ホラー・怪奇小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/02/20 14:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
Bigbossmanさん
  • 情報提供おとろしと八幡神社 怖い話しますBigbossmanさんのプロフィール
  • 今回は妖怪談義です。このカテゴリでは、比較的わかりやすいものから書いてきましたので、だんだん難しくなっていきます。取り上げるのは「おとろし」。これも詞書がないので、どれだけのことが言えるか自信ないです。まず、石燕の絵を見てみましょう。鳥居の上に毛むくじゃらの怖ろしい顔の化物がいて、鳥を咥えています。この鳥はおそらく鳩ではないかと思われます。日本にはたくさんの神様がいて、それぞれ「眷属 けんぞく」と

2位
大峰 正楓さん
  • 情報提供しづめばこ 2月14日 P514 大峰正楓の小説・日々の出来事・日々の恐怖大峰 正楓さんのプロフィール
  •  しづめばこ 2月14日 P514  、大峰正楓の小説書庫で再開しました。小説“しづめばこ”は読み易いようにbook形式になっています。下記のリンクに入ってください。小説“しづめばこ”大峰正楓の小説書庫です。大峰正楓小説書庫童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ

3位
(w^0^w)RISAさん
4位 Bigbossmanさん
  • 情報提供ヴォイニッチ手稿って何?2 怖い話しますBigbossmanさんのプロフィール
  • ヴォイニッチ手稿前回の続きで、「ヴォイニッチ手稿」についてです。ここでは、ヴォイニッチ手稿が世に現れた歴史をたどってみましょう。最初の確実な所有者は、プラハの錬金術師ゲオルク・バレシュ。彼が1693年に、修道士アタナシウス・キルヒャーにあてた書簡が、この手稿に言及する最古の資料のようです。バレシュの死後、手稿は友人の医学者ヤン・マレク・マルチの手に渡り、数年後、手稿は彼の長年の友人であるキルヒャー
5位 Bigbossmanさん
  • 情報提供そいつの後をつける話 怖い話しますBigbossmanさんのプロフィール
  • 主婦をしております。よろしくお願いします。ここ半年くらいの話なんです、うちの町内。私が住んでいるのは、丘を切り開いてできた新興住宅地で、桜ヶ丘団地って言うんです。一昨年に分譲が終わりましたので、建っている家はみな新しいものばかりです。そうですね、住人は40代くらいの方が多いんじゃないかと思います。子どもが小学生になったとか、2人目の子どもができたとかをきっかけに、賃貸から1軒家を建てたっていう。で
6位 紫水晶さん
  • 情報提供つきまとう女 ネットの怖い話・都市伝説まとめ局紫水晶さんのプロフィール
  • 会社の先輩が大学時代一人暮らししてた時の事。 ある日、バイト先で変な感じがして店の入口を見ると、ドアのかげに女の足が見えていた。 遠目で分からないはずなのに、骨と皮だけのように細く、白いような黒いような色で、なんだか死体みたいだと思った。 ビビりだった先輩は、身体が跳ねるくらいビクッとしてしまい、持ってたグラスから水が零れ、一瞬目を離したすきに足は消えていた。 入口は自動ドアで上下がガラス張り。人が立
更新時刻:18/02/20 14:30現在