欲しくなる。少し離れたと思ったら、すぐに角度を変えて重なる唇。息継ぎも出来ないほどに夢中になった時に頭の中に過った想い。___
27位 りおりおさん
  • 情報提供1 刀剣特別展 さくらいろりおりおさんのプロフィール
  • こちらの作品は、ある作家様から『類君家で刀剣の展示をやってる』と連絡を受けた事から始まります類君家とは、ドラマで類君家として紹介された京都国立博物館の事ですそこで刀剣の展示? まあ、博物館だし有り得るよなぁと思っていたのですが、刀剣好きの作家様が「誰かお話かいて」と強請り始めました(笑)刀剣、、全然知らないしなぁ、、と、無視を決め込みつつも、何か書けないかなぁと妄想しておりましたそこで生まれたのがこ
28位 アカシアさん
  • 情報提供理想の恋の見つけ方 47 andante*アンダンテ*アカシアさんのプロフィール
  • 「ところで司。二面性があるんじゃねぇかってお前が一人二役やって相手にしてる准教授とはどうなった?」あきらは今から行くと言って美作商事と道明寺が共に投資を決めたペルーの銅鉱山開発の書類を手に執務室を訪ねたが、それは誰か別の人間が届けても良かった書類。だがわざわざ口実を作ってまで訪れたのは、女に興味を持ったことが無かった男が自ら起こした行動に、『もしかするとその女がお前の運命の女かもしれねぇな』とあき
29位 hortensiaさん
  • 情報提供Call my name 10 ma petite bêtehortensiaさんのプロフィール
  • 「今迄日本に帰って来られなかったのも、連絡が途絶えていたのも、司としてはのっぴきならない理由があったらしい。まあ、一番は会社のゴタゴタのせいだよな。それでも牧野には偶に連絡を入れているつもりだったそうだ。司は牧野に専用の携帯電話を渡してた。2人のホットラインってヤツだな。事故の時、きっとあの崖下に落ちて壊れたんだろう。その携帯にメールしたり、電話を掛けたりしても一向に繋がらない。司としては連絡不足
30位 haruさん
  • 情報提供秘密の恋人 其の九十五 haruの徒然なるままにシンイの世界に魅せられてharuさんのプロフィール
  • なんだ?これは? チェヨンは輿の中から顔をしかめた久しぶりに戻った生家にはあちこちに灯りがともりチェヨンとウンスとタンを出迎えて・・・そして門の前には叔母のチェ尚宮が差配したであろう衛兵が並びその後ろには奉公人と思しき面々がこれまたずらっと並んでいた 広い屋敷で親子三人ゆっくりできるはずが・・・当てが外れこの仰々しさはなんだ?とチェヨンはむぅとした顔をした おかえりなさいませ旦那様 奥方様 坊っち
31位 りくさん
  • 情報提供男と女の事情・26 恋花−koibana−りくさんのプロフィール
  • 777777hitキリリク第二弾作品、平安のお話です。リク主:りみ様リク内容:ジャパネスク版『とりかえばや物語』鷹男サイドです。きゃー(≧▽≦) な展開!!??*******
32位 *つくしんぼ*さん
  • 情報提供Limited lover22 春のつくしんぼ*つくしんぼ*さんのプロフィール
  • 恋をすると、弱くなると聞いたことがあるまさか自分に当てはまる日が来るとは思わなかった。この時期限定のライトアップや飾りを見ているカップルに紛れて一人歩く「きれい……」ポップコーンの入ったキャラクターケースを首から下げて、ベンチで一人座って食べる女はどんな風に映るんだろうか見たまんまか。「……はぁ、さむ」膝掛けにもショールにもマフラーにもなる大判ストールを1度ほどいて巻き直す鼻まですっぽり隠れてホク
33位 るいかさん
  • 情報提供一期一会のクリスマス 5 Live and let liveるいかさんのプロフィール
  • 12月中旬に差し掛かった時、チャンスが訪れた。ラインのやりとりで知ることができたつくしの日程。すでに飾られているメープルのイルミネーションがクリスマスに向けてさらにバージョンアップするらしく、水曜日のノー残業デーだからこそ、それを同僚と見に行くという。会えるチャンスだと思った。これを逃したらもうずっと会えないかもしれない。偶然にもその日は夕方までの仕事しか入っていなかった。『運命の女』そう思えてなら
