エッセイ・随筆 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/05/26 12:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
ロンドさん
  • 情報提供やられたら、やりかえす 追分の小径 〜 軽井沢ロンドさんのプロフィール
  • 世界の常識は「やられたら、やりかえす」である。いや、そんなシリアスな意味ではなく、常識的な範囲でのコミュニケーションにおいてのこと。留学経験のない私が、初めて大勢の外国人を相手にしたのは、確か24才ごろ、アメリカからの短期留学生をガイドした時である。(アメリカのとある高校) 主に西海岸からの高校生(16〜18才)で、短期留学は2ヶ月くらい。各ホストファミリーのところに行く前に、1週間ほど東京や京都を旅行す

2位
ALEXさん
  • 情報提供ニーチェとカミュ、もし、あい目見(まみ)ゆれば... Boots strapALEXさんのプロフィール
  • ニーチェが語った言葉に『運命愛(Amor fati)』と呼ばれるものがある。この意味を端的に表現すれば「この世に存在するあるがままの運命を受け入れ、それを愛するということ」。この「運命」というものの中には自身が好ましく思うものもあれば、人が望まない邪悪で不気味なものも存在する。それらから生み出される苦痛といったものも存在する。その苦痛に耐えることも必要であり、さらには全てを受け入れ苦痛をも愛する。そんな境地

3位
フェアリーグランマさん
4位 ALEXさん
  • 情報提供クローン羊の誕生から20年以上が経って、今度は? Boots strapALEXさんのプロフィール
  • クローン羊であるドリー(Dolly)が話題になったのは1997年のこと。いわゆる生殖によらず誕生した哺乳動物。その生涯は6年という短いものだったが、世界中で賛否の議論が沸き起こり、次は「クローン人間」誕生か?とされ、ある研究所ではすでに誕生したというウワサまであった。自然界を見ると、クローンは植物のレベルまでは自然のものとして受け入れられている。例えば「桜」の代表的な種類、ソメイヨシノはクローン(挿し木)
5位 しのぶもじずりさん
  • 情報提供アメリカンフットボールって面白いですか? 物語とか雑文とかしのぶもじずりさんのプロフィール
  •  テレビでは、違反行為で盛り上がっているようですが、 アメリカンフットボールって面白いですか? 知識が無いので、個人的な感想です。 たまたま見た試合では、しょっちゅう違反行為があって、 その度に審判に止められて、いっこうにゲームが進んでいるようには見えず、 面白いとは思えませんでした。 だから、違反行為はゲームの想定内なのだと思ったものでした。 ボールを持っているけど、あれは球技だと思っちゃいけな
6位 フェアリーグランマさん
  • 情報提供「怖れるな、怖れることは怖れることを引き寄せる」キリストは言った。 おばあちゃんのひとりごとフェアリーグランマさんのプロフィール
  •  知識人の発言なんて百害あって一利なし。          ロバート・ウェルチ/アメリカの政治家 是を是とし、非を非とす、これを知と謂う。          荀子 なんだか、おかしいですね。知識人の発言ね。 さあ今日は、暑い一日でした。昨夜寝つけなくてね。明け方眠れたと思ったら、玄関ブザーの音にびっくりして飛び起きまして出たら、昨日、寄られたご近所さんでした。あわてて開けたら………ね。「一緒に珈琲
7位 七会静さん
8位 ミホさん
  • 情報提供ほんの少しのロマンス 『玉手箱』ミホさんのプロフィール
  • ティーンエイジのころからずっと読んで来た本を本棚の奥に片付けた。 大袈裟なラブストーリーセンチメンタルすぎる主人公たち。 私、気がついたことがあるの。たしかにね、人生にはそんな事も必要かもしれないよね。だけどいまはそこを通り過ぎて欲しいのは安心だったり信頼だったりそしてすこしだけのロマンス。 たとえば真夜中「怖い夢をみた」って言うと大きな腕を広げて「おいで」と私を抱きしめてくれる。 私はまた再び眠り
9位 ミホさん
  • 情報提供50代の恋人 『玉手箱』ミホさんのプロフィール
  • 50歳の誕生日を迎えたとき絶望的な気分だった。 「嗚呼、こんな年齢になってしまった」そう思えてたまらなかった。 八つ年上の恋人にホテルで祝ってもらったけれど「お願い、誕生日おめでとうは言わないで」とその日は懇願してしまった。 私のバースディーはクリスマスと近いので「これは誕生日祝いじゃなくてクリスマスのお祝いということにしましょう?」 彼は「どっちでもいいけれど」と笑っていた。 そして昨年末の私の
10位 sakuraiさん
