現代小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/05/28 07:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
汎武さん
  • 情報提供お前の番だ! 593 はなし汎武ん汎武さんのプロフィール
  •  万太郎のこのような試合を下座に居並ぶ門弟達の一番隅で、まだ高校生程の歳と思しき一人が、食い入るように見つめているのが万太郎の目の端に映るのでありました。その少年は万太郎の最後の対戦者として、角鼻先生から名前を呼ばれるのでありました。 少年は躍り出てきて万太郎と対峙するとお辞儀の後に木刀を正眼に構えて、剣道試合で身につけたのであろう、甲高い気合の一声を先ず万太郎にぶつけてくるのでありました。やや血

2位
汎武さん
  • 情報提供お前の番だ! 594 はなし汎武ん汎武さんのプロフィール
  • 「いや、オイは未だ弟子ば取る立場じゃなかですけん」 万太郎はそう云って重井少年を見るのでありました。重井魂太は万太郎の言葉にまるでいきなり梯子を外されたように、如何にも情けなさそうな表情を返すのでありました。「折野しぇんしぇいの弟子になられんとなら、東京に行く甲斐のなかごとなるです」 重井魂太はそう云って俯くのでありました。特に意図したわけではなかったにしろ、聞き様に依ってはつれない一言であったか

3位
汎武さん
  • 情報提供お前の番だ! 595 はなし汎武ん汎武さんのプロフィール
  • 「まあ、形の上では、それはそうだがな」 是路総士は笑いながら茶を啜るのでありました。「今からお前に親炙せんとする人間が増えると云う事だから、次期宗家としてお前も着々と頼もしくなっておるなあ」 この言葉は是路総士の好意的な笑顔の上に乗っているのでありました。「僕は特段そのような心算はないのですが」 万太郎は頭を掻くのでありました。「しれっとしたそう云うお前の様子がまた、頼もしいところとも云える」 是
4位 Showsun’sさん
  • 情報提供5/26更新 M.R.Junior代筆いたします。。 Showsun's create officeShowsun’sさんのプロフィール
  •  M.R.Juniorの文責をもってしばらく代行で書き進めます。お願いがありますこのページにありますFacebookのマークにイイネの代わりにポチをしないでください。応援励ましのポチは指定の創作ブログのポチマークにポチをお願いしますね。」↑応援のPoti忘れずに-よろしく↑日本時間=JST=0時~24時の間に1日1回の応援が有効です。よろしくお願いします♪〜♪〜♪〜      Copyright © 2015 showsun Creators office All R
5位 大海彩洋さん
  • 情報提供【真シリーズ・掌編】水よりも濃いもの・前編 コーヒーにスプーン一杯のミステリーを大海彩洋さんのプロフィール
  • なかなかまとまって小説を書く時間が無くて、あれこれと溜まったものを消化できないままですが、気分転換に短いお話を前後編でお届けいたします。これは以前から、どこかで書いておきたいと思っていた事なのですが、なかなか文字にすることができないままだった部分です。思えば、大学生のころに作っていたコピー本で連載していたのは、真の父親・武史の青春時代の話でした。彼が兄貴・功を追いかけて東京に出てきたのは終戦の5年
6位 Showsun’sさん
  • 情報提供恐ろしや『事実は小説より奇なり』 Showsun's create officeShowsun’sさんのプロフィール
  • Genevaから日帰り圏へかつての愛犬に会いに出かけましたが??なぜか入国が不可となりました。。さらに24時間の待機から48時間の待機となりましたが守秘義務事項が・・・二重三重に重なり不可思議なことに。残念ながら〜Geneva本部の仕事の関係あって守秘義務の内容を書くわけにはいかず正に『事実は小説より奇なり』です。『大演出家=人を喜ばせる大詐欺師なのだ』天才詐欺師も人を喜ばせる天才であって=詐欺罪を法的に構成する
7位 サファリパークさん
  • 情報提供9小説シデノヤマ いつかは、、、夢物語サファリパークさんのプロフィール
  • 八畳のリビングは裕樹(ゆうき)の宝物、蕙子(けいこ)にとっては、ガラクタで足の踏み場もない状態。リビングの許容範囲はすでにオーバー。「最後の箱までパスポートが見つからないなんて、運が悪すぎ、散らかりすぎ」 蕙子は、絶対着ないだろう部門、絶対被らないだろう部門が、侵食している隣のダイニングを見て、ため息をついた。 学生時代浮かれて作った、クラスやサークルでのお揃いのポロシャツ、ジャージ、Tシャツ
8位 サファリパークさん
  • 情報提供9小説シデノヤマ いつかは、、、夢物語サファリパークさんのプロフィール
  • 八畳のリビングは裕樹(ゆうき)の宝物、蕙子(けいこ)にとっては、ガラクタで足の踏み場もない状態。リビングの許容範囲はすでにオーバー。 「最後の箱までパスポートが見つからないなんて、運が悪すぎ、散らかりすぎ」 蕙子は、絶対着ないだろう部門、絶対被らないだろう部門が、侵食している隣のダイニングを見て、ため息をついた。 学生時代浮かれて作った、クラスやサークル
更新時刻:17/05/28 07:30現在