TOPICS

ロマンス小説 新着記事

1件〜50件

  • 2019年10月人気作品ランキング

    《宣伝》12/1 発売 三重奏 ⇒詳細12/27 発売 別れた相手とよりを戻すまでのこと ⇒詳細 2019年10月 人気作品ランキング e-BOOK(電子書籍…

    谷崎文音

    nan-dari,kan-dari

    読者になる
  • 一輪花「黒猫」(二)

    ※BGMと共にお楽しみください。 「進撃の巨人」の二次創作小説です。 作者様・出版者様とは関係ありません。 二次創作・BLが嫌いな方は閲覧なさらないでください。 「其方、名は?」 「李花と申します

    読者になる
  • うわぁい♪

    ぐちぐち言っておりました長男のウインドブレーカー!見つかりましたよ~!なぜか五年生の教室にあったのだとか(長男六年)。よかったよかった。んで、先日、株主優待のお米が届きました♪おおお~、スポーツ男子&育ち盛り男子が複数いる我が家はお米の消費量が半端ないんですよ!嬉しいなぁ。株価は下がってるんだけど(^_^;)うわぁい♪

    ひらび久美

    人生にロマンスとミステリを

    読者になる
  • 境界の旅人 31

    第八章 父娘 2 「ただいまー」  玄関の戸を開けると、中から湯気に包まれた温かい空気が由利を包んだ。 「おう、由利か」  祖父の辰造が夕餉の用意をしていたようだ。 「あ、おじいちゃん。ゴメンね。遅くなって。あたしも手伝うよ」 「ああ、もうじきに出来上がるから、ええで。そこに座っとき」  達造が味噌汁の鍋をおたまでかき回しながら、思い出したように言った。 「ああ、由利。そういえば、ようわからんけど、どこかの法律事務所から書留を由利宛に送ってきおったんや。ちゃぶ台の上にあるさかい、見てみい」 「法律事務所? へぇ、何だろ?」  たしかにちゃぶ台には一通の封書が置いてあった。宛名はたしかに祖父の言った通り、由利宛だ。 「どこの法律事務所・・・? 佐々木俊哉法律事務所・・・?」  由利は頭を傾げながら後ろの所書きを..

    sadafusa

    sadafusaの創作のお部屋

    読者になる
  • 《作品紹介》火龍の花嫁

    [あらすじ]二人が愛し合うのは運命、ただ少し遠回りをしただけ幼い頃に炎の龍王から花嫁と定められし三娘。彼女は可憐な娘に成長したが、待てど暮らせど約束した相手は…

    谷崎文音

    nan-dari,kan-dari

    読者になる
  • あとひとつのキーワード 第11話

    ここからどうぞ → あとひとつのキーワード 第11話大馬鹿の父親に酷い目に合わされる回です。可哀想すぎるので短くしました。このクソ親が沙彩よりも嫌いだなあ。だんだん無気力になっていくすみれです。投げやりと言うより諦めていますね。しばらく辛い展開が続きます。つーかこの話はずっと辛いか……。なので次は明るい話が良いなあと思っております。最近どーもストレス溜まって困っていたんですが、先日女子会(笑)を開き...

    斉藤杏奈

    そよそよBLOG

    読者になる
  • クィア

    こんばんは、谷崎です。12月1日に発売する電子書籍の原稿書きをしているのですが、気分転換にTwitterを見ていたら、こんなツイートが・・・。ハフポスト日本版…

    谷崎文音

    nan-dari,kan-dari

    読者になる
  • その花の名は。第4話

    「火宵の月」オメガバースパラレルです。 詳しい設定についてはコチラのページをご覧ください。 苦手な方はご注意ください。 「おい二人とも、無事か!?」 「琥龍か、脅かさないでよ!」 ドアを開けて

    読者になる
  • その花の名は。第3話

    「火宵の月」オメガバースパラレルです。 詳しい設定についてはコチラのページをご覧ください。 苦手な方はご注意ください。 火月と禍蛇が暮らしている家は、同じ児童養護施設出身の者達が暮らしているシ

    読者になる