二次小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/08/20 06:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
アカシアさん
  • 情報提供出逢いは嵐のように 92 andante*アンダンテ*アカシアさんのプロフィール
  • 玄関のチャイムが鳴ったのは土曜の昼だった。だがマンションのオートロックのインターフォンは鳴らなかったが、一体誰が訪ねて来たのか。つくしと恋人との付き合いは、まだ2ヶ月で合いカギを渡すという関係ではない。それに、一緒に出掛ける予定がない日は家事をこなす貴重な時間になっていて、それは恋人も理解していて、日曜日に会う予定があれば、前日に突然訪ねてくることはなかった。だがそれでも恋人になった男にとってつく

2位
Happyendingさん
  • 情報提供Telephone Love 36 With a Happy EndingHappyendingさんのプロフィール
  • 「ちょっと待て、落ち着け。」「ん?落ち着いてるよ?」ガラガラとスーツケースを引きながら歩く牧野を追いかけていく。「何でいきなり香港なんだよ。なんか不満でもあんのか?」「え?不満?そんなのないよ?」いきなり相談もせずに香港とか、俺を捨てて、家出でもすんのかと心配になった。それでも、ゴロゴロゴロと寝室へ入っていく時には、何故か扉を開いて支えてやっていた。「ありがと。」「じゃあ、何でだよっ!?」牧野がで

3位
悠香さん
  • 情報提供堕落な日々 道明寺奥の院・龍泉庵悠香さんのプロフィール
  • 気付いたら自分は何時も、一人ぼっちだった。 昨日も今日も、一昨年も喧嘩ばかりの虚しき日々。 金も地位も容姿も、全てを兼ね備えている。 号令すれば、老若男女から権力者も全ては思うままの自分の力。 指を鳴らせば、世界も宇宙も我が手にある。 でも本当に大切な物が、手に入らない。 自分を只の一人として、男として見ない。 男としては見る・・バックの強い男を欲するハイエナと言う名前の女狐が。 顔を剥がせば、般若よりも
4位 悠香さん
  • 情報提供堕落な日々 道明寺奥の院・龍泉庵悠香さんのプロフィール
  • 気付いたら自分は何時も、一人ぼっちだった。 昨日も今日も、一昨年も喧嘩ばかりの虚しき日々。 金も地位も容姿も、全てを兼ね備えている。 号令すれば、老若男女から権力者も全ては思うままの自分の力。 指を鳴らせば、世界も宇宙も我が手にある。 でも本当に大切な物が、手に入らない。 自分を只の一人として、男として見ない。 男としては見る・・バックの強い男を欲するハイエナと言う名前の女狐が。 顔を剥がせば、般若よりも
5位 plumeriaさん
  • 情報提供Stop Motion・31 Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 翌朝、目が覚めたのは俺にしては随分遅い時間。時計は8時・・・ぼんやり考えていたら10時から雑誌の取材が入っていたのを思い出して起き上がった。昨日の夜のことが多少気になったが、もしかしたら牧野の方が俺に会いたくなくて部屋に閉じ籠もってるかもしれない。それならそれでも構わねぇや、と部屋を出てみた。・・・すげぇいい匂いがする。なんだ・・・?この匂い。廊下にまで広がってる匂いは明らかに朝食のものなんだけど。寝起き
6位 きらっちさん
  • 情報提供☆スポーツ観戦中です みおつくしきらっちさんのプロフィール
  • スタジアムは気持ちいい!空気感がいいですねこの盛り上がり!昨日まで仕事が立て込んでたので、気分転換になってまふ(^^)VIP席に坊っちゃんいないかな…しかしサポーターの人達凄い!アウェーに応援くる熱意があったら、また人生楽しかろうと。フィールドに立てるって一握りなんですよね選手って凄いなぁ にほんブログ村にほんブログ村
7位 のりたま(#^^#)さん
  • 情報提供ミルキーウェイな恋55 泡沫の恋のりたま(#^^#)さんのプロフィール
