TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

現代小説 新着記事 NEW POST

help
  • 稲妻トリップ 1 さっき……

      高架下の水面(みなも)に、街灯の明かりが落ちて揺れていた。 淡いオレンジ色の光と、薄暗い夜の青さが入り混じる。 俯いた顔に冷たい風が吹きつける。 ほんのりと、潮の香りを運んでくる。 車のライトが背中で輝き、速いスピードで過ぎ去った。 毎日見ている。 足を止めて、橋の上から。 そこは、道路を仕切る白線の中。 深夜になると、交通も少ない。 誰にも入ってきてほしくないの。 ただ一人で、私は海を眺める...

    リエミ

    リエミブログ

    読者になる
  • 楽しいユーモア短編集 (37)体調管理

    何事にも管理は大事だ・・という。

    水本爽涼

    水本爽涼 歳時記

    読者になる
  • せっかく

    せっかく精神世界の勉強をして、心を明るくしようと努めているけれど、それに集まる羽虫がやってきて、心の光を覆い尽くそうとします。その光がなくなれば、その羽虫はま…

    ふくこの小説

    読者になる
  • 剥がす

    こんばんは、お元気ですか。 最近、筋膜はがしのポールを買いました。 剥がす剥がす!と思ってたら背中にあざができました笑!!!気持ちいですよ。 階段で、急いで降…

    ふくこの小説

    読者になる
  • 虚空の辰刻(とき)  第153回

    『虚空の辰刻(とき)』目次『虚空の辰刻(とき)』第1回から第150回までの目次は以下の『虚空の辰刻(とき)』リンクページからお願いいたします。『虚空の辰刻(とき)』リンクページ-虚空の辰刻(とき)-第153回グスリと鼻水を吸い上げる。もう一度家の中に入ってティッシュで鼻をかむ。山ほど出た。「全部・・・自分が選んだんだ」北やら東やらという輩は置いておいても、それ以外は自分が選んだ。進学はしない。スタントマンになる。東京に行く。両親に旅行をプレゼントしたのも自分だ。決して、両親を死に追いやろうと思ってやったことではないが、全部自分で決めて自分がやったことだ。母親の早季の日記を読んで、どれ程早季が紫揺に怪我をさせたくないのかを知った。自分のやってきたことは母親不幸だったと思う。でも、それでも、早季がどれほど反対しても...虚空の辰刻(とき)第153回

    大福 りす

    大福 りす の 隠れ家

    読者になる
  • お好み焼きとご飯を一緒に食べられないって?

    「別れましょう、わたし、お好み焼きと御飯は一緒に食べられないの」 えっ⁉️(笑)   関西人の僕は「何で?」って思うけど、東京に15年近く住んでいて、ときどき…

    pero

    何故かゲストハウスで小説暮らし

    読者になる
  • 小説 【 あるハワイの芸術家 】 -7-

    働き始めたのは2ヶ月後だった。再びウェイトレス。しかし前の店ではなく別の店だった。以前の店はケイトとトーマスが出会った場所で、思い出すのがつらいと言った。勤務…

    KATARA

    Novel & Scenario [小説と脚本]

    読者になる
  • 親の老化は気分が沈む

    去年の父親に続き母親まで緊急入院。介護を視野に入れるしかありません。さいわい、私は実家の隣に住んでいて、弟一家も実家のある市に住んでいます。だから緊急時にはす…

    りょこ

    りょこ便

    読者になる
  • ステロイド剤が減らされました。

    今日は、バタバタと忙しくしていました。8月のお仕事を頂き、今日は打ち合わせに行かせていただきました。今回は、人権研修です。打ち合わせを終えてから、6月8日に発売される第3作目の小説「セレナーデ 〜キャビンアテンダント陽子 永遠の愛〜」を書店

    うさぎ

    得津美惠子のブログ

    読者になる
  • 解答

    自由気ままに、よしなしごとを。お帰りの際は、転ばぬようお気をつけください

    読者になる
  • 流浪の民

    恐れていたことですが、先ほどのニュース速報で本日令和2年6月5日 橫田 滋さん(87才)が亡くなられたと知りました。なんといたましいことでしょうか?北朝鮮...

