TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

ノンジャンル小説 新着記事

NEW POST
help
  • ちょっと待ってよ、シンデレラ(改訂版)scene5 それは、魔女の館?…9

      どうにかエラはグッと涙をこらえると…手に持っていたチラシを振って、「これを見に来て、って言われた」と言って、丸くまるめて筒状にしたものを、シュウヘイに差し…

    daisysacky

    戦う骨無し女

    読者になる
  • ソーシャルディスタンスの運動会と善行と落ち葉拾い

    こんばんは!暇人です。今日は1日曇り空で…雨が降るかと思いきや、小雨がぱらつく程度でした。お住まいの地域は大丈夫でしたか?本日は、ヘルパーさんの来る日で、せっ…

    daisysacky

    戦う骨無し女

    読者になる
  • うの華3 41

    私は彼女の言わんとする所が直ぐには飲み込めなかった。が、今の会話の内、彼女の最初の言葉に「がめつい」という言葉があったという事に思い当たると、お前というのは私のことなのだから、祖母は私ががめついと言ったのだ、という事にすぐ考えが及んだ。すると、それは酷いんじゃないかなと感じた。私は眉間に皺を寄せて一応憤慨した。私にしてみると、単純に祖母である彼女を喜ばせようとしただけなのだ。そうやって、祖母に一応の不快感を表しながら私は尚も考えていた。祖母が口にした事、私に取って計り知れない事柄。女性が持つ大金に付いてだ。全く私が未知の分野のこの世の出来事。一体それは如何いった類のお金なのだろうか?。祖母は家事以外で、今はその家事も私の母が大半を担っているけれど、さして仕事もしていない様子だ。その祖母が如何やって大金を稼いだの...うの華341

    さと

    Jun日記(さと さとみの世界)

    読者になる
  • 今日の思い出を振り返ってみる

    うの華56気落ちしていた私に向けて祖母が掛けた言葉中に、自分はただぼんやりはしているのでは無い、絶えず何かは考えている。そう受け取れる言い回しが有ると私が感じた事が私の癇に触れたのは確かだ......>続きを読む今日のお天気は晴れ。雲が多いです。今夜半には雨に変わるようです。さて、先週からのシルバーウイーク、家では連休のんびりしていました。それでも秋のお彼岸には、墓参りに行こうか如何しようかと迷いました。結局行かず仕舞いです。今年は春のお彼岸以降、旧盆の7月にひっそりと家のお花を供えに行ったきりです。新型コロナで母の外出もままならず、墓参に訪れずに過ぎ父が寂しがっているかもしれません。こんな感じですから、家はあっという間に1年が、新型コロナの渦に飲み込まれて過ぎてしまう気配です。夜ごとコオロギの鳴き声も響き、お...今日の思い出を振り返ってみる

    さと

    Jun日記(さと さとみの世界)

    読者になる
  • できるかな(作業員の逆襲)

    「これだけやって5円か」私たちの仕事は下請けだ。製品に欠かせないかけらの何かを作っている。それは何か?それを知る者はいなかった。発注に従って寸分の狂いもなくそれを作る。(世界の大事な何かしらを作っている)私たちの手に自負はあった。私たちはいつも未来を作っているのだ。「夢がある仕事ですね」響きのいい言葉。だけど、その目はどうも疑わしい。「今を作ってみないか?」工場長は唐突に切り出した。(一つの世界を作ってみよう)それは薄々皆が秘めていた想いだったが。「そんなことはやったことがない!」心からの反対ではない。恐れからくる疑問だ。「私たちにできるのでしょうか」(神さまみたいに大きな仕事)「できるに決まってんだろ!」工場長の言葉には寸分の疑いもなかった。(自分たちの手をよく見ろよ)皆が我に返ったように自分たちの手を見た。...できるかな(作業員の逆襲)