  • 情報提供愛でる人 cocode notesakuraiさんのプロフィール
  •  石の塀の脇に佇んで、その家の敷地の内から外に向かって溢れ咲いたバラの花に、手を触れている人がいた。小ぶりなリュックを背負った、地味な初老の男性だった。咲き開いた花の部分を持ち上げるようにして覗き込んだり、また別の花を手のひらに乗せてみたりして、間近に眺めている。と思うと、その家の高い窓を伺うような素振りもする。  バラの手入れをしているにしては、素手だし、鋏も何も持っていない。バラに付く虫を探し
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 フェアリーグランマさん
  • 情報提供すべては自分が選んだ人生。 おばあちゃんのひとりごとフェアリーグランマさんのプロフィール
  •   人間はできるだけいい機会、いい場所、いい人、いい  書物に会うことを考えなければならない。              安岡正篤 今日は病院でした。検査の結果は前より気持ち数値が悪いけれども、2ヵ月先の予約ですのでまだ範囲内なのかな?ありがたい。 先生が来月「みんなと一緒に歩こう会」があるからと、教えてくださいましたので、行きたいなと出席にしてきました。もう少し努力しナイトと思いました。から。 
12位 vivianさん
  • 情報提供ごめんなさい!! 英語が喋れないのに国際結婚しちゃった!vivianさんのプロフィール
  • 明日の準備で忙しく、今日はお休みします!! ごめんなさい。
13位 ミホさん
  • 情報提供もっと自由に、おおらかに 『玉手箱』ミホさんのプロフィール
  • 心が折れそうになったときがきっと誰にもあったはず。 もうこれ以上、進めない。かといって立ち止まる事さえ許されない。そんな経験はきっと誰にもあるはず。 私も幾度も幾度もそんな思いをしてきた。 心の痛みなど誰も解ってくれないと落胆もした。人生恨み節でいたずらに歳月を重ねた。 ようやくちょっと自分自身を受け容れたり自分に降りかかった出来事をすこしずつだけれど消化できるようになったようだ。 人生の苦しみの
14位 掌編な小説さん
  • 情報提供尊敬できない人 掌編な小説掌編な小説さんのプロフィール
  •  おばさんというには歳が取り過ぎていて、それは誉め言葉になってしまう。「ばばあ」というのが適当だ。人に対して敬意がなく、普通の人の皮を被っている。一見普通の人に見えるが普通の人ではない。もちろんマイナスの意味で。どんな歳の取り方をしたのか、何年も何十年も無駄に時間を過ごしてきたのか。それは性格――では説明できない。――悪口ばかりだ。良いことも書こう。 ……探したがない。 具体的には次回。こんな文章
15位 鈴木詩織さん
16位 ろーまんさん
17位 Hanboke-jijiさん
  • 情報提供破り捨てられるラブレター −老人受難時代(1)− 半ボケじじィのボケまくり島(別称:ボケモン島)Hanboke-jijiさんのプロフィール
  •  女はいくつになっても、「おばあちゃん」と呼ばれるのは嫌なようだ。「ババア!」とか「くそババア!」とか言われるのが不快なのはわかる。  だが、「おばあちゃん」もしくは「おばあさん」には、ほんらい悪意も侮蔑もない。ただ単にある年齢の女性を指すだけの言葉だ。 にもかかわらず、自分と血がつながる孫から「おばあちゃん」と呼ばれることさえ抵抗する。  平べったい典型的な日本顔なのに「グランマー」と家族に呼ばせ
18位 鈴木詩織さん
  • 情報提供普段の「一人の時間」と旅先での「一人の時間」の違い 作家☆鈴木詩織のブログ鈴木詩織さんのプロフィール
  • 基本的には自宅の書斎で文章を綴る日々。エッセイを書いたり小説を書いたりと、自分で「書く」と決めた作品を作るために毎日デスクに向かっています。 そんな私の日中、人と会話をするということは滅多になく。完全に「一人の時間」です。一人きりで過ごす、一人の時間。そういう時間に静かに作品作りに向き合えるのはとても幸せで充実しています。作りたいものを作れる環境に感謝。 それでも夜には夫が帰宅をする。付き合い
19位 reinaさん
  • 情報提供初めての一人旅 Sweet Bitter Butterflyreinaさんのプロフィール
  • 初めての一人旅は京都だった。高校卒業して、バイトを始め自分で稼いだお金での一人旅。それまでも日帰りで出掛けてたことはあったけど、泊まりがけでは18歳が初めて全部自分で決めて、予約。とりあえず、ホテルにちゃんと着けるかドキドキでした。 ←方向音痴だから。ホテルに着いて、お部屋に入ってもドキドキ。それは、アップグレードをしてくださり、シングルがツインに変わったから「料金変わらないですか?」とフロントの方
20位 daisysackyさん
更新時刻:18/05/26 12:30現在