TOPICS

現代小説 新着記事

1件〜50件

  • やってしまった😨

    初めて、ぎっくり腰というものをやってしまった😱 朝コタツに置いてたコーヒーカップを取ろうとしたら、ギク〜と、痛みが走って、そのまま崩れ落ち立てなくなってしまった。 立とうとすると、右腰に激痛が走る。 あー話しには聞いてたけど、これがぎっくり腰か。思い物持ったわけでもないの...

    しらす

    sirasusanのブログ

    読者になる
  • ユメミダケ心中 第6回 女の承の壱

    ユメミダケ心中 第6回 女の承の壱,maruzohこと熱田丸蔵の綴る物語。誰もが持っている心の中のあの辺のお話。

    maruzoh こと 熱田丸蔵

    こころのあのへん

    読者になる
  • ここ数年のストーブ点火日

    2010.12.13 2011.12.11 2012.11.24 2013.11.30 2014.12.06 2015.11.25 2016.11.12 2017.11.19 2018(記録なし) 出来れば2010年を超えたい(笑)!

    taira

    taira日記 - since 2004.09.18

    読者になる
  • あぁ〜

    3連休が終わっちまう(泣) でも、本2冊読めだがらいい休みだったべな

    taira

    taira日記 - since 2004.09.18

    読者になる
  • 転生ー貫井徳郎

    [画像] 評価 東野圭吾の「人魚の眠る家」に続く臓器移植物第2弾! 貫井徳郎初読み。重い心臓病の大学生・和泉にドナーが現れ心臓移植手術が施され和泉は元気を回復するがその人格に変化が…

    taira

    taira日記 - since 2004.09.18

    読者になる
  • 第7章 かけ違えるボタン-8

      ダイニングバーのドアが開く音に、入口の方を見たアレンは、久しぶりに見る男の顔を認めた。「いらっしゃい」 そう言うアレンに、「よぉ」と答えて、シンジはカウンターに座った。「久しぶりじゃないか」「この夏、1か月くらいニューヨークに行ってたん

    ぴんくモモンガ

    猫と小説、ときどき投資

    読者になる
  • やっとレビュー書けるぞだんしんち1巻の感想です?!

    かぐりん(@kagurahikaru)は4巻5巻発売おめでとうございます! 岡叶さん。。。噂ではすらっとした美人!なのに、こんなに男子を描けるのなんでだろう?こういう、ほのぼの系でいいのかな?好き!と、「1」話目と「1,5」話目があるのですが、まとめて「1」話目で表記していきます! だんしんち(1) (角川コミックス・エース) 作者: 岡叶 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/04/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「壇野心志ことだんしん」さえない主人公。11月1日生まれ165cm 50kgゲームしすぎクマがある。あまり服とか食にこだわりはない…

    かぐりん

    かぐりんの読書のお部屋。

    読者になる
  • 運命とは命を運ぶもの。宿命とは命に宿るもの。私たちは自らの意思によって生きているわけで...

    この投稿をInstagramで見る 運命とは命を運ぶもの。 宿命とは命に宿るもの。 私たちは自らの意思によって生きている…

    田中ビリー

    ワールズエンド・ツアー

    読者になる
  • 次のBCで100%BTが当たる状態の台www

    どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

    寿

    書くこと、賭けること

    読者になる
  •  北へふたり旅(54) 北へ行こう⑩

    北へふたり旅(54)「滅多なことを口にしてはいけません。スマホで離婚する時代です。こんなの当たり前。けしてめずらしい光景ではありません」「スマホで離婚?」「ご飯を食べているときも、一緒に出かけているときも、ずっとスマホを手放しません。話しかけても上の空。そんな状態に嫌気がさして、離婚へ発展するそうです」「そこまで四六時中、スマホを見る必要があるのか?。いまの若者たちは」「暇なとき、何をしたらいいかわからない人が増えてきたからです。暇つぶしでSNSやゲームをはじめた人たちが、いつのまにか、スマホを手放せなくなる。スマホ依存症のきっかけはそんな風にはじまるそうです」スマートフォンには、中毒性がある。車や自転車の運転中でもスマホに触る。スマホがないとなぜか落ち着かない。会話中でもスマホをいじる。風呂場やトイレにまでス...北へふたり旅(54)北へ行こう⑩