    アン

    老育   そして(アンのように生きる)

    読者になる
  • 短篇小説「風が吹けば桶屋が儲かるチャレンジ route 1」

    一陣の風が、吹いた。はたして桶屋は儲かるだろうか。 駅前の大通りを通り抜けた風が、路上に落ちていたコンビニ袋を舞い上げた。宙を舞ったコンビニ袋が、直進してきた八百屋の軽トラックのフロントガラスに貼りつき、その視界を奪う。八百屋の軽トラは急ブレーキを踏んだが、その急停止のせいで、後方から大型トラックに追突される。その衝撃で軽トラの荷台に積み込まれていたダンボールの蓋が次々と開き、大量のリンゴが路上へとばら撒かれた。 そこを通りかかった親切なお婆さんが、きんちゃく袋かららくらくホンを取り出しすぐに警察と救急車を呼んだ。お婆さんと集まってきた野次馬たちは、心配気に状況を見守りつつも、手持ち無沙汰から…

    井上智公

    泣きながら一気に書きました

    読者になる
  • 心の中の絵画 2

     富田館長の熱意にほだされ、難しい表情を浮かべていた匠たちも複製の制作を引き受けた。  大先輩の師匠達が引き受けた以上、美月も引き受けざるを得なかった。我が師匠の顔を汚すわけには行かない。  こうして、猶予期間二年という、長いようで短い美月の複製制作の挑戦が始まった。   ...

    大空ひろし

    大空ひろしの小説ブログ

    読者になる
  • 「妙な話」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|芥川龍之介

    著者:芥川龍之介 1993年12月に筑摩書房から出版妙な話の主要登場人物私(わたし) この作品の主人公。朝鮮に暮らしているが、一時的に日本に帰ってきて村上と銀座を訪れる。村上(むらかみ) 東京に住む私の旧友。遠慮のない性格であり、妹・千枝子

    dougenzakanokuma

    ネタバレあらすじ情報館

    読者になる
  • 2BCで朧背景BTをゲットするという理想

    どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

    寿

    書くこと、賭けること

    読者になる
  • あなたのとりこ 460

    「それにしたって、社長にすればその上乗せ分も、姑息にケチりたいんじゃないのかな。社長は金に関してはえげつなく出し惜しみ屋みたいだから」  袁満さんが頑治さんの観測に少しの疑問を呈するのでありました。 「あの二人は昵懇の仲のように見えて、実は牽制し合っているところもあるからね」  甲斐計子女史が口の端を歪めて憫笑するのでありました。 「まあしかし社長は人一倍体面を気にするくせに、結構なリアリストでもあるからなあ。出雲君の年収分と土師尾常務の報酬を天秤にかけて、年収分より少ない額の報酬を出す方が算盤の上で得なら、気持ちの上では不本意でもそっちの方を選ぶだろうなあ」  日比課長が先の頑治さんの意見に賛意を示すのでありました。 「二人の肚の内なんかどうでも良い」  片久那制作部長が吐き捨てるのでありました。その語気にこの場の皆が気圧されて言葉を失うのでありました。で、現実に引き戻され..

    汎武

    はなし汎武ん

    読者になる
  • Gモードの防水(NDロードスター洗車)

    カーピカネットさんのGモード、お気に入りの洗車ケミカル剤です。 「洗っただけでコーティング」 嘘のような本当の話です。 以前から、そんな商品がありましたが、正直効果は???でした。 でも本物です。 私のクルマは、これが主体、下地にブリスをかけていますが、 単なる御守りです。 ボディが綺麗になることは、動画で以前からお伝えしておりますが、 防水効果は??? そういう確認の記事です。

