長編小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/09/24 18:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
羅夢さん
  • 情報提供生徒会長選挙応援運動 らむの夢日記羅夢さんのプロフィール
  •    年末年始の休暇は終わった。  久しぶりに学校に行くと、いよいよ間近となった次期生徒会長に立候補した生徒の一覧が発表されていた。それと同時に、各立候補者を応援するポスターも作られていた。  始業前の時間、いつもの、そ […]

2位
KATARAさん
  • 情報提供小説 【明るい離婚計画(仮) 】 −47− Novel & Scenario (小説と脚本)KATARAさんのプロフィール
  • 勤労感謝の日を前にした水曜日。昇太が昼休みに会社近くのコンビニで弁当を選んでいると「お疲れさまです」と声をかけられた。見ると高橋彩で、「おお、お疲れさま」と昇太はうなずく。高橋彩は去年入社した社員で社内向けのヘルプデスクに配属された24歳。オフィスが昇太のいるシステム管理部の隣りで、一度懇親会という名の飲み会があって知り合った。仕事で絡むことはないが同じフロアなのでたまに顔を合わせる。挨拶程度の

3位
KATARAさん
  • 情報提供小説 【明るい離婚計画(仮) 】 −49− Novel & Scenario (小説と脚本)KATARAさんのプロフィール
  • 大きな荷物の運搬は引越業者に任せ、真歩と昇太が手伝ったのは荷造りと開封と家具類の微妙な配置。夏美の新居は3階建てアパートの3階でエレベーターはなく、荷物の運び込みは勿論普段の出入りも楽ではなかったが駅に近く料理教室もすぐだった。ベランダの陽当たりはよくひとり暮らしには余裕のある1LDK。健次郎は手伝うのも妙で荷物を運び出すあいだずっとリビングにいた。テレビをつけ3人が声をかけ合うのを遠く聞きなが
4位 KATARAさん
  • 情報提供小説 【明るい離婚計画(仮) 】 −48− Novel & Scenario (小説と脚本)KATARAさんのプロフィール
  • 自分の席に戻るとスマートフォンが振動し夏美からLINEが来た。それについて真歩から電話があったのは夜。昼と同じようなコンビニ弁当の夕飯を食べていると電話があり、「はいもしもし」と昇太が出ると、「私。ママから連絡来た?」と真歩はすぐ話に入った。「ああ、今日の昼間LINE」「引越し?」「土曜に1日で済ますって」昨日アパートを契約し明日の祝日から出入りできること、夏美が休みを取ったのは土日でそれまでに
5位 KATARAさん
  • 情報提供小説 【明るい離婚計画(仮) 】 −46− Novel & Scenario (小説と脚本)KATARAさんのプロフィール
  • 「してもダメな時ある」健次郎が首を振る。「めいっぱいした?」「そういう無理できるのは、気持ちあってでしょ」夏美が言い聞かす。「真歩には申し訳ないけど、昇太にも」目を伏せてうつむく。「ふたりは立派に自立したし、あとはもう自分のね、幸せだけ考えたいの」「――」「今まで幸せじゃなかったみたいだね」健次郎が目をそらして言う。「え?」夏美が見ると、「子供の犠牲になったような」真顔で首を振る。「そんなつもり
更新時刻:18/09/24 18:30現在