短編小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/08/19 13:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
朔の月さん
  • 情報提供京都と言えば 朔夜にひとり朔の月さんのプロフィール
  • 聖護院八ツ橋 頂きました。硬いおせんべいタイプのやつ。そういえば、井筒八ツ橋と聖護院八ツ橋と 裁判してた?どうなったのあれ。いただいた箱の中に、たしかに元禄二年と書いてある。どっちでもいいのですけど。我々としては。私としては、生八ツ橋は 井筒硬いほうが、聖護院というイメージ、なんとなく。八ツ橋写真あげられなかった。なぜか失敗。撮った写真が何処かに行って見つからず。どこに送った?怖い。何で。 とりあえず

2位
Tome館長さん
  • 情報提供妙な迷路 Tome文芸館Tome館長さんのプロフィール
  • 妙な迷路がある。なにが妙かと言えば、そもそもそれは迷路ではない。パズルの一種ではあるが解ける場合と解けない場合がある。たとえば、右に置くと左になる。左に置けば上になる。上に置いたら、なかったことにされた。あるはない。ないはある。というか、あるかないかわからない。解けたと思ったら、じつは問題が不完全。途方に暮れるのが正解だったりする。...

3位
Tome館長さん
  • 情報提供乗り過ごし Tome文芸館Tome館長さんのプロフィール
  • バスに乗っている。今、途中のバス停を通過したところ。続いて、見覚えある光景が車窓をよぎる。有名な歌人の石碑だった。いけない。失敗した。この先は知らない。用がない。さっきのバス停で下車すべきだったのだ。次のバス停から引き返さねばならない。どのくらい時間がかかるだろう。考えているうち、その次のバス停も過ぎてしまった。わあ。何をやっているのだ。...
4位 あ〜る・ベルンハルトJrさん
  • 情報提供新高山登レ1208「5」 夜更けのラプソディあ〜る・ベルンハルトJrさんのプロフィール
  • ─源田 実─戦艦からの対空砲火を避けて雷撃をするためには、目標までの距離千メートルから魚雷を落とさなければならない。高度100メートルで飛ぶ飛行機から落とされた魚雷は、着水後60メートルは沈む。その沈んだときの衝撃で機械が作動し、魚雷に付いたスクリューが回りだして海面近くにまで浮上する。そののちは深度6メートルを保って敵艦に向かって進む。雷撃には水深が必要なのだ。しかし、真珠湾は浅い湾で水深は12メートル
5位 江戸川静さん
  • 情報提供江戸川静の写真つき旬編小説・週刊トップページ(8/18号) 江戸川静の写真つき旬編小説江戸川静さんのプロフィール
  • 江戸川静の“写真つき旬編小説”です。日常の風景からちょっと不思議な話、ハードなものまで。実話もふんだんに。【写真】それぞれの窓にそれぞれの人生が……。ハニカム構造(蜂の巣)ではないけれど、働き蜂も多い。※右下“ツユクサ“の花言葉……「わずかな楽しみ」「懐かしい関係」「尊敬」などです。・左下は江崎グリコの“アイスの実・濃いキウイ“です。にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ(お手数ですが、ここの文字部
6位 水円 岳さん
  • 情報提供ちんか いまじなりぃ*ふぁーむ水円 岳さんのプロフィール
  • 《ショートショート 1043》『鎮火』 (ものろーぐ 6)火は創造と破壊の両方に使われるため、そのどちらの火が消えるかで、鎮火の評価は変わる。しかしその一方で、水をかけられて消されても燃料が尽きて自然に消えても、鎮火は鎮火なんだ。火の意味と火が消えるまでのプロセスが違っていても、火が消えたという事実しか後に残らないことは決して珍しくない。張り紙一枚を残して無人になった社屋。そのシャッターの前に立ち、こ
7位 正宗の妖刀さん
  • 情報提供ポエム206 『馬酔木が誘う月と酒』 コトバの試し斬り=(どうぶつ番外物語)正宗の妖刀さんのプロフィール
