二次小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/06/27 04:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
きらっちさん
  • 情報提供S極の男、N極な女 12 みおつくしきらっちさんのプロフィール
  • 次の日。(いつの間にかまた朝がきていた。)私は結局2日間、あいつの私室から出ていない。1日目は…むにゃむにゃ。2日目はずっと横になっていた。あいつは私のどこかに必ず触れている。髪を撫でたり、手をにぎったり。薄い毛布にくるまれ、あいつの香りとあたたかさ声に安心して、うつらうつらしていた。私室といっても物凄く広い。どでかいソファーに足を伸ばし、パソコンを触っている時はあいつの太股に頭を乗せて寝ていた。仕事

2位
アカシアさん
  • 情報提供時計回りの風 5 andante*アンダンテ*アカシアさんのプロフィール
  • 哀しいほど切ない思いが溢れて来る。だからその思いを伝えるためここに来た。あの時二人が出した結論を取り消すために。そのチャンスが今しかないのだとすれば、その時が今なら、他の人が好きだと許されない嘘をついた私を許してもらいたい。そして彼に残された時間を一緒に過ごしたい。それが例え短い時間だとしても。車両が入ってくると、大勢の人間が吐き出され、人ごみの入れ替えがされた。つくしは席に腰を下ろし、反対側の窓

3位
Happyendingさん
  • 情報提供Switch 3 With a Happy EndingHappyendingさんのプロフィール
  • 彼女がシャワールームに消えた後、俺はすぐに西田に連絡を取った。腕時計は11時40分を示している。俺も、あいつも、見合いの席には当然遅刻だ。『俺だ。』『副社長、先ほどから何度も連絡を入れているのですが。ラウンジにお見えになっていないと、先方から・・。』この時点で、俺の犯行は確定。やっぱり、この女は、俺の見合い相手ではなかった。分かってはいたが、もしかして・・という淡い期待もどこかにあった。しかし、もう、
4位 lemmmonさん
  • 情報提供イベリス 9 甘さとスッぱさとlemmmonさんのプロフィール
  • 「ほ〜お。成人式より気張ってるのぉ。」そこではとある祖父と孫娘が会話していた。「うふふふ。だってお爺様が約束を果たせたって言うんですもの。・・・ひょっとしたら、ひょっとするかもしれないでしょ。」頬を染める孫娘。嬉しそうなその表情には爺馬鹿な祖父も満更ではなさそうだった。「ひょっとしたらのう、、それじゃ儂は賭けに勝っても意味がないではないか。そこまで読めぬ爺いだと思っていたとは、悲しい事だ。」「そ、
5位 治野周子さん
6位 蘭丸さん
  • 情報提供ラブストーリーは突然に 31 Everything*Love蘭丸さんのプロフィール
  • 言い過ぎちまった・・・・つい、カーッとなって、責め立てたあいつは、自分ちに帰ったんだろう他に行く所もねぇし「迎えに行くか!」======*======*=========合鍵で部屋に入るとベッドでクッション抱えて丸くなって寝ていた顔を見たら、涙の跡が残ってんじゃねぇか・・・・泣き疲れるまで泣くくせに俺には気持をぶつけてこねぇ困ったお姫様だよな・・・・お前って「ごめんね・・・・道明寺・・・・」「嫌い
7位 plumeriaさん
  • 情報提供Sister Complex (15) Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 「じゃあ、もう行こうか。午後からの授業に遅れるよ?教室まで送って行くから」「あっ・・・はい!ありがとう、類」あんまり長いことこいつらといたら何を言い出すかわかったもんじゃない。まだ時間はあったけどつくしを少しでも早くラウンジから連れ出したかった。「早くしなよ・・・初日から先生に目をつけられたくないだろ?」「うん・・・でも、あの先生たち何も言いそうにないけどね」先に席を立ってつくしを急かす俺を総二郎とあきら
