歴史・時代小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/02/20 03:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
神永圭さん
  • 情報提供美蠍(メイシィエ)5 夫夫善哉(めおとぜんざい)神永圭さんのプロフィール
  •  芝居小屋から少し離れた竹薮に、埃を被った黒いセダンが停まっていた。「一人で来るよう言ったつもりだが」 永に続いて立岐が後部座席に乗り込んだ途端、奥の暗がりから低い声が飛ぶ。「一座の代表として同席させてもらう、彼は明晩、大切な舞台があるんでね」 助手席で下卑た笑い声があがる。案内してきた痘痕面(あばたづら)の若い男だ。「奇遇だな。おれたちも明晩、そいつに大切な仕事をお願いしようと思っていたところだ

2位
乾小路烏魅さん

3位
乾小路烏魅さん
4位 flyingdragon0208さん
  • 情報提供新旧の英雄−世界帝国の章24 新しいギリシア・ローマの物語flyingdragon0208さんのプロフィール
  • http://novel.blogmura.com/novel_historical/ にほんブログ村↑ランキングに参加しています。お越しの際には応援の1 をお願いいたします(1日1回有効) 新旧の英雄 その頃。 スキピオは、自宅である人物と親しく話し合っていた。「来年副官としてギリシアに赴くそうですな」「ええ。次期執政官殿より要請がありまして」 答えたのは、ティトゥス・クィンクティウス・フラミニヌス。第二次マケドニア戦争の英雄である。
5位 flyingdragon0208さん
  • 情報提供新旧の英雄(続き)−世界帝国の章24 新しいギリシア・ローマの物語flyingdragon0208さんのプロフィール
  • http://novel.blogmura.com/novel_historical/ にほんブログ村↑ランキングに参加しています。お越しの際には応援の1 をお願いいたします(1日1回有効) 新旧の英雄(続き)「プブリウス殿の事も、機を見て交渉いたしましょう」 フラミニヌスが慮った。 戦いが優勢になれば、交渉の機会があるに違いない。その折に、スキピオの長子の身柄解放を働きかけようということ。「いや」 スキピオは手を振った。「そのような気
6位 乾小路烏魅さん
更新時刻:17/02/20 03:30現在