  •      馬酔木   (城跡ほっつき歩記)より  おぼろ月夜の晩だから  碁でもやろうと誘われて  馬の背なかでゆうらゆら  ほろ酔い気分でゆうらゆら  この文明の世の中で  何を好んで馬の背に・・・・  モータリゼーション拒絶して  ゆらゆら行くのがわしの主義  昼は畑を耕して  夜は主人のお供する  わしの主義だと駆り出され  月に向かってゆうらゆら  飼葉の桶を空にして  まだ食
8位 あ〜る・ベルンハルトJrさん
  • 情報提供新高山登レ1208「4」 夜更けのラプソディあ〜る・ベルンハルトJrさんのプロフィール
  • ─大西瀧次郎─日本海軍は、日米開戦の戦略でおおきく二つに割れていた。五十六率いる連合艦隊を中心とした、「ハワイを叩き、合衆国と早期講和をするべきだ」という案と、軍令部を中心とした「豪州の北東にある島々を占領し、豪州への兵力供給を遮断した上で先ず連合国から脱落させ、その後ドイツの攻撃と呼応し、英米両国と講和を果たすべきだ」という意見だ。そんな中、五十六が日米決戦の起死回生策、真珠湾攻撃を行うに際し、
9位 あ〜る・ベルンハルトJrさん
  • 情報提供図書館戦争「1」 夜更けのラプソディあ〜る・ベルンハルトJrさんのプロフィール
  • ───公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ!敵は合法国家機関。相手にとって不足なし。正義の味方、図書館を駆ける!コンビニで "WONDA極微糖" を買い公園へ。うす曇りで汗をだらだらかく陽気でもないのでブラックではなくこれを選択。お約束の展開、どんな物語であっても有川浩流ラブロマン
10位 森田浩章(継明)さん
  • 情報提供少しわき道にそれたページです 遠い記憶の底に沈むポエム?エッセイ?童話?短編……森田浩章(継明)さんのプロフィール
  •                                           ページを開いてくれてありがとうございます      下手な絵で申し訳ありません。 ご笑覧くだされば幸いです。 また
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 水円 岳さん
  • 情報提供きのさきにて いまじなりぃ*ふぁーむ水円 岳さんのプロフィール
  • 「手乗りぺんぺんか」「わいを乗せたいなら手ぇ出せや」「手ぇ出してへんのに宙に浮いてるあんたは化けもんか?」「失礼な。飛んどるに決まっとるやろ」「尻からくっさいガス噴射で飛ぶいうやつやな」(オオサンショウウオ)「おーい、動いてへんけど生きてるかー」「あかん、下半身もう透けとんねや」「幽霊かい。まあ、生きとるうちから化けもんみたいやからなあ」「失礼な。おまえなんか食ってやるっ!」「元気やないかい」(コ
12位 水円 岳さん
  • 情報提供ほならまたな いまじなりぃ*ふぁーむ水円 岳さんのプロフィール
  • (ヘメロカリス)「もう帰ったん?」「ああ。次に会うんはこっちか向こうか分からん言うたら、なんや笑っとったわ」「あはは」「盆菓子も、余すようになったな」「若いもんだけやのうて、わたしらかてよう食べへんもん」「ご先祖さんもわいらも歯ぁないしな。次は果物にするか」「それでん、余すけどねえ。盆提灯は?」「まだ回しとこか。景気付けや」「ミラーボールやあるまいし」「はっはっは。まあ、ええやないか。足元明るい方
13位 江戸川静さん
  • 情報提供江戸川静の写真つき旬編小説・週刊トップページ(8/14号) 江戸川静の写真つき旬編小説江戸川静さんのプロフィール
  • 江戸川静の“写真つき旬編小説”です。日常の風景からちょっと不思議な話、ハードなものまで。実話もふんだんに。【写真】トルコの“モザイクランプ”が盆提灯に見えて……。ご先祖さま、間違ってここに帰って来ませんように。※右下“トルコキキョウ“の花言葉……「あなたを想う」「よい語らい」「清々しい美しさ」などです。・左下のアイスはメイトー(協同乳業)の“ホームランバー・チョコチップチョコ“です。※念のためにひ