    落合順平 作品集

    落合順平 作品集

    読者になる
  • 古今和歌集卷第十六。哀傷哥。原文。(窪田空穗ニ依ル戦前ノ校本)

    古今和歌集○已下飜刻底本ハ窪田空穗之挍註ニ拠ル。是卽チ窪田空穗編。校註古今和歌集。東京武蔵野書院。昭和十三年二月二十五日發行。窪田空穗ハ近代ノ歌人。はかな心地涙とならん黎明[しののめ]のかかる靜寂[し

    seno-le ma

    Seno-Lê Ma 小説、批評、音楽、アート

    読者になる
  • 読者になる
  • 打ち切り感100点満点な紺田照の合法レシピ最終9巻の感想です?!

    かぐりん(@kagurahikaru)は打ち切りだと思う、もしくはギブアップ! 第58話・握られた弱み真希ちゃんの活躍により解決。。。しっかし、あの話からよくわかったなぁ。。。かぐりんだったら、真希ちゃんも紺田さんもできない。つか、真希ちゃん巻き込んじゃったもんなぁ。。。と、思いつつ、普通にヤクザが学校に通うってのが無理あるんじゃないか? 紺田照の合法レシピ(9) (KCデラックス) 作者: 馬田イスケ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/11/15 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 第59話・ぽっかりと空いた風穴ホットケーキミックスに、絹ごし豆腐を混ぜて作るのドー…

    かぐりん

    かぐりんの読書のお部屋。

    読者になる
  • 歪家族 第六話

    6 美羽は和樹を誘惑しようと試みたことがあった。中学三年になり体型もふっくらして、まだまだ子供っぽいところはあるものの女らしくなっていた。学校の噂でチラホラと初体験を済ませた同級生も出てきて少し焦っていた。ずっと片想いをしていた和樹はもう28か

    加瀬

    裏加瀬blog

    読者になる
  • それでもユーモア短編集 (35)工夫(くふう)

    何かをしようとしたとき、その場に必要な道具や物がない場合、ホモ・サピエンスである高等な頭脳を持つ私達人類が、そこにある物でなんとかしよう…と考えるのが工夫(くふう)という所作(しょさ)である。

    水本爽涼

    水本爽涼 歳時記

    読者になる
  • 攻めていこうかな‥

    明日はいよいよ試験なのですが、簿記2級を受けるのは、恥ずかしながら5回目です。合格率は15%から25%なので、最初は落ちても、ちゃんと勉強すれば2回目で合格す…

    りょこ

    りょこ便

    読者になる
  • おっさん、山に登る

    義母の病院めぐり&インフルエンザの予防接種などで過ごし、 午後から山に登りました。 ご近所にある戸ノ上山。 作品88番はまるで書けてなくて、もう16日になっちゃって、時間は全然足りないし、試験はあるし、

    もず

    Radio邪馬台国/サマルカンドで朝食

    読者になる
  • トウゴマの木

    15日金曜日。 10月6日の日記に書いた、就職希望先の筆記試験が10月24日に行われた。 今日はその発表日。 朝、どうなるだろうと、聖書に尋ねたところ、 「おまえは自分が労したわけでもないトウゴマの木さえ

    もず

    Radio邪馬台国/サマルカンドで朝食

    読者になる
  • 保護犬

    土曜日を皆様は、いかがお過ごしでしたでしょうか?朝から、準備に楽しい時間を過ごせました。 実は、実は、保護犬が我が家に来てくれました。たまたまが良い方に重なり、保護されて里親を捜していたそうです。譲渡会も開催されたそうですが、この

    うさぎ

    得津美惠子のブログ

    読者になる
  • 解釈

    自由気ままに、よしなしごとを。お帰りの際は、転ばぬようお気をつけください

    読者になる
  • 小説 【 あの夏あの島で 】 -25-

    録画された番組を見ると美歩の撮影分はノーカットで、「いらっしゃいませ」とお冷やを運び「こんにちは」と挨拶を交わし、「カワイイ」「看板娘」とお笑いコンビにからか…

    KATARA

    Novel & Scenario [小説と脚本]