8位 plumeriaさん
  • 情報提供続・茶と華と (6) Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 「総二郎・・・なんか会場の外で司の声がするんだけど。あの怒鳴り声ってヤバくない?それにさ、さっきつくしが会場の外に出て行ったんだよね・・・」「類・・・連絡係はありがたいが呼び捨ては止めろって言っただろう?」俺が会場の奥で後援会の爺さんと話していたときに類がそっと耳打ちしてきた。こいつ・・・面白がって俺の前でわざと呼び捨てにしやがったな?そしてやっと来たかと思ったらもう外で衝突したのか?・・・あの2人は・・・。俺は爺
9位 noritamaさん
  • 情報提供アラサーで何が悪い?126 ケ・セラ・セラnoritamaさんのプロフィール
  • その日、消灯時間を過ぎてから類は病院に辿り着いた。思ったより仕事が長引いたせいだ・・・。予め、病院には見舞い時間が遅れると伝えてはある。疲れているならそのまま、邸にと田村に言われたが類自身が、つくしの顔を見ないで帰るのは心配で眠れない事は分かり切っていたのだ・・・。つくしの病室に入ると、もうつくしはすやすやと寝息を立てていた。はな枝は、類が部屋に入って来たので気を利かせて、隣の付き添いの部屋へと移
10位 plumeriaさん
  • 情報提供ヴィーナスの涙をあなたに・4 Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 「おば様・・・色々とありがとうございました。それと、我儘を言ってすみませんでした」この施設で願いを叶えた私はおば様にお部屋をお返しして自分の場所に帰ることにした。もちろんなにも持って来てないから荷物なんてないんだけど、ここにいた記念にとおば様から花の種とハートホヤの苗をもらった。とても可愛いハート型の葉が今の私には嬉しかったな・・・。「いいのよ。どうだった?バラの花が開く瞬間・・・あれはいい香りがしたでし
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 soraさん
  • 情報提供ちょっとだけ・・・ Moon Loversoraさんのプロフィール
  • 更新お知らせではないのですが・・・すこしだけ。次回のお話をアップする前に、閉鎖した別館のお話を明日よりアップさせて頂きます。もう読んだことがある方もいらっしゃる
12位 lemmmonさん
  • 情報提供イベリス 8 甘さとスッぱさとlemmmonさんのプロフィール
  • ホームの端にある小さな改札。ある男と女が目を合わせた。男はやっと見つけた女を見て興奮に目を真開き、女は不意打ちを食らった動揺を隠せずにいた。数時間前、道明寺ホールディングス日本支社最上階執務室。男の秘書は、なぜそこまで男が決断を渋るのかが分からなかった。とある企業とのひとつの商談。道明寺サイドに不利な条件は一つもない。だが、男の表情は最後まで険しかった。「持っていけ。」サインをした後も納得のいかな
13位 Happyendingさん
  • 情報提供Switch 2 With a Happy EndingHappyendingさんのプロフィール
  • こんばんは。こちらのお話は、急に書こうかなと思いついたお話で、出だししか考えていません(汗)。なので、これからの展開は誰にも分からないです。昨日、晩御飯前にと、とりあえず1話目を投稿したのですが、投稿直後、タイトルのスペルを打ち間違っていました・・(涙)。初めの30分ぐらいで見られた方。意味分からなかったんじゃないかな?ゴメンなさい。このタイトルの意味は、まぁ、そのままかな?私としては二通りの意味に
