掌編小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/06/25 17:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
yukemuriのブログさん
  • 情報提供江戸を見れば 26  絹紬と布木綿で差別 yukemuriのブログyukemuriのブログさんのプロフィール
  •  1628年 寛永5年己辰(つちのとたつ)幕府権力は身分制度の固定化を図るために士の最下層と農の階層を差別するために、若党にあたる最下層の士には絹紬を農の階層には布木綿を着用するように規制した。  幕府の方向はすぐに諸大名の支配にも取り入れられて日本全国に広がっていく。そしてあらゆる面で幕藩体制の政治・経済機構が形成されていった。  徒士・若党・弓鉄砲のものの衣服は、絹紬はよいがそれより上品なもの

2位
yukemuriのブログさん
  • 情報提供花かるた 色は匂へ 「な」の5 南天の花(夏) yukemuriのブログyukemuriのブログさんのプロフィール
  •    南天の花のひそかに盛りなり   藤松游子               季節の花300より  ナンテンの花言葉は、私の愛は増すばかり」「良い家庭」 「私の愛は増すばかり」の花言葉は、初夏に白い花が咲いた後、その実が晩秋から初冬にかけて真っ赤に色づく姿に由来するともいわれます。  近頃一足先に鳥に食べられて正月の生け花にする時期には赤い実はゼロになってしまい、今では正月の生け花にはしていない。赤

3位
yukemuriのブログさん
  • 情報提供花かるた 色は匂へ 「な」の4 夏茱萸(なつぐみ)夏 yukemuriのブログyukemuriのブログさんのプロフィール
  •    夏ぐみの甘酸つぱさに記憶あり   佐藤千須               季節の花300より  小学生の頃、家の2軒南隣の2歳年下の後輩の家の庭にグミの木があった。食べごろになるとおばちゃんから声が掛かりみんなして茱萸をもいで塩水で洗い食べた。              季節の花300より  茱萸のようなほっぺをした可愛い女の子が仲間に入ってにこにこしながら茱萸を食べては種をプッと飛ばしていた
更新時刻:17/06/25 17:30現在