    読者になる
  • 多様体の定義

    河下希

    邪道数学研究所ブログ

    読者になる
  • 投資女子-68 11月第2週の損益報告

    さて、今週も保有しているファンドちゃんたちの損益報告デス。(*´▽`*) で、その前に。 mao「気になるニュースがあったので、お知らせしとくゎね。」 にゃんこなのに、世界情勢のニュースとかありがとね。(*´ω`*)🐈「ふふ

    ぴんくモモンガ

    猫と小説、ときどき投資

    読者になる
  • 安倍晋三の起源

    今月の二十日に安倍晋三の首相在任日数が桂太郎を抜いて歴代一位になるという。ちょっと普通ではないですよ。桂太郎というのは日露戦争時の総理大臣であり、日露戦後は西園寺公望と組んで政権を交互に担当して、明治大正にまたがり3度も総理大臣になったという人物です。

    magamin1028

    maminの雑記ブログ

    読者になる
  • 金太郎MAX!金爆ゲットつきの台、見ーつけた!!

    どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

    寿

    書くこと、賭けること

    読者になる
  • フォレストシンガーズ・短歌俳句超ショートストーリィ2019/11

    2019/11 短歌俳句・超ショートストーリィ   泥棒猫って季語なの...

    akane

    あかねのブログ

    読者になる
  • 2019/11/16 札幌

    オフ会記事を書きかけては放置し、を繰り返し、札幌で遊んでいます。11月(時々12月)に札幌ドームに来ることは、毎年の行事のようになっていましたが、これで来納めです。そうすると、思わぬ大寒波に見舞われ、11月とは思えない景色に。でも、冬に札幌に来たときとは全然違う。寒いけれど、地面の温度というのでしょうか、真冬のような底冷え感が全然ましでした。でも、季節の変わり目、快晴で秋晴れの関西からこっちにきて、やっぱ...

    大海彩洋

    コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

    読者になる
  • 久しぶりに読むと感慨深い能面女子の花子さんの2巻の感想です?!

    かぐりん(@kagurahikaru)は能面男子の登場に期待している! 第11面・花子さん、勉強をする。花子さんの能力が明らかに!それは、人の文字を真似てかける!もっといえば、コピコピの実を食べちゃった感じ?問題は、本当の自分の字がどんなだったか忘れちゃったこと?! 能面女子の花子さん(2) (ITANコミックス) 作者: 織田涼 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/01/06 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 第12面・花子さん、噂話をされる。そろそろジョバンニが売りに出されてもいいんじゃないかな?ちなみに、しばらく1巻読んでなかったんで香穂ちゃん誰になって…

    かぐりん

    かぐりんの読書のお部屋。

    読者になる
  • 冬が来た☃️

    おはようございます😃 ここんとこ寒くなりましたね〜 まだ初雪は降ってないけど、時間の問題だな🤔 こちらの冬は道路が凍るんですよね。 朝晩はホント最悪。 絶対急ブレーキはかけれない。 私は過去2回ほど怖い思いをしたことが。 車が180度回転したのと、もう滑って制御できなく...

    しらす

    sirasusanのブログ

    読者になる
  • 卒寿記念展と 大嘗祭

    かつての大先輩同僚が卒寿を迎えられて、なお創作意欲はそのまま続き しかも今回が最も良かったのでは・・と皆さんに絶賛される筆致の水彩画展  埴輪の絵がとても...

    アン

    老育   そして(アンのように生きる)

