ホラー・怪奇小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/09/23 17:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
大峰 正楓さん
  • 情報提供しづめばこ 9月22日 P505 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画大峰 正楓さんのプロフィール
  •  しづめばこ 9月22日 P505  、大峰正楓の小説書庫で再開しました。小説“しづめばこ”は読み易いようにbook形式になっています。下記のリンクに入ってください。小説“しづめばこ”大峰正楓の小説書庫です。大峰正楓小説書庫童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ

2位
Bigbossmanさん
  • 情報提供意識障害の恐怖 怖い話しますBigbossmanさんのプロフィール
  • 今日は科学ニュースをネタにした話題です。じつは自分は20代後半のときにバイクで自損事故を起こしまして、脳挫傷になり(その他、腰椎と左手首の骨折)意識不明だったことがあるんです。このとき、自分の両親は「いつ意識が戻るかわからない」と医師に言われ、何ヶ月もの長期戦を覚悟したそうですが、幸いにして事故から4日目に目が覚めました。このときのことはいろんな人に聞かれたんですが、臨死体験とかそういう記憶はあり

3位
onboumaruさん
  • 情報提供吹雪の夜 一つ褥の妖かし話 砂村隠亡丸の余苦在話-よくあるはなし-onboumaruさんのプロフィール
  • こんな話がございます。 清国の話でございます。 かの国の都、北京は金魚胡同ト申す路地裏に。 徐四ト申す男が暮らしておりまして。 この者の家は赤貧洗うが如しでございます。 兄と兄嫁、徐四の三人が、狭い家に肩寄せあっておりま...
4位 紫水晶さん
  • 情報提供上司の昔話 ネットの怖い話・都市伝説まとめ局紫水晶さんのプロフィール
  • 会社の上司の昔話で、十五年くらい前のことだという。 当時まだ駆け出しだった上司が、某県某町に新設の事務所に配属された。 工場併設のその事務所は市街地を遠く離れた山の中にぽつんとあって、夜には車通りも無い淋しい場所だった。 事務所の前から県道を右にしばらく行くと某町のジャスコに行き当たる。左にしばらく行くと隣の某村に入るが、村の中心部の集落まではしばらくかかる、そんな立地だった。 その日の上司は、仕事を
5位 Haspiderさん
  • 情報提供弁当が消える 暗澹たる館Haspiderさんのプロフィール
  •  H高校三年、佐藤さんは、悪口や陰口を一切言わないため、周りから信用され、恨みを買うようなことはなかった。だから、今までに一度も意地悪はされていない、ある一件を除いては。 三年の新学期始まって早々、佐藤さんの弁当がなくなった。昼休みになり昼食を取ろうとロッカーのセカンドバッグを開くと、もぬけの殻だった。セカンドバッグは弁当のために使っているので、他のものを入れることはない。弁当の入っていない空っぽ
6位 紫水晶さん
  • 情報提供井戸の秘密 ネットの怖い話・都市伝説まとめ局紫水晶さんのプロフィール
  • ついこの間、うちの妹が井戸に落ちて死んだ。 井戸に落ちて死んだなんて馬鹿だなあ。と思う奴はいるだろうけど 違うんだよ。 うちの母ちゃんも、婆ちゃんも井戸に落ちて死んだんだ。 いつも転落事故って済まされるんだけど・・・ 転落事故といっても、色々不可解な点があって。 ・水が無い。井戸に行く意味がない ・転落事故なら骨等が折れてるはずなのに傷がない。 皆「?」と思ってるだろうけど、 いつも何事も無かったように済
7位 紫水晶さん
  • 情報提供 ネットの怖い話・都市伝説まとめ局紫水晶さんのプロフィール
  • 引っ越して三ヶ月、大家のじいさんが亡くなった。 すると息子がやってきて、ボロアパートを新築するから 出て行って欲しいと言った。 貧乏学生だった俺は当然のようにごねた。 引っ越す金と時間がない。当分無理。 40くらいの息子は条件をだしてきたので、似たような アパートをそっちで手配してくれ。それと敷金、礼金、 引越し代全て負担するなら、すぐにでも出て行く。 俺が妥協案を出すと、その週の土曜日に運送屋がやってきた
8位 Bigbossmanさん
  • 情報提供人形の怪談 怖い話しますBigbossmanさんのプロフィール
  • ブログ中断が1年以上にわたったせいか、なかなか怖い話が書けません。今回も怪談論でお茶を濁します。何から書いていけばいいですかね。まず、「人形が怖い」ということについて。人形をなぜ怖く感じるときがあるかというと、一つには顔を持っているから、という答えが出てくる気がしますね。なんだ、そんなの当たり前だろ、と思われるかもしれません。ただ、人間には「顔」を本能的に認識しようとする働きが、生まれついての脳の
9位 大峰 正楓さん
  • 情報提供日々の恐怖 9月17日 防犯カメラ(6) 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画大峰 正楓さんのプロフィール
  •   日々の恐怖 9月17日 防犯カメラ(6) そうして先輩が警備室を出てマンションの玄関を出ようとした時に、入り口を向いている防犯カメラが眼に入ります。“ 今自分が出て行こうとしているのを、あの二人は警備室で見ているのだろうか・・?”と一瞬考え、思わずカメラのレンズを見つめていました。“ ・・・・!?”その時先輩は見たそうです。“ レンズに反射して映った自分の後ろに、あの血塗れの女性がいる・・・。
10位 Bigbossmanさん
  • 情報提供悪魔ばらいの話 怖い話しますBigbossmanさんのプロフィール
  • じゃあ話していきますんで、よろしくお願いします。・・・最近のことじゃあないんですよ。昭和30年代です。だからもう60年ちかく昔の出来事なんです。それでよろしければね・・・当時わたしは中学生で、天使園で暮らしてたんです。天使園ってのはご存知でしょう。キリスト教の養護施設です。今も全国にあるんですけど、カトリック系が多いんです。でもね、わたしがいたのはプロテスタントの教会が主催してるところで、牧師さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 幽霊さん
更新時刻:17/09/23 17:30現在