14位 桃伽奈さん
  • 情報提供find a way 19 紅茶カップ桃伽奈さんのプロフィール
  •  道明寺が中に入っている物を1つずつ確認している姿を、あたしは落ち着かない気持ちで見守る。 手のひらに汗をかいているのに気づき、気を紛らわすためスカートのポケッ
15位 ひーさん
  • 情報提供戯れの恋は愛に揺れる  35 ONE HAPPY O’CLOCK ひーさんのプロフィール
  • 亜門の君に抱きしめられたままほっといてしまいました。この時間の流れではもう決着はついていそうですが・・・(;^ω^)つくし姫の貞操は守れたのか?あぶねぇ・・・かも・・・
16位 Happyendingさん
  • 情報提供Switch 1 With a Happy EndingHappyendingさんのプロフィール
  • ____ホテルメープル東京 11時00分。正面ロビーより反対の北側に広がる日本庭園。広大な敷地を誇るその庭園には、鯉の泳ぐ池や、この夏のうだる暑さをしのぐ東屋もある。俺は、普段は絶対に歩くことなどないその庭園を、東屋に向かって歩いていた。あと30分後に、行きたくもねぇ、見合いの席に着かなきゃならない。面倒くせぇことこの上ねぇが、俺も会社の副社長という肩書がある以上、両親が持ち込んだその見合いを、会いもせ
17位 noritamaさん
  • 情報提供アラサーで何が悪い?125 ケ・セラ・セラnoritamaさんのプロフィール
  • 入院してから、つくしの日課の中に日記を書くことが付け加えられた。何故なら、物覚えが悪くて何があったかを覚えていない事があるからだ。人間年を重ねるたびに忘れっぽくなるとは聞いたが、つくしの場合はそれ以上に加速が早い気がする。全てはあの薬のせいだが。。つくしはそれさえもはっきり覚えてはいない。だからこそ、その日の出来事を日記で書き記して置かねばならなかった。売店でノートを2冊はな枝に買って来て貰い、1冊
18位 きらっちさん
  • 情報提供S極の男、N極な女 11R みおつくしきらっちさんのプロフィール
  • この記事は大人な表現を含みます。18歳以上で、責任が取れる方のみどうぞ。(※パスワードなしの公開は期間限定です。)「…濃厚ってさ。英語で何だっけ?」「あ?」鼻と鼻が触れあう距離。道明寺の髪がつくしの頬にかかる。「heavy、rich、strong、deep。まだまだあるぞ。何が濃厚かによるな。」「へー…。」「それで?濃厚ってなんだよ。」つくしは目の前にいる男をジロリと睨んだ。あんただよ、あんた。時間も、触れあうのも、あ
19位 きぃさん
  • 情報提供恋説 〜6〜 Tsukasa&Tsukushi's Diaryきぃさんのプロフィール
  • 俺は女の社員名簿を見ながら、あの時の事を思い出していた。あれは一人目の秘書の鎌田が吹聴した噂を聞いた直後だった。社員たちが面白おかしく俺の事を噂してやがった。「なにがヤリ〇ンだよ!」俺は怒りのあまり、行き場のない怒りを自動販売機横にあったゴミ箱にぶつけた。ガンッ!ドン!カランカラン…ゴミ箱は凹み、倒れた拍子に中に捨てられていた空き缶があたりに散乱した。飲み残しのコーヒーやらジュースなんかもこぼれ、
20位 治野周子さん
21位 紫木蓮さん
  • 情報提供precious 45 月に秋草紫木蓮さんのプロフィール
  • 夜更け、それぞれが仕事を終えふたたび集まった。家元はわずかな時間のあいだに優紀の素性を調べ尽くし、家元夫人にも明らかにされていた。「彼女は失踪した後見つかっていないようだが、総二郎はどこにいるのか知っているのか?」「はい。三日前、偶然地方で優紀を見つけることができました。いまは都内でわたしが匿っています」「そうか」家元は何か考えるようにして口をつぐんだ。「本来なら優紀を連れてきて会っていただくべき