    読者になる
  • それでもユーモア短編集 (34)判断

    一人ならまだしも、多くの人に影響を与える判断は間違えることが出来ない。

    水本爽涼

    水本爽涼 歳時記

    読者になる
  • 興奮が止まらない

    躁鬱になってから、仕事や勉強などで頭を使い興奮すると、踊り出したり走り出したりしてしまう。躁ではなく一時的なもので、数時間たつと収まるけど。あと、人がいる時は…

    りょこ

    りょこ便

    読者になる
  • 虚空の辰刻(とき)  第95回

    『虚空の辰刻(とき)』目次『虚空の辰刻(とき)』第1回から第90回までの目次は以下の『虚空の辰刻(とき)』リンクページからお願いいたします。『虚空の辰刻(とき)』リンクページ-虚空の辰刻(とき)-第95回セイハの言うムラサキ、それは紫揺の祖母である紫のことなのだろうか?「お婆様の?」「お婆様かどうかは私は知らないけどその血を引いているの。シユラの知らない血がムラサキにはあるの。シユラが理解できないことがあるかもしれないけど、それはムラサキの血のなせる業。それは・・・ムラサキが受け継ぐ者に伝えなければいけなかったんだけどね」「どういうことですか?お婆様が私に伝えなかったという事ですか?」「そうね」「私が生まれる前にお婆様は亡くなっていました。もしその話が本当だとしても、お婆様が私に伝えることなど出来ません」「ムラ...虚空の辰刻(とき)第95回

    大福 りす

    大福 りす の 隠れ家

    読者になる
  • 新聞を読んで

    朝5時に起床!何と、部屋で白い息が見えました。先ず、石油ストーブを点火して、次にエアコンのスイッチを入れました。そうしないと、寒くって、寒くって。5か月前に、電気湯沸しポットが壊れてしまいました。今は、娘が中学校で使った水筒にお湯を沸かして

    うさぎ

    得津美惠子のブログ

    読者になる
  • 小説 【 あの夏あの島で 】 -24-

    撮影は20分で終わりお笑いコンビとスタッフは勇翔と美歩に礼を言って店を出た。「あっと言う間だったね」と勇翔は出入口で見送り、「はい」と美歩は横でうなずく。「だ…

    KATARA

    Novel & Scenario [小説と脚本]

    読者になる
  • 剣盾

    自由気ままに、よしなしごとを。お帰りの際は、転ばぬようお気をつけください

    読者になる
  • 短篇小説「ジダハラ」

    世間では時短ハラスメント、略して「ジタハラ」というものが流行っているようだが、わたしの職場では「ジダハラ」にすっかり迷惑している。 ジダハラの原因は、わたしと同じ職場で働く壇田踏彦という男である。踏彦はことあるごとに地団駄を踏む。その足音が、周囲をジリジリと苛つかせるのである。すでにおわかりだとは思うが、ジダハラとは「地団駄ハラスメント」の略である。 厄介なのは、われわれ地団駄を踏み慣れていない人間にとって、いまだ地団駄という行為が未知の領域であるということだ。地団駄とは本来、怒りや悔しさから踏むものと思われている。だが踏彦の様子を観察した結果、わたしを含む周囲の同僚らの見解では、それは地団駄…

    井上智公

    泣きながら一気に書きました

    読者になる
  • 【小説】3年ぶりの帰郷 〜16〜

    久しぶりの東京 飛行機で眺めた東京の街は、まるでジオラマだった。 自分の住む家や会社が、とても小さな存在に思えた。 飛行機は無事に羽田空港に降り立ち、長い滑走路をランディングしながら徐々に速度を落としていく。 僕は飛行機の窓からエアーターミナルのある方向を見つめ...

    こみち

    初心者だって小説書いてもイイでしょ!?

    読者になる
  • ONCE UPON A TIME 「Yajikita」

    Onceuponatime,whenTokyowasstillcalledEdo,therewasthetravelstorytovisit"OISE-SAN"titled“TokaidoNakaKneeHair”byJUPPENSHAIKKU."Tokaidochuhizakurige"(Shanks'PonyalongtheTokaido,byIkkuJUPPENSHA)ThisisastorytovisittheIsegrandshrinebytwomennamedYajiandKitawholiveinEdo.“Oise-san”isashrinededicatedtotheAmaterasugodwhodeifiedthesunandcanbesaidtobethemeccaofJapaneseShi...ONCEUPONATIME「Yajikita」

    mikami koubou

    三神工房

    読者になる
  • NDロードスター、野ざらし駐車と塗装面の劣化について

    なんでもそうですが、劣化します。 人間だって、クルマだって…。 私のように毎週洗車していますが、すでに劣化が始まりました。 洗車は何十年もやってきているから、わかっていたのですが、 原因は、 【屋根なし駐車】です。 屋根が無いと、雨が降ってもそのまま、雨に含まれた不純物がボディーを襲います。 また、コーティング等も無敵ではありません。 何かで流れ出したり、ワックスなんて1回の雨で流れ出し…