34位 ミルクさん
  • 情報提供愛しき人 〜 新薬  シンイ〜信義に夢中ミルクさんのプロフィール
  • 医仙殿の病は治ることは無いでしょう覚悟をしておいて下さい どういう事だ侍医!新しい治療法を試すのではなかったのかチャン侍医に呼ばれ期待しながら典医寺に来てみれば、思いもよらない言葉にヨンは声を荒げる 神の手を持たぬ我々には今の医仙殿を助ける手立てはありませんですが痛みを和らげる薬があります その様な薬があるのなら、何故(なにゆえ)早う使わぬのだそれに何故俺に聞く俺は医術に関しては素人(しろうと)だぞヨン
35位 hoさん
  • 情報提供続・甘い関係の作り方 *ヨンとおさんぽ*シンイ二次小説hoさんのプロフィール
  • 初回掲載日:2015年10月8日あの方と想いを通じ合わせてから、まもなくひと月。一日に何度か、あの方の様子を窺いに典医寺まで行く事は、それまでと変わりなく続けている。変わった事と言えば…出向く度に必ずあの方に声を掛け、直接お逢いするようになった事。木陰から、貴女の御姿を見ているだけで、満足していた日々。貴女も俺を想ってくださっていると判った今、其れだけでは足りなくなった。俺は、大層欲深い男になったようだ。
36位 ひまこさん
  • 情報提供高麗シークレットパレス 〜ラビリンス 溺れる〜 ⑭ ひまこのブログ 〜シンイ with all one's heart〜ひまこさんのプロフィール
  • 陽が西に傾き、空が茜色に染まる時刻。王宮の忙しさを他所に、二人は穏やかな時を過ごしていた。 「髪飾りの店ですか?」「そう。」 陽が落ちると部屋の空気は一気に冷え込む。ヨンはウンスが寒くないよう肩を抱き寄せていた。「髪飾りや小物を売っている店よ。」そう言いながら、彼女は不安そうにすぐ横のヨンの顔を見つめる。「その店に奴が来いと?」「ええ、あなたの傍で嫌な事があったら、その店に来いって。」「俺のこと?」
37位 junjunさん
  • 情報提供Reincarnation 〜開京の秋〜 31 時をこえて・・・《シンイ2次小説》junjunさんのプロフィール
  • 迂達赤兵舎隣の庵。開京の市井にあるチェ家の屋敷から居を移した翌日。庵の一部屋に大きな机が運び込まれる。庭で、ウォンソンが迂達赤たちと遊んでいる姿を、眺めていたウンスの目にその机が飛び込んできた。「あら・・・一体、どういうこと・・・?」机を運ぶトクマンに手招きをしてウンスが聞いた。「奥方様。今日は、体調がよろしいようですね。この机・・・のことですか?これは、上護軍の執務机です。表向きは、兵舎の執務室
38位 でんべさん
  • 情報提供あなたを探して 82 シンイ二次小説でんべのブログでんべさんのプロフィール
  • 「王様…大護軍殿と医仙様がお見えにございます」内官ヨンシルがそう伝える。「入って頂きなさい」「はい」戸口が開かれるとヨンとウンスが手を繋ぎ姿を現す。王様は目元を緩め二人の姿を見つめ重臣イと孫娘ミランは眉を潜め見つめていた。「大護軍、医仙…大義であった先ずは掛けなさい。医仙殿に診てもらいたい患者がおってのぅ〜その孫娘じゃ聴くところによるとチェ家の使用人に骨折されられたと申しておるのだ」「恐れながら王
39位 miruさん
40位 junjunさん
  • 情報提供I am thinking of you・・・ 5 時をこえて・・・《シンイ2次小説》junjunさんのプロフィール
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「Reincarnation 〜開京の秋〜」限定記事「大護軍の憂鬱」をお読みいただきありがとうございます。 「時をこえて・・・」2周年Anniversary企画といたしまして現代版ヨンとウンスのお話をお届け致します。「bonds of love〜愛の絆」の続編挙式後のヨンとウンスの新婚生活のお話と
41位 アカシアさん
  • 情報提供理想の恋の見つけ方 45 andante*アンダンテ*アカシアさんのプロフィール