22位 雪さん
  • 情報提供「恋の嵐」第一話・始まり 沫雪の唄雪さんのプロフィール
  • <あらすじ>〜逢ひ見ての のちの心に くらぶれば 昔は物を 思はざりけり〜鷹男の激情に流されて、一線を越えてしまった夜があった後悔と反省はもう終わりある決意を胸に、瑠璃は前を見据えるりく様への献上品「恋の百物語」シリーズ、百人一首で綴る物語
23位 まーこさん
  • 情報提供生きていく意味 ―アゲハ…その舞い降りる先に― 34 まーこの二次小説ファイルまーこさんのプロフィール
  • つくしと類は昔懐かしい佇まいを見せる練馬区の一画に来ていた。片手にしたメモを見ながらきょろきょろとあたりを見回すつくしの姿に、その手からメモをすいっと奪い取るとチラリと目線を走らせ、こっちだよと誘導する類。辿りついた歴史を感じさせる『町屋』の風情が色濃い木造家屋。古びた木彫りの『江戸染小紋』の看板が見て取れる。意外そうな表情の類がつくしの顔を見ながら訊ねる。「ここ…?」「うん…だと思う。このメモの
24位 アカシアさん
  • 情報提供時計回りの風 4 andante*アンダンテ*アカシアさんのプロフィール
  • 青年が用意していた席は、プレミアムクラスという国際線でのビジネスクラスに相当すると言われる座席。チェックインは専用カウンターで済ませ、航空会社のラウンジも利用でき、優先搭乗も出来る。広い座席は女性にとっては十分な大きさで、隣の席ともプライバシーが保てるようになっており、簡単な食事も付いていた。青年にしてみればごく当然の座席も、つくしにしてみれば贅沢な座り心地がした。その席の1A。客室一番前の左窓側の
25位 すずらんさん
  • 情報提供天使の願い 29 Lily of the valleyすずらんさんのプロフィール
  • 総二郎は女が立ち去ったのを確認し、優紀に近づいていく。優紀はそんな総二郎をみつめている。自分の前に立つ総二郎はまるで迷子の子犬のように見える。そこには自信に溢れた以前の姿は微塵もない。「痩せましたね。ちゃんと食べて、ちゃんと寝てますか?生活を立て直さないとダメですよ?」優紀は全てを承知の上で、笑顔を浮かべて敢えて明るく振る舞った。けれど総二郎は何も言わない。ただその場に立ち尽くしている。何の反応も
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 オダワラアキさん
  • 情報提供純愛パラドックス 後編 dólcevitaオダワラアキの二次小説置き場オダワラアキさんのプロフィール
  • ご注意ください!黄モブ表現、青黒要素あります!ハピエンではありますが、ラブ度は低いです!この後は、またオリジナルに入るので、しばらく更新はありません〜またお待ちいただければ嬉しいです!
27位 紫木蓮さん
  • 情報提供Honey night  〜プロローグ〜 月に秋草紫木蓮さんのプロフィール
  • 総二郎と優紀の婚約中のお話です。本筋であるインクロの流れです。総二郎 類 23歳くらい、優紀 22歳くらい(大学卒業している)、仔猫 19歳「こんにちは、西門さん・・・優紀さん?わぁ、かわいい!」類の仔猫がぴょこりと跳ね、類の腕にしがみつきながらぴょこぴょこと飛び跳ねた。「相変わらずだね、なのはちゃん。類に怒られるよ」類が仕方なさそうな表情をし、これ見よがしにため息をついてみせた。「あっ・・・わた
28位 きらっちさん
  • 情報提供S極の男、N極な女 13 みおつくしきらっちさんのプロフィール
