小説読書感想 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/03/26 06:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
樹里さん
  • 情報提供「騎士団長殺し」 村上春樹 本棚の宝物樹里さんのプロフィール
  • その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた……それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは まさに村上ワールド。王道の物語 とってもおもしろかった 異界への入り口、美しく無口な少女、不思議な穴(今回は井戸ではない)、悲惨な歴史の影、突然去る妻、喪失と再生・・

2位
misachi68さん
  • 情報提供本『さよなら、カルト村。』 よくばりアンテナmisachi68さんのプロフィール
  • 昨年衝撃を受けた第1作はコチラやっぱり出ました、続編コミックエッセイでございます。小学生くらいの思い出だった前作から、ちょっと成長して中等部、高等部の思い出。中等部は小学生の時と同様に一般の学校に通えるけれど、高等部はほとんど労働。このカルト団体はお金を使わないでも生きていける世の中を目指しているのか、みんなで役割分担した仕事をしなくてはいけない。畑仕事は実力のある人の目立つ仕事なんだとか。食事を

3位
ブルりんちょさん
  • 情報提供犬に噛まれる 編み編み、読み読み〜ブルりんちょのひとり言ブルりんちょさんのプロフィール
  • H氏がちょびっと犬に噛まれました。指先から血が少し出たぐらいで大したことはないです。相変わらず、警戒心が強く、なじんでくれません。夜中に吠えまくるので、これはストレスと運動不足。散歩に連れだそか?それにはまず、首輪でしょう。と、いうことで、H氏が首輪をしようとして噛まれたのでした。H氏には少し懐いているみたいで、なぜなぜしても逃げ出さないのです。でも、首輪が怖かったみたい。首輪をサークルに1週間以
4位 ともりんさん
  • 情報提供恩田陸「私の家では何も起こらない」(本) 食を豊かに 心を豊かにともりんさんのプロフィール
  • 古い洋館、そこは幽霊屋敷。結構グロい事件が次々に起こったらしいいわくつきの物件で背筋がぞぞ〜っとなりました。しかし、結局は古い家や土地で人が死ぬという歴史なんていっぱいあったことでそういう歴史の積み重なりで今がある。まぁ、そうなんだろうけど、、普通の死に方をした仏様だったらそこにいつくとか霊になるとかならないでしょう、、成仏されるでしょう、、やっぱり変な死に方ばかりそこで起きる、って怖いわ!!私
5位 柊木かなめさん
  • 情報提供まことの華姫 (腐)的感想文柊木かなめさんのプロフィール
  • まことの華姫/畠中恵真実(まこと)を引き受ける覚悟はあるか――姉を殺したのは実の父かもしれないと疑う、地回りの親分山越の娘、お夏。ある事件で身を損ね、人形師から芸人に転じた過去をもつ月草。やむにやまれぬ想いを抱え、客は今日もまことを求めてお華に会いにやって来る。でも真実は、知ってしまえば後戻りできない怖さもはらんでいて……たくみな謎解きと軽妙な掛け合いで江戸市井の悲喜こもごもを描き出す筆
6位 chanyさん
7位 yukiさん
  • 情報提供吉田修一『静かな爆弾』読了 yukiの近況報告yukiさんのプロフィール
  • テレビ局に勤める早川俊平はある日公園で耳の不自由な女性と出会う。音のない世界で暮らす彼女に恋をする俊平だが。恋愛小説の新境地を切り開く意欲作。内容(「BOOK」データベースより)バカだから。本書はテレビ局報道マン・俊平と耳の不自由な響子のお話。コミュニケーションと理解における『独善』が描かれており、身につまされるトコロ、少なくありません。音のない世界に生きること音のある世界でも伝わらないことそして知っ
8位 ヒデヨシ・アタゴオルさん
  • 情報提供ドラマ「カルテット」最終話 ヒデヨシ映画日記ヒデヨシ・アタゴオルさんのプロフィール
  • サンキュー!パセリ ありがとう!カルテット・ドーナツホール!そんな風に言いたくなる幸福なドラマのエンディングだった。謎で始まり、謎に満ちた展開が続いたドラマは、最後まで謎を残したまま、「あとはお好きに想像してください」と言わんばかりに、カルテットの4人が道に迷いつつ演奏へと向かって行った。カルテット・ドーナツホールのワゴン車で、エンディングテーマの「大人の掟」を登場人物たちが幸せに満ちた表情で歌い
更新時刻:17/03/26 06:30現在