    空色 零

    空の彼方

    読者になる
  • 読者になる
  • いっぱい

    きてる やっぱり地震かな、? なにかな

    しい

    unconscious脳

    読者になる
  • 楽しいユーモア短編集 (36)計画

    先々(さきざき)のことを、ある程度、考えて計画を立てておけば、物事がスンナリと進みやすくなり、楽しい気分になれることだろう。

    水本爽涼

    水本爽涼 歳時記

    読者になる
  • 実力

    自由気ままに、よしなしごとを。お帰りの際は、転ばぬようお気をつけください

    読者になる
  • 国境とJK 

    https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E5%A2%83%E3%81%A8JK-%E5%B0%BE%E4%B9%85-%E5%AE%88%E4%BE%91/dp/4783735514尾久さんの詩集を読んだいろいろ思い出した海を思い出した少年時代遠くまで泳ぎ帰ってこれない恐怖高校時代教室でうつ伏せじっと本を読み数学教師に吠え詩を書

    ドクトルあくえり

    ドクトルあくえりの呑気に文芸

    読者になる
  • 「セレナーデ」6月8日 Amazonから発売

    本格的な夏がやって来たような暑さです。まだ6月初旬です。皆様のお住いの地域はいかがでしたでしょうか? 今日は1通の手紙が届きました。JAL時代の元上司です。JALを辞めてもう40年が過ぎましたが、今もお付き合いくださいます。本当に

    うさぎ

    得津美惠子のブログ

    読者になる
  • ピカチュウ語で話してみた りんなと6月4日!R2

    りんなとの会話にてN.フォローありがとう!R.こちらこそーある日りんなにインスタフォローされてました.。゚+.(・∀・)゚+.゚順番にフォロバしてるんですかね?(´・ω・`)

    にごう

    にごうきち

    読者になる
  • 地獄の閻魔大王からのメール

    こんばんは~、本日二度目のブログ更新です。 「恥の多い生涯を送ってきました」というのは、太宰治の言葉ですが、僕も最近は過去を振り返ることが多く、恥の多いことば…

    pero

    何故かゲストハウスで小説暮らし

    読者になる
  • 小説 【 あるハワイの芸術家 】 -6-

    その頃クリスはコンピューターソフトのプログラマーをしていたが絵を描くのが趣味で、それが売れてからは画家、芸術家として暮らしている。今は水彩や油彩の具象画を描き…

    KATARA

    Novel & Scenario [小説と脚本]

    読者になる
  • アベノマスク、届きました

    我が家にも、やっと『アベノマスク』届きました!  …って思ったら、何だかデザインが違う?よくテレビとかで見かけるのは、『3つの密』とか書いてある感じなんですけど、まさかこれ、偽物???((´・ω・`;))とか思いながら、恐る恐る検索してみたところ、これと同じデザインのものが届いた方も、多数いらっしゃるようで、安心しました(笑)当初はいろいろと問題があったようですが、見たところ、縫製もしっかりしてい...

    二木瀬瑠

    ありふれた日常

    読者になる
  • 短篇小説「正論マン」

    正論ばかり言う正論マンがセイロンティーを飲んでいる。これは駄洒落だが駄洒落こそが正論なのではと正論マンは最近思う。 たとえ言葉の響きだけであっても、一致している部分があるというのは間違いなく正しい。もしも正論マンがダージリンティーを飲んでいたら、「なぜセイロンティーじゃないんだ?」と言われてしまうことだろう。それは正論マンがセイロンティーを飲むのが正論だと皆が感じているからにほかならない。 正論マンは町のネジ工場に務めている。ある朝出社すると正論マンは部長に呼び出され、「いま開発中の新型ネジの進行状況はどうなってる?」と訊かれた。「僕はネジじゃないので、わかりません。ネジのことを知りたかったら…

    井上智公

    泣きながら一気に書きました

    読者になる
  • 心の中の絵画 1

     挑戦  青い海に波頭が白く立っている。その美しい海の前には砂浜が広がる。貝を捕っているのか、浜辺には小さく人の姿が。  そして、中央には弾けんばかりの笑顔を浮かべた少年が。少年の両掌(てのひら)には収穫した貝。誰に見せたいのか、誇らしげに前に差し出している。  抱きしめた...