    空色 零

    空の彼方

    読者になる
  • リゼロ71%、ホールド、青ボナゲット

    どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

    寿

    書くこと、賭けること

    読者になる
  • あなたのとりこ 375

    「経費がかかろうがかかるまいが、仕事の効率を考えるならば、目先の経費削減よりも出張扱いの方が良いんじゃないですかね。僕はそう思いますがねえ」  こう返す辺り、どうやら社長は別に察してはいないようであります。 「要するに出張にかかる経費を極力ゼロに近づけようと云う事ですよね」  日比課長が口を開くのでありました。この日比課長の言を一種の助け舟と取るかそれとも自分への批判と取るか土師尾常務は俄には判断出来ないようで、不愉快極まりないと云った顔は一応その儘保持しながら、一つ頷いてもみるのでありました。 「何でもかんでも節約すれば良いと云うものじゃなくて、それが非効率になるようなら、出すところは出すことも必要でしょうよ」  なかなかに気前の良い社長の言葉ではありますが、これは社員に対してさももの分かりが好い経営者だと云う格好を演じて見せているだけで、先の甲斐計子女史への仕打ち等からすると..

    汎武

    はなし汎武ん

    読者になる
  • 古今和歌集卷第十五。戀哥五。原文。(窪田空穗ニ依ル戦前ノ校本)

    古今和歌集○已下飜刻底本ハ窪田空穗之挍註ニ拠ル。是卽チ窪田空穗編。校註古今和歌集。東京武蔵野書院。昭和十三年二月二十五日發行。窪田空穗ハ近代ノ歌人。はかな心地涙とならん黎明[しののめ]のかかる靜寂[し

    seno-le ma

    Seno-Lê Ma 小説、批評、音楽、アート

    読者になる
  • 私の机の風景

    私です。こんな顔をしています。(最近、オンデーズでメガネを買いました。)こんばんは。よろしくどうぞ。私の机の風景を書いて見ました。 こんな感じです。ごちゃごち…

    ふくこの小説

    読者になる
  • それでもユーモア短編集 (33)押(お)さない

    春ともなれば、動物達は繁殖(はんしょく)行動を活発化させる。

    水本爽涼

    水本爽涼 歳時記

    読者になる
  • 休日の過ごし方 りんなとの11月14日!

    りんなとの会話にてN.紅白残念だったねR.やめろこら笑サーセン(;・Д・)また来年頑張りましょう!

    にごう

    にごうきち

    読者になる
  • 月光と影

    仕事帰り。佐賀の川浪秀之さんと、小説のことでメール交換しました。 僕から見れば、川浪さんは応援してくれる人が多いし、出版社の人脈や地区の文化活動をしている人たちの人脈等もあるし、彼の奥さんも彼の書いた

    もず

    Radio邪馬台国/サマルカンドで朝食

    読者になる
  • 夢の加速 PartⅡ

    わんばんこ~、いや、こんばんは~、廃人(俳人)Peroですわ~😆 帰国してちょうど一週間、再び旅に出たいと思っているバカなクズ人間ですわ、困ったものです。 …

    pero

    何故かゲストハウスで小説暮らし

    読者になる
  • 小説 【 あの夏あの島で 】 -23-

    それで勇翔が料理を運んだ。「お待たせしました」「お、今度はイケメン」とコンビのひとりが見上げ、「ここのご主人?」ともうひとりが聞く。「いえ、主人の孫で」「そう…

    KATARA

    Novel & Scenario [小説と脚本]

    読者になる
  • 何となく

    急に冬のような寒さが到来しました。皆様のお住いの地域はいかがでしたでしょうか? 「どうしたの?」「病気?」などなど、メールを頂き、ありがとうございました。元気です。 日記ではないので、毎日書くのもどうかなぁ〜と思って書か

    うさぎ

    得津美惠子のブログ

    読者になる