  • 朝からマリア・アーロンの周囲は騒がしかった。朝食を食べようとダイニングに入って来たマリアは、皆の様子がおかしい事に気付いた。「朝から皆どうしたの?」「マリアお嬢様、大変でございます。旦那様が・・旦那様が・・。」「一体パパがどうしたと言うの?」「ニュースをご覧になった方が宜しいかと・・。」「ニュースですって?パパに何があったの?」大きなテレビ画面に父親のアーロン大統領が出ていた。辞任ですって?パパが
8位 はなじょさん
  • 情報提供Time Stranger 3 花女はなじょさんのプロフィール
  • 道明寺楓・・・・司の母親の名を名乗った女。自分と同じくらいの年頃の姉の椿にそっくりな女司は混乱した本当にこいつはババアなのか?「出て行って下さる?今日はわたくし
9位 noritamaさん
  • 情報提供始まりと終わり21 ふんわりのんびりnoritamaさんのプロフィール
  • つくしの検査が始まった、類は待合室で待っている。身体の検査をした時手術痕を医師は見つけた。多分傷の形状から見て盲腸だろう。「このお腹の傷、手術の痕のようですね?牧野さんは盲腸手術をされてますね?」「盲腸?・・・憶えてはいませんけど・・。」「間違いないでしょうね?後で何処の病院で手術をしたのか調べておきましょう。」「そんなことが分かるんですか?」「ええ、今まで日本国内でしか生活されていないのでしたら
10位 Happyendingさん
  • 情報提供Telephone Love 35 With a Happy EndingHappyendingさんのプロフィール
  • 愛っていったい何だろう。好きだという気持ちの先には何があるんだろう。___ねぇ、師匠。    あたしたちは、ずっと一緒にいられる?「牧野。」「はい。」名前を呼ばれて振り返ると、師匠がいて、少しだけぼーっとしていたあたしは少し焦った。「今日は少し遅くなる。」「丸林建設との食事会ですよね。承知しております。」「晩メシ、ちゃんと食えよ。」「それは心配には及びません。」「プッ。じゃあ、行って来る。」「行っ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 amiさん
  • 情報提供もしも類とつくしが兄妹だったら(家族編・短編)…<つかつく>前編 tukatuku-inotiamiさんのプロフィール
  • 【道明寺つくし 編】 毎月、行われている、花沢家・西門家・美作家・大河原家、そして、道明寺家の集まりの日…。 それぞれの子供達も大きく成り、集まる事も儘ならなくなるのではないかと危惧する中、毎月この日だけは、皆、日にちを調整して集まっている。 何時まで続くかは分からないけれど、続けられたら良いなぁとは密かに思っている。 毎月、開催場所は持ち回り…。 今月は、道明寺邸で開催…。 皆が集まり出した頃、
12位 nainaiさん
13位 plumeriaさん
  • 情報提供夾竹桃は夜に誘う(3) Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • お昼ご飯が終わってから初めてお部屋に案内された。そこは2階で玄関の真上に当たるお部屋。バルコニーがあってそこに出たら庭全体が見渡せて綺麗だった。ここの敷地をぐるっと取り巻くように植えられている木にはピンク色の花が満開でまるで春のお花見みたい。薄いものや濃い色のものまであってグラデーションが素敵だった。「ねぇ、類。ここの庭に植えられてるあのお花、何て名前なのかしら?知ってる?」「え?俺は花の名前はあ
14位 ぴろろさん
  • 情報提供暫くお休みを頂きます。 涙雨ぴろろさんのプロフィール
  • バタバタとしておりまして記事を書くのが遅くなってしまいました。すみません。以下の事情により少しばかりお休みを頂きます。①今月の初めに持病が再発し、夜遅く起きれない②卒業研究がギリギリ(お盆返上です…)③祖父の入院により病院へ行くことが多いなどです。暫くお休みを頂いて状態が落ち着いたら必ず戻りますので、その際はよろしく願いします。にほんブログ村
15位 amiさん
  • 情報提供従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  15. tukatuku-inotiamiさんのプロフィール
