現代小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/09/23 17:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
appreamさん

2位
汎武さん
  • 情報提供あなたのとりこ 43 はなし汎武ん汎武さんのプロフィール
  • 「ああそう? 何かちょっとくどくなってきたようだからさ」「くどくなんかなっていませんよ!」 山尾主任はあくまで抗議するのでありました。日比課長はちょっと持て余すような苦笑いを浮かべて山尾主任から視線を外すのでありました。 袁満さんと均目さんはこの遣り取りを傍観しているのでありました。しかし冷ややかに無視していると云うのではなく、自分如きが嘴を挟むのは遠慮しておこうと云う、謹慎を装って非当事者である

3位
汎武さん
  • 情報提供あなたのとりこ 44 はなし汎武ん汎武さんのプロフィール
  •  新宿に出ると寄席の末廣亭近くの雑居ビルの、日比課長と袁満さんが時々通っていると云う洋風居酒屋に四人は入り込むのでありました。先ずは若いウエイターの男に人数を聞かれて、四人掛けのボックス席に案内されるのでありました。その店には袁満さん名義でウイスキーボトルがキープされていて、後はレーズンバターやら野菜スティックやらミックスピザやらのつまみ物を適当に頼んで、四人での二次会が始まるのでありました。「山
4位 二木瀬瑠さん
  • 情報提供疑惑の芽?? ありふれた日常二木瀬瑠さんのプロフィール
  • 我が家の『ハーマイヨニー』の根元に、新芽を発見しまして、一瞬、シュートかと思ったのですが、どう考えても出ている場所が離れすぎている。(-"-)葉っぱも、赤みを帯びていないし、土台部分からの可能性大な気がしています。ご近所の花友さんたちにも見てもらいましたが、ほぼ100%、台芽とのご意見。もう少しだけ様子を見て、処置しようと思います。(T_T)そんな花友さんの一人と、『歌詞の勘違い』のお話で、中でも、一番恥
5位 KATARAさん
  • 情報提供#シナリオ 【 Joker 】 −39− Novel & Scenario (小説と脚本)KATARAさんのプロフィール
  • ●駅前(翌日・昼前) 人々のにぎわい。セミの声。駅の時計が11時。 改札近くに佳代がいる。沙織を見つける。沙織はハンドバッグとお土産の入った紙袋、佳代の着替えが入ったバッグを持っている。 沙織「(改札を出てきて)暑いねぇ」 佳代「お疲れさん(バッグを持とうとする)」 沙織「いーいー。じゃあこっち持って(紙袋)」 佳代「うん」 沙織「焼けた?」 佳代「うん」 沙織「千葉の海で?」 佳代「あとプール」
6位 Showsun’sさん
  • 情報提供超‼手強し〜固まったまま動かない両足 Showsun's create officeShowsun’sさんのプロフィール
  • 私自体は傾眠症状に悩まていますが。。かつてRhythm of peaceの発起人だったロヒンジャの問題での言動では連日がっかりでしたがアウン・サン・スー・チー国家顧問腐っても鯛の一面を発揮してほしいですねFreezing of GaitFreezing is coming!とリハビリのコーチは歓迎の表情で患者をリラックスさせようと明るくふるまっていますが。:実はすごく手強いです♪〜  「すくみ足」はパーキンソン病ではよくみられ、生活に支障をきたす
7位 KATARAさん
  • 情報提供#シナリオ 【 Joker 】 −40− Novel & Scenario (小説と脚本)KATARAさんのプロフィール
  • 佳代「パンとか牛乳とかだし」 沙織「野菜は? ヨーグルトとか」 佳代「食べる時もあるけど」 沙織「毎日とらないとダメなんだけどな」 佳代「それから洗濯して」 沙織「自分で?」 佳代「叔父さんにやらせないよ」 沙織「まぁね」 佳代「部屋干しして。その前に掃除して」 沙織「毎日?」 佳代「できるだけ。犬いるし」 沙織「なんだっけ名前」 佳代「小鉄」 沙織「今日も掃除した?」 佳代「一応」 沙織「勉強
8位 汎武さん
  • 情報提供あなたのとりこ 45 はなし汎武ん汎武さんのプロフィール
  • 「ほう、山登りのクラブねえ」「山尾さんは山登りが趣味なんですか?」 頑治さんが遠慮がちに話しに割り込むのでありました。「そうね。会社に入った頃は週末には必ず大きなリュックを背負って山登りしていたようだったな。ここのところは少し減っているみたいだけどね」 日比課長が水割りグラスを傾けながら頑治さんを見て応えるのでありました。「そりゃあ彼女が出来たのなら、山の方は減るだろうし」 袁満さんが空いた自分の
9位 Kimura Yukaさん
  • 情報提供まめ記 城村優歌WebooksKimura Yukaさんのプロフィール
  • お久しぶりでございます。城村、生きております。今日は生存報告まめ記です。 いただいたメッセージもお返事が遅れ、大変失礼しておりますが、少しずつ順にお返しさせていただきますので、今しばらくお時間いただきたいと思います。 えーと。 そーなんです、8月何やってたんだ、って話です。実は…と書きかけると、あれやこれや出てくるんですが、まず。 ブログを中断した理由というのが、実は、小説とは別件での創作でした。ある
10位 KATARAさん
  • 情報提供#シナリオ 【 Joker 】 −37− Novel & Scenario (小説と脚本)KATARAさんのプロフィール
  • 佳代「14です」 拓真「中学生?」 佳代「9月に15で」 拓真「へぇ。近くなの家は。実家。実家ってのも変か」 佳代「あ、栃木、宇都宮で」 拓真「そうか。いつまでこっちに?」 佳代「ええ――」 拓真「いや馬場さんち、叔父さんちに夏休みって言っても、そんな長くいるかなってこのまえバイバイしたあと思って」 佳代「あぁ」 拓真「『また』って言ったけど会えないんじゃって。でも会えたから」 佳代「しばらく、しば
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 KATARAさん
  • 情報提供#シナリオ 【 Joker 】 −38− Novel & Scenario (小説と脚本)KATARAさんのプロフィール
  • 拓真「俺こっちだから。じゃあまた」 佳代「うん」 拓真「おやすみ(走っていく)」 佳代「おやすみなさい。気ぃつけて」 拓真「ありがと(振り向いて言い走り去る)」 佳代「――」●馬場家・外観 佳代がスキップで帰ってくる。玄関をあけて小鉄を先に入れる。●玄関 小鉄用タオルで足を拭いてやる佳代。鼻歌。 浩介「(書斎から来て)おかえり」 佳代「ただいま」 浩介「いいことあった?」 佳代「なん
12位 いわのふさん
  • 情報提供短編小説 君の見える坂道 文豪ストリーキングいわのふさんのプロフィール
  • 「まだあげ初めし前髪の 林檎のもとに見えしとき 前にさしたる花櫛の 花ある君と思ひけり やさしく白き手をのべて 林檎をわれにあたへしは 薄紅の秋の実に 人こひ初めしはじめなり」 島崎藤村「初恋」より一.昇は少し恥ずかしくなった。中学二年、図工の時間であった。彼は粘土細工をひたすら作り、それを少しでも見栄えよくするため、格闘中であった。三人ずつの作業台の前に座り一生懸命、造形の調整を企図し、粘土を削
更新時刻:17/09/23 17:30現在