  • 司は今まで感じたことがない不快な思いをしていた。それは敬意の衣を纏いながら、司を好きな女を取り合うライバルとして見ている若い男の態度に不遜さを感じたからだ。6つ年上の女に対し自分の感情を隠すことなく伝える若林和彦は、世に言うハンサムな男だ。身長は180センチ以上。司とさして変わらない背の高さに長い脚を持ち賢そうな顔をしていた。あの手の男なら付き合っている女がいても不思議ではないはずだが、堂々と牧野
42位 やこさん
43位 色葉さん
44位 悠香さん
  • 情報提供君と過ごした日々〜12〜 道明寺奥の院・龍泉庵悠香さんのプロフィール
  • 世紀の茶番?な結婚披露宴が、ようやく終わった観客ご一行様はさっさと会場から撤退しようと意気込んでいた。 その裏で一人の女性が、傷付いた様な落ち込み具合で俯いている。 親族席で『針の莚田』を味わっていた、姉の椿である。 椿は一人参加で、本来なら旦那と参加してもおかしくはない。桜子「あたくし達の配慮不足で、申し訳ありません」 司の傷付いた表情に、姉の立場としては不甲斐なく感じている椿。 彼女もつくしを認め
45位 lemarさん
  • 情報提供HUNDERTEINFÜNFZIG150151 weichgekocht 別乾坤lemarさんのプロフィール
  • それは高校生の時に気づいた。お母さんには旋毛(つむじ)が二つある。そして…いつの間にかお母さんを見下ろすほど背が伸びていた。 「こういうの久しぶりだよね。」こうして横に並んでいるとお母さんの二つの旋毛(つむじ)がきれいに並んでいるのがよく見えた。「そう?この前帰った時に洗い物してくれたじゃない。」「うん、でも一緒に何か作るのって高三のヴァレンタイン以来じゃない?」「そうだっけ?」そう答えたが、本当
46位 伽羅さん
  • 情報提供Who are you ? 〜 case5 〜伽羅の仏に箔を置く〜伽羅さんのプロフィール
  • その日は酷く嫌な気分だったトクマンにとって、別段、何があったとかそういう訳では無い何も無いが、腹の中がもやもやして気分の良くない時はあるそんな時は呑みに行くに限る明日は非番だったし、皆で呑んで騒いですればそんな気分も晴れるだろう任務も終わり、皆と連れ立って馴染みの妓楼で呑んでいると後から来ると言ってた新参の隊員が入って来た「すいません 途中でヒョンウに会いまして、 連れて来てしまいました」ヒョンウは迷
47位 MAMIさん
48位 0004さん
  • 情報提供No.1_five チャンスは何度でも0004さんのプロフィール
  • 牧野は司の部屋から出てくるなり、外にいるね、と荷物を手に出て行こうとする。涙を溜め、強張った顔に、牧野が出した結論がありありと見えて。3人で視線を合わせ、今は一人にしてやろう、と黙って背中を見送った。司がいる部屋をノックして開けると、闇のような静寂が広がっていた。入っていいか、と聞けば項垂れたままで返事がない。NOがないのを返事だと判断して中に入る。「しかし一回で当てるなんて、お前の息子、マグナムだ
49位 りおりおさん
  • 情報提供番外編 さくらいろりおりおさんのプロフィール
  • 正月明け、、つくしは、古巣である美作商事を訪れていた「部長。 この度は大変申し訳ありませんでした」つくしは頭を下げるその机の上には、ご祝儀が置かれているドタキャンされた結婚式だが、既に出席者はチャペル内で今か今かと式が始まるのを待っていたもちろん受付でご祝儀を渡しているそれが、、「いや、気にしないでくれ。 それより大変な事態だったが大丈夫かね?相手の方に慰謝料とか請求したかね? まだだったら弁護士
50位 今宵さん
  • 情報提供その手 黄昏時今宵さんのプロフィール
  • ん?!誰だ?綺麗な姉ちゃんがいるのだが、、、そんなことを思いながらもそこを通り過ぎつつ、塾長に命じられた用を足す為、先を急いだ。「富樫。」その名を呼ばれ、振り返る。「、、、、、、。」さっきの、、姉ちゃんじゃねえか。そう思いながらもその足を止める、、、誰だ?名前を呼ばれたのは良いのだが、全く身に覚えのない姉ちゃん(しかも美人)に声を掛けられ、考え込む。俺の方へと向けてその歩みを寄せてく
更新時刻:18/12/17 08:30現在