  • 桜子は、つくしにとって、『美のカリスマ・恋のカリスマ』だった。 つくしは桜子に教えを乞うとしていた。 最近の司の遠慮の無さに加えて、つくしが相手にしない時に、時折見せる、 『寂しそうな顔・辛そうな顔』がつくしを苦しめている事につくし自身が気付いたと、桜子に相談したので有る。 桜子は、溜息しか出なかった。 “どんだけですか、先輩?  鈍感も大概にしないと、罪に成りますよ‼”と、桜子は、言いたかったの
16位 はなじょさん
  • 情報提供Time Stranger 2 花女はなじょさんのプロフィール
  • 「面倒なことになったぜ」弾丸のように走るセダンのハンドルを握りながら司は舌打ちしたウーーーー甲高いサイレンを鳴らし、白バイばかりかパトカーも追ってくる警察に捕ま
17位 nainaiさん
18位 plumeriaさん
  • 情報提供Stop Motion・30 Pas de Quatreplumeriaさんのプロフィール
  • 西門さんが黙り込んだ・・・竹本さんの話をした時から。それまで手を出していたおつまみも無視・・・ひたすら冷酒を口に運んでる。それが凄く・・・怖いんだけど。しかも何処を見てるんだか、一点を見つめて動かない。何を考えてるんだろうかと思って顔を覗き込んだけど・・・やっぱり何も動かない。「西門さん、どうかしたの?・・・まさかと思うけど酔っちゃったの?」「・・・お前じゃあるまいし」「なんだ!聞こえてるんだ!もうっ〜、急に黙り込
19位 mascoさん
  • 情報提供謎かけはディナーの後で Hapimari++mascoさんのプロフィール
  • 北斗、お誕生日おめでとう!(遅くなってすいません)いつも当ブログにお越しいただきありがとうございます。今日はバースデー小説です?このあと、すぐ始まります。では、どうぞ☆「おい、まだ続けんのか?」あからさまに不機嫌な声に、私は思わず顔を強張らせた。でも、それに気付かれないように、にこっと愛想笑いを浮かべる。「う、うん。あともうちょっと付き合って」「何も最後までやらなくたっていいだろ……あー、腹減った」
20位 amiさん
  • 情報提供打ち上げ花火…<つかつく>  6. tukatuku-inotiamiさんのプロフィール
  • <一部の内容にショッキングな内容が含まれています。  不快を感じられましたら、お  詫びします。> <類side> 俺とあきらと総二郎が病院に着いた時、静が泣き崩れて動けない状態だった。 静の話しに寄れば、司の厚意で、一旦、シャワーを浴び、服を着替える為に自宅に帰った後、戻って見れば、この状態だったそうだ。 俺は、『司は牧野と一緒に居れて、幸せだったんじゃないかな。』と、思っていた。 だから、悲し
21位 はなじょさん
  • 情報提供Time Stranger 1 花女はなじょさんのプロフィール
  • 発端は司の18歳の誕生日パーティーだったつくしはセレブのパーティーなんて庶民の自分が出ることに気が進まなかったそもそも自分は道明寺の何なのだろう?友達?「今日だけ司
22位 きらっちさん
  • 情報提供平凡なマーメイド 5 みおつくしきらっちさんのプロフィール
  • 「今日はいい日だったわね!」「ははは。そう…ですかね?」「あんないい男を間近で見られたのよ〜。女性ホルモンが活発化したわ。じゃ、お疲れ様!」「はーい、お疲れ様です〜。」ふう。ガランとした事務所で一人ため息をついた。あー。しばらくお蕎麦はいい。美味しかったはずなのに味がしなかった。肩凝ったかも。つくしは肩をグルグルと回した後、首も同じようにほぐしていく。そしてガランとした事務所の中で黙々と仕事をした
23位 紫木蓮さん
  • 情報提供a love so brand new 30 月に秋草紫木蓮さんのプロフィール
  • 呼び止められた優紀は躊躇うことも断わることもできず車に乗せられると、名前だけは知っている歴史ある高級ホテルのカフェに招かれた。「突然呼び止めた上にこんなところまで連れて来てしまって、ごめんなさいね」「いえ、そんな・・・わたしなら大丈夫です」優紀は緊張が解けず膝の上の震える手を握りしめた。紅茶が運ばれてきてどちらともなく口をつぐんだ。ウエイトレスが恭しく頭を下げ立ち去るまでが優紀にはとても長く感じら