  • 週明け、いつもの日常が始まった。でもね、その前に…。日曜の夜に家に帰ったの。玄関で立ち止まること10分。だって、だって!どんな顔してママ達に会えばいいの?恥ずかしすぎるよー!なんかギクシャクしそうでさ。家族皆でドラマ見てるとキスシーン始まったみたいな…。うちはね、皆急に忙しそうになるの。パパは新聞逆さま、ママは肩凝りが…とか言い出すし進だけ淡々と見続ける。私?私はね、トイレ行ったり飲み物取りに行った
29位 きぃさん
  • 情報提供キャッチコピーの途中経過報告 Tsukasa&Tsukushi's Diaryきぃさんのプロフィール
  • こんばんは。現在私のブログで行っている、F4のキャッチコピー投票の途中経過を御報告致します。6月25日23時現在道明寺司 211票花沢類 136票西門総二郎 125票美作あきら 123票4人トータルの投票数は、なんと585票です!御協力下さった585名の方ありがとうございました。投票も、残りラスト25時間を切りました。どれが1位になってもおかしくない素敵なキャッチコピーの数々です。ドキドキしながら結果を見守りたいと思いま
30位 海風さん
  • 情報提供家政婦(メイド)ですね 65 海風の徒然なるままに海風さんのプロフィール
  • テギョンは、仕事以外に何も興味を持たなかった頃のように、朝から夜中まで、時間に追われて仕事を続けた。 仕事以外、何も目に入らないようで、食事もマ秘書が用意して半ば強制的にとらせなければ忘れてしまう事もたびたびだ。 そんなテギョンが時々ぼんやりとする。ミニョを思い出しているんだと、マ秘書には分かる。 「会いに行けばいいじゃないですか。」 コーヒーを出しながらマ秘書はテギョンに言った。ミニョの居場所は分か
31位 河杜 花さん
  • 情報提供第3章 林檎[23]  柳緑花紅河杜 花さんのプロフィール
  • 木下side タイムリミットまであと1ヶ月をきったが、牧野つくしが一人になる時間がなかなか見つけられない。あの女が住んでいるアパートはオンボロすぎて歩くだけでもギシギシと音が煩いし、バイト終わった後を狙おうとしてもF3の鉄壁ガードがなかなか堅くってあの女が1人になるチャンスがなかなか見つからない。ならばと3人とも迎えにこれないときを狙って外人らに小遣いやってあのクラブで襲わせようとしたが、イレギュラーな行
32位 ring輪さん
  • 情報提供寝ても覚めても・・ 降っても晴れてもring輪さんのプロフィール
  • 「ん〜〜ん〜〜〜」またか・・ミニョが凝視している、たかだか18?×8.5?の紙切れ・・さっと指で汚いものを持つかのようにつまみあげる「おっぱぁ・・」「・・なんだ」「どう思います??」「何が・・・」「その座席ですよ・・いい席だと思います??悪い席だと思います??」「・・・知るか」「エンドステージなら後ろの方なんですよ・・でも、センターステージなら・・もしかしたら、近くで見れるかも・・」「・・知るか」つ
33位 桃伽奈さん
  • 情報提供find a way 18 紅茶カップ桃伽奈さんのプロフィール
  •  花沢類に「黙っててごめん」……って謝罪された。「言わなければって……牧野に教えなきゃって何度も思ったけど、どうしても言えなかった。……司を助けられるのは牧野だけなの
34位 蘭丸さん
  • 情報提供ラブストーリーは突然に 30 Everything*Love蘭丸さんのプロフィール
  • 俺たちの付き合いも1年たち世田谷の邸から、このペントハウスに越してほぼ同居状態となった=====*======*=======あいつが提案した10分ルール一緒にエントランスホールから出てた来た時誰かに見られるとまずいから時間差で出て来いと言うその差が10分毎日10分差で出て来れば、いくら鈍い奴でも気付くはずだそんな小細工でバレないと思い込んでる突っ込みどころ満載だが、お姫様の機嫌を損ねたら厄介だ「支度で
35位 アカシアさん
  • 情報提供時計回りの風 3 andante*アンダンテ*アカシアさんのプロフィール
