歴史・時代小説 注目記事ランキング

?
  • 1位

    大人気!輪島大士!そして…

    1986年のプロレスを語ります。今回も全日本プロレスだね。世界最強タッグ決定リーグ戦の最終戦、日本武道館大会でリーグ戦より注目されていたレスラーがいました。そ…

    えいたろう

    歴史を感じよう

  • 2位

    雑感・・・昭和30年代「大河と朝ドラ」

    [ポチッとお願いします]人気ブログランキング昨日は、1年振りの人間ドック受診だった。早朝から出向き、心電図、エコー、胃カメラ、血液検査等。胃カメラ検査では、鼻からのカメラ挿入である。既に何年も受けているから慣れてはいるが、やはりちょっと気持ちの悪いものである。であるが、胃の中などをキチンと見てもらえるから止むを得まい。昼前に帰宅し、昼食を終えたころ・・・。グラウンド・ゴルフの誘いがあった。同好会のH夫妻だった。T会長にも声がけしいつものコースへ。すると、地元同好会や常連さんたち8人がプレー中だった。当方らも5人でスタートしていると、顔見知りの女性もやって来て6人でプレー・・・あかるく、楽しく、元気よく。この日は、Tさんにホールインワン3つ、女性のYさんに2つ・・・。寒空の下、時おり震えながら夢中になっていた。と...雑感・・・昭和30年代「大河と朝ドラ」

    ブルーソード

    咲とその夫

  • 3位

    白の執権 〜第120話 見捨てる上皇〜

    前回まではこちら⬇️目次諸行無常の世の中…我は北条泰時(ほうじょうやすとき)が妹、竹子(たけこ)です。京に突入した泰時率いる幕府軍。京に集結した幕府軍は19万…

    えいたろう

    歴史を感じよう

  • 4位

    白の執権 〜第119話 宇治橋の合戦〜

    前回まではこちら⬇️目次諸行無常の世の中…我は北条泰時(ほうじょうやすとき)が妹、竹子(たけこ)です。幕府軍19万は京の手前まで来ました。泰時さんは鎌倉を出た…

    えいたろう

    歴史を感じよう

  • 5位

    『一片の悔いもない』・・・

    [ポチッとお願いします]人気ブログランキング横綱稀勢の里がついにと云うか、やはりと云うか、現役引退を表明との報道が流れた。『一片の悔いもない』との表現だったらしい。大相撲のことは、あまり詳しくないけど、あの時の大怪我(新横綱での春場所)が大きな要因であろう。新横綱として、あの怪我を押してまさに満身創痍での優勝。綱を張るものとしての責任感全うが、これほどまでに大きな代償となったのか・・・。日本人横綱としての重圧、素人の当方らには到底及びもつかないものだったのであろう。勝てないつらさ。勝てないから精神的にも追いつめられる。何とか、何としても1勝を掲げたい。とに角、1勝すれば道は開かれるとの思いだったろう・・・。焦りに焦ったと思われる。眼もうつろな土俵。焦点の合わない眼。その重圧は並大抵なものではないだろう。日本人と...『一片の悔いもない』・・・

    ブルーソード

    咲とその夫

  • 6位

    視聴率が・・・「いだてん」

    [ポチッとお願いします]人気ブログランキング異色の大河ドラマ「いだてん」がスタートし、第3話が終了している。結構面白いと思いつつ見ているけど。何でも視聴率は、かなり悪いらしい。どこが、どうなのであろうか。やはり、『大河ドラマ=時代劇』の構図が崩されたためであろうか。もっとも、時代劇ファンの当方であるが、やはり現代劇よりも時代劇の方がいいに決まっている。であるから、来年の『麒麟(きりん)がくる』が楽しみであり、待たれる大河ドラマである。それでも、来年が2度目の東京オリンピック開催であり、その前に前回の東京オリンピックとそこまでに至る舞台裏の分かる今回の大河ドラマは興味津々。第1話から、展開が早く昭和と明治を行ったり来たりしながら進む手法。よく見ていないと困惑するが、面白い導入手法と思いながら見ていた。特に昭和30...視聴率が・・・「いだてん」

    ブルーソード

    咲とその夫

  • 7位

    腐女子カースト

    皆さま、こんにちは。 今日はいつもよりもちょっとあったかいみたいです。 それでも、インフルエンザが猛威を振るっていますので、 家に帰って来た時、必ず手洗い、うがいをしてふせぎたいものです。 さて、昨日、ツィッターでにぎわっていた話題について 自分も思うところをつづってみたいと思います。 昨日、『腐女子カースト』って漫画の一部が無料で読めたんですよ。 おそらく、今も読めるんじゃないかと思うんですが…。 腐女子カースト~底辺同士のマウント合戦(1) (COMIC維新りあら)出版社/メーカー: WコミックスZR発売日: 2018/11/01メディア: Kindle版 サブタイトルがね『底辺同士のマウント合戦」と なんとも、インパクトのあるというか、なんというか。 腐女子って「底辺」なんでしょうか? まずこの決めつけが怖いと思いますね。 ..

    sadafusa

    sadafusaの創作のお部屋

  • 8位

    烏のおぼえ書き~其の二百九十六・昭和初期の娯楽事情・常設映画館その3

    トーキー導入や多種多様なストーリー、その他諸々で優秀だった洋画系チェーンでしたが、その勢いに影を落としたのが関東大震災でした(>__...

    乾小路烏魅

    暁光碧烏

  • 9位

    拍手お返事&平成最後の天覧相撲なのに・・・

    昨日の相撲中日、天皇皇后両陛下が相撲観戦にいらっしゃいましたね(*^_^*)本場所開催の場所を考えると今回が平成最後の天覧相撲になると思われるのですが、ちょっと気になることが・・・。『御前土俵入り』とでもいうのでしょうか、天皇陛下など皇室の方々が相撲を観戦される際に行われる特別な土俵入りがあるのですが、今回はこれが無かったんですよね~(-_-;)陛下のご年齢を考えて観戦時間を短縮されたせいだとは思うのですが(5...

    乾小路烏魅

    暁光碧烏

  • 10位

    ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)72

    オワリの話を聞いた後、メイコらは『MIKU』の解析データ及びその他必要と思われる情報をもらって、オワリの事務所を後にした。「うわぁ。レイ・プリンターの橋って崩れ落ちる時本当にきれいだね」崩れ落ちる仮初の橋を見ながらリンが呟く。「でしょ?行きの時は私一人でこれを見ていたからもったいないな~って」そう言いながらメイコはリンとレンの肩に手をおいた。「さ、そろそろ皆のところに帰るわよ。中央政府のマザーコンピュ...

    乾小路烏魅

    暁光碧烏

  • 11位

    人物デッサン

    ●人物デッサン、三日間の教室が終り、あいづ生協プラザ店で食事をしてから喜多方市美術館で館蔵展を観ました。小堀貞先生の油絵があり、棟方志功展の図録を見ました。長沢節展がくるそうです。

    yumeusagijyuku

    夢うさぎ塾

「小説ブログ」 カテゴリー一覧