24位 悠香さん
  • 情報提供嫁ぐ前に〜25〜 道明寺奥の院・龍泉庵悠香さんのプロフィール
  • ギロりと司が睨み付け、一度に介すると蜘蛛の子散らす様に周りは白々しく去ってしまった。 そんな会場の雰囲気を平然と通り過ぎて、苦味の表情な友人達に歩み寄って来る。「来ていたのか?」「又、派手にやらかしたな司は」 毎回のルーティンではないが、『F4』と呼ばれる彼らの場合は何かしらと話題になる。「興味もねえ、女なんざ押し付けられる身にもなりやがれ。気色悪つうか、虫酸が走んな」「そうよねえ、あたしもエライ目
25位 りおりおさん
  • 情報提供6 小船 さくらいろりおりおさんのプロフィール
  • 類「牧野!!」大きい声で叫んだ物の、つくしの返事はない類は、慎重に奥へ進むすると横たわっている女性の足が見える類「牧野? まきの〜〜〜!!! 」類は、急いでその女性の元へ近付くと、間違いなくつくしだだがピクリとも動かないその姿にヨロヨロとよろめく様に屈みこむそして、つくしの脈を確かめようと手を取った時だった後頭部に強い衝撃が走るガツッ類「うっ、、」類は、咄嗟につくしの手をギュッと握る決して離さない
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 のりたま(#^^#)さん
  • 情報提供ミルキーウェイな恋54 泡沫の恋のりたま(#^^#)さんのプロフィール
  • 翌朝、つくしも椿も朝早くから目を覚ましていた。シャワーを浴びてからホテルで朝食を取る。タブレット端末を持ち、つくしはニュースを見ていた。「えっ・・・?これは・・・。」「どうかしたの?」「社長・・アーロン大統領が・・・。」「アーロン大統領がどうかしたの?」「はい・・。元側近の一人が・・アーロン大統領の暴露本を出したようです。」「何ですって?暴露本って内容は?」「その内容の一部が記載されてますが、どう
27位 noritamaさん
  • 情報提供ジンダイアケボノ92 ふんわりのんびりnoritamaさんのプロフィール
  • 部屋がノックされてスタッフの人が飲み物を持って来た。「お待たせしましたお飲み物をお持ちしました。」「すみません、みんなに先にワインを注いでください。」「はい畏まりました。」それぞれにグラスが行き渡り、皆で乾杯をした。「「「「かんぱい!」」」」「あれっ?これって完全に葡萄ジュースの甘味控えめって感じだね?」「そりゃ・・ノンアルコールだからね?」「でも、まあ美味しいな?」「ええ。なかなかお嬢ちゃま美味
28位 りくさん
  • 情報提供天空の破片・17 恋花−koibana−りくさんのプロフィール
  • 777777hitキリリク作品、現代のお話です。リク主:うっちー様リク内容:ネタばれになるため、リク内容は内緒ですが・・・・      お金持ち鷹男と一般庶民瑠璃のラブラブ
29位 ring輪さん
  • 情報提供such a beautiful day 降っても晴れてもring輪さんのプロフィール
  • うだるような暑さ・・この夏の暑さは尋常じゃない「こんな日に秋の格好で外で撮影ってバカじゃないのか?」季節先取りの業界にあっては言ってもしょうがないそれでも口をつく悪態を隠すつもりもないテギョンその都度周りのスタッフがびくっと皇帝のご機嫌をそこねないようにと空気がぴんとはるある意味その場を凍り付かせ体感温度をさげる効果もあったのかもしれない「おいっテギョン、あんまり周りをびびらせんなよごめんね、きに
30位 miruさん
31位 きららさん
  • 情報提供拍手お礼小話(つかつく) meet in a dream...きららさんのプロフィール
  • 今回はちょっと短めですが、見逃した花火を思い浮かべながら描いてみました。みなさんは花火見れました?これからのところもあるのかな?綺麗な花火、みなさんが見られますように(o‘∀‘o)*:?♪ いつもご覧頂きありがとうございます。↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪ お気に召していただけましたらこちらを してくださいませ♪いつも励みにさせていただいてます拍手お礼小話はこちらから!