  • 「東京に・・東京に戻って来てくれませんか?」執拗に東京に戻ることを訴える青年。穏やかな語り口だが、目にこもる力強さは母親である椿のものだと感じた。そして、それは彼の目と同じだと。だが何故そんなに東京に来てくれというのか。理由が知りたかった。それはもちろん彼の叔父についてだということは分かる。しかしはっきりとした理由が告げられることなく、来いと言われても返答に困る。ましてや戻ることなど考えてもいなか
36位 noritamaさん
  • 情報提供第三章巡り合い100 ふんわりのんびりnoritamaさんのプロフィール
  • 弟の進からつくしに電話が掛かって来たのは、その翌日の夜の事だった。「姉さん?俺・・」「あら進なの?どうしたの電話なんて珍しいわね?」「あゝそれがさ・・くくっ・・今日面白い事があってさ・・。」「面白い事って何よ?」「ほら、小沢の葡萄畑覚えてるでしょう?夕陽が凄く綺麗なあの丘・・。確か姉さんにも思い出の場所だろう?」「葡萄の丘?ええ、知ってるわよ。それがどうしたの?」「あそこで、今日凄い事が起きたんだ
37位 soraさん
  • 情報提供チケット 35 Moon Loversoraさんのプロフィール
  • ご訪問いただきました皆様『チケット』を最後までお読みいただき、ありがとうございました。今回は、お話の文字数がバラバラになってしまい、読みづらかったと思います。申
38位 治野周子さん
39位 モルトさん
  • 情報提供後輩との情事 11 孤独な夜に爪痕残すモルトさんのプロフィール
  • ゆっくり遮断機を挿入すると狭くて濡れている自動ドアのが万力のように締めつけてくる。美尻を両手で撫でながらもったいつけるように遮断機をゆっくり出し入れする。『あっ!あん!…はあぁん!!』奥まで遮断機を差し込むと巨乳を両手で掴み愛華の柔らかい身体を堪能する。『はあぁん…あん!…あぁん!!』俺の遮断機が気持ち良いのか大して腰を振っていないのに愛華は悩ましい声を出した。美尻の上に両手をつくと腰の速度を最高まで
40位 lemmmonさん
  • 情報提供イベリス 7 甘さとスッぱさとlemmmonさんのプロフィール
  • 女性目線で嫌な表現があります。ご自身で判断して読み進めて下さい。遡る事2週間前つくしは一巡目のピルを飲み終えはじめの生理が来てホッとしていた。そんな中スマホが振動し、つくしは2週間ぶりに外出する事になる。「久しぶりじゃな。ちょっと痩せたか?」目の前の老人が開口一番気を使う言葉を選んだにも関わらず、つくしの表情は硬かった。「はい。家の中にいてあまり動かないものですから、そんなに食事も取らなくて、、」そ
41位 りおりおさん
  • 情報提供伝書鳩 (ロキ様への献上作品) 類♡だ〜い好きりおりおさんのプロフィール
  • こちらは、ロキ様への献上作品となります暑くなったよなぁ まあ、もうすぐ夏休みになるしなぁ、、 って、、類の奴はどこだよ? って言うか、なんで俺に頼むんだよ 俺は、あいつらのおもり役じゃねぇんだよ 俺だって忙しいんだよ! と思いながら、類の姿を探す なぜか、教授を含め学校関係者は、あいつらに用事があるときには、必ず俺に頼み込む まあ、他の奴らが癖の強い奴らだし、話しにくい奴らだってことは分かるが、努力ぐらい
42位 ring輪さん
  • 情報提供砂上の楼閣 降っても晴れてもring輪さんのプロフィール
  • 何度愛してると言えば伝わるのだろうか?何度キスすれば気がついてくれるのだろうか?何度抱きしめれば安心してくれるのだろうか?芸能界という特殊ではしょうがないこと、そう割り切れるのは、自分が望んでその世界に身を投じているからにほかならないだから、あいつにも俺と同じ想いでいて欲しいなんて、きっとそれは俺の驕りなのだろうきっとあいつは芸能界での立ち位置なんて、砂上の楼閣、風がふいたらとんでなくならるのなん
