TOPICS
  • [第36作目 予告] 人形の劫罰 (MIDI版)

    「私は心が枯れて愛する気持ちを失った……。」タイトル: 人形の劫罰 (MIDI版)曲名: ブクレシュティの人形師 (MIDI版)公開日: 2019年11月18…

    如月祐介

    如月祐介のブログ 「東方幻想的歌詞」

    読者になる
  • みきやbooks無料キャンペーンのスケジュール

    みきやbooksで販売している電子書籍。今回は創刊2周年を記念しまして、順次無料キャンペーンを実施いたします。そのスケジュールがだいたい決まりましたのでお知らせいたします。①落とし物は何ですか?~幹谷セイ短編集~11月18日(月)~22日(金)の5日間とある学校の落とし物

    ぬぅ

    怠慢書庫

    読者になる
  • 嘘つきじいさん

     むかしむかし、長門の国に子供のような老人がいた。長者の家に生まれたことから、わがままいっぱいに育てられた。昔話を史実だと信じていたから、枯れ枝に桜を咲かせられると思い込んでいた。葉の落ちた枝に藩札をまくと、桜の花が咲く代わりに、サクラが集まってきた。そこで、集まってきた人々に、枯れ枝に桜の花が咲いたと言い触らすように頼んだ。  その噂を聞きつけたお殿様が老人を呼びつけ、目の前の枯れ枝に桜を咲か…

    高野敦志

    「青空文庫」の作家、高野敦志の世界

    読者になる
  • ぼくはネコなのだ(pdf)

     夏目漱石の『吾輩は猫である』のパロディーです。のらネコの兄弟が母親に見捨てられた後、もう若くない兄妹と老母の家に棲みつく中であった事件を、ユーモラスに描きました。子ネコが成長する姿を楽しんでいただけたらと思います。ネコ好きの方は、ぜひご覧ください。  今回はパソコンですぐに開けるpdfをアップロードします。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されま…

    高野敦志

    「青空文庫」の作家、高野敦志の世界

    読者になる
  • 成功者になるためには

    最近、ナポレオン・ヒルの著書『思考は現実になる』を読んでいるのだけれど、成功者になるために、思ったのは、自分が特別だと思うこと。が大事なのだということ。過去が不幸続きでも、身体的にハンディを背負ってきていても、自分は特別だから絶対成功する!

    しきすみ

    碧い流れ 素晴らしい人生に向かって

    読者になる
  • 樅の木は残った 山本周五郎 を読んだ。 感想 レビュー

    樅ノ木は残った(上) (新潮文庫) 作者: 山本周五郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/02/19 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 181回 この商品を含むブログ (49件) を見る 今は上中下の三冊分本となっているが、わたしが買ったちょっと前の新潮社の文庫は上下巻である。 山本周五郎の代表作に相応しい、すごい作品である。伊達騒動という史実をベースにした作品である。 もともと純文学を志向していた山本らしく、人間の書き方はピカイチである。ただし、主人公の原田甲斐を除いて。一ノ関もちょっと悪代官っぷりが半端ないか。 小説の時間では10年ほどなのであるが、様々な人物を登場…

    Yoshinori Hoshi

    文学・文具・文化 趣味に死す!

    読者になる
  • 沈みゆく野付半島(5)

     木道を戻っていき、二手に分かれた方に進む。下は海となっていた! 砂浜がすっかり浸食されており、海鳥が遊ぶ姿もない。木道の先には痩せ細った砂州、その先に水色の桟橋が、当時の姿をとどめているが。何というさびれ方だろう。今でも尾岱沼との間に航路があるようだが、不定期便で予約がなければ船は出ないとのこと。  三時を告げるメロディーが流れてきた。僕が野草の写真を撮っていると、友人は先にネイチャーセンタ…