32位 lemmmonさん
  • 情報提供花街に護られてー恋仲試練17完ー 甘さとスッぱさとlemmmonさんのプロフィール
  • 江戸時代を背景にお話を書いてます。時代的な言葉や名称などは詳しくないので現代風に置き換えてます。それでも明らかに違うようにはしてません。細かい矛盾点などあるかと思いますが、目を瞑ってお付き合い下さい。 ダメなら進まないでね。「つくし、これ『ろ』の部屋にお願い。」「はーい。」格子前に座ることを止めたつくしは、今夜も下女として忙しく働いていた。夜なり酒の肴がよく出され、つくしは部屋と台所を行ったり来た
33位 りおりおさん
  • 情報提供好きなもの。 前編 (Gipskräuter様 からの頂き物) さくらいろりおりおさんのプロフィール
  • 俺の好きなもの。くまのぬいぐるみ。大事にしてたのに司に壊されちゃったんだ。すりおろしたりんご。禿げるって言われて以来、口に出来なくなった……。だって禿げるのイヤだし…。これも元凶は司。今はもう司の嫌がらせだったっていうのは分かってるんだけど、どうも気が進まない。静。淡い恋心を勘違いしていたのかもね。今なら違うと分かる。もうとっくに整理はついてるし、今はなんとも思ってない。昼寝。これは今でもお約束。
34位 りおりおさん
  • 情報提供好きなもの。 後編 (Gipskräuter様 からの頂き物) さくらいろりおりおさんのプロフィール
  • 一緒に過ごす時間は1週間1ヶ月3ヶ月…とあっという間に過ぎていった。そしてそろそろ半年がやってくる。もちろんその間の虫退治も欠かしてない。日に日に綺麗になっていく牧野の周りには、油断しているとすぐに外部生の男達が群がってくる。俺の!だから。表面的な関係はあの頃と変わらない。けどそうやって陰に日向に虫退治に励んでた。そんな俺をあきらと総二郎は応援半分、からかい半分に見て笑ってる。せっかくフリーになっ
35位 まーこさん
  • 情報提供Live to tell 31 黄水晶の夢〜まーこの二次小説ファイル〜まーこさんのプロフィール
  • 二人の交際は主にジャンディがジュンピョに押し切られる形で、一応順調に?進んでいた。顔を合わせればジャンディがジュンピョに食って掛かり言い争っているようにしか見えなかったが、ジュンピョが以前とは比べる程もなく穏やかになったことは誰の目にも明らかだった。親友の俺たちの目にもジャンディへのジュンピョの想いは特別なものだと解る。“猛獣”とまで称されたあいつがジャンディのことを語る時、この上もなく優しい目を
36位 ひーさん
  • 情報提供最上階の恋人 38 ONE HAPPY O’CLOCK ひーさんのプロフィール
  • おはようございます。お盆休みはいかがお過ごしでしょうか?台風15号は何事もなく通り過ぎてくれました。この物語の台風の目はもう上陸しちゃったかな。司君追いかけなくて後悔することにならなきゃいいですけどね。
37位 らんさん
  • 情報提供日蝕 45 星の輝き、月の光らんさんのプロフィール
  • 「何か用か?」この間ここに来た時、シヌは慌てた様子でそのまま二階へと駆け上がっていった。あの時はもうミニョは部屋にいなかったからシヌの好きにさせていたが、今は上にミニョがいる。俺はシヌの真正面に立ち塞がった。「なきゃわざわざこんなとこ来ないよ。でも用があるのはテギョンじゃない、ミニョにだ」シヌの口調は落ち着いていた。この間は焦りの色が見えた顔も、今はまったく普段と変わらない表情をしている。それは
38位 Happyendingさん
  • 情報提供Telephone Love 34 With a Happy EndingHappyendingさんのプロフィール