    ロボモフ

    折句ラッシュ・クリスマス

    読者になる
  • 冒険の旅へ出かけよう! 宝の島 続編 第6章  じいちゃんの不思議…41

      確か昨日、オジサンが言っていた…近寄ってはいけない場所…あれを教えてくれる、と約束していたはずなのだが。だがオジサンは、のらりくらりとした顔をして、「そう…

    daisysacky

    戦う骨無し女

    読者になる
  • 着地点がよくわからなくなっても自然落下で着地はしちゃうから

    人はいろいろなものを食べて動いている。 動くためには燃料が必要だ。 ところで、創作においては妖怪等といった存在がいる。 何を燃料とするのかは様々ではある。 そのさまざまな中で、所謂負の感情をエネルギーとしている、というものは少なくない。 なんと悍ましい! といわれるものだ。 いや、なんでも食う雑食のほうが被害的にはえぐない……? 食われたらなくなるのでは……? 食べてるんだから減れよ。(暴君) 減らないように食べてるで終わりの話ではあるのだが、そうするとそこに職人芸を見るわけである。 「あぁ! またやってしまった!」 食べ過ぎてしまって感情事消してしまう。 新人妖怪にはありがちな失敗である。 …

    溶ける最中の雪だるま

    溶ける寸前の雪だるま

    読者になる
  • ワンリュック(憧れの四角)

    「今日はどんなのをお探しですか」「できれば四角いのかなと」「それでしたら、こちら一択になります」「えーっ?」チャカチャンチャンチャン♪「こちら超おすすめのリュックになっております」「なかなかのサイズですね」「しっかりと入るようになっております」「はあ」「中にラーメン、チャーハン、他にも寿司やカレー、ハンバーガーなど何でも入れて運ぶことができます」「ラーメン?」チャカチャンチャンチャン♪「同時に契約していただいて即日働いていただけますよ」「私はリュックが欲しいだけなんですけど」「そうですか。でもまあ一石二鳥と申しましょうか、運動不足の解消にもなるので、みなさん出前もされてますよ」「はあ。まあ、運動はしたいですけど」「そうなんですね。セットでナビがつきますので、不慣れな道も大丈夫ですよ」チャカチャンチャンチャン♪「...ワンリュック(憧れの四角)

    ロボモフ

    折句ラッシュ・クリスマス

    読者になる
  • 店頭のクレマチス ~秋~

    野に山に路傍に花の咲き出でて朝な夕なの我が花行脚

    ももこ

    路傍の花

    読者になる
  • 睡眠大事

    お久し振りです。ちょっと、職場でガラモンと呼んでいる同僚が骨折したあおりをくらい、とてつもなく忙しいです。今まで二人で回してた仕事を一人で回さないといけないの…

    みととみえ

    いろどり巣箱

    読者になる
  • 祓え 溝口華南 ストーリー

    過去に書いたもの含む小説やデザイン、そして同人サークル予備軍としてお送りします。

    斉藤

    斉藤の書架

    読者になる
  • アリアドネの第一投

    狂人の真似をしてるとほんとに狂人になるよ。 的なことはずっと言われているわけである。 真似事から本物になれる。 ということ。 しかし、技術職でもなんでも真似しているだけでは越えられぬ壁というものがあるとかいうではないか。 どういったことか。 上がるのは難しいけど、落ちるのは簡単なんだよ。 ということか。 いや多分悪い方にもランクあるだけと違う? ……解決! といったところで(?) つまりおにごっこし続けたら鬼になれるってことか。 小豆洗い続けてたらあずきあらいになれる……? 川を流れ続けていたら河童にも慣れるチャンスがあるということなのかもしれない。 そもそもなれるとしてなりたいのか? ってい…

    溶ける最中の雪だるま

    溶ける寸前の雪だるま

    読者になる
  • しめの一杯(さよならラーメン)

    大繁盛店ということで少しは期待して入ったのだが。他人の味覚ほどあてにならないものはない。麺は輪ゴムを伸ばしたようなものだった。スープの方は泥水に塩を入れたものと変わりなかった。私は思ったことがすぐ口から出るタイプだ。「カップラーメンの方が旨いね」大将の手が一瞬止まった。「それを言っちゃあおしまいよ」よかった。心の広い大将のようだ。その人柄に打たれて私は箸を進めた。食えたもんじゃあなかったが、頑張って食べきった。「お代は結構」せめてもの罪滅ぼしというわけか。「ごちそうさん」客としての礼を尽くして私は店を出た。「なんだあんたらは?」私は表で常連風の男たちに取り囲まれて、路地裏につれていかれた。この野郎!覚悟しろ!ひーっ!勘弁してー!やっちまえー!(それを言っちゃあおしまいよ)店主の言葉が思い出された。おしまいよーお...しめの一杯(さよならラーメン)

    ロボモフ

    折句ラッシュ・クリスマス

    読者になる

「小説ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)