43位 ひーさん
  • 情報提供最上階の恋人 20 ONE HAPPY O’CLOCK ひーさんのプロフィール
  • 鬱陶しい梅雨の時期はからりとしたお話で行きたいものです。ドラマでは雨のシーンが効果的につかわれてましたね。梅雨の時期の短編ものもたまにはいいかもしれないと思いつつ続き行きます〜♪
44位 蘭丸さん
  • 情報提供ラブストーリーは突然に 29 Everything*Love蘭丸さんのプロフィール
  • あれから俺たちは付き合うようになった牧野と過ごす時間は、心地よくどんな女にも感じる事が出来なかった愛しさと安らぎがある何より、あいつと一緒にいる時間が楽しい======*=======*=======「牧野、俺、引っ越したから」「えっ!どこによ?」「投資目的で買ってたマンション あんま、広かねぇけどな」「今から行くぞ!」「ちょっと!待ってよ急に」付き合うようになって、わかった事その1人の話を聞かな
45位 海風さん
  • 情報提供テギョンの名前が変わります。 海風の徒然なるままに海風さんのプロフィール
  • ご機嫌如何ですか、海風です。 呟き第三弾は、名前、キャラについてです。 前回の呟きで、時代を朝鮮王朝にしなかった理由の一つに名前をあげたのですが、今度の話はテギョンの名前が変わるので、他は絶対変えたくないと思っていたのであります。 何人も名前が変わったら、私の記憶力があやしくなります(^▽^;)今でも推敲中に意味不明な名前になっている事もあるくらいです。それに時代物はどうしたって登場人物が増えるので、名前
46位 瑞月さん
  • 情報提供高彬ボーイ<22> 「なんて素敵にジャパネスク」あれこれ*plus瑞月さんのプロフィール
  • ※本館「現代編」設定の2人です※「あっ」隣を歩いていた瑠璃さんの身体が傾いで、あっと思った次の瞬間、腕を掴まれていた。反射的にぼくの手は瑠璃さんの肩を抱いていて、そのあまりの柔らかさと細さにギョッとしてしまった。ふにゃっとしていると言うか・・・部活で後輩に稽古を付ける時に身体に触ることはあるけど、どれもいかつい身体ばかりで、そうか・・、女の人の身体ってこんなに柔らかいのか・・「ありがと」下から瑠璃
47位 loveofruiのブログさん
  • 情報提供短編アップのお知らせ loveofruiのブログloveofruiのブログさんのプロフィール
  • こんにちは♪ 短編をあちらにアップしました https://blogs.yahoo.co.jp/rosemallie お知らせまで
48位 紫木蓮さん
  • 情報提供precious 44 月に秋草紫木蓮さんのプロフィール
  • 優紀の見送りにくすぐったいような嬉しさを噛み締めずにいられなかった。かわいらしい丸い瞳が総二郎の姿を追い、迫り出した腹にはふたりの赤ん坊がいる。赤ん坊など考えたこともないが、優紀が大切に守ってくれていたことはたまらないほど嬉しかった。「邸に戻ってくれ」総二郎は運転手に言いつけると気を引き締めた。優紀は間もなく臨月を迎える。邸に着き食堂へ行くと家元と家元夫人が朝食を終えたところだった。葵はもう登校し
49位 チムチムさん
  • 情報提供おまけ ゆめうつつチムチムさんのプロフィール
  • 限定記事は、更新通知をされないみたいなので…。お知らせにあがりました。おまけのお話、書いてみました。パス付きですが…きっと簡単です(笑)相変わらずの駄文っぷりでお恥ずかしいです。でも良かったら、遊びに来て下さい(^_^)お待ちしてます。訪問大歓迎です♪♪いつも訪問して下さる方、ありがとうございます。この場を借りて、お礼を申し上げますm(_ _)mにほんブログ村
50位 雪さん
更新時刻:17/06/27 04:30現在