    大空ひろし

    大空ひろしの小説ブログ

    読者になる
  • 歳なのか新しい物には取っ付き難い

    我がプログラマーの息子は、会社から時々AT製品を貰ってくる。会社からだったり、同僚だったりとか、あるいは販促品で配られて物とか、どのように手に入るのかは様々。 本人に興味がないものがお下がり扱いとして我が手に届く。お下がりという表現だが、実際はすべて新品。それも先端的品が多...

    大空ひろし

    大空ひろしの小説ブログ

    読者になる
  • 面会制限は解除されない~入院患者の気持ち

    緊急事態宣言が解除されて、だんだんいろんなことが解禁になった雰囲気がある中で病 院だけはいまだに面会制限が解除されていないところが多い。いろいろ自粛が解除され つつ世の中のニュースを見て、患者さんは何を思うのだろうか?

    aotaroro

    病院の地味なお仕事

    読者になる
  • 皆さん頑張っていらっしゃいます

    今日はどんな様子?我が家のペット紹介アマビエさんの絵を友人たちのラインに送ったらとても喜んでくださって随分待ち受けにしてくれました。願いは同じです。お年寄...

    アン

    老育   そして(アンのように生きる)

    読者になる
  • 「ライオンハート」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|恩田陸

    著者:恩田陸 2000年12月に新潮社から出版ライオンハートの主要登場人物エリザベス・ボウエン(えりざべす・ぼうえん) ヒロイン。1978年現在で25歳前後。新聞記者として仕事をこなしプライベートも充実。エドワード・ネイサン(えどわーど・ね

    dougenzakanokuma

    ネタバレあらすじ情報館

    読者になる
  • 悲しき天使

    今日は休み、午後から洗濯をしてウォーキングの予定です。🏃 YouTubeでメリーホプキンの懐かしい「悲しき天使」を聴いた。😳  この曲はもう五十年近く前、…

    pero

    何故かゲストハウスで小説暮らし

    読者になる
  • スロッターがかかる稼働病の正体

    どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

    寿

    書くこと、賭けること

    読者になる
  • 秋篠月淸集卷二老若哥合五十首/藤原良經

    秋篠月淸集[藤原良經/據國哥大觀戰前版]

    seno-le ma

    Seno-Lê Ma 小説、批評、音楽、アート

    読者になる
  • 読者になる
  • 楽しいユーモア短編集 (35)消耗品(しょうもうひん)

    消耗品(しょうもうひん)は傷(いた)めている訳でもないのに無くなるから交換しなければならない。

    水本爽涼

    水本爽涼 歳時記

    読者になる
  • 5月自選句10句

    5月自選10句 もずの句もずく   初夏の色はウズベキスタン料理かな   満月よわたしが忘れられてゆく   さびしい指に蛍をとまらせている      夏暖簾へろへろにくたばっている   

    もず

    サマルカンドで朝食

    読者になる
  • 熊に襲われそうに

     視野の隅に何か動く気配を感じた。見るとそれは熊、紛いもなく熊の鼻先だった。私は...

    やいっち

    壺中方丈庵

    読者になる
  • 徳川家

    今日は、今年初めてクーラーのお世話になりました。犬のあんずちゃんもへたり気味なので、エアコンのスイッチを入れたのです。すると、今度は気持ちよさそうにお腹を出してお昼寝でした。我が家に来た時は、警戒心とおびえの塊でしたが、徐々に心を開いてくれ

    うさぎ

    得津美惠子のブログ

    読者になる
  • 小説 【 あるハワイの芸術家 】 -5-

    ジェシーは本当の父親を知らない。名前のレイモンドだけで顔は知らなかった。酔うと暴力を振るう男でケイトは詳しく話したがらず、家には写真もビデオもない。離婚したの…

    KATARA

    Novel & Scenario [小説と脚本]

    読者になる
  • 考え

    自由気ままに、よしなしごとを。お帰りの際は、転ばぬようお気をつけください

    読者になる
  • 「花鳥風月」冬には月に手を翳し、春が見えたら鳥を探して、初夏には雷鳴だけを聴き、真...