14位 hiyuさん
  • 情報提供この程度、のこと。 bittersweethiyuさんのプロフィール
  •  makoさんのブログで、ご夫婦のなんだかとってもほのぼのまったりラブなお話を読んで、思わずきゅんきゅんしましたというコメントをしてしまいました。 本当にいい感じだったんですよ。 ほのラブ好きとしては、たまらないくらい。 それで、お返事をもらったのですが、「なるほど!」と目からうろこが落ちました。 好きな人が幸せなのを見たり聞いたりすると、こらちらすごく幸せになります。 それが好みのシチュだったり、ほ
15位 江戸川静さん
  • 情報提供江戸川静の写真つき旬編小説・週刊トップページ(8/17号) 江戸川静の写真つき旬編小説江戸川静さんのプロフィール
  • 江戸川静の“写真つき旬編小説”です。日常の風景からちょっと不思議な話、ハードなものまで。実話もふんだんに。【写真】ドアスコープから覗く小さくて丸い世界……。もう怖くないからそこから出ておいで。※右下“ブルーファンフラワー“の花言葉……「涼しい風を運ぶ人」「祝杯をあげる」などです。・左下は江崎グリコの“アイスの実・濃いぶどう“です。にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ(お手数ですが、ここの文字部分を
16位 Tome館長さん
  • 情報提供綿棒な対話 Tome文芸館Tome館長さんのプロフィール
  • 亡き母との対話。兄の名前にまつわる因縁を返却せよみたいな内容だったか。「ああ、かまわないよ」つまらんことにこだわっていたものだ。それにしても、耳が痒い。歳のせいか、外耳が弱くなった。綿棒ではなく、西洋耳掻きで思う存分、耳穴を掻き掻きしたいものだ。Cotton Swab DialogueDialogue with a deceased mot...
17位 hiyuさん
  • 情報提供さわやか。 bittersweethiyuさんのプロフィール
  •  今日は、びっくりするくらいさわやかな日です。 朝は風がものすごくて、10時くらいまで「大丈夫か、息できるか?」ってくらい強く吹いていたのですが、午後になって少し和らぎました。 その風がね、ちょっと冷たささえ感じる。 あ、秋になってきた、って思ってしまうくらい。 快晴、強風(強いことは強い)、気温も24℃くらい。なんていい天気。なんていい気候。 ただし髪はしっかり結ばないとぼっさぼさだ。 そんなわけで
18位 水円 岳さん
  • 情報提供ひみつ いまじなりぃ*ふぁーむ水円 岳さんのプロフィール
  • 《ショートショート 1042》『秘密』 (ものろーぐ 5)秘密っていうのは口から出さないから秘密なんであって、それが口からはみ出てしまったら、秘密なんかじゃなくなる。だから、秘密としての意味も影響もなくなる。わたしは、そういうものだと思ってた。(ソメイヨシノの未熟果)誰にだって、人に言わない、言えないことの一つや二つ、あるよね。秘密にしてることはないって大っぴらに自慢するような人とは、絶対に関わりを持
19位 江戸川静さん
  • 情報提供江戸川静の写真つき旬編小説・週刊トップページ(8/16号) 江戸川静の写真つき旬編小説江戸川静さんのプロフィール
  • 江戸川静の“写真つき旬編小説”です。日常の風景からちょっと不思議な話、ハードなものまで。実話もふんだんに。【写真】黙っていても通じる幼馴染み。でもこんなに長い沈黙のときは、先に逝ったあの野郎のことを……。※右下“ヤロウ(西洋のこぎり草)“の花言葉……「君の微笑み」「戦い」「心の傷」「悲嘆を慰める」など。・左下は明治の“マンゴーアイスパフェ“です。にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ(お手数ですが、
更新時刻:18/08/19 13:30現在