  • 「ねぇ、また来てる。」「きゃっ、本当だ。また牧野さん........だね。」そんな囁き声が聞こえ、私がゴホンッと一つ咳払いをすると、目の前の女性秘書が姿勢を正した。ここは道明寺HD日本支社秘書室。役員秘書は全員がここに集まり、仕事をしている。私の席は全員を見渡すことの出来る中央の一番奥。機密文書を扱うこともあるため個室も与えれれている私だが、最近はできるだけこの大部屋で目を光らせているのだ。ちらりと廊下を見
39位 モルトさん
40位 めいこさん
  • 情報提供愛玩〜こいするおもちゃたち。 68 Such A Lovely Place ~the second timeめいこさんのプロフィール
  • ルカは僕の隣で小さく坐っているだけ。身動き一つしない。そんなルカを横目でチラリと見乍僕はハンドルを――――切る。『―――――』云い掛けて、止める。でも。ルカの不安な表情を少しでも――――少しだけでも和らげて遣りたい。もうこんな表情はさせたくはないから・・・・。ルカを迎えに往く前。僕が立ち寄った場所――――――。それは。ルカが入院する迄・・・・・僕の部屋を出てから住んでいたと云う部屋。駅裏の繁華街近
41位 miruさん
42位 のりたま(#^^#)さん
  • 情報提供ミルキーウェイな恋53 泡沫の恋のりたま(#^^#)さんのプロフィール
  • 椿と一緒にNYのホテルに戻って来たつくし。車から降りて、フロントに行くと珍しい人物に出逢った。「牧野?」「花沢・・類っ」「こんばんは?牧野、何してるのこんな処で?」「類こそどうしたの?」「俺は仕事、ここで打ち合わせがあって今終わって、部屋に戻る処。」「部屋って昔泊めて貰ったあの部屋?」「うん。・・あれ?椿姉ちゃん?」「あら、類久しぶりね?何だか男らしくなっちゃって・・髪の毛短くしたのね?」「あゝ長い
43位 ゆき2ままさん
  • 情報提供発掘、ヨンファ先輩の原点? 夢想箱 〜 夢の手枕 〜ゆき2ままさんのプロフィール
  • あんにょん日差しは強いながら風はカラッと爽やかで猛暑も一段落このまま涼しく とはいかないようですが ^^; それでもだいぶ過ごしやすくなりました昨夜は久し振りにヨンファさんのツイートがあって驚くやら嬉しいやらでしたね休暇中でソウルにいたのかな?事務所に顔を出したりもしていたようでしたねゆったりとした時間を過ごしてリフレッシュできているといいなぁ このMovie にも 和ませてもらいましたいろいろあり過ぎてココロ
44位 長岡橙輝(ながおか・とき)さん
  • 情報提供実際に病院でした検査 ベリー・ベリー・クランベリー長岡橙輝(ながおか・とき)さんのプロフィール
  •  下まぶたに細長い紙を挟み、涙の分泌量を測る検査。最初に説明を聞いたとき、「うわ、やりたくねぇ」と思いました。 当時はケータイなんて無かったから、事前に検査内容を調べる事も出来なかった。検査当日まで緊張と恐怖でドキドキでしたよ。 想像しているよりは痛くありません。ちょっとヒリヒリするぐらい。点眼薬で麻酔をしてから、下まぶたに紙を挟みます。 まばたきする度に紙が擦れて、ものすごい違和感です。その様
45位 韻*さん
46位 のどかさん
47位 嵩村真秀さん
48位 のどかさん
49位 nainaiさん
  • 情報提供2−26 Ash Green's Roomnainaiさんのプロフィール
  • 「土曜の夜、パーティーがある。パートナー同伴の」
50位 すずらんさん
  • 情報提供天使の願い 47 Lily of the valleyすずらんさんのプロフィール
  • 食い入るように小窓を覗いていたつくしだが、やがてそれをそっと隣に置くと壁に凭れてぼんやりと頭上を眺める。小窓の中には桃色の光を放つ優紀と薄い緑色の光を総二郎がいた。二人の言動や当人達の纏う空気から、総二郎と優紀の間に新たな何かが生まれているのは明らかだった。優紀の強さと優しさに癒されたのかな…心の傷は簡単に癒える事はない。けれどもそれを補う何かがあれば話は別だ。総二郎にとってのそれが優紀という存在
更新時刻:18/08/20 06:30現在