    この投稿をInstagramで見る 「花鳥風月」 冬には月に手を翳し、 春が見えたら鳥を探して、 初夏には雷鳴だけを聴き…

    田中ビリー

    ワールズエンド・ツアー

    読者になる
  • 北へふたり旅(109)メロン記念日④  

    北へふたり旅(109)ホテルへ戻ったのは午後6時。とりあえず部屋へはいる。窓の外、まだ陽は高い。夕食の予約はしていない。したがって今夜もどこかで札幌の食を楽しむことになる。「なにが食べたい?」「そうねぇ。最後はやっぱり札幌の味噌ラーメンかしら」「どうせ行くなら、地元のおすすめがいいね」「フロントのお姉さんに聞いてみましょう」「すこし呑みたいけどね」「駄目です。明日は長旅になります。無理して途中で調子がわるくなったら大変です。今夜は自重して、はやく寝ましょう」「旅の最終日は早寝か・・・味気ないな」「なに言ってんの。不整脈が悪化したらそれどころではありません。ラーメンを食べた後、すこしでいいのなら特別にユキちゃんのお店でビールくらい、許可します」「ユキちゃんお店に出るの?。休みのはずだけど」「きゅうな予約が入り、忙...北へふたり旅(109)メロン記念日④

    落合順平 作品集

    落合順平 作品集

    読者になる
  • 東京とか大阪は目立った建物があっていいよな

    昨日出された東京アラートでレインボーブリッジが赤にライトアップされた。大阪は 「大阪モデル」の達成度を通天閣のライトアップの色で表示するとのこと。テレビでは ライトアップされたものを見る人々が頻繁にニュースで映し出された。 そのニュースを見てこの病院の医師たちはどう思ったのだろうか…

    aotaroro

    病院の地味なお仕事

    読者になる
  • Hanabi (Revised)

    OnMonday,June1,at8pm,project"Fireworksproject”hadheldinJapanbythe163fireworksdealers.At8pm,fireworkswentupalloverthecountryfromHokkaidointhenorthtoOkinawainthesouthalltogether.ThefireworksdisplayissaidtohaveoriginatedfromthewatergodfestivalheldintheSumidaRiverinTokyo,prayingforthememorialserviceofthevictimsoftheplagueintheEdoperiod(1732)andtheevacuationofthe...Hanabi(Revised)

    mikami koubou

    三神工房

    読者になる
  • 「コンテクスト・オブ・ザ・デット」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|羽田圭介

    著者:羽田圭介 2016年11月に講談社から出版コンテクスト・オブ・ザ・デットの主要登場人物青咲希(あおさきのぞみ)ヒロイン、母の弟の家に居候しながら高校に通う、空気が読めない性格新垣(あらがき)区の福祉事務所で働くケースワーカー海東理江(

    dougenzakanokuma

    ネタバレあらすじ情報館

    読者になる
  • 執念のLCLミッション成功からの初エンディング

    どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

    寿

    書くこと、賭けること

    読者になる
  • あなたのとりこ 459

    「出雲君が社長室を出て行った後、残った俺と土師尾常務に向かって、土師尾常務の報酬を上げる事にするとか、社長が急に云い出したんだよ」  片久那制作部長は口重な風情で喋り始めるのでありました。「それはどういう文脈で発せられた言葉なのか、俺にはすぐにはピンとこなかったけど」  とは云うけれど、何に付けても洞察の鋭い片久那制作部長の事だから、屹度すぐにピンときたろうと頑治さんは思うのでありました。 「どうしてそのタイミングでそんな話しが出たんだろう?」  袁満さんが呟くのでありましたが、それはこの場では不必要な一言で、片久那制作部長の話しの腰を折る、と云ったような具合でありましたか。当人もそれに気付いて、ああご免、とこの不謹慎を小声でおどおど謝ってその後は口を噤むのでありました。 「俺も先ずそう思ったよ」  片久那制作部長が袁満さんを見据えるのでありました。「当然考えられるような事とし..

    汎武

    はなし汎武ん

    読者になる

「小説ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)