    高野敦志

    「青空文庫」の作家、高野敦志の世界

    読者になる
  • タイトルについて

    今夜も…、お逢いできて嬉しいです!前回、わたしの子供の頃のかなり長い話をちゃんと読んでくださり、本当にありがとうございます!結構、読むだけでも大変な記事だった…

    安浪蘭人

    安浪蘭人には“愛”がある

    読者になる
  • 【】今日はいいいろ塗装の日。

    イベント日程/WS日程/通販    【ご案内】 ・2019年11月24日(日)『第29回 文学フリマ東京』  ※画像はHPからお借りしました。      10…

    愛奈 穂佳

    南の島からの帰国子女で脱衣系ライトノベル作家・愛奈 穂佳(Aida Honoka)〜ココロのつぶやき〜

    読者になる
  • [第36作目 本編] 人形の劫罰

    ゲーム: 東方妖々夢 ~Perfect Cherry Blossom曲名: ブクレシュティの人形師(※YouTubeの音楽を流して歌詞を旋律に合わせると歌のよ…

    如月祐介

    如月祐介のブログ 「東方幻想的歌詞」

    読者になる
  • [上映スクリーン] 2019年11月16日~2019年11月22日

    ※新作 (無料): 一般公開 (1週間の期間限定)※旧作 (無料): アメンバー公開 (アメンバー申請へ)※販売 (有料): 極秘公開 (REQUへ)[本編]…

    如月祐介

    如月祐介のブログ 「東方幻想的歌詞」

    読者になる
  • 寒いですねo(*゚▽゚*)o + アニメ&漫画等 ひとこと感想☆【縮小版】

    恋愛小説家の 一文字 鈴(イチモンジ・リン)です(*'-'*)  週に一回(たぶん金曜夜)に、大好きなアニメや漫画の感想、日々の徒然などを更新中です♪(*'-^)‐☆

    一文字 鈴

    一文字鈴のHAPPY DAY

    読者になる
  • 新作・電子書籍:小説『リフォームストーリー: vol.2』無料キャンペーン開催中です。

    新作・無料キャンペーン開催期間: 11月15日(金)~11月20日(水)の夕方までです。数日間の開催ですので、この機会に、お早めに無料ダウンロードをしていただければ幸いです。より多くの皆さまに読んで頂きたいと願っています。ダウンロードのご協力、ご支援、よろしくお願い致します。「1-Clickで今すぐ買う」ボタンを押していただきますと「Kindle 価格:¥ 0」で購入することができます。※Kindle 端末は必要ありません。無料 Kind...

    幸田 玲

    幸田 玲のブログへようこそ!

    読者になる
  • 大嘗祭クラウドファインディングはまずいんではないか

    大嘗祭に国費 秋篠宮さま「身の丈にあった儀式を」 秋篠宮様が、大嘗祭に国費27億円を使うのは高いと仰った。 天皇家は歴史的に内紛が絶えない。おそらく、今の上皇の御代が奇跡的に穏やかだったとも言える。 それはさておき。 このニュースのコメントを読んでいたら、賛否両論だった。 国民の安寧を願う重要な儀式なので出費は必要。 儀式の重要さはわかるがもう少し安価にすべし。 などなど。 その中に興味深い投稿があった。正確な文言は忘れたが趣旨は以下のようなものだ。 「天皇家が国民から絶大な支持を得ているならば、クラウドファインディングを行い、その集めた金で大嘗祭を行えばよい」 尖閣の寄付金で14億円集まるの…

    Yoshinori Hoshi

    文学・文具・文化 趣味に死す!

    読者になる
  • 【】要・見極める目♪

    イベント日程/WS日程/通販   【ご案内】 ・2019年11月24日(日)『第29回 文学フリマ東京』  ※画像はHPからお借りしました。     1000…

    愛奈 穂佳

    南の島からの帰国子女で脱衣系ライトノベル作家・愛奈 穂佳(Aida Honoka)〜ココロのつぶやき〜

    読者になる
  • ゆっくりしっかり☆

    今月は検査が多くてちょっと疲れ気味でしたが、、Angel Eyes改訂版の執筆はゆっくりしっかり進んでいます。見直しが必要な箇所がたくさんでなかなかスイスイとは進めませんが、よりよい内容、文章、表現になっていると思います☆がんばりますね!そして、今日、朝一でゲットしたポケモンソード&シールド♪こちらも執筆と同じく、ゆっくりしっかり楽しんでいきます☆寒くなってきましたが、皆さま、カゼなどひかれませんようご自愛く...

    SHIZU

    SHIZUblog

    読者になる
  • ルイ・マルシャン

    個人誌「未踏」小説、詩、散文

    mitosya

    未踏社

    読者になる
  • 【】今日は七五三の日。

    イベント日程/WS日程/通販    【ご案内】 ・2019年11月24日(日)『第29回 文学フリマ東京』  ※画像はHPからお借りしました。      10…

    愛奈 穂佳

    南の島からの帰国子女で脱衣系ライトノベル作家・愛奈 穂佳(Aida Honoka)〜ココロのつぶやき〜

    読者になる
  • 大七 純米 生酛(きもと) を飲んだ。

    生酛とは速醸酛(液体の乳酸菌)を使わないで、昔ながらの製法で乳酸を得る方法である。 そうすることによって深みが出るとか。 この酒は熱燗やぬる燗、冷や酒で飲むと最高である。 獺祭などは雪冷えで飲まないとあまり美味しくない。 だが、ここのところ寒いではないか。どうしても熱燗が飲みたくなる。 しかも、この酒、これほど美味いのに大して高くないのである。箱は要らないので、もう50円安くなったらなお嬉しい。あと、今年は当たりである。 言うまでもないが、日本酒は毎年作っている。いくら機器が発達したとはいえ、毎年、同じ環境で作れるわけではない。数年前に飲んだ大七がえらくまずく、それから手を出していなかったが、…

    Yoshinori Hoshi

    文学・文具・文化 